2017年08月04日

ビバリウムガイド78号


今月号はヤバいですね・・・!表紙にも度肝を抜かれました。

ビバガは16歳の時から20年間全号購読していますが、初めて誌面に出して頂き、ちょっと感動しております(笑)。お暇な方は、探してみてください~。



imoriblog at 17:02|PermalinkComments(0)書評 

2017年08月02日

トウブタイガーサラマンダー(Ambystoma tigrinum)

IMG_5861

夏場でも食欲旺盛なトウブさん。

冬眠明けでやせてしまったので、がつがつ食い込ませているのですが、なかなか戻らないですね。

有尾、いったんやせるとなかなか戻らない傾向があるような。
 

imoriblog at 16:59|PermalinkComments(0)トウブタイガーサラマンダー 

2017年08月01日

アカミミイボイモリ(Tylototriton taliangensis)

IMG_5867

気がつけば飼育6年目のアカミミさん。ゴジラ感は一番強いですね。

さすがに6年目にもなると、餌食いはおおむね安定しております。

以前のように「夏場だけコオロギを食わなくなる」みたいな謎の偏食は無くなりました。

10年目指してゆっくりお付き合いしていきたいと思います。 

imoriblog at 16:56|PermalinkComments(0)アカミミイボイモリ 

2017年07月31日

コイチョウイボイモリ(Tylotriton kweichowensis)

IMG_5863

長年飼っていてもオスは大きくならないですね~。

IMG_5868

メス軍団は安定感抜群です。夏場はクーラー部屋で快適に過ごしてもらいましょう。





 

imoriblog at 16:53|PermalinkComments(0)コイチョウイボイモリ 

2017年05月28日

ミナミイボイモリ(Tylotriton shanjing)CB

IMG_3644

先月かんたさんから頂いたミナミイボイモリCB幼体、すくすく育っております。

人工飼料を置き餌で食べる、ということにカルチャーショックを受けました・・・!

レプトミンとウーパーの餌をバクバク食べております。

IMG_3655

思いのほか成長が早いような気もするので、こまめに給餌して大きくしたいと思います。

 

imoriblog at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ミナミイボイモリ 

2017年04月01日

イタリアファイアサラマンダー(Salamandra salamandra gigliolii)

201704013

ギグリオリことイタリアファイアの幼体も見せて頂きました。

写真ではうまく伝わらないのですが、鮮烈な赤!!!!!

ギグリオリ、レッドが出るんですね・・・。私の有尾人生の中でも、トップクラスの衝撃であります。
貴重な個体を拝ませて頂き、ありがとうございました。

170404

こちらはテレストリスのレッド。ファイアの赤、本当に写真に出ませんね。
飼い主だけの特権なのかもしれません。

秋口に、我が家のスティキリーイエロー&アルビノ、ぜひペアリングに活用して頂ければ幸いです。

お土産にミナミイボイモリのCB個体×5匹を頂きました。大切に育てたいと思います!
改めて、本日はありがとうございました。



imoriblog at 17:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)イタリアファイアサラマンダー 

テンディファイアサラマンダー(Salamandra salamandra alfredschmidti)

201704011

本日は「うちのイモしゃん」のかんたさんのご自宅にお邪魔して参りました。

同じ市内で陸棲有尾を飼育している方には滅多にお会いできないので、改めてご縁に感謝いたします!飼育部屋にも案内して頂き、大変勉強&眼福になりました・・・!

写真はテンディファイア。憧れですね・・・!

201704012

ブラウンタイプの個体も。可愛かったです。

ペアリング用のケージや数えきれないほどの幼生が泳いでいるケージ群も見せて頂き、非常に刺激になりました。テレストリス、毎年安定的に殖やせたら最高ですね。
 

imoriblog at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)テンディファイアサラマンダー 

2017年03月22日

レッサーサイレン(Siren intermedia)

IMG_3452

シェルターから顔を出すサイレンさん。ムーミン顔ですね。

IMG_3458

改めて見ると鼻の位置が面白いです。水底の餌を漁るように特化している感じ。

IMG_3459

最近メダカをやるようにしたのですが、メダカの気配を感じると枝のようにじっとして、近くを通った時にバクっと食いつく感じです。擬態?

サイレン、目はほとんど見えていないようなので、気配だけで魚を捕らえるところは面白いですね。
 

imoriblog at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)レッサーサイレン 

2017年02月26日

ハクバサンショウウオ(Hynobius hidamontanus)

IMG_3186

ほとんど見えませんが(笑)、ハクバサンショウウオだそうです。

家族で行った地元のマリンピアにあれこれサンショウウオ各種が展示してあったので撮影。

IMG_3187

こちらはハコネ。ちょっとだけ見える・・・。

IMG_3189

クロサンショウウオはよく見えました。

IMG_3188

トウホクは一番ポピュラーかもしれませんね。

マリンピア、今回は古代魚を見に行ったのですが、チョウザメしかいなかったです。
昔はピラルクとかいたような気がしたのですが。

館内のキッズコーナーで、偶然Tさんにお会いしてびっくりしました!
お声掛けいただきありがとうございました。大変遅ればせながら近いうちにお伺いしますので、何卒宜しくお願い致します・・・!
 

imoriblog at 17:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ハクバサンショウウオ 

2017年01月26日

フタユビアンフューマ(Amphiuma means)脱皮

IMG_1365

アンヒューマの脱皮、約3年ぶりにたまたま目撃したのでアップします。

IMG_1366

他の有尾と同様、身体をうねうねさせながら器用に脱いでいきます。

IMG_1367

ラストは口で引っ張って、尻尾まで脱ぎます。脱皮殻はそのままモグモグ食べてしまいます。

時間的には脱ぎ始めてから脱ぎ終わるまで5分くらいでしょうか。

5年以上飼育して、脱皮を見たのはわずか2回だけです。恥ずかしがり屋?ですね・・・。



imoriblog at 18:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)フタユビアンフューマ