音楽作品

February 18, 2017

January 16, 2009 神頼み

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1232082209.mp3
サイプレス上野とロベルト吉野 - Bay Dream / TOFUBEATS REMIX(imoutoid 神頼みEDIT)

そろそろぼくはいろんなひとに殺されるべきだとおもう

でも今の僕の心情をきちんと表現していていいと思います

切り貼りでもそこそこ自然な発声に聞こえる為にタイムストレッチで母音を伸ばしたり、適度なタイミングでフェードを書いて語尾の切ったり、いろいろ無駄な拘りを発揮しています
大した事の無い状態を作るというのは結構難しいのです

(ここに、YouTube の原曲へのリンクがありましたが、現在は元動画が削除されているようです。父)

そんなことよりちゃんと元の方を聞けばいいと思います

tofuさんへの僕なりの歪んだ愛情表現だと思っていただければいいかと思います


August 07, 2015

August 16, 2008 ファンファーレ

突如FFっぽいファンファーレが作りたくて仕方がなくなったので、仕方なく作りました。
やたら時間がかかった上に、ちょっと凝った事をしようと思ったら、よくわからなくなってきて滅茶苦茶にいじったので、あまり勉強にもなりませんでした。
http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1218885837.mp3
でもファンファーレになりました。めでたくないめでたくない。

June 09, 2015

August 10, 2008 August 10, 2008

■メッセージ
imoutoidさんって夏コミ行くんでしょうか?
コスプレ広場にいそうなんですが…


いーなー。まだまだ引きこもりのつもりですので、人の誘いと少しばかりの責任感がないと外に出れません。
あとこういうのとか見るともうお腹いっぱいになる。しんどいしんどい。ぬるくてへたれでごめんなさい。
http://guideline.livedoor.biz/archives/51104758.html


そのかわりではないですがこんなんあります。僕なりに頑張ってみた。
http://avss.tk/20081016/9
099cc1cc-s

アーティスト : V.A.
タイトル : Intersect Fractional. Vol. 3
レーベル : AVSS
品 番:OTR-04
価 格:2,000円

現場至上主義のパーティー運営集団、AVSSが送る全方位テクノコンピレーション!
BPMの違いやジャンル等を全く無視!面白いと思った物をチョイスした結果がコレ!
PS2用ゲーム『Dance Dance Revolution』(北米版)等に楽曲を提供している
DM Ashuraを始め、北海道のDr.シンセサイザーことfish toneや、ニコニコ動画で
異彩を放つimoutoid、dj Aura Qualic。そして今春スペインのBIT MUSICと契約した
DJ DEPATH&M-Project等が参加!AVSSが自信を持ってお贈りする1枚です!

■Track List
01 dj Aura Qualic - Live the Race
02 imoutoid - Hofstadter's Law
03 Nacky - beach thong
04 fish tone - Ride on Time
05 Groovetune - Burgers
06 Thanatos - Kannazuki (Shrine Remix)
07 DM Ashura - Z -the new legend-
08 Ryo Ohnuki - A8S3
09 RoughSketch - HolyNight With DutchWife
10 Dee! - Leave the nest (BTW's Prisoner Remix)
11 HARDCORE TWINZ - KEEP ON BUSIER
12 DieTRAX - NES NES
13 DJ DEPATH&M-Project - HxCx JUNKIEEE



僕に何らかを任せてくださっている方々、何らかの迷惑おかけするかもしれません。できる範囲ではなんとかやってみます。
修理状況等は僕の力ではどうにもできないし、本音を言うとどうにかして逃げたいけれども、無責任なやつだと思われるのも嫌です。難儀です。
なんかもう1日に2回ずつ寝たりしています。わけがわかりません。夢のようです。

October 14, 2014

June 14, 2008 [mixi] imoutoidさん / mixiのバカ (マイミクシィ最低日記)


・マイミクのみなさんご迷惑をおかけしましたみたいです。ごめんなさい。

blogでは、常に最上に表示したい記事の公開日時を2010年あたりに設定しておく、という常套テクがあるのですが、例のアホなアンケートをとりあえず7/1ぐらいまで置いておこうと思い設定しましたら、mixiのシステムがなかなかのアホでマヌケなようで、外部ブログのRSSをまるっきり信用して、マイミクシィ最新日記リストのてっぺんにずーっと表示してしまっていたようです。ぼくはわるくない!
とりあえず対処しましたが、直りましたか。
最新日記を未来日記で埋め尽くす等、これを利用した悪戯もいくらでも可能ですが、そんな事をする奴はとっととブラックリストに入れられてしまうことでしょうね。

まあそれほど引っ張るほどのもんでもないので、あと2日ぐらいしたら引き上げます。
少なくとも僕自身は笑い転げるような結果になっているというだけの途中経過をお伝えしておきます。

(父註:この記事をアップした前日、「緊急アンケート! imoutoidの血液型を当てて下さい。」というエントリーがありました。)


・曲作ってて、イライラして疲れて途中で寝ってた。
そしたら、曲作ってる夢を見た。なんか楽しくって、気持ちのいい夢だった。
できるかぎり、こうやって作ろうと思いました。

■お名前
ysmi

■メッセージ
otoutoidについてお返事有難う御座いました。

imoutoidという名義をコンセプチュアルに扱いたい気持ちはこちらのロリコンブログを読んでますと伝わって参りますので、otoutoidに関しても何かお考えがあるのかしらんと気になりまして先日は無茶なメッセージを送りつけてしまいました。
確かに難儀ですね。
とりあえずimoutoidさんの今後の展開を期待しておきます。

スパコに関しましては、非常に個人的な事情ですが小さな会社に事務として就職しましたら社長から「事務もできるSEを目指してくれ」と言われ、今PHPを触っておりますがプログラミング自体に苦手意識を持ってしまい非常に難儀しております。
現実逃避がてらプログラミングについて色々調べておりましたら、もともと美大畑だったこともあるのでp5やMAXなんかを知りスパコにもたどり着き、たまたまエイフェックスアニソン化のやつを耳にして現在に至るといった感じです。
スパコはもうすこしプログラミング自体に慣れたら触ってみたいなと思っている程度で御座います。
身の上話で申し訳ないです、端折ってくれてかまいませんので。

過去の音源もなかなか素敵ですがそれ故やはりあなたの未来に期待してしまいます。
imoutoidさんがアウトプットしたものをインプットしてとても救われた気持ちになっている人が居るということをとりあえずここに明記しておきます。
では長文失礼いたしました。
ありがとうございます。


Proce55ingをプログラミング練習に使うのは大変素晴らしいんでないかと思います。
何らかのアルゴリズムを一旦視覚化して考えたり、あるデータを的確に視覚化する方法を考えるのもまた、プログラミング脳に良い気がします。
オブジェクト指向なんかは、ゲームみたいにオブジェクトをそのまま描画したい物体の概念と結びつけてやるとよく分かりました。
あと中々侮れないのが、紙と鉛筆です。下手に画面で弄って実行してみるより、紙に書いて考えた方がスッキリする事がよくあります。

テキストプロセッシングとかデータベースとかになってくると事情も変わってくるかもしれませんね。
それでも変数とかをprintしまくったり、グラフを描いてみたり、処理の流れが自分の頭に把握しやすいようなテスト出力をたくさんして見るのが一番かと思います。
使いやすいインタプリタとかで、手軽にテストが出来る環境を構築するのも大事ですね。一度そういう環境で要領を掴んでからだと、他への移行は楽です。


Supercolliderはどうも癖があったり、なーんか変です。
ライブラリは割と使いやすくなってるのですが、言語というよりは、プログラミングを利用した音楽製作環境というイメージで、呼び出した機能が内部的に何が起きているのかがちょっと把握しずらい部分も少なくありません。
SynthDefというサウンド合成処理手順の作成機能なんかは、+や*などの演算子が丸ごとオーバーロードされていて、実体は全く別の機能のラッパーになっていたりします。
あまり深く考えずに音製作道具として使ってる人が多いんじゃないかと思います。

サウンド/音楽の処理というのは、凄く出力結果が抽象的で、1聴しただけではその構造が把握し難いです。プログラムを見てもサウンドが浮かぶわけでもないです。
テキストやグラフィックのL-systemなんかは一目でなるほどL-system!って感じがしますが、サウンドに使用するとどうやっても結果からアルゴリズムの構造が浮かんでこなかったりします。
何らかの目的の結果を実現する為に、本来抽象的な筈のサウンドをまずは強引にでも構造的に分析して、それをプログラムに置き換える、というなんだか遠回りな思考が必要であったり、右脳と左脳の距離が遠くて、なかなか難儀な世界です。

僕はプログラマとしては全然ちゃんとしていないので、まともな事はなにも言えませんが、プログラミングは小規模で役に立たなそうなものをいっぱい作ると慣れてきます。
最初は実用性をあまり考えると、こんがらがって目の付けどころが分からなくなってしまうので、色んな機能やテクニックは細分化して別々に試していって、最終的にそれをパズルみたいに組み合わせると良いと思います。

■お名前
カス色ハルヒ (14歳♀)

■メッセージ
なんかもう色々とありがとうございます。
以前から聴きたかった作品達を聴くことができてとても私は嬉しいのです。

これからもいい曲をガシガシ作って下さい。
応援しています。

とかちのリミクスと***cy *a*lは私の生活の糧なのです。うへへ

precure本当に14歳♀の方にそう思って頂けているとすれば、それほど素敵な事はありませんが、素敵すぎて疑いの目を持たずにはいられませんのです。
でも、たぶん21歳♂を自称するメールだったら、公開はしなかったような気がいたします。

母には常日頃から
「エッチなサイトとか、お金がかからなかったら別にいくら見ても構わないよ」
「でも、女にだけは騙されないように。女はずるいし怖い。気をつけなさい。女は怖い。」
と、厳しい教育を受けておりますので、どこまで警戒したらいいのか分かりません。
後者は自己言及のパラドックスを利用したフェミニズムへのアイロニーかなにかなんだと思いますが、論理学にも社会学にも疎いのでよく分かりませんです。

これからも純真で無知でいますので、世の悪女の皆さん、僕を騙さないで下さい。

母はとても頭がいいです。なんと人の性格から血液型を当てることができます。
霊感があるので、近所でご逝去された方がおられると、深夜に1階トイレへの階段を高速で上り下りする能力を得られるようです。


November 24, 2013

May 13, 2008 ほーら、たまには日に当たらないと、カビが生えるわよ

この声ネタ好きすぎる
最近あんまりぐっと来る声ネタ見つからないのは悲しいかな

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1210622999.mp3

imoutoid小ネタ集の中でも有数の出来
リズムの組み方が全く不規則にも関わらずなんだかセンスが要求されたようで不思議
続きを読む

October 06, 2013

May 01, 2008 僕の環境と経緯

■お名前
もちろん

■メッセージ
小5でSP-303を持ってたり今FM8やReaktor
やSM57を持っているというのはどういう
家なのか聞き出してimoutoid個人情報をダダ
漏れにしたいのですがいかがでしょうか。

SM57は父さんのです。58もあります。
父さんは中学ぐらいからか趣味でギター弾いてます。今もたまにバンドでライブやってます。
ロックからフュージョンに行ってジャズに行った系だと思います。
あと、昔から一体型キーボードでアレンジしたり、EZ VisonでDTMしてみたり、LogicしたりVS-880で多重録音してたみたいで、子供のテーマソング作ったり、学校の音楽教育用に合奏のアレンジとかやってはりました。
僕がLogicerなのはまんまそのせいです。XP-30も父さんのですが普段から99%僕が触ってるので勝手に自分の部屋にもってきました。


で何故、となると、いろいろ複雑な事情もありですが何か書いてみます。

僕が赤ちゃんの頃から、父のバンドの練習やライブに付いていったり、家や車で流れてる音楽をずっと聴いて育ちました。
家にあるキーボードやピアノをずーっと出鱈目に即興して遊んだり、ギターソロのつもりでメロディーをアドリブで音痴に歌ったり踊ったりしてるもんですから、父が僕が歌ったメロディーを曲にアレンジしたりしてくれました。ずっとその作業を傍らで見てました。

僕が小学3年生ぐらいかになって、自分1人でも作曲したいと言い出しました。最初は一体型キーボードが欲しいと言ったのですが、幼稚園の時からずっとMacで遊んでたので、将来性の観点からもコンピューターでやれと、誕生日プレゼントにEZ VisonとCBX-K1XGという音源一体型ミニキーボードを買ってくれました。
この時点で何かズレてるような気がしますが、幼稚園の時から喧嘩ばっかりして、小学校でも授業をまともに受けられず抜け出しては叫んでる問題児でしたので、何かこの子にも人に認められる才能でもあればなあとかいう現実逃避的な希望があったんだろうと勝手に思っておきます。
でも、根は素直だったのか、物欲しさにゴネたりと作為的な事が出来る子供ではなく、物をねだったりするのもそれほど得意では無かったと思います。
自分なりに義務感や罪悪感を持って普通にしようと努力はしていたものの、なんか上手くいかなかったようです。

ソフトの基本操作だけ簡単に教えてもらったら、あとは勝手に作らせてくれました。マニュアルも読まないでなんとなく触って使い方を覚えていく癖もあったので、応用的な操作も自然に覚えていきました。
その当時作ってたのは、多分ロックかフュージョンよりのバンド音楽風をワンコードペンタトニックオンリーで作ったような感じだったと思います。
電子音楽に傾倒したのはいつだったかよく分からないですが、昔からその手の音には反応していて、キーボードも弾かずにDTMやってると、音色からの影響も含めていつのまにかそっちにになってました。
まだ「音楽」に対して何らかの思い入れや自覚があったわけでもなく、ただ積み木があったからそれで遊ぶような感じで、特別何のトレーニングもせずに緩く続けていました。

小学高学年にもなってくると、頭が無いなりに自我みたいなのが芽生えてきました、喧嘩はしないものの、相変わらずちゃんと授業も受けられない問題児です。このあたりの話はまた気が向けばします。
そろそろダメな自分の唯一の長所として音楽を意識するようになってきました。

いつだっかLogicに移行して、暫く経つとAudioベースで製作し、フリーのVSTとかをネットから探してきて使うようになりました。
フリーのVSTなんかがシンセ音ばっかりだったのは、確実に今後の音楽性に影響しているでしょう。

中学生ぐらいになったとき、かつてのやんちゃ坊主からダウナーに移行したものの相変わらず問題児の僕ですが、その作品を認めてくれていた父が、何を思ったか「お前がちゃんと音楽をやるというのなら、機材とかソフトとかいろいろ必要だろうし100万円以内なら言え」的話をしてくれました。そんな金持ちでもないのに。
驚きの公務員です。教育がまるでなっていません。というか恐らくどうしても教育がまるでなりようがなかったので「きちんとすること」に半ば諦めも含みつつ、裏返って希望に賭けてそんな風になっていたのでしょう。
精神的に調子の良くない時期でもあったので「普通に中高生みたいに遊んで楽しめない事も多いだろうからせめて」というような話もありました。
といっても今になって振り返ってこんな事を言ってはいますが、その当時の自分は何一つ自覚して考えられていたわけではなかったと思います。どうも自分で淡々と説明してしまうとゴネてる嫌な感じの子みたいになっている。

結論、僕が機材やソフトを持っているのは、父が音楽をやっていたから、そして教育上の不安と希望が入り交じっていたからです。
そして、僕はどんどんコンピューターと音楽にのめり込んでいき、外の世界との隔たりを一層深くするのでした。


とかそんな半端に曇り空な話より、この前父さんの入れてもらってるバンドのメンバー、ギターもう1人とドラムとボーカルが集まって雑談していた時の話を言われた話をしませんか。
この3人がなんだか、元スタジオミュージシャンだったり、高校だか大学だかで納浩一氏とバンド組んでて友達だったりなんとか、結構昔凄かったバンドのメンバーとかなんとからしくて、父さんは全然凄くないのですがこんな人らとできるなんて本当に出会いというものは云々言ってはりますが、それは置いときます。
その方たちは割と昔から僕の事も知ってくれてはるのですが、その前で、お前の曲を聴かせろと言われまして、昔は割とまともな曲を聴いてもらったりしてましたが、今こんなんです。
さあーどうする。と、もう開き直っていきなりコンセンプトが明確だろうFancyball出しました。
あと「この前の雑誌のやつ聴かせよ」と父さんが言うので、解説交えて全曲聴いて頂くはめになりました。

ドラムの人がなんだか変わり者なのか面白い人で、バンドでは普段はソウルかAORというかその辺の曲をやってるのに、突然に倉木麻衣がやりたいと言い出したりする不思議ちゃんなのですが、
僕が「こういうアニメとかゲームとかの恥ずかしいくらいのポップさを敢えて」だとか言い訳がましい話をしている時に、
「ああ、僕もなんかそういうアニメの曲とかの、あれ、なんやっけあの東京のあの、昔のなんかかわいらしい衣装とか来てやる感じの、そういうやつの曲の感じとか、ええなあとか思うわ」とか言い出された時には、僕はどうしようかと思った。
曖昧なのに何か一定のニュアンスが凄く伝わってくるよ。たぶん間違ってないどころか的確な事を仰ってるんだろうけど、大変に反応に困るよ。

PART2が終わった所でこのメロディーはどうしているのだとか質問があったので、元ネタ聴かせよちうことで、Youtubeから探してきて、第二ボタンの誓いとあさきゆめみし君とを50前後のおっさん集まった前で聴いてるこの、複雑さ。「あーそうそう、こういうやつ」とドラムの人。

僕の曲はみなさんになかなか好評でした。ひかれるよりは全然良いですけど、不思議な気持ちです。
後日、今度あの曲をバンドでやりたいと言い出されたと父から聞ききました、無理だと説得したらしい。


上下の話含めて多少脚色があるかもしれません。当事者がほぼ全員このサイトを見つけられる可能性がなきにしもあらずの状態ですから、勝手にこんなひどい風に書いてどうなのかと思います。
どんどん僕自身とimoutoidの境界線が無くなっていきます。


June 30, 2013

バカ親の回想 携帯着メロ(小学校高学年の頃)

 2000年頃の携帯電話には着信音作成機能がついていました。私が使っていたケータイのその機能は、FM音源3トラック、最大16小節ぐらいの簡易シーケンサーでした。

 当時我が家では、毎年夏休みに、仲の良い友人家族とともに車で旅行に行くのが恒例になっていました。ある年、道中の車で暇を持て余していた息子にケータイを渡してやると、この機能を使って、息子らしいユーモアにあふれた小曲を10曲ほど作りました。小学校高学年の頃です。

着メロ1

着メロ2

着メロ3

着メロ4

着メロ5

着メロ6

着メロ7

着メロ8

着メロ9

着メロ10

February 11, 2013

バカ親の回想 (Talkin' In Your Sleep)

2003年だったと思います。
80年代のヒット曲をリミックスしたアルバムを作る企画の作品募集を見つけ、息子に、応募したらどうかと進めました。
そのために作った作品です。

原曲については、私は知りませんでしたので、Youtube ではじめて聞きました。
http://www.youtube.com/watch?v=wcN_AEOQv4s

息子は、Aメロ部分を Mac の Speech 機能を使って喋らせラップもどきにしています。
サビは自分の声(変声前)をサンプリングして継ぎ接ぎしています。
後半では後に ACGT Part 1.2.3 などで多用するボーカル・スタッターを使い始めています。

結局この企画はポシャってしまったのか、息子の作品が評価されなかったのか
その後何も連絡はありませんでした。

12歳でした。

https://dl.dropbox.com/u/120004928/Talking%20In%20Your%20Sleep%201.mp3

September 01, 2012

バカ親の回想 4〜5歳の頃 その2

幼い頃の未公開音源を2つアップしました。

”voice with synth"
Korg X3 内蔵のサンプルループを自分で選び、即興で歌っています。
他愛もない幼児の戯れかも知れませんが、
私はこの子の力を信じていました。

voice with synth

これが ADEPRESSIVE CANNOT GOTO THECEREMONY PART1 を想起させると感じるのは私だけでしょうか?




"16beat improvisation"
Logic を私が操作し、息子がX3で即興演奏を重ねました。
エレピ、ベース、ドラム、効果音の順で録音したと思います。
リズムは16分音符のクウォンタイズ(生演奏の曖昧なリズムを正確なタイミングに修正する機能)
をかけました。

16beat improvisation


December 30, 2011

December 25, 2007 iの数式 (imoutoid's ComplexFunktion Remix)

f593bec1-sAVSS Product Information | Candy Highway
http://www.avss.tk/product/oau02/
-Original Side-
01:Candy Highway - D-RAM
作詞:野宮あゆみ  作編曲:Dee!
歌:留桜良姫、野宮あゆみ、中恵光城
02:iの数式 - D-[R]AM
作詞:留桜良姫  作編曲:Dee!
歌:留桜良姫
03:アメイロ - D-RA[M]
作詞:中恵光城  作編曲:Dee!
歌:中恵光城
04:Transient World - D-R[A]M
作詞:野宮あゆみ  作編曲:Dee!
歌:野宮あゆみ

-Remix Side-
05:Candy Highway (REDALiCE Remix)
Remixed by REDALiCE (ALiCE'S EMOTiON)
06:iの数式 (Groovetune Remix)
Remixed by Groovetune (Mind Circus Records)
07:iの数式 (imoutoid's ComplexFunktion Remix)
Remixed by imoutoid
08:アメイロ (HN's Fourroses Remix)
Remixed by Thanatos (WAS Records)
09:アメイロ (A&B pnw trance Remix)
Remixed by DjA.Q. (A.Q.-Sounds.com)
10:Transient World (MINAMOTRANCE Remix)
Remixed by 源屋 (MINAMOTRANCE)
11:Transient World (estha Remix)
Remixed by estha (northways.org)


 07:iの数式 (imoutoid's ComplexFunktion Remix)
で参加させていただいてるので、みなさんよろしくお願いします。
他メンバーの実力が凄いので、トランスやらテクノやら直球ドカンでミックスしたら絶対適わないと思い、せっかくだしこの辺の文化圏でなんかなさそう(偏見)な事でもやろうと思ってやりました。
リハモしてエレクトロファンキーなアシッドジャズのようなフュージョンのような事やってます。結果一番地味です。
どう考えても10代のやるアレンジじゃない。若々しさがまるでない。おっさんセンスだ。
「何故か妙に渋い」とかそういう楽しみ方をしていただければ幸いかなと思います。
分かり難いユーモアだなまったく。空気読めや。これも僕なりの反骨なんだぜ、きっと。
届く人には届け!
続きを読む

December 04, 2011

Space Jungles (小学校4〜5年生頃 )

小学校4〜5年生の頃、息子は「Space Jungles」と言う名のウェブサイトを運営していました。
音楽以外にもCGムービーや、画像作品も掲載していました。
当時はまだブログというものはありませんでしたので、ページの作成には、Adobe Page Mill を使っていました。



音楽作成環境
PC: Apple Power Macintosh 6100AV
DAW(シーケンサ):Opcode EZVison
音源:YAMAHA CBX-K1XG


当時の作品です。


-X-


_-TIME-_


365
声変わり前の自分の声をサンプリングして使っています。


Cold Fire
当時の息子の担任だった先生(女性)の結婚祝いに作曲した曲です。


A Lost Battle
「ロックっぽいフレーズを弾いてくれ。」と言われてバックトラックを一度だけ聞かされました。その後、何も聴かない状態で私がギターのフレーズを幾つか弾きました。それをシーケンスに取り込んで編集したようです。私が息子の作品(幼稚園時を除く)に手を貸したのは、これが最初で最後です。


TRANCE-FORMER


sjyamato
自分の作品をつなげてメドレーにしたものです。


Where
当時の作品の中で、私が一番好きな曲です。
続きを読む

November 23, 2011

ピアノ即興演奏

亡くなる3日程前、娘(彼の姉)の前で弾き出したピアノの即興演奏です。

娘が言うには、「録音してもいい?」と了承を得て、
自分の携帯電話で録ったものだそうです。
音質は全く良くありませんが、どうぞ聴いてやって下さい。

幼い時から本当に仲のよい姉弟でした。

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1322004232.mp3

June 24, 2011

October 24, 2007 ADEPRESSIVE CANNOT GOTO THECEREMONY

imoutoidDC500x500
Download
http://maltinerecords.cs8.biz/14.html

ADEPRESSIVE CANNOT GOTO THECEREMONY

1. PART1
2. PART2
3. PART3

by imoutoid
Released by Maltine Records
2007-10-24



 解説みたいな

鬱者は式に行けない。
歪んだ青年期を送る僕へ、僕による、僕の為の、諦めと開き直りに満ちた音楽。ターゲットは自分。

Stutter Editに始まり、Stutter Editに終わる。膨大な作業量による完全手動シーケンスが多用されすぎ、最後には感覚が麻痺してくる。
制作時間が非常にかかった割には、曲長的に案外あっさりと聞き終わったりしてしまった。
でもそれだけに短時間の中にいろんなギミックが溢れてるので、「ちょっと、今のとこ何?」と再度確認したくなるようになってれば良いなと。完成度よりも遊び心を楽しんでほしいです。

そもそもなんでD.C.なのか、よくわからんのですが、ずっと前にやるって言ってたような気もします。
ジャケとのギャップは爆笑ものですが、自分の為だから良いのです。


 PART1
  元ネタ:ダ・カーポ サウンドトラック / 懐かしい夢

イントロ。メニュー画面曲のサンプリングのコラージュと、ブレイクビーツ1つのみでシンプルに構成。KONTAKT 2のみ。
再生ピッチを4度やら5度やらズラしつつ、同時に鳴らすとこんな風に鳴ります。中々馴染んでしまってるので、どの音が元の音で、どの音がピッチを弄った音なのか分からなくなってますね。元々こんなだったみたいな。
ブレイクビーツのグラニュラーエフェクトなんかが実は手動で、グレインの生成がMIDIシーケンスだったりします。要はアタックとリリースを緩めた単発音を、サンプルスタートを微妙にバラしつつ高速ロールしてます。小技です。
このテンポで変形ブレイクビーツをグルーブして聞かせるのはちょっと難しくて、派手なギミックも入れつつ、ちゃんとフレーズを歌わせるのにはちと工夫したかな。


 PART2
  元ネタ:ダ・カーポ 〜第2ボタンの誓い〜

ギャルゲソンをカットアップしてニカ的処理入れてみたり、ブレイクビーツ乗っけて、うねるベースラインや、チップでファンキーなバッキングのせたり、今まで僕が聞いた色んな音楽のフュージョンになってます。で、出来たものは何なんだろうこれは。
基本発想はPART1と似たコラージュ。こういうのはサンプル系アーティストが割と感覚的にやってみて、合ったのを使うってことが多そうですが、元和音がGだから3番目のBm7を何半音トランスポーズしたのをローカットしたの合わせるとどうなってとか、目的の音にする為に理論を駆使してたりします。

イントロの声はゲームからのサンプリングですが、あっちこっちのシーンから引っ張ってきた割にはそれっぽいです。
漫画なんかで説明書き(作者)のようなメタな存在とキャラクターが突っ込み合ったりしてるのを音楽でやってみたというのかな。生きた人格と無機質な非人格のギャップが何とも好きです。
最初は間を調整してBPMに完全に同期してみたのですが、発音が不自然になったり、完璧に合わせすぎると下手なラップみたいになってしまってどうもわざとらしかったので、リズム同期してるのかないのか微妙だけど実は合わせてて表情としても自然、という微妙なポイントに合わせてます。こだわりです。
データを見るとかなりタイミングが走ってたりするのですが、後で人間の脳内であたかも合っていたように解釈させるくらいの方がちょうどいいみたいです。全く役に立たないノウハウですね。

このPART1-3まで全曲なのですが、全てのトラックがノンリバーブ、リリースタイムも1ms等で極小なので、各音のゲートタイムの設定をかなりシビアにやってます。
トランスとかプログレッシブハウスとか、大きなリバーブやディレイで間を埋められる音楽、若しくは有機的な生楽器だと、この辺はいくらでも誤摩化しがきくのですが、今回はそうはいきませんでした。
レガートに聞こえても実は10tickぐらい短かったり、8分音符の長さが1拍目と2拍目で20tick違ったり、「間」をかなり意識して調整してます。
これをやらないと凄くベタベタした印象になったり、上手くグルーブしなくて、チャチっぽく聞こえたりするんですね。小技です。
「やるとカッコいい」じゃなくて「やらないとカッコわるい」なのがミソです。リバーブが非常に恋しいです。


 PART3
  元ネタ:ダ・カーポII 〜あさきゆめみし君と〜

一言で言うならば変な曲。極端に「これは変態!」でもなくて、一見は普通っぽいんだけど、どうも何かがズレてます。
下手するとタダのチープな曲、という非常に危険な。ボーカルとエレピ以外は全てFM8だけというところで、その捻くれた意図を掴んで頂きたいです。
アナログシンセによるアナログシンセ的テクノ、ってのはよく有るんだけども、FMシンセによるFMシンセならではのってあんまりないのでどうなるかなという。
例によってベースがやたらファンキーだったり2コーラス目のエレピが妙にジャジーだったり、何がやりたいんだかよく分かりません。
このコンセプトの曖昧さの所為で曲の方向性が中々定まらず、無駄な時間を散々かけて迷いに迷って作り直してまた迷って、出来たのがこんなんでした。
Battery3によるボーカルの手動シーケンスもあまりに大変だった。でもエンディングのエディットはこの中でも格別ですね。エロい。非常に気に入ってます。

お察しの通りPART2とPART3はBPMが同じです。PART2エンディングの巧みな転調により、PART3オープニングへキーまで合わせたMIXが出来ます。
実はPART3のエンディングでもPART2のオープニング調に転調していて、上手くやれば延々ループできるかもしれません。こういう分かりにくいユーモアが大好き。続きを読む

May 28, 2011

October 08, 2007 Motteke! Sailor Fuku(imoutoid's FF6 Remix)



Listen
http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1191769681.mp3

ニコニコ動画(RC)‐えふ★えふver.2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1194045

Motteke! Sailor Fuku(imoutoid's FF6 Remix)

Original Music : もってけ!セーラーふく
Remixed by imoutoid
MADMovie by ペロリーメイト!
2007-10-03

来ましたね。暫くネットネタ見てなかったんで知りませんでした。
前に何度か書いてた「例のアレ」です。えふ★えふver.1を見て、折角なんでBGMのRemixを新規でやりました。

FF6のBGMを聞いてアレンジ研究しつつ、原曲とあっちやらこっちやらを融けさせませてます。
音色はFF6そのままのサンプルを使ってますが、アレンジは当然フルに打ち込みなおしてます。

イントロのあからさまなパクリ、もってけ原曲とFF戦闘曲のメロディー間を曖昧に行き来するトランペット、サビでのファンファーレ〜勝利音楽の引用等、ネタの詰め込みはともかく、
中央部でのボーカルのペダルポイントを上手くいかした分数コード進行や、サビでの爽快なストリングス、
FMajorScaleのメロディーでは セーラー[ふく] Bb音一瞬のみで可能な、IIIm-IIIbm-IImの経過和音進行でAbm7への一時転調、それに伴うストリングス等のノンダイアトニックなフレーズの飛行艇的浮遊感、分かる人には分かってほしいそんな所。原曲メロありでの別調へのリハーモナイズは難しいけど上手くハマったときは最高に気持ちがいい。
理詰めしちゃってる所が相変わらず僕らしいですが、メロディー込みではちょっと刺激的な進行だし、他人が聞くと不自然で、ただの自己満足になってないか非常に心配。

May 08, 2011

ファミコン宇宙人'sWorks

title

ようこそファミコン宇宙人のウェブサイトへ!!!!!!!!!!!いろんな曲とかがいろいろあることもないこともない(核爆)



ファミコン宇宙人は2006年10月、持病の五月病を拗らせて死にました。
2008年現在、このサイトはファミコン宇宙人の架空の妹が、兄の偉大な功績を後の世に晒す為、当時の貴重な資料を元に再現し運営しています。



エイプリルフール!!!


ぼくのつくった音楽



突如としてエロゲのBGMが作りたくて仕方が無くなったファミコン宇宙人。で、作った。
これはひどい。恥ずかしい臭いがプンプンする。
潮風に流して
Shiokaze ni nagashite.mp3


Maltine Records
No shit No life /V.A
8.Fancyball / FamicomUchujin
ダウンロード


某DTM板に、某氏の立てた単発依頼糞スレ。
そのスレに作っちゃいましたリミックスです。

うるさくしただけで意外性のかけらもないw
リミックスというより、原曲の自分の理想系をちょっと再現してみた感じかな。
Higurashi no Nakukoroni * FCNoisePollutionRemix
higurashi_2mix.mp3


2つめやってみた。
Higurashi no Nakukoroni *2 FCStimulantRemix
Higurashi_Stimulant.mp3


某所で拾った、歌っている曲はFlashなどでよく使われてた「ありがとう」という曲だということ以外、全く得体の知れないアカペラ音源を、無断でリミックスしたという、非常に失礼無礼極まりない作品。
ちなみに、元々の音声はもうちょっとお姉さん声ぽかったのだけれど、ピッチを4semitone上げてある。だから若干ロリ声。
お姉さん声で退廃的って、ちょっと重すぎるので、ロリ声というか人形っぽくして、ちょっと子供の無邪気さによる特有の不気味さであったりを表現したくてそういう判断になったけど、人の声でそれを勝手にやるって非常に失礼無礼極まりない。
で、ゴシックロリータ。ゴスロリ。なんとなくそんなかんじ。まあそこそこ間違ってる気がする。
歌詞とこの雰囲気の関連性は、適当にストーリーを想像して自分で見つけ出してください。
僕はさっぱり考えてません。
ありがとう FamicomUchujin Gothiclolita-Remix
arigatoufcremix.mp3


今までの楽曲のなかで、恐らく一番危険度が高いと思われます。
カードキャプターさくらな曲です。すなわち、
サンプリングしまくってループしまくって遊んでるだけという非常にアホな曲です。
元ネタ知らない人にも一応好評は好評らしいですが、やはりパロディー的に作ってますので、
この曲をお聞きいただく前に、CCさくら全70話を事前に視聴しておくことをおすすめします。嘘です。
そして最後にやっぱり、さくらちゃんだいすき。
みんなもいっしょに、さくらちゃんだいすき。
言われる前に言っておきますが、Hysteriousっていう単語はありません。ちなみに題名は第一話のサブタイトルの改変です。
コードネーム「Sakura's eye」。eyesとかじゃないのは、eye catchのeyeだからですたぶん。
Sakura and the Hysterious magic book
SakuraAndTheHMB.mp3


ちょっと昔の曲だけど、余ってたからうpするよ
ロックっぽいブレイクダンスみたいな曲よ。
ドンジャガボンボンピュンピュンピュンピュンうるさいアホな曲。
例によってドラムで始まってドラムで終わる。無駄なクラブミックス済み。
Brute Force Attack
Brute Force Attack.mp3


放送第1話にて、早くも2006年ファミコン宇宙人神アニメ大賞を受賞した、TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」より、
劇中劇「朝比奈みくるの冒険」のオープニングテーマソング、「恋のミクル伝説」をファミコン宇宙人がリミックス。
非常にハイテンションなドラムンベースとなっているよ。
恋のミクル伝説 FamicomUchujin Remix
mikuruMiracleMix.mp3


見てるこっちが恥ずかしくなる動画コンテスト2006で早くも1位を獲得した(適当)
今井メロの例のラップ。
あれをリミックスしてみた。
February 07, 2006のブログでのネタ
今井メロ 夢 FamicomUchujin Remix
ImaiYumeFCremix.mp3


Field glassを音色とかいろいろ変えたよ
電子音ピコピコブーブーじゃなくなったので、BGMとかにも割と使えるようにはなったとは思うよ。
ブレイクビーツがファンキーだとおもうよ。違うの重ねたりしたよ。がんばったよ。
Field glass mkII
FieldglassmkII.mp3


前半「うるさいだまれ。SHUT THE HELL UP」でラップ的に罵倒しまくります。中盤になるとベースが入り勢いが増します。
要は、どSのファミコン宇宙人によるサディストソングです。Sの人は自分が言ってる気持ちになって、Mの人は自分が言われてる気持ちになって聞いてください。
が、後半になると一転、美しいパッドが入って哀愁が漂います。罵倒声の聞こえ方が変わります。
「う、うるさいだまれ!べつにあんたのことなんか好きでもなんでもないんだからね!///」って感じです。
要は、ツンデレソングです。
Have A Bad Dream(SHUT THE HELL UP)
Have A Bad Dream.mp3


ChipTuneぽいけどChipTuneのルールを破りまくりな中途半端なのんきな曲
Field glass
Field glass.mp3


某軍曹さんからのリクエストによる、ハートマン軍曹が音痴に叫ぶ超下品な歌をリミックス。
and so, swing like Gunso
swing like Gunso.mp3



イージーリスニングっぽいずっと聞いてても疲れないBGMっぽいのというリクエストにお答えして作りました。
Amagakure
Amagakure.mp3


にょきにょきのぶっ壊しキチガイリミックス
NyokiNyoki Famicom remix
nyokinyokifamicom.mp3


荻野が叫んでる壮大なオーケストラ風ハウスミュージック
NekomimiOgino750799800
NekomimiOgino.mp3


タンクマニア実況用BGM
VIP_TM_Opening.mp3  ・VIP_TM_Ending.mp3  ・VIP_TM_Battle.mp3  ・VIP_TM_Battlefast.mp3
 
今は亡きVIP板の為に作ったファミコンテーマソング。あの頃の俺はVIPだった。輝いてた。
VIP_DJFamicomUchu-jin.mp3


続きを読む

April 17, 2011

untitled

この曲はおそらく未公開だったと思います。
(間違っていましたらすみません。)
息子のメモによると2005年7月とありますので、
14歳の時の作品です。(父)

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1303023344.mp3

January 04, 2011

バカ親の回想 小学校中学年の頃

9〜10歳の頃に息子が作った楽曲です。


DTMを始めて間もない頃のロック風の作品

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1294115015.mp3

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1294115192.mp3

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1294115370.mp3


少し上達した頃のテクノ風?の作品

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1294116333.mp3

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1294116258.mp3

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1294116393.mp3

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1294116484.mp3


実験的な作品

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1294116543.mp3

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1294117303.mp3

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1294117357.mp3


当時自分で作っていたウェブサイトに自作の3D CGムービーをアップしていました。
内容はオリジナルのギャグマンガ風キャラクター「パッチマン」が地球を守ろうとして
ドジばかり踏んでいるという他愛もない物でした。
ムービーのBGM用に作った作品。

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1294116764.mp3

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1294116918.mp3

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1294117191.mp3

これが「パッチマン」のテーマ
http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1294117436.mp3


もう少し後の作品?これも架空のキャラクター「ゴリパンダ」のテーマソングです。

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1294117246.mp3


妻がこっそり録音しておいたピアノの即興演奏です。
この頃までピアノは教えていませんので全くの我流で弾いています。

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1294117577.mp3











June 21, 2010

バカ親の回想 4〜5歳の頃

このころ、Mac (PowerMacintosh 6100AV)を購入しました。
私の趣味である音楽のために Logic という音楽制作ソフトをインストールしました。

息子には音楽の才能がきっとあると信じていましたし
普段から「メロディー」らしいものを常々くちずさんでおりましたので、
これに伴奏を付けて曲にしてやろうと思いました。

息子を Mac に向かう私の横に座らせ
思いつくままにメロディーを歌わせ
それを私が鍵盤で拾いながら入力していきます。

そこからは私が、ドラム、ベース、ピアノ、ストリングスなどを
順に重ねていきます。

息子は横に座って、その作業をじっと見ていました。

こうしてできた「曲」がいくつもあります。
その中からの2曲です。

当時もなかなか息子の作曲だということを信じて頂けなかったようですが、
このようなメロディーは私には書けません。
曲名も息子が付けました。

"Art Sit"
この曲のエレクトリックピアノは息子が即興で弾いています。


"Hit Star"
こちらの曲の後半、ベースソロ風の部分は私が適当に作りました。





April 29, 2010

夢想の詩

ファミコン宇宙人と名乗っていた頃(15歳)の作品です。
マッシュアップというのでしょうか?
二つの楽曲を組み合わせて一つの新たな作品を構築したようです。

その一つの曲でギターを弾いている方が、
私の友人(彼はプロのミュージシャンです)のバンドのギタリストであることがわかり、
そのご縁で、作曲された方にもこの作品を聴いて頂くことができたようです。
お二人とも息子の仕事に身に余るご評価を下さったとのことで、至極恐縮致しました。
全て亡くなった後のことですが、向こうの世界で息子もきっと喜んでいることでしょう。

私には歌詞が胸に突き刺さります。


http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1272516813.mp3


April 18, 2010

e.piano improvisation

 以前公開しましたキーボード演奏と同時期(4、5歳の頃)の、エレクトリック・ピアノ音色による息子の即興です。
 和音の響きを一つ一つ確かめながら弾いているようです。

 娘(彼の姉)が妻と無邪気に遊んでいる声が入っています。


http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1270550895.mp3


January 31, 2010

keyboard improvisation

息子は、ごく幼い頃から私のキーボード(Roland XP-30) をおもちゃにして遊んでいました。
とにかく音のなる物が大好きで、弾き方も操作方法も何も教えないのに
音色を変え、それに合わせて弾き方を変え、一人でいつまでも遊んでいました。

これは、4歳か5歳のときに遊んでいるのを録音しておいた物です。
全くの即興演奏(?)です。


http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1264927639.mp3


November 08, 2009

May 18, 2007 あたまのよくなるやきそばのうた

Listen
http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1179426419.mp3

Instrumental
http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1179426429.mp3

あたまのよくなるやきそばのうた
Atama no Yoku naru Yakisoba no Uta

imoutoid feat. mao komiya

Composed & Writed & Arranged by imoutoid , Vocal:小宮真央
2007-05-17


某ギートステートの劇中に登場する。「移動やきそば屋台」
やきそばやきそばおいしいやきそば〜♪ を勝手に作ってみました。

2000年代にあえて60年代のビートルズ風をやる感覚で、2040年代に2000年代のエレクトロパンクな感じを消化してみた感じ。
というのは嘘で、流石に2040年代の音楽は予測できんわ。それってビートルズの時代に今の音楽を想像するってことだもんね。そりゃ無理だわ。
でもビートルズを改めて聞いてみると、けっこうエレクトロニカしてたり、実は根本的には今と殆ど変わらんような気がするとか、話がずれてきた。

朝から晩までを4日5日重ねても、マスタリングがなかなか上手くいかんかったのだが、悩んでても仕方が無いのでうpしちゃう。
俺にWAVES買ってくれ。

imoutoid feat. mao komiyaとかかっこよくね?Instバージョンとかのっけちゃって、なんかぽくね?
ボーカルは、小宮真央さんに歌ってもらいました。
OK出たときは嬉しさと緊張感で動悸がし、気がつけば焦燥感に苛まれ、暫く精神が鬱状態に陥りました。それくらい興奮しちゃった。
ほんとうにありがとうございます。

ビープでノイジーなギタモドキ、ビープでノイジーなブラスモドキがうなります。
かわいくしたいのか、ブリブリとロッキンしたいのか、どっちつかずなコドモポップ感。
セリフ部とシンクロしたフィルインがなかなか気持ちいいよ。

July 07, 2009

February 21, 2007 Agent yoru wo iku(imoutoid's Liquefied Remix)

b2c46a4f.gif




Listen
http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1171987389.mp3

Agent yoru wo iku(imoutoid's Liquefied Remix)

Remixed by imoutoid
2007-02-21

そろそろ本格的にネタ的に危なくなってきました。
もし宜しければ僕を殺さないでください。お願いいたします。

ニコニコ動画周辺で起こる異常なミニマリズムブームの根本原因、
「とかちつくちて」こと「エージェント夜を往く」双海亜美バージョンをリミックス。
派手めなDrum'n'bassにきめてみました。
ストリングスセクションをそこそこ真面目に作ったのは初めてなのですが、非常に面倒臭かったです。もう二度とやりません。
中盤のボーカルのStutterEditはなかなか聴き所かな。

1週間まるっきり、徹夜もしつつ、こればっかり弄ってたため、メロディーとキュートなボイスが完全に脳裏に焼き付いてしまいました。
この声を聞いていないと落ち着かず、動悸と手の震えがしてきます。
精神的に不安定で、音を客観的に把握できない状況に陥っため、ミックスとマスタリングはあまり上手くできませんでしたとかどうとかちつくちて。

実はまだ、THE IDOLM@STERをやった事がありません。
ネットで動画とか見ててどうしてもやりたくて仕方が無くなりました。
もちろんキャラは亜美で。

おまけ

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1171998497.mp3

July 05, 2009

January 25, 2007 はなはず☆じぇーむす!! オープニングテーマ「そうあい?4Seasons」

de72f3c5.jpg

はなはず☆じぇーむす!! オープニングテーマ「そうあい?4Seasons」
HanaHazu*James!! OP "SoAi? 4Seasons"

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1169710155.mp3


Original Music : 4 / Aphex Twin / Richard D. James Album
ReArranged by imoutoid
2007-01-25

「アニソンをテクノにリミックスするヤツはいっぱいいるのに、
なんでテクノをアニソンにリミックスするヤツはいねえの?」

ってことで、RichardさんことAphex Twinの名曲"4"を、電波ソング風にアレンジにしてみました。
殆どAphex Twinをモチーフにした新曲とも言います。
いや、ほんと各方面の色んな皆さん。ごめんなさい。
これRichard聞いたらなんて言うんだろ。殺されそう。

単純な思いつきだけの、驚異的なくだらなさ。
それにかけた、今の自分の実力以上の労力、時間。
AKIBA-POP SONGの練習がてら作ったんですが、相当な時間がかかったと思います。
「2週間に1日、そん時は5時間」というような超変則的な作り方もしてたり、まったく計画性なんてありゃしません。

※はなはず
「花恥ずかしい」って言葉があるんだって。辞書でいい単語探ししてたら出てきた。
こういう現代的には使わん単語を敢えて使って、ひらがな4文字にしちゃうってのがどことなくエロゲっぽいと思ったのでやりました。
タイトル画像とか作ってんのは完全に人生の時間の無駄遣いだと思います。

もちろん、なんとかのオープニングテーマなわけが無いです。テキトーです。
そうだ。誰かFlashとか作ってください。Short Verみたいの用意するんで。
アニメOP風かエロゲOP風で、Richard顔のキャラが動き回るヤツ。

誰が見たいんだよそれ。
それ言ったらこんな曲も誰が聴きたいんだよ。
ほんと誰も得しねえよ。
ごめんなみんな。



July 01, 2009

お詫び

小生、体調を崩し、しばらく療養することとなりました。
更新が今まで以上に滞ってしまったり、
メールやコメント等への返信ができないことがあるかと思います。
どうぞご容赦ください。

imoutoidの父


****** これより過去ログ *****
kanon

Last regrets(imoutoid's First regrets remix)
Remixed by imoutoid
2006-10-09

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1161172282.mp3



言わずと知れたKeyの名作、KanonのオープニングテーマをimoutoidがいまさらRemix。
京アニ記念です。
imoutoidの初公開作品です。
地味な割にそこそこ切ない感じの音になってます。

曲のファイル容量がまとめて7.24GBとかなってた。
ありえねー。1曲だよ1曲。Kanon本体より重いよ。なんだよその比較。
フリーズファイルやら各トラのバウンスやらでやたら食っとるな。
とりあえずもういじる事はないので圧縮して2.56GB。さすが。半分以下。
無音部分とかかなり多かったりするしね。でも重いよ。2.56GBて。

******ここまで******



Profile

imoutoid◆u2zN8etdHw
イモウトイド
imoutoid is musicoid creatoroid

このブログは、'09年4月に亡くなった imoutoid こと私の息子が書いていた記事を、少しずつ再掲しています。
時々、私が息子の思い出などを書いております。(imoutoid の父)

[mixi] [Banner]
Mail
お手軽メールフォーム
いろいろメッセージお待ち中。
blogで紹介したりいたします。

非公開で重要なお問い合わせ等は、
mailadd
に直接お願いします。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)