チュウゴクオオサンショウウオ

2012年10月20日

チュウゴクオオサンショウウオ(Andrias davidianus)@日本サンショウウオセンター

IMG_1422

最後のトリは、チュウゴクオオサンショウウオ。

IMG_1420

それなりに大きい個体でした。

IMG_1418

ほとんどの飼育者には一生縁が無いであろう、オオサンショウウオの雌雄判別情報も。

IMG_1439

謎のゆるキャラ「サンちゃん」ステッカー、結局買わずじまいに・・・。

IMG_1451

お約束の全身骨格標本。「ノアの方舟」で流された人間の骨格とやらに、見えなくもない・・・。

IMG_1449

こちらは透明標本。若干、グロイですね。

IMG_1445

そうしたら、隣にはもっとグロイものが・・・。

素人考えですが、そんな無理に手術しなくても、放置しておけば、そのうち勝手に再生するんじゃないでしょうか(無責任)。


IMG_1405

壁面に貼ってある、お役立ち情報。生息高度、オオダイガハラさんがぶっちぎりで高いんですね。

IMG_1408

イボイモリの祖先が、大陸から渡ってきたことが分かる地図。

IMG_1409

名称に、そこはかとなく昭和の香りが・・・。

アンヒュー「マー」とか、とてもいい感じですね。「アムラー」みたいで(古)。

「サイレンサンショウウオ」が気になる・・・。あれを「サンショウウオ」と呼んでしまって良いものかどうか。サイレンも体外受精らしいので、無理矢理まとめれば、そうなるのかもしれませんね。

IMG_1482

というわけで、非常に充実した日本サンショウウオセンター訪問でした。

巨大台風直撃の翌日に訪れたので、赤目四十八滝自体は、まさかの入山禁止(!)で、「遠路遥々、ここまで来て、センターに入れなかったらどうしよう」と、一瞬血の気がひいたのですが、職員の方のご厚意で、入口のサンショウウオセンターだけは、入館させて頂くことができました(しかも無料で!)。この場を借りて、お礼申しあげます。

**************************

イモリ・サラマンダーの有尾類飼育日誌Blog 【イモリブログ】

http://blog.livedoor.jp/imoriblog/



imoriblog at 17:31|PermalinkComments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年10月04日

チュウゴクオオサンショウウオ(Andrias davidianus)@東山動物園

IMGP3773

動物園の目玉と言えば、オオサンショウウオですよね。アジアの怪物・中国大山椒魚です。

最近、本種と国産種とのハイブリッド問題が話題になって、「捕獲したハイブリッドを殺さずに、個体識別のマイクロチップを埋め込んで、販売個体数+販売先を管理できるようにした上でペット市場に流通させ、販売した額の一部を、国産種の研究保護に充てるべき」という意見が出たことがありました。

これ、実現したら凄いアイデアだと思います。有尾ファン、いや、両生爬虫類ファンであれば、誰もが一度は「オオサンショウウオが飼いたい!」と思ったことがあるでしょうし、飼う人は100万でも200万でも買うでしょう。

仮に1匹100万で売って、そのうちの80万を研究保護に充てるとしても、数十匹も売れば、研究保護のためには結構な金額になりますよね。

私も、ハイブリッドの幼生が、上記の流れで合法的に1匹30万くらいで売られていたら、借金してでも飼ってしまうかも・・・と極めて不謹慎なことを考えていたのですが、実際に動物園で現物を見ると、「こんな化け物、自宅で飼えるわけないやん」と、正気に戻りました(笑)。

IMGP3735

ヘルベンダーみたいに、50センチくらいで成長が止まってくれれば、まだ一般家庭でも飼えるのでしょうけど。

盆栽飼育すれば、案外、アンフューマくらいの長さ(80センチ)で止まったりするのかも・・・とも思いますが、それも不自然ですしねぇ。

IMGP3770

ボコボコ呼吸する場面。ほとんどゴジラ上陸、という感じです。

IMGP3769

有尾類、というよりは、巨大な古代魚の一種のようです。

動物園の巨大水槽でも「閉じ込めている感」がぬぐえない生き物ですからね~。一般家庭での飼育は、言うまでもなく物理的に不可能でしょう。

ハイブリッド販売論議も大いに興味がありますが、ゾウガメやニシキヘビのように、「動物園でしか見れない(見るべきでない)有尾類」というスタンスのままで、良いような気もしますね。

**************************

イモリ・サラマンダーの有尾類飼育日誌Blog 【イモリブログ】
http://blog.livedoor.jp/imoriblog/

(ブログに掲載している有尾類の写真は、著作権フリーの素材として、自由に使用・加工・複製して頂いて構いません)

imoriblog at 16:14|PermalinkComments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加