一点入魂! ~土地家屋調査士・行政書士のブログ

未熟者の土地家屋調査士・行政書士のブログです。 日常、気づいたことや業務のことなどを書き綴っていきたいと思います。

【お願い】
 当ブログの内容などについてのご質問はメールにてお願いいたします。
 お電話でのご質問をいただいても当方は職種の性質上、事務所に不在のことが多いですし、
 投稿してから期間が経過した記事については内容等を思い出したり、投稿以降の変更(法令、取扱等)の確認などにより即答できない場合もあるためです。
 よろしくお願いします。

見えない土地の価値 ~立つ鳥跡を濁さず…

DSC_0616 土地家屋調査士の主力業務に土地の筆界に関する業務があります。
 地積更正登記や分筆登記といった登記が絡む場面も多々ありますが、そういった登記がない場合でも、売買契約締結の過程で売主責任の一環として買主に「筆界を明示する」という特約をすることが最近は増えてきました。

 筆界がハッキリしてない土地の売買は、「お互いどこまでを売買の対象にしてるのかはっきりしてない状態での売買」ということになります。
 ということは、知らない間に他人の土地(の一部)まで売ってるかもしれないのです。


人気ブログランキングへ

 にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ 記事が気に入っていただけたらクリックよろしく

続きを読む

土地家屋調査士試験の受験日変更【検討段階】

 今年、関西は空梅雨でしたが、九州、東北は大変な水害が発生して多くの被災者を出しました。
 心からお見舞い申し上げます。

 そして現在、今年の土地家屋調査士試験を受験している人たちは最後の追い込みに入っていると思います。
 毎年、夏の一番暑い盛りの受験勉強は肉体的にも精神的にもツラいものです。

 特に書式問題の作図は汗で図面用紙がベタベタになったり、紙が手に絡んだりで思うように書けなかったことを思い出します。

 ところで、法務省・民事局から土地家屋調査士試験の日程変更の検討をしているというニュースが入ってきました。
 以下、法務省Webサイトから引用です。
【重要】平成30年度以降の土地家屋調査士試験の試験実施時期の変更について

平成30年度以降の土地家屋調査士試験の試験実施時期を,次のとおり変更することを検討していますので,あらかじめお知らせします。
なお,変更の理由は以下の(1)及び(2)のとおりです。
 
筆記試験 翌年10月 第3週目の日曜日(平成30年度は平成30年10月21日)を予定
口述試験 翌年 1月 第3週目(平成30年度は平成31年1月)を予定
 
(1)現在の筆記試験の実施時期である8月は,1年のうち台風の接近数や上陸数が最も多いところ(気象庁ホームページを参照),試験実施日に台風が接近又は上陸した場合には交通機関の停止などが生じ,受験者が受ける影響が大きいことから,比較的,台風が少ない時期に筆記試験を実施するため。
(2)測量士若しくは測量士補又は一級建築士若しくは二級建築士となる資格を有する受験者については,当該受験者からの申請により,午前の部筆記試験が免除されますが(土地家屋調査士法第6条第5項第1号),筆記試験を8月に実施する場合は,測量士及び測量士補(以下「測量士等」という。)の合格発表が受験申請書の提出期限後であることから,新たに測量士等の資格を取得した受験者は,受験申請書を法務局へ提出した後,改めて測量士等の資格を証する書面を法務局に提出しなければならず,受験者にとって負担となっていることから,これを解消するため。
 
 なお,正式に決定次第,改めて法務省ホームページにてお知らせいたします。

 土地家屋調査士を目指している人には朗報ともいえますが、他の資格も同時に学んでいる人は試験日が近くなってしまい、同年受験が難しくなるかもしれませんね。(例えば宅建取引士(10月第3日曜日)、行政書士(11月第2日曜日)など)

 そういう人は来年以降、受験勉強スケジュールの変更を強いられるかもしれませんので、今年調査士試験を受ける人は最後の追い込みをがんばってぜひ今年受かってくださいね!

 でも、司法書士試験を受ける人は調査士との受験日が離れるのでちょっとは楽になるかもしれませんね。


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
司法書士・土地家屋調査士 井本須美尾事務所
土地家屋調査士・行政書士 いもと登記測量事務所
兵庫県神戸市中央区相生町二丁目3番13号
078-371-5000
http://www.imoto-office.com/
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
人気ブログランキングへ

 にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ 記事が気に入っていただけたらクリックよろしく

改正民法スレッド【1】 ~第3条の2:意思能力

2017年5月26日改正民法が成立した。
 親族(第4編)・相続法(第5編)はこれまでも何度か改正されていたけど、今回は債権法(第3編)が中心。
 土地家屋調査士は主に物権(第2編)を扱うことが多いが、そのもととなる総則(第1編)は必ず関連し、今回その総則も地味に改正されている。

 また、調査士としても人相手に商売している以上、物権法だけでなく債権法も事務所経営としては知っておかなければならないし、行政書士としては契約書作成や相談などにも対応できるようにしておかなければならない。

 で、その基礎となるのが総則

 多くの法律系の人の流れとは逆らって、まずは総則を先にまとめていって、どこが変わって今後どうすればいいのかを備忘録的に書き連ねていこうと思う。

 ただ、スタンスが自分のアタマの整理と備忘録なので間違ってることがあるかもしれないし、解釈の間違い、変更が変更もあるかもしれない。

 また、法律の施行が3年後とスパンが長いことから、一部条約の変更や施行の見送りなどがあるかもしれない。

 その点はご了承してほしい。


人気ブログランキングへ

 にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ 記事が気に入っていただけたらクリックよろしく
続きを読む

不動産登記簿における相続登記未了土地調査について

 平成29年5月29日からスタートした「法定相続情報証明制度」に引き続き、法務省が「不動産登記簿における相続登記未了土地調査について」調査結果を発表しました。

 法務省も相続登記をせずに放置プレイされている不動産にやっと本腰を入れる気になったかもしれない、というのは希望的観測か?

 ちょっと気になるのは調査項目の最小値が「最後の登記から50年未満」というところ。
 ちょっと調査対象の割り方がざっくりしすぎてて、50年以上が調査結果の67.7%~94.6%を占めてしまってて、イマイチ調査が有効だったかどうかがわかりづらい。

 30~40歳で住宅なんかを購入した人が70~80歳で亡くなって相続登記を10~20年くらい放置しててもここには数値として表れないからね。

 法務省としてはその程度は問題にしとらんのかな?

 そんなのんびりしたことを言ってるから今のようなことになってると思うのだが…

不動産登記簿における相続登記未了土地調査について
平成29年6月6日
背景
 土地の所有者が死亡した後も長期間にわたり相続による所有権の移転の登記等(相続登記)がされず,所有者の所在の把握が困難となり,公共事業に伴う用地取得等に支障を来すなどのいわゆる所有者不明土地問題が顕在化しており,社会的な関心を集めています。
 法務省では,この問題に対応するための方策の検討のため,大都市,中小都市,中山間地域などの地域バランスも考慮しつつ,全国10か所の地区(調査対象数約10万筆)で相続登記が未了となっているおそれのある土地の調査を実施しました。
調査結果等
 調査は,調査対象土地に係る自然人名義(※)の所有権の登記がいつされたのかを調査し,その経過年数を把握する手法により行いました。その結果,最後に所有権の登記がされてから50年以上経過しているものが大都市地域において6.6%,中小都市・中山間地域において26.6%となっていることが分かりました。調査結果の詳細は,こちら【PDF】のとおりです。
 (※国,地方公共団体,会社法人等は,相続登記をすることがないため,除外しました。)
 法務省としましては,この調査結果を踏まえ,長期にわたり相続登記が未了となっている土地の解消に向け,引き続き検討を進めてまいります。


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
兵庫県神戸市中央区相生町二丁目3番13号
いもと登記測量事務所
土地家屋調査士・行政書士 井 本 秀 典
TEL 078-371-5000 FAX 078-371-0349
http://www.imoto-office.com/
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
人気ブログランキングへ

 にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ 記事が気に入っていただけたらクリックよろしく

甲南大学の職業紹介とキッザニア

 またまたブログ更新が滞っててすみません。

 昨日はプロボノ団体八青会による職業紹介に参加してきました。
 学生にはなかなか聞きなれない「士業」と呼ばれる仕事の業務・収入・試験・受験勉強などを学生に説明するという催しで、毎年この時期に甲南大学で開催しています。

 夕方から催す任意のこういったイベントに参加する学生はおそらくポジティブな人だと思うのですが、やっぱりそこそこの年代の大人から話を聴く、っていうのはハードルが高いみたいで、なんとか興味を持ってもらおうと毎年苦心しています。

 そんな中、ちょうど同じ日にボクの子どもが学校の代休を利用してキッザニアに行ったのですが、よく考えてみるとあのキッザニアってのは子どもたちに対する究極の職業紹介と言っても良いアトラクションです。

 行政書士や司法書士のようなデスクワーク中心の業務だとなかなか子どもたちに訴求するのは難しそうですが、調査士業務はTS(トータルステーション:測量器)という飛び道具があります。
 一昨年、昨年とブース出展した神戸みなとまつりでもTSを展示しておくと子どもたちが興味を持って覗きに来たりしてくれてるので、職業紹介にもこういう仕掛けを付ければもう少し話を聞きに来てくれるんじゃないかなぁ~と思ったりしました。




-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
いもと司法書士・土地家屋調査士事務所
兵庫県神戸市中央区相生町二丁目3番13号
078-371-5000
http://www.imoto-office.com/
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
人気ブログランキングへ

 にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ 記事が気に入っていただけたらクリックよろしく
協力のお願い

当事務所のサイトにもアップしていますが、吉川友梨ちゃんが失踪してからまもなく丸9年になろうとしています。
 何か情報がありましたら、下記バナーの連絡先へお願いします。

ランキング
ランキングに参加しています!
クリックよろしくお願いします


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
記事検索
いもと登記測量事務所
〒650-0025
兵庫県神戸市中央区相生町2-3-13
TEL:078-371-5000
FAX:078-371-0349
eMail:info@imoto-office.com
Web:www.imoto-office.com
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Skype Me
livedoor 天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ