回想

August 21, 2019

音楽ナタリー!!

「音楽ナタリー」様が、YouTube に息子のライブ動画を上げたことを記事にしてくださいました。

https://natalie.mu/music/news/344251

今年(2019年)4月には、息子の敬愛するお友達 imdkm 様による身に余る文章も掲載してくださいました。

https://natalie.mu/music/column/328974

本当にありがたいことです。
この場を借りてお礼申し上げます。
(父)


imoutoid at 17:50コメント(0) この記事をクリップ!

October 23, 2018

バカ親の回想 13〜15歳の頃

FamicomUchujin と同時期の作品です。
私の勧めもあり、ラジオ番組などに音源を投稿していました。

主な使用機材
PowerMac G4 Dual 500MHz Giga Either
Emagic Logic(後に Apple に買収されたDAWです)
Yamaha CBX-K1XG(Midi 入力用、この頃からソフトウェア音源を使うようになりました。)
Roland SP-300(サンプラー)



Hysterical boy
https://youtu.be/RPH54OyMR5Q

Pandora's door
https://youtu.be/4eGzzIi71kY

Sand pil2ar
https://youtu.be/0XmNiNNctSw

編集に戻るStationery
https://youtu.be/2JE1r22I1XY

Unknown soldier
https://youtu.be/9JadZzGC1ws

Rubber
後にGeorge Williams さんの番組 Prime Time Radio(東京FM) で紹介していただきました。
https://youtu.be/BCmHi24aMyI

Kamikaze
この作品も George Williams さんの番組 Prime Time Radio(東京FM) で紹介していただきました。
また、同番組制作の株式会社EAU様のご好意により、Jazztronik 野崎良太 さんの番組でもご紹介いただきました。
https://youtu.be/HjdLy87phdE

Illusionist
https://youtu.be/xNk-91M64PY

Movement to suppress evil books
https://youtu.be/xNk-91M64PY

Famicom Sangyo
Inter FM でヘビーローテーションしていただいたそうです。どなた様かのブログで知りました。
https://youtu.be/SVx6JueTRmY

imoutoid at 19:36コメント(3) この記事をクリップ!

October 14, 2018

音源リンクの更新について

音源を置いておりましたサーバが機能しなくなっておりました。
長い間放置してしまっておりましたが、
本日より少しずつ YouTube に移行してまいります。
時間がかかるかと思いますがご理解いただければ幸いです(父)

imoutoid at 20:52コメント(0) この記事をクリップ!

November 01, 2014

バカ親の回想 某音楽教室のこと

息子がコード理論を学んだのは、京都にある有名楽器店の軽音楽教室です。

小学6年生の頃です。
私から進めたか、自分から言い出したか、
コード理論について体系的に学んだほうが良い、あるいは、学びたい、と言う話になりました。

コードに関しては、私も少しはかじっておりましたし、
私などよりはるかに精通しているプロの友人もいました。
しかし、家族や知人では甘えが出ることを懸念して、どなたかよい先生を探しておりました。
すると、当時一緒にバンドをして頂いていたベースのT氏
(彼は私が敬愛する素晴らしいプロフェッショナル・ベース・プレーヤーです)が
関西では随一と言われる、その教室の I 先生(ピアノ、キーボード)を紹介してくれました。


とても穏やかで親切な先生で、
この片田舎から教室までは片道90分程かかりますので、
30分×月4回のところを
無理をお願いして、60分×月2回にしていただきました。

息子は1年半ほど通いましたが、
この教室で、息子はポップミュージックのコードやアレンジについて
多くのことを学ばせていただきました。
それらがその後の音楽活動の礎となったことは間違いありません。

良い先生に巡り会えて、息子も幸せでした。
この場を借りて、おせわになった I先生とT氏にお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

imoutoid at 20:53コメント(0) この記事をクリップ!

June 30, 2013

バカ親の回想 携帯着メロ(小学校高学年の頃)

 2000年頃の携帯電話には着信音作成機能がついていました。私が使っていたケータイのその機能は、FM音源3トラック、最大16小節ぐらいの簡易シーケンサーでした。

 当時我が家では、毎年夏休みに、仲の良い友人家族とともに車で旅行に行くのが恒例になっていました。ある年、道中の車で暇を持て余していた息子にケータイを渡してやると、この機能を使って、息子らしいユーモアにあふれた小曲を10曲ほど作りました。これは、当時に録音しておいたケータイの音そのものです。
 小学校高学年の頃です。

https://youtu.be/nZzqbN-mUCY

imoutoid at 11:46コメント(7) この記事をクリップ!

February 11, 2013

バカ親の回想 (Talkin' In Your Sleep)

2003年だったと思います。
80年代のヒット曲をリミックスしたアルバムを作る企画の作品募集を見つけ、息子に、応募したらどうかと勧めました。
その時に作った作品です。

原曲については、私は知りませんでしたので、Youtube ではじめて聞きました。
http://www.youtube.com/watch?v=wcN_AEOQv4s

息子は、Aメロ部分を Mac の Speech 機能を使って喋らせラップもどきにしています。
サビは自分の声(変声前)をサンプリングして継ぎ接ぎしています。
後半では後に ACGT Part 1.2.3 などで多用するボーカル・スタッターを使い始めています。

結局この企画はポシャってしまったのか、息子の作品が評価されなかったのか
その後何も連絡はありませんでした。

12歳でした。

https://youtu.be/8AUZjFfOW_A

imoutoid at 22:46コメント(4) この記事をクリップ!

October 18, 2012

バカ親の回想 息子に聞かせた音楽

takahashi様より、次のようなありがたいコメントをいただきました。

こんばんは、前年からimoutoid様の音源愛聴させていただいております。周りの音楽好きの友人もオススメすると必ずと言っていいほど彼の音楽に興味を示します、彼の音楽が素晴らしいのは玄人向けのフック、ユーモアにとどまることなく楽曲がポップであるため、どんなジャンルを好きな人にも受けいれられるところですね。

あとこれはお父様への要望ですが、お父様の好まれる音楽というのも一度紹介していただけたらと思います。今すぐにとは言いませんし、何ヶ月後にでも何年後にでも構いませんので気が向かれたらお願いします。 長々と失礼いたしました。


ご質問にある、私が好む音楽というのは、「息子が幼い頃から聞かされてきた音楽」の意と勝手ながら解釈いたしました。参考になるかならないかわかりませんが、私は次のような音楽をよく聴いておりましたので、息子も自然と耳にしていた事は確かです。( " " は特によく聴いてきたアルバムを1枚選びました)

Jazz系
Jaco Pastorius "Word of Mouth"
Weather Report "Heavy Weather"
Pat Metheny "First Circle"
Herbie Hancock "Dis Is Da Drum"
etc.

Rock系
Donald Fagen "The Nightfly"
Steely Dan "Gaucho"
Sting "Bring On The Night"
etc.

Soul, R&B 系
Earth Wind & Fire "Faces"
Take 6 "He Is Christmas"
etc.

いかにも「音楽好きなおっさん」好みの選択ですみません。
その他諸々、様々な国の様々な種類の音楽を聞いて(聞かせて)きました。



takahashi様、こんな回答で申し訳ありません。
コメントを頂き、とても励まされました。
本当にありがとうございました。


September 01, 2012

バカ親の回想 4〜5歳の頃 その2

幼い頃の未公開音源を2つアップしました。

”voice with synth"
Korg X3 内蔵のサンプルループを自分で選び、即興で歌っています。
他愛もない幼児の戯れかも知れませんが、
私はこの子の力を信じていました。

https://www.youtube.com/watch?v=CE9sa4sl9qM

これが ADEPRESSIVE CANNOT GOTO THECEREMONY PART1 を想起させると感じるのは私だけでしょうか?




"16beat improvisation"
Logic を私が操作し、息子がX3で即興演奏を重ねました。
エレピ、ベース、ドラム、効果音の順で録音したと思います。
リズムは16分音符のクウォンタイズ(生演奏の曖昧なリズムを正確なタイミングに修正する機能)
をかけました。

https://www.youtube.com/watch?v=3fLu_k7Kfts

imoutoid at 23:48コメント(0) この記事をクリップ!

April 19, 2012

バカ親の回想 Kamikaze

George Williams さんが FM Tokyo で担当しておられた番組にデモテープを送ることを勧めました。
その番組は、日曜の真昼間、全国放送にも拘らず、コマーシャリズムをほとんど顧みないとんがった選曲をしておられた、今考えても稀有な番組だったので、この方なら、きっとこの子の音楽にも耳を傾けてくださるのではと思ったのです。

ありがたいことに、2回にわたって Rubber と この曲を紹介して下さいました。
2回目の放送(奇しくも最終回でした)では、息子が生で電話インタビューに答えました。
録音が今も残っていますが、くそ生意気なことばかり言っております。


私の記憶では、勢いに任せて1週間ほどで完成させた曲だったと思います。
くそバカ親の私には、息子が自分の体からほとばしる才能を自ら表現した曲に聞こえました。(すみません)
14歳でした。

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1334826741.mp3
続きを読む

December 04, 2011

Space Jungles (小学校4〜5年生頃 )

小学校4〜5年生の頃、息子は「Space Jungles」と言う名のウェブサイトを運営していました。
音楽以外にもCGムービーや、画像作品も掲載していました。
当時はまだブログというものはありませんでしたので、ページの作成には、Adobe Page Mill を使っていました。



音楽作成環境
PC: Apple Power Macintosh 6100AV
DAW(シーケンサ):Opcode EZVison
音源:YAMAHA CBX-K1XG


当時の作品です。


-X-
https://youtu.be/SEjhcujqD3w


-TIME-_
https://youtu.be/Fx_lanRX6jk


365
声変わり前の自分の声をサンプリングして使っています。
https://youtu.be/BYN4m1LOexU



Cold Fire
当時、息子が大好きだった担任の先生(女性)がご結婚されたとき、お祝いのために作曲した曲です。
https://youtu.be/EY0vgPfNIpI


A Lost Battle
「ロックっぽいフレーズを弾いてくれ。」と言われてバックトラックを一度だけ聞かされました。その後、何も聴かない状態で私がギターのフレーズを幾つか弾きました。それをシーケンスに取り込んで編集したようです。私が息子の作品(幼稚園時を除く)に手を貸したのは、これが最初で最後です。
https://youtu.be/uVY7TMZZucA


TRANCE-FORMER
https://youtu.be/RkljIWSenM8


sjyamato
自分の作品をつなげてメドレーにしたものです。
https://youtu.be/i3d5CcgPAHA


Where
当時の作品の中で、私が一番好きな曲です。
https://youtu.be/oPPOMjVKcXU続きを読む

imoutoid at 14:56コメント(4) この記事をクリップ!

January 04, 2011

バカ親の回想 小学校中学年の頃

9〜10歳の頃に息子が作った楽曲です。

音源は YAMAHA CBX-K1XG
https://jp.yamaha.com/products/music_production/midi_controllers/cbx-k1xg/index.html

DTMソフトは Opcode EZ VISION を使っていました。


DTMを始めて間もない頃のロック風の作品。

https://youtu.be/XpKiXqJFQZ0


少し上達した頃のテクノ風?の作品。

https://youtu.be/IuE-0poFu_k

https://youtu.be/tojAUHPOzec


当時自分で作っていたウェブサイトに自作の3D CGムービーをアップしていました。
内容はオリジナルのギャグマンガ風キャラクター「パッチマン」が地球を守ろうとして
ドジばかり踏んでいるという他愛もない物でした。

これが「パッチマン」のテーマ
https://www.youtube.com/watch?v=04DLdIDwEps


ムービーのBGM用に作った作品。

https://youtu.be/Zm6O7Tt9OTI

ムービー
https://youtu.be/olFwOt70kfc

https://youtu.be/AZC17Hu2iMQ



もう少し後の作品?これも架空のキャラクター「ゴリパンダ」のテーマソングです。

https://youtu.be/qJiCRoodWxM


妻がこっそり録音しておいたピアノの即興演奏です。
この頃は、まだピアノは教えていませんので全くの我流で弾いています。

https://youtu.be/P8I0XyLdOlU

imoutoid at 16:32コメント(2) この記事をクリップ!

October 25, 2010

バカ親の回想 自作のはじまり

 小学校3年の時に、自分で曲が作りたいからシーケンサー(簡単に言うと複数のパートを重ねて録音できる機能)付きのシンセを買ってほしいと言い出しました。私が Yamaha V50や Korg X3 等を使っていましたので、影響を受けたのでしょう。

 その類の物を与えることも考えましたが、この頃には息子の Mac の腕前は相当な物になっていました(画像編集やゲームの制作などもしていました)ので、 Mac の広い画面を使って曲を作れるように Yamaha CBX-K1XG(マルチ音源内蔵ミニキーボード)と EZ Vision (初心者用 MIDI シーケンサーソフト)を買ってやりました。

 基本操作だけ教えてやると、後は一人で覚えていきました。それ以降、私は息子の音楽制作には全く手を貸していません(唯一の例外として、一曲だけ頼まれてギターを弾いたことがありますが)。

 これは、息子の最初の作品です。

http://db1.voiceblog.jp/data/imoutoid/1288006074.mp3


August 05, 2010

バカ親の回想 Mac

我が家の初めての Mac 購入は、息子が3歳になる頃でした。

キッドピクス・スタジオというお絵かきや簡単な動画作成ができるソフトを与えてやると
姉とともにすぐに夢中になりました。

このキッドピクスのすごいところは、子ども用のソフトでありながら
使ううちにMac の基本操作が自然とマスターできるようになっているところです。

息子もすぐに、Undo, コピペ、保存、ファイルのフォルダによる階層管理などを身に付けていきました。 息子が作った作品を Mac 専門誌に投稿し、付録のCD-ROMに載せて頂いたこともありました。

他にもフリー等で様々な種類のソフトを体験していきました。
「お父さん、これ英語だからわからない。」
「英語ぐらいわからんでどうする!」
というようなむちゃくちゃな会話をした覚えがあり、
英語のソフトも無理矢理使うようになりました。

15歳の頃に Mac Book Pro を買ってやりました(私はこの子の教育費と考えていました)が、
息子はシステムのデフォルト・ランゲージを英語にして使っていました。
「英語の方が安定するらしい。」と言っていたのですが、
英語に対する抵抗感がなかったのも、幼い頃からの経験があったからかも知れません。


なぞなぞ1年生

なぞなぞ1年生(4歳)


あんなとこでやきそばくうてるや

あんなところでやきそばくうてるや(5歳)

$$$

$$$(5歳)

変なもようのいし

変なもようのいし(5歳)

June 21, 2010

バカ親の回想 4〜5歳の頃

このころ、Mac (PowerMacintosh 6100AV)を購入しました。
私の趣味である音楽のために Logic という音楽制作ソフトをインストールしました。

息子には音楽の才能がきっとあると信じていましたし
普段から「メロディー」らしいものを常々くちずさんでおりましたので、
これに伴奏を付けて曲にしてやろうと思いました。

息子を Mac に向かう私の横に座らせ
思いつくままにメロディーを歌わせ
それを私が鍵盤で拾いながら入力していきます。

そこからは私が、ドラム、ベース、ピアノ、ストリングスなどを
順に重ねていきます。

息子は横に座って、その作業をじっと見ていました。

こうしてできた「曲」がいくつもあります。
その中からの2曲です。

当時もなかなか息子の作曲だということを信じて頂けなかったのですが、
このようなメロディーは私には書けません。


https://youtu.be/riAGl9V70hU

https://youtu.be/WYw2NTbeC9I

https://youtu.be/_qgnbUGYDyQ


imoutoid at 09:59コメント(0) この記事をクリップ!

June 08, 2010

バカ親の回想 2〜3歳の頃 その2

16、7年前のことですが
あるとき私は職場近くのファミレスの入り口で、「RAP MUSIC」という名前のおもちゃを見つけました。

コンパクトCDプレーヤーの形をしたそのおもちゃには、7つほどのボタンがあり、
ボタン一つ一つにリズムパターンのループやフィルイン、シンバルのクラッシュなどが
割り当てられていました。
いわば、ごく初歩的なプリセット型サンプルプレーヤーです。
1000円ほどしましたが、ちょっと面白いので
息子が喜ぶかもしれないと思って買ってかえりました。

どうせ一日で飽きるだろうぐらいに思っていましたが、
息子はそのおもちゃに夢中になり、遊びまくるようになりました。
毎日毎日、よくもまあ飽きない物だと思うほどやりまくって、
それなりに面白いリズムを作り出していて驚きました。

「そんだけ遊んでくれたら十分値打ちがあるわ。」と妻も言っていました。


後に、小学5年生の頃でしたか、BOSS のサンプラー SP-303 をほしがったので
クリスマスだか、誕生日だかに買ってやりましたが、
こいつも使い倒していました。

Mac で LOGIC を使うようになってから、サンプル・エディットの鬼(?)となったのは
皆様ご承知の通りですが、
こういったことのルーツが、あの「RAP MUSIC」にあったのかなあ、などと今更ながら思います。

雑談でした。


April 29, 2010

夢想の詩

ファミコン宇宙人と名乗っていた頃(15歳)の作品です。
マッシュアップというのでしょうか?
二つの楽曲を組み合わせて一つの新たな作品を構築したようです。

その一つの曲でギターを弾いている方が、
私の友人(彼はプロのミュージシャンです)のバンドのギタリストであることがわかり、
そのご縁で、作曲された方にもこの作品を聴いて頂くことができたようです。
お二人とも息子の仕事に身に余るご評価を下さったとのことで、至極恐縮致しました。
全て亡くなった後のことですが、向こうの世界で息子もきっと喜んでいることでしょう。

私には歌詞が胸に突き刺さります。

https://youtu.be/rT5K70lHk9I

imoutoid at 00:34コメント(2) この記事をクリップ!

April 18, 2010

e.piano improvisation

 以前公開しましたキーボード演奏と同時期(4、5歳の頃)の、エレクトリック・ピアノ音色による息子の即興です。
 和音の響きを一つ一つ確かめながら弾いているようです。

 娘(彼の姉)が妻と無邪気に遊んでいる声が入っています。


https://youtu.be/uNTtIpVIvPY

imoutoid at 23:00コメント(3) この記事をクリップ!

February 28, 2010

バカ親の回想(2〜3歳の頃)

ごく小さいときから、とにかく音に対する感覚が鋭い子でした。

2、3歳の頃、おもちゃのサックスを買ってやりましたが、でたらめに吹くことは全くしませんでした。

我が家では常に音楽をかけていました
(Jaco Pastorius やPat Metheny 等のジャズ系や Steely Dan 等のロック系、
あるいは Stevie Wonder などのR&B系)。
息子は、それに合わせて「ぷー。」とか「ぽー。」とか鳴らすわけですが、
そういったBGトラックに対していわゆる「外れた」音を鳴らしたことがありませんでした。

私も音楽が何より大好きで、バンド歴も長く、ジャズ理論もそれなりに勉強しましたので、
(演奏は一向に上達しませんが)耳だけは肥えてしまいました。
今鳴っている音が音楽的にふさわしいか、あるいはそうでないかは分かるつもりです。

全くの勘で吹いた音がたまたま音楽的にかなっていただけかもしれません。
しかし、「ただの一度も」外したことはありませんでした。
息子はそのとき鳴っている音楽を聴いて、それにあった音を選んで吹いていた
のだと思います。

ほかにも家にあったピアノを一人で鳴らしたりしていましたが、
その、ただの遊びが音楽的に破綻してしまうことはありませんでした。
息子の指先から出てくる音は、なにかしら「音楽」に聞こえました。
「弾けば音楽になる」のでした。

この時点で超がつくほど親バカとなっていた私は、
いつか読んだ栗本薫の「キャバレー」の一節を思い出しました。
「君がジャズ(音楽)を選んだんじゃない。ジャズ(音楽)が君を選んだんだ。」
この子の音楽の力を育ててやらないといかんと思いました。

ほんとに親バカですみません。






January 31, 2010

keyboard improvisation

息子は、ごく幼い頃から私のキーボード(Roland XP-30) をおもちゃにして遊んでいました。
とにかく音のなる物が大好きで、弾き方も操作方法も何も教えないのに
音色を変え、それに合わせて弾き方を変え、一人でいつまでも遊んでいました。

これは、4歳か5歳のときに遊んでいるのを録音しておいた物です。
全くの即興演奏(?)です。
(画像は息子の Kid Pics 作品です)


https://youtu.be/63hYIAgzo-Q

https://youtu.be/dp4f-oItvsk

imoutoid at 19:17コメント(2) この記事をクリップ!
Profile

imoutoid◆u2zN8etdHw
イモウトイド
imoutoid is musicoid creatoroid

このブログは、'09年4月に亡くなった imoutoid こと私の息子が書いていた記事を、少しずつ再掲しています。
時々、私が息子の思い出などを書いております。(imoutoid の父)

[mixi] [Banner]
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)