December 2015

December 23, 2015

November 03, 2008 フィロンデンドン・バレリー

ここぴさんと京都に行きました。
精華大学の学祭を見に行く前に植物園とか行こうという予定のはずでしたが、植物園では1つ1つの植物の名前,形,色,質感,臭い対して異常な執着心を発揮し、それらを2人の脳内に既存するありとあらゆる概念に如何に置換するかという比喩大会と化したりしました。
その結果、植物に関して全く無知に近い状態にも関わらず一般人の3倍ぐらいの鑑賞時間をかけました。
発する言葉一つ一つに遊び心と創造性を発揮するだけで何であんなに笑えるんでしょうか。少なくとも一々視点がズレている事は実感しました。情緒があったかどうかというと怪しいところです。

ちっと話題になった草と木の違いですが、やっぱり前に記事にしていた。
http://blog.livedoor.jp/imoutoid/archives/50955937.html(リンク切れです:父)
でもすっかり忘れてたよ。曖昧には、肥大成長、年輪、死んだ細胞による木化、などがポイントらしい。竹は竹。そういえば竹と笹の違いも忘れた。
ササ - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/ササ

フィロンデンドン・バレリー と フィロデンドロン という非常にややこしい名前を持った、共に熱帯系の植物があったはずなのですが、
フィロンデンドン・バレリーの方が英語にしたり1文字1文字どれだけ変えてググっても全然ヒットしない。おかしいなー。凄い頑張って覚えてきたのに。
そんなこんなであまりにトロいのでもうすぐ閉館になるよっとおっさんが注意にきました。

地下鉄乗ってバス乗って大学構内に入るなり「若いなー」を連発したり、模擬店の人たちがやたら活気に満ちていたり、なんか食べたり、
謎のナイト オブ ラウンズとかメイドとかモロ出し男とかよく分かんないのがいっぱい居て、よく分かりませんでした。
oveさんを見ててお酒をかけられてモッシュに巻き込まれた後、もうちっと何か見てたかったけれども時間がないので急いで帰りましたが、結局門限は破ってしまいました。

自分が人から与えられる幸せの量と、自分が人に与えている量が釣り合ってないんじゃないか、と薄々感じている今日このごろであります。
こんな状態でも見捨てないで下さる人がいるのが大変嬉しくも心苦しくもありますが、せっかくなので出来るだけ幸せでいたいと思います。


・ちょっとマンネリ気味なので音楽理論の本を色々買って勉強します。
約18000円なり。高い。暇なとき等にのんびり読みたいと思います。


October 22, 2008 October 22, 2008

あの記事を最後にこれだけの期間何も書いていないのはさすがに終わっているよね。
色んな事があったり、長い間何も無かったりしましたが、相変わらず情緒が落ち着いていません。
人が何らかの楽しみを探しに見に来ているはずのインターネッツにこういったネガティブな事を書くのは宜しく無いなと内心思いつつも、やっぱり書いてしまいます。みなさまごめんなさい。
毎朝出来るだけ早起きをして、さあ今日から気分を変えて頑張ろうと思いつつ朝ご飯を食べて、色々あって、曲作りでもしようかと色々いじってるうちに何だか途端に気分が落ちてきて、気持ちの悪い疲労感だけ残って、もう何もしたくないと、ハードディスクのアンマウントを待つのもめんどくさくて電源をブツ切りして布団に隠ったりするような毎日を過ごしています。
なんやかんかで電源はしっかり落とすのはファンがうるさくてムカつくからです。

11日は、ここぴさんがまたおうちに来てくださった。いろいろとアホな遊びをしてました。とっても楽しかった。
他にも、誰それと音楽の事とかくだらない事を、やたらめったら喋ったりなんかしてた。
19日はヲタバンドオフで押さえがきかなくていろいろとドン引きされたはず。
たまにそんな楽しい事があったり、ほんの少し挑戦が上手くいったり、喜ばなければいけないようなメールがくるから、さあこれから少しずつでも立ち直っていこうか、なんて思うけれど、またアクセルを踏んで行動に移した途端、気がついたら何故だか頭の中を疲労感が支配してて、思考が何も働かなくなって、それを自覚した末には色んな事が嫌になってる。
そうやって、自分の意志とは乖離した部分の、身体的な情動みたいなものが思い通りに動かなくて、理想と現実の隔たりが不快で惨めで悩んだ末に、もういっそ理想のレベルを極端に下げてしまって、今僕と繋がって下さってる皆との前向きな関係性を断ち切って、逃げ出したいなんて毎晩一々考える。
それはもうあまりにベタすぎる自己嫌悪というヤツで、そんな恥ずかしい境遇を自分でもよくよく分かってるはずなのに、その場に立つとどうする事も出来ない。
時間とか他者とかが存在しなければ、もう少し落ち着いて見つめ直せるのかな、とか甘えた事も思うけれど、そうはいかないから、常に摩擦を感じつつもそれに耐えて立ち直らないといけないみたい。
例え立ち直ったとしても、全てが思い通りに上手くいって、過去の過ちをチャラに出来るほどの成果を上げられるわけではないだろうから、そんな未来の自分に過剰な期待をする事も出来ない。
やっぱりダメな所はダメなままで、それを他人に隠そうとしても、結果として逃げたことになるだけで、正直にダメだった事を認めつつも、前向きに進まないといけない。意味が分からないパラドキシカル。
元気を出せば良いのか落ち込んだら良いのか分からない、どっちにしろ振り回される。難しい難しい難しい。
みんなほんとによく生きていると思います。えらいね。
1年後読み返して恥ずかしくなるタイプの日記だという事もよく分かる。そんな感じです。

October 04, 2008 朝寝昼寝夜寝

5時間以上昼寝したときの絶望感は異常。
その上夜になったら通常以上に寝れちゃうし、また朝が来れば、虚脱感を感じながら日々の生活上の面倒事だけに時間を浪費してはまた夜が来る。カレンダーの数字が1つ増える。
毎日寝る気しか起こらないので本格的に嫌です。

Profile

imoutoid◆u2zN8etdHw
イモウトイド
imoutoid is musicoid creatoroid

このブログは、'09年4月に亡くなった imoutoid こと私の息子が書いていた記事を、少しずつ再掲しています。
時々、私が息子の思い出などを書いております。(imoutoid の父)

[mixi] [Banner]
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)