2007年06月15日

インプラントのベーシックコース

研修風景


日本顎咬合学会での講演が終わり、あっと言う間に一週間が過ぎようとしています。診療室もやっと日常を取り戻し、穏やかな時間が流れています。
ホッとするのもつかの間、来月には、インプラントの4日間のベーシックコースが明海大学同窓会の主催で開催されます。以前にもブログで書きましたが、大学同窓会に招聘され、講師を務めます。


インプラントの研修会は幾度となく勤めていますが、母校主催の研修会の講師は、卒業生としては大変光栄です。

さて、講義の時間も十分にとれ、自由に教鞭をとらせていただけるため、入念な準備を始めています。
今回も、講師を引き受けるにあたり同窓会学術担当の先生に、以下のお願いをしました。

少人数で目の行き届く定員とする。
ブタの顎を使った実習を行う。
自習器具は一人ワンセットとし、特にインプラント埋入エンジンは一人一台で時間を十分に使った実習とする。
参加する先生のスタッフは研修会に無料参加出来る。

上記の項目を実現し開催出来る運びとなりました。

この事で、学びにくる先生方が十分な自習を、スタッフと共に行うことが出来ることは、学習効果が高いばかりか、病院の戦力アップに直結します。
また、少人数でディスカッションを行うことで、疑問を残す事無く講義を進めることが出来ることが、過去幾度となく研修を経験して解りました。

講義内容は、インプラント治療をこれから行いたいと考えている先生や、数症例の施術経験があるものの、もう一度基本にもとり、治療の流れを再確認し、知識の整理をしたいと考えている先生方を対象にしたいと考えています。現在ご使用のインプラントの種類に関係なく、インプラントの診査診断から補綴設計、メインテナンスまでの有益なお話をしたいと考えています。

いつも講演等でお話しする内容の

「補綴から考える外科
外科が補綴に与える影響
補綴と外科に左右される歯周環境」

この事を臨床例を提示しながら解りやすく解説し、臨床医が外科、補綴、歯周のそれぞれをバランスよく治療する為のノウハウを提示しながら講義を進めようと考えています。
4日間コースの最終日は、インプラント治療のトピックスである、抜歯即時埋入、即時荷重といった術式の供覧と、コンピュータシミュレーションソフトを各先生方に実際に使っていただき、埋入計画の立案実習も行いたいと計画しています。

すでに満席でしたが、グループで参加予定の先生方が、所用で急遽キャンセルとなった為、若干の空席があります。同窓会主催ですが卒業校に関係なく参加可能です。
ご興味のある先生は、当院、もしくは明海大学同窓会事務局 049-285-7034 までお問い合わせ下さい。

詳細はこちらーpdfですー

写真は今年初めに行われたインプラントのベーシックコースの模様です。
  

Posted by implant418 at 21:11Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月13日

写真で見る顎咬合学会 Vol 2

日顎011


数ヶ月の準備を費やし発表が終わりました。
発表したプログラムは、インプラントの埋入に関するテーマシンポジウムのため、3人の演者と座長とのディスカッションや会場からの質問を受けたりの30分です。

インプラント治療の術式も共通の部分もあれば、若干の違いのある術式もあり、各演者による考え方のディスカッションで盛り上がりました。

日顎012日顎013



全てが終わりました。みんなで片付けです。Mac や液晶モニター、ケーブルなど、結構な荷物で会場入りしたため、片付けも大変です。東京フォーラムを台車に乗せたMacがゴロゴロと運ばれて行きます。


日顎014日顎015



運んだ先は、一般には入ることの出来ない裏方です。関係者以外立ち入り禁止。学会最終日のため、大量の機材が山積みです。業者さんの用に運び入れる先は....
巨大なエレベーターです。車もそのまま入るらしい。最大6トンまでOK


日顎016


こうして、長かった一日が終わりました。
関係者各位に感謝します。
  
Posted by implant418 at 23:02Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月11日

写真で見る顎咬合学会

日顎001

第25回日本顎咬合学会が終了しました。日本最大級の歯科関係者の学会だけあり、大変盛況でした。
本ブログでも幾度か書きましたが、インプラント治療の臨床報告を発表して参りました。
数ヶ月わたる準備、スライドデータは元原稿で22ギガにも及びました。これを編集して2ギガ少しにまとめてプレゼン作りを行いました。
今回は、25周年の記念大会なので、その場にふさわしいプレゼンをと考えると、かなりのプレッシャーでした。
発表とは別に、会員発表の座長も務めました。

日顎002日顎003




友人の先生も会員発表を行いました。
緊張気味の発表の順番待ちの様子、いよいよ発表です。



日顎004日顎005




発表前に、他に講演者と記念撮影。偶然にも先輩でした。
さあ、座長により紹介が始まりました。後はスタートのクリックを押すだけです。


日顎006日顎007



いよいよ、発表です。これから1時間10分の講演が始まります。
講演終了後、感謝状を頂きました。
  
Posted by implant418 at 23:53Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月10日

日本顎咬合学会1日目

日顎01


日本顎咬合学会が、東京国際フォーラムで開催されました。
第一日目の今日は全国から4千人ほどの歯科関係者が参加、盛大な開会式と共に始まりました。
明日は日曜なので5千人の参加が予想されているそうです

あっと言う間に一日が終了し、病院に戻り、明日の発表の最終チェックを行っています。1時間10分の発表のリハーサルを一人で行っていますが、当たり前ですがリハーサルには一回1時間10分掛かるんです。

もう少し、しゃべりを煮詰めてからあしたの搬入の準備です。
Mac Proと一緒に、会場入りします。Mac Book Proではありません。あのデカイやつを持ち込みます。


写真は、人が入る前の会場の様子です。
  
Posted by implant418 at 00:40Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月06日

第25回日本顎咬合学会

プレゼン作り


今週の土、日、東京国際フォーラムに於いて、第25回日本顎咬合学会学術大会が開催されます。
5000人ほどの歯科関係者が集まる、国内最大規模の学術大会です。

この学会に招聘され発表を行います。
写真の様子はプレゼン作りの真っ最中を、帰りがけのスタッフが撮ってくれました。

1時間10分の発表時間のためプレゼン作りも大変です。ものすっごく眠いのでもうソロソロ終わりにします。
発表内容は後日ゆとりがある時に、公開します。

でも、追い込みです!
  
Posted by implant418 at 00:27Comments(0)TrackBack(0)