昨日は京都マラソンに出ました。

なんとか完走!まあ4:30くらいでいけるんじゃなあないだろうかと思ってたら、なんのことはない20kmすぎてすでにもうだめや!と泣きそうになっていました。

 

 

25km手前で少し歩いてしまい、それからは歩きを交えながらなんとか前進。

27kmあたりの植物園で足がつり出して、待っててくれた家族に「きょうはきついのでだめかも!」という泣き言まで。

30kmすぎで本格的に両足がつりだして、嫁さんにリタイアするかも!という泣き言電話まで。。。

 

 

でも、なんとかとりあえず進もう。少しづつでも走ろうというマインドに切り替えて、ゴールまでたどり着きました。

応援がすごくって、ボランティアの人たちの献身的な働きも頭が下がる思いでした。あのキラキラした目で「がんばれー!!」と言われる時のたまらない感じ。最高でしたよ。

 

 

そして、37kmあたりで、必死に頑張れ!!と応援してくれてる人の必死さと本気に胸打たれました。

まじで、やめたい。もう限界。そんな中での本気の応援。

 

あれはなんだろう??

人のために、あんだけ応援できるってすごい。

それから、いろんな場所に「今年も落選でした」とか「足が痛いのは気のせい」なんていうちょっと笑えるカードを持って同じ人が出没してて、あれもすごいなあと思いました。

改めて全部うれしかった!!

そして、真っ青に晴れた空を背に平安神宮の大鳥居が見えた時のやったぜ!!感。

  

 

 

今回のメダルは本当に嬉しいです。

身体中痛え!!だめや。もうだめや。と思いながら前進して到達する感じ。

今朝は全身筋肉痛で、生まれたての子鹿状態。

でもね。生きてるって感じがするなあ。いいなあ。

 

 
 
 
View this post on Instagram

Uresiiyo!#京都マラソン

youichi okudaさん(@youichi6966)がシェアした投稿 -2019年 2月月16日午後10時35分PST

 

 

そんなことを思ってたら、坂爪さんのブログとミウさんのブログが刺さった朝。

 

 

 

一時的にこの星にいる間に、やれる限りの、怖くて恥ずかしくって仕方ないことに挑戦しよう。

足いたひ。。。