2017年03月22日

レッサーサイレン(Siren intermedia)

IMG_3452

シェルターから顔を出すサイレンさん。ムーミン顔ですね。

IMG_3458

改めて見ると鼻の位置が面白いです。水底の餌を漁るように特化している感じ。

IMG_3459

最近メダカをやるようにしたのですが、メダカの気配を感じると枝のようにじっとして、近くを通った時にバクっと食いつく感じです。擬態?

サイレン、目はほとんど見えていないようなので、気配だけで魚を捕らえるところは面白いですね。
 

imoriblog at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)レッサーサイレン 

2017年02月26日

ハクバサンショウウオ(Hynobius hidamontanus)

IMG_3186

ほとんど見えませんが(笑)、ハクバサンショウウオだそうです。

家族で行った地元のマリンピアにあれこれサンショウウオ各種が展示してあったので撮影。

IMG_3187

こちらはハコネ。ちょっとだけ見える・・・。

IMG_3189

クロサンショウウオはよく見えました。

IMG_3188

トウホクは一番ポピュラーかもしれませんね。

マリンピア、今回は古代魚を見に行ったのですが、チョウザメしかいなかったです。
昔はピラルクとかいたような気がしたのですが。

館内のキッズコーナーで、偶然Tさんにお会いしてびっくりしました!
お声掛けいただきありがとうございました。大変遅ればせながら近いうちにお伺いしますので、何卒宜しくお願い致します・・・!
 

imoriblog at 17:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ハクバサンショウウオ 

2017年01月26日

フタユビアンフューマ(Amphiuma means)脱皮

IMG_1365

アンヒューマの脱皮、約3年ぶりにたまたま目撃したのでアップします。

IMG_1366

他の有尾と同様、身体をうねうねさせながら器用に脱いでいきます。

IMG_1367

ラストは口で引っ張って、尻尾まで脱ぎます。脱皮殻はそのままモグモグ食べてしまいます。

時間的には脱ぎ始めてから脱ぎ終わるまで5分くらいでしょうか。

5年以上飼育して、脱皮を見たのはわずか2回だけです。恥ずかしがり屋?ですね・・・。



imoriblog at 18:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)フタユビアンフューマ 

2016年12月31日

フランスファイアサラマンダー(Salamandra salamandra terrestris)冬眠中

IMG_1331

2016年の最期はスティッキリーイエローさんで。床材に潜って冬眠しているのですが、なぜか顔だけだしております。

今年は仕事が忙しくてなかなか繁殖に気合を入れられなかったのですが、引き続きイボイモリ軍団は狙っていこうと考えております。あとは既存の飼育個体の環境を向上させつつ、新規の個体も入れていきたいなと。

また毎年つぶやいている気がしますが、イベントに行きたい・・・。

何の呪いか仕事のスケジュールとかぶりまくるのでなかなか行けないのですが、来年は1回は行くことを目標にしたいです。

それでは、皆様も良いお年を! 

imoriblog at 16:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フランスファイアサラマンダー 

2016年12月30日

オビタイガーサラマンダー(Ambystoma mavortium)冬眠中

IMG_1337

冬眠中のオビタイガーさん。人影を見るとシェルターからのそのそ出てきて餌をねだりますが、春までお預けということで。 

imoriblog at 16:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)オビタイガーサラマンダー 

2016年12月29日

トウブタイガーサラマンダー(Ambystoma tigrinum)

IMG_1332

気が付けば飼育4年目のトウブタイガー。フルアダルトで導入してから4年なので、もう10歳近いのかもしれません。

タイガー、平均寿命はどのくらいなのでしょうね。20年くらい生きそうな気配はありますが。

心なしか痩せてきたような気がするので、冬眠が明けたらたっぷり食い込ませたいと思います。



imoriblog at 16:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)トウブタイガーサラマンダー 

2016年12月10日

クロタカスツエイモリ(Neurergus crocatus)冬でも元気

IMG_1318

クロカタスさん、低温には果てしなく強そうなので、部屋の一番寒い場所で冬眠予定。

ツエイモリ、デジカメでは全く色が映らない・・・。やはり一眼レフですね。

約7か月飼育して、それなりに成長した気がする・・・のですが、どうでしょうか。

IMG_1319

背面はこんな感じ。

シリケンイモリ並みに大きくなるらしいということなので、来年もじっくり付き合っていきたいと思います。




imoriblog at 14:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)クロカタスツエイモリ 

2016年10月18日

フランスファイアサラマンダー(Salamandra salamandra terrestris)スティッキリーイエロー

IMG_2497

飼育開始から6年経ったスティッキリーイエローさん。ほぼ成体になったような気はします。

一眼レフで撮ると目がチカチカするくらいの黄色です。

フランスファイア、あんまり高齢になると繁殖率が落ちるような気がするのですが、意外とペアをそろえるのが難しいですよね。

文献にある通り、30~50年くらい生きてくれればよいのですが、飼育下の寿命は10年前後のような気がします。

ともあれ、我が家の守護神的存在なので、今後もじっくり飼い込みたいと思います。

imoriblog at 20:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フランスファイアサラマンダー 

2016年10月17日

オビタイガーサラマンダー(Ambystoma mavortium)


IMG_2504

導入から1年経って、それなりに大きくなったオビタイガーさん。

オビタイガーは何年くらいで性成熟するのでしょうか。意外と早そうな気が。

バクバク食べる種類は飼っていて気持ちが良いですよね。

一部のツエイモリみたいな餌食いの細い種も良いですが、原点回帰でバクバク系に惹かれている今日この頃であります。 

imoriblog at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)オビタイガーサラマンダー 

2016年10月16日

マンシャンイボイモリ (Tylototriton lizhenchangi)

IMG_2502

久々登場のマンシャンイボイモリ。導入から1年以上たちましたが、元気です!

導入時に比べるとだいぶ肉付きも良くなったような気が。

当初はピンセットから食べなかった個体も、1年経つとピンセットから人工飼料をバクバク食べております。

冬眠前にもうちょっと栄養をつけさせたいですね。



imoriblog at 19:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マンシャンイボイモリ