毎日ひたすら曲書いてたら、「ルーティーンのトンネル」みたいなものに入ってるような気分になって来た。

 

 

若い頃に思い込んでた「自分は天才で、必ずうまくいって、大金持ちだ!」みたいな根拠のない楽天的で「スーパーうまく行く。」みたいな思い込みがそのトンネルの入り口あたりに見える感じがした。(あほですね。。)

時間は経って、そのわけわからん思い込みで現実に入って行ったらいろんなところで頭をぶつけた。

でも、その感じに手を伸ばして触ってみるのも悪くない気がする。

 

 

なんなら今もう一度その考えを採用してみるのもありかも。

どうなるんやろ。

 

 

現実の世界ともそれなりにうまくやる方法を覚えた。

そのやり方を覚える前に思ってた「必ずスーパーうまくいく。おれって天才だ」という感じ。

腹の底から力が湧いて来てどこまでも行けそうな予感。

 

 

気分いいのでその感じをもう一度採用しよう!!

てなことをこの曲を作りながら思った。

 

 

 

 

繰り返すこと、ルーティーンの威力ってすごい。こんな感じのものが見えると思ってなかった。

イチロー選手がルーティーンを徹底したのは違和感に対する感度を上げることと、「最初の風景」みたいなものを忘れないようにするためだったんだろう。

 

 

あと、もう一つの変化。

日常生活でいやーなことを考えそうになったらこんな画像を見るようにした。

 

ドバイの世界一高いビル、ブルジュハリファ。

世界一って素晴らしい。大金持ちの国ドバイ。ここでいつか録音して配信してみたい。

 

NewImage

 

いやーな過去のことを繰り返し考えそうになる癖が少しづつ修正されて来た。

ルーティーンのトンネルのお話でした。