2009年04月09日

ひとりごと20090409

#まとまってません

ボスから吸収できることがなくなってきた。
ボスのスキルレベルが低いっていう意味ではなくて、技術的なとりまとめとか交渉、個人作業の計画とかプロセス改善とか、担当者としての自分に求められることがボスのフォローなしでこなせるようになってきたということ。
これによって最近は「自分は一人前の担当だ」という自負を持って仕事をするようになっている。

その一方で、自分と同じレベルの仕事ができないチームメンバーにイライラすることが多くなってきている。仕事の進め方とか考え方を指導するんやけども、教え方が悪いのか本人達に意志がないのか、どうも期待通りの成果を出してくれない。

チームとしてまともな仕事をするには、一部のメンバーのスキルが突出していてはいけない。そうなってしまうとスキルが高い人の言いなりで動くメンバーが出てきて、コミュニケーション不足によって目的からずれたアウトプットを出してしまう。スキルレベルの差が少なければ、意見を戦わせることで各々が認識のずれを検出できるので大きくずれたアウトプットが出ることはない。

・・・と思って、他のメンバのスキルレベルを向上させようと頑張って指導しててんけど、もしかしたらそれがアカンのかも知れん。指導することでその人に俺とのスキルの差を強く認識させてしまって、逆に俺への依存を助長させてなかったか?

ちょっと前に「教育とは気付きを持たせることだ」みたいな事を聞いた。
そのときは学校とか集合研修みたいに「こうするべき」ということを示せばそれを気付きとして認識させられると思ったけど、それは教える側・教えられる側の立場が明確に異なる場合だけのことで、対等の立場であるチームメンバーを指導する場合にこの方法は使えない気がしてきた。本人に「教えられた」と思わせるのではなく「自分で気付いた」と思わせるのがポイントということか?
・・・これは難しい。
答えを持ってない人にどうやったら気付かせられる?
imperialshok at 23:06│Comments(0)TrackBack(0)ひとりごと 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新コメント
当ブログへのリンクについて
無断リンク上等!
されても構いませんし,
俺もします.
もし都合が悪ければ
連絡ください.