IMG_1985 9月8・9日は南紀・那智勝浦町で開催したなんでも法律相談会に行ってきました。

 この相談会は大阪の八青会というプロボノ活動をする任意団体が主催したものです。
【八青会】 八青会というのは様々な国家資格者が集まり、自分たちの知見を活かしたボランティア活動をする団体で、災害被災地や士業過疎地などに赴き、無料相談会などの活動をしています。

人気ブログランキングへ

 にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ 記事が気に入っていただけたらクリックよろしく

◆ 平成23年台風12号がきっかけ 
 那智勝浦町の相談会は7年前の平成23年台風12号の災害をきっかけに始めたもので、平成24年以降、毎年開催しています。
 八青会が主催する相談会としては同じ町で毎年開催するというのは異例のことなのですが、今年で7回目となる相談会はすっかり町に定着し、毎年来られる相談者もいます。

IMG_1987
【目津﨑:オーシャンアローの車窓から】

 自分は土地家屋調査士・行政書士としての参加ですが、様々な相談事例に遭遇するのでかなり勉強になります。
 また、他士業と連携しての相談は調査士会・行政書士会といった単資格団体が主催する相談会とは違い、他士業のことも勉強できるため、今後の士業連携の参考にもなります。

◆ 時間制限なしの相談会 
 初年度こそはそうでもなかったのですが、2年目以降は10以上設定するブースが全部埋まっても相談者に長時間お待ちしてもらうという盛況ぶり。

 その理由の一つに相談の制限時間がないことがあると思います。
 相談時間自体は限られているので無制限ではないのですが、一定時間経過したからといって相談を中断することはありません。
 自分の相談でも2時間オーバーのロングラン相談案件なんてのもありました。

 様々な案件にぶち当たるのでとても勉強になる半面、これ以外の相談会に参加した時につくづく思うのが制限時間の無情さです。
 多数の相談者を少人数で受けることが原因だとは思いますが、その辺り「相談者の満足度最優先」を目指して相談会をしないと単なる時間つぶしになってしまうと思います。
 相談者の満足度というのは、相談者の思っている結果に落ち着く、ということではありません。
 しっかりと相談者の話を聞いて、その悩みを受け止める。
 これが一番重要だと思います。

 毎年思うことなのですがそれをもう一度胸に留め、日々の業務を行っていこうと思います。

IMG_1991
【魔改造の多い地方線。103系の顔をした113系】

IMG_2061
【紀勢線の足とも言える105系】

IMG_1994
【新しくできていたにぎわい市場】

IMG_1996
【マグロの街らしい看板】

IMG_1992
【にぎわい市場前に設置されていた水準点標識】

IMG_1999
【にぎわい市場でいただいた本マグロ丼。美味い!】

IMG_2011
【市役所前に展示されているC58 353】

IMG_2003
【昔懐かしい丸型ポスト】


-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
兵庫県神戸市中央区相生町二丁目3番13号
いもと登記測量事務所
土地家屋調査士・行政書士 井 本 秀 典
TEL 078-371-5000 FAX 078-371-0349
http://www.imoto-office.com/
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
人気ブログランキングへ

 にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ 記事が気に入っていただけたらクリックよろしく