2007年06月28日

週末の展望

先週の◎はガッテンワンが4着、ポップロックが3着、イチゴイチエが3着。それなりに見えてるんですがねぇ。

まずは函館SSの過去ラップ。
HSS
基本的に前後半2秒前後の前傾ラップ。逃げ先行馬は相当力のある馬でなければ勝ちきれません。これは、小回りで前への意識が過剰になることが原因と思われますが、それに加えて、スタートからずっと微妙な登りであることも影響してると思われます。コース図参照。ちなみに中京競馬場の1200mも同じような高低差。

もちろん、函館の馬場への適性も重要なファクターです。

軸は強い先行馬か差し馬。「強い先行馬」とは、ビリーヴ(馬場適性?)、シーイズトウショウ(おそらく馬場適性有り)レベル。今年の先行馬では、アドマイヤホクト・ブラックバースピンあたり。これらの馬の力をどう見るかがポイントでしょう。血統的には両者とも馬場適性ありそう。アドマイヤホクトのファルコンSの内容は相当強いもの。52kgの斤量も有利で極端な外枠でなければ、中心視していいかもしれません。
差し馬ではビーナスライン、アグネスラズベリが有力でしょうか。アグネスラズベリは函館で初めて走ることになりますが、血統的には合いそう。ビーナスラインの函館実績は言わずもがなで(ちなみに中京の走りも悪くなく、馬場適性に加えて、コースの高低差が作り出す展開が合うのかも)、力も足りるでしょう。ただ、おそらく人気はあるのでしょう。人気のないところでは、函館1戦1勝のタマモホットプレイ(ちなみに中京は4戦4着外ですが、G1が3戦で0.7秒差ふたつと0.6秒差、残りがG胸代のCBC賞で0.4秒差ですからそう悪くない。)。

このレースで馬券になった過去の馬〔ビリーヴ、サニングデール、シーイズトウショウ、ゴールデンロドリゴ、アグネスソニック(中京は着外1回ですがG気0.5秒差)〕を見ますと、中京1200と函館1200はかなりリンクするのかもって感じです。

続いてラジオNIKKEIの過去のラップ。
RAJInikkei
福島1800らしく、前傾の厳しいレース。逃げ先行馬には相当厳しい(2004年のケイアイガードは逃げ馬から大きくア離れて追走なので、実質的にはスローに近かった。)。



今年はショウワモダン、スクリーンヒーローあたりは行きそうで、イクスキューズも先行するだろうから、平年通りの展開になりそう。56kgを背負うイクスキューズはさすがに辛いかと。
血統的には菊花賞でも連対しておかしくない血統が向くようです。
差し馬で血統的によい馬というと・・・エーシンダードマンでしょうか。フェザーケープもこの距離では自然に位置取りが後ろになって、バテずに伸びてくるかも。古馬を破ったクランエンブレムは56kgが見込まれすぎの感。
後は、エミーズスマイルに向きそう。

人気blogランキングへ

impartialopportunist at 22:45│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔