Pythonがめちゃくちゃおもろくなってきました。

こちらの記事を参考にして株価を日時付きで取得できるようにしてみた。

 

import urllib.request as request
from bs4 import BeautifulSoup
import datetime
import time
def job():
    #str_timestamp = now.strftime("%y/%m/%d_%H:%M:%S")
    now = datetime.datetime.now()
    print('今の時間は')
    print(now.strftime("%y/%m/%d_%H:%M:%S"))

job()

def get_stock_price(url):
    response = request.urlopen(url)
    bs = BeautifulSoup(response, 'html.parser')
    stoksPrice = bs.select('.stoksPrice')[1].text
    return stoksPrice


url = 'https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=998407.O'
result = get_stock_price(url)
print(f'日経平均株価は{result}円です。')
#みずほ銀行の株価を貼っていますが、リンクを変更することで他の株価も取得可能。
url2 = 'https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=8411.T'
result = get_stock_price(url2)
print(f'みずほ銀行の株価は`{result}円です。')

 

 

家で書いたコードをEvernoteに貼っといて、職場でGoogle ColaboratoryでPythonの環境を作らなくってもブラウザ上でコードを展開できることを知って、おどろき!!

ドラッグ&ドロップでコードが展開される衝撃がすごかったです。

Google Colaboratoryは落ち着いて家で考えて、外でコードを展開したい人におすすめ。