2009年02月21日

おいらの、iPhoneがWebServerになりました。

93a4f7bf.jpg

URLはこちら↓↓↓↓
http://serversman.net/makoratti-node/hp/index.html

<22日ホムペをそれっぽく改修しました。皆さん触ってみてください。おいらの手許にあるiPhoneがWebServerになってます>

ネットでブログパーツを拾ってきて貼り付けただけですが。。。
一応動いてます。スイマセン、2末ぐらいでiPoneが手許から無くなるのでそれ以降はつながらないです。

iPhoneの電源がオン、かつ、App(ServersMan)が起動中でないとつながりません。
iPhoneは、マルチタスクで裏側でアプリを動かすことはできないんですね。

iPhoneが、サーバーになるまでの流れ
1.ここで拾ってきたブログパーツのソースコードを、"omikuji_sanmon.html"の名前で保存。<PC側>
2.App Storeから、"ServersMan@iPhone"をインストール。"ServersMan"を設定する。<iPhone側>
3.iPhoneの、serversman/public_html内に、"Test"フォルダを作る。<iPhone側> 
4.http://serversman.com/からログインし、ServersManファイルマネージャ/public_html/Test内に、先ほど作った"omikuji_sanmon.html"をアップロードする。<PC側>

以上です。
ServersManの設定も含め1時間ぐらいで完了しました。
おいらは、この手の作業が苦手なんで手間取りましたが、皆さんは大丈夫でしょう。

ちなみに、弾子飼さんの、
404 Blog Not Found「アマグラマーのすすめ - 下ごしらえ」にある"bread.html"も、
ちゃんと動きましたよ。
URLはこちら、
http://serversman.net/makoratti-node/Test/bread.html

まあしかし、すごいですね。iPhoneがサーバーになってしまうんですから。
URLさえ入れれば、世界のどこからでもクリック一つでおいらの手許のiPhoneを動作させ、
サーバーとして動作したその結果が世界の果てまで返って行くんですから。

弾子飼さんが、
「iPhoneがガラパゴスケータイより劣っていていい理由」で、
iPhoneの本当の恐ろしさ、それはiPhoneならだめなところをいつでも直す余地があることそのものなのだ。
と言われてるけど、iPhoneの再生・成長はそれどころじゃないですね。
iPhoneは、自己再生能力遺伝子(オルガナイザーG1)を持った怪獣オルガだ。
たぶん、Appleでさえ想像していない怪物になりつつあるのだとと思う。

 



immrmkt at 03:25│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔