2005年08月24日

海外遠征が終了して

台湾にて講演、帰国後アッという間に一週間が経ちました。月の初めのアメリカ審美学会の出席、今回の台湾遠征と、結果的には8月の半分を休診にして結果、アポイント待ちの患者さんで診療室は混雑しています。
診療スタイルが完全予約制のため、待合室が待ち患者さんがあふれる事はなく、周りからみると込んでいるのやら、空いているのやら解りません。予約制だからお待たせしない、が自院のスタイルですので。でも、アポイントのお電話を頂くと、なかなか予約が取れないので、電話の向こうで怒られそうです。(^^;)ー受付の談ー

アポが取れなくて申し訳ございません.......m(_ _)m

帰国後、途中まで仕上げていたデンタルダイヤモンドの別冊の原稿を提出。
12月頃には出版予定........
タイトルである「臨床技術のレベルアップのポイント」について
原稿の最後のまとめで
「長期にわたり治療結果が維持するためには、術前の診査診断を分析できる学者の要素と、立案した治療計画を精度良く遂行することのできる、職人的な要素の二つの要素が求められる。長い複雑な治療を経て、良好な治療結果が長期にわたり機能させることを考える「知」と実行する「技」を常に修練することが大切である」
とまとめました。

この事は台湾での講演においても診断の重要性、治療技術についてを各治療ステップに分けて解説をし、自分の治療結果に歯科医としての「こだわり」をどこまで追求できるかが必要と述べ共感を頂きました。

「知」をもっともっと付けること.......
「技」をもっともっと磨くこと.......

自分のこだわりを、どこまで自分の指先は、具現化できるか.............。  

Posted by implant418 at 19:54Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月17日

海外遠征 Vol 3

ジャパニーズソングならず、ジャパニーズオールドソングで何とか乗り切った後は......

今度は、屋台に連れて行って頂きました。ここがもの凄い盛り上がり!
話によれば深夜2時3時まで人並みは途絶えないとの事です。小さな屋台が並び、食べ物、雑貨、ペットまで色々なモノが売っています。日本でいえば、お祭りの縁日、それも巨大な....それが一年中開かれている感じです。

全てを回りきる事は出来ません、途中で切り上げホテルにホテルに帰った時には12時をとっくに回っていました。

そんなこんなで、次の日も観光や食事に連れて行って頂き楽しいオフを満喫して帰国しました。

今回の講演を機会に、多くの台湾の先生方と知り合いになれた事は、とてもよい私の財産となる事となりました。これからも、臨床に努め、多くの先生方の参考に成るような治療結果を報告する事が出来るように努力したいと、帰りの飛行機の中で心に誓い帰国しました。

明日から診療です......。
  
Posted by implant418 at 20:21Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月16日

海外遠征 Vol 2

海外遠征カラオケ

コメントに応援のお言葉をいただきました。忙しい中でのブログ管理で気がつくのが遅くなりました。ごめんなさい。そして、応援のお言葉ありがとうございます。


学会終了後、会長招宴がとり行われました。本場で食べる中国料理はとてもおいしく、次から次へと運ばれてくるごちそうを心より堪能しました。
しかしここで問題発生、大問題です。各先生方が名刺を持ってご挨拶に見えられます。ここで名刺交換までは順調です。しかしその次、各先生方の手にはビールが…….!
そうです、習慣で「カンペー」と言いながら一気飲みです。飲み干した後「シェイシェイ」と言いながら空のコップを掲げながら、もう一度ニッコっと会釈でシェイシェイ。

次から次へと先生がやってきます、なんと列が………。
お酒の強くない私には大ピンチ!

一口だけ飲んで、ニッコとすると、なんとジェスチャーでもっと飲めとの仕草です。
頭がクルクル回り始めた頃、なんとか一段落すると今度は、なんとカラオケが始まりました。中国語でもカラオケはカラオケです。意味はわかります。各先生方が歌いながら盛り上がっています。

拍手をしたり、手拍子をしたりしながら過ごしていました。
ここでまた問題発生、一人の先生がカラオケの本を持ちながら私に近づいて来ました。
瞬間的に解りました、「歌え!」と言っている事が。断るでもなく、引き受けるでもなく立ちすくむ私の手にはしっかりとカラオケの本が……….
全部漢字です。目がテン!パチクリ、パチクリ。どんなに見ても解りっこありません?????…….
ボーゼンとしている私の手から本をとり、ぱらぱらとページをめくると後ろのページはジャパニーズソングが……….テレサテンです!「愛人」です、「空港」です。吉幾三です。「酒よ」です。星降る街角……..。誰でしたっけ?
それらを歌ったかって?それはナンショです………。


台湾遠征、珍道中???? つづく………….>>>>>
  
Posted by implant418 at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

海外遠征報告

台湾発表01 台湾発表02
8月14日台湾の学会にて3時間の講演を無事終了する事とができました。
台湾の歯科医師の方々への評判も良く、高い評価をいただく事ができました。最後の総括で、会長の賛成は、「良好な治療結果を獲得するために行っている治療術式の細かさ、それに要する時間の掛け方、ただ単にインプラントが成功しているのではなく、臼歯部の咬合や歯周環境への配慮等、歯科治療全体の対処が細かく施されている点などは、参考にすべき点が数多くある。」と、まとめいただき、最後に立派な楯や記念品をたくさんいただきました。

初の海外遠征は無事終了する事ができた事を今回の発表にご尽力いただいた方に、この場を借りて御礼申し上げます。

台北のホテルからの海外遠征報告でした.............。  
Posted by implant418 at 09:34Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月12日

海外遠征

台湾の学会に、中華民國顎咬合學會  があります。
8月14日 「植牙美學興咬合的饗宴」(ちょっと読めませんが、たぶんインプラントと、審美治療と咬合の事かな?)をテーマに学会が催されます。

先のブログでも報告しましたが、海外招待演者として招かれ、明日早朝出発し、日曜日に3時間の講演を行ってきます。
内容は、昨年度、クイッテッセンス出版に発表した審美的インプラント治療を前半に、後半は同じく、クイッテッセンス出版に発表した即時荷重インプラントについてを話す予定です。
40年前に、ブローネマルク教授により確立されたインプラント治療ですが、長い月日の間、インプラント治療は進化を遂げ、審美性の向上や即時荷重の可能性までもが良好に行われる様な時代になったのです。歯科治療の革新が今まさに行われています。

先ほどスライドの見直しを終了、これから出発準備をします。
ちょっと緊張しますがガンバって行ってきます。気持ちにゆとりがあれば、台湾よりブログにてご報告致します。  
Posted by implant418 at 21:06Comments(1)TrackBack(0)

2005年08月10日

アメリカ審美歯科学会速報 Vol 4

アメリカ審美歯科学会速報 と題し連続してブログを書いてきました。
この学会シリーズ、初めからお読み頂いている方は、なんか中途半端で中断した様に感じた方も多いのではないでしょうか。
そうです、なんと学会2日めにして、なんと私愛用のMacが起動不能に陥ってしまったのです。そのため、何とも中途半端な結末となってしまいました。

学会は無事終了、最終日まで素晴らしいスライドを見て、モチベーション高く持ち帰国しました。早速Mac館に修理を依頼、あっという間に絶好調となったMacは私のもとに帰って来ました。

そんな訳で、中途半端な学会報告となりました m(_ _)m..........!

日曜日に帰って来て、月曜から金曜日まで診療をし、土曜日には、始発の成田エキスプレスにって。早朝の飛行機で台湾に向かいます。

今回、台湾の学会より、海外招待演者として招聘され3時間の講演を行って来ます。
生まれて初めての海外招待演者(自らエントリーしたのではなく、海外から呼ばれて講演する)として、登壇する事に、出発の日が近づくにつれ、ドキドキです (^_^;)

戻ってきたMacで、スライド見直しては、修正しています。

今回のテーマは、インプラント治療の革新についてストーリーを構成しています。
すなわち、前歯部インプラントの審美性が向上し、複雑になった外科術式の診断から施術までと、昨年、クインテッセンスに論文発表した即時荷重インプラントの外科術式の解説などを踏まえ、進化したインプラント治療について、文献的考察と共に、話を進めていこうと考えていきます。

追って、本ブログで報告します。今度は台湾から..............。

  
Posted by implant418 at 19:26Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月04日

アメリカ審美歯科学会速報 Vol 3

学会が始まりました。
審美修復をテーマに掲げているため、各演者とも、すばらしい治療結果を美しい写真でプレゼンテーションしていました。
写真は撮れないためお見せすることはできませんが。

本日もっとも驚いたことはDrガーバーのプレゼンテーションです。
5月1日のブログで
http://blog.livedoor.jp/implant418/archives/20566084.html
今から15程前ニューヨークで、Drガーバーのプレゼンテーションをみてカルチャーショックを受けたことが、現在の私のプレゼンテーションの基本になっていることを書きました。

そして、今日あの15年前と同じ衝撃が...........
メガネを掛けてみるプレゼンをみる、3Dプレゼンテーションだったのです。
この3Dのプレゼンテーション、覚えている方がいらっしゃいますか?6月の日本顎咬合学会で私が使ったものとほぼ同じものでした。
http://blog.livedoor.jp/implant418/archives/24302013.html

私は、CTデータを立体視にしましたが、Drガーバーは手術シーンを立体視にしていました。
15年前とは違う種類の感動がありました。方向性が一緒という感動が.......

自分が過去に大きく影響を受けた先生だから


  
Posted by implant418 at 12:14Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月03日

アメリカ審美歯科学会速報 Vol 2

ハワイ03 ハワイ04

午後になって、受付を済ませた後、サンセットの美しいビーチサイドで、ウエルカムパーティーが催されました。少し気後れしながらも出席すると、知り合いの日本人も数人いて、ちょっと安心。

でも、日本の学会と比べると、ゴージャスそのもの。プライベートビーチでサンセットに映し出された光景に、少しだけカルチャーショック..........。

あの有名なDr Pascal Magne(審美では世界的な有名人)が隣に座っていて、びっくり、ミーハーにも挨拶しました。

日が暮れると満天の星空、東京にいる時は夜空を見上げることなんて、何年もなかったから、美しさに感激..........。
明日は7時からなので早く寝なくては。  
Posted by implant418 at 17:37Comments(0)TrackBack(0)

アメリカ審美歯科学会速報 Vol1

ハワイ01 ハワイ02只今、アメリカ審美歯科学会に出席すべく、ハワイ島に来ています。
先日の夜、日本を出発し先ほど到着しました。

このブログはハワイからの発信です。

アメリカ審美学会(AAED)は世界的にトップクラスの臨床家により組織され、そのプレゼンテーションのレベルは世界最高水準と言われています。
明日の午前7時より開催です。今からワクワクしています。
追って、速報として報告します。  
Posted by implant418 at 10:52Comments(0)TrackBack(0)