2008年03月30日

日本歯科評論

歯科評論1月号歯科評論3月号



歯科専門誌に論文の投稿しました。前編は歯周環境とインプラントを考察、後編は欠損補綴としてのインプラントを考察した内容としました。治療結果はインプラント治療チームとしての総合的な診査診断と施術からなると考え、前編は歯科衛生士と後編は歯科技工士との共著とし、それぞれの意見も反映しながらの執筆となりました。

論文は以下の書き出しから始まります。

「インプラント治療の術式の進化には目を見張る物がある。GBR等のによる適応症の拡大に始まり、審美性の獲得。近年では抜歯即時埋入や、即時荷重が臨床応用され、現実するまでになった。
インプラント表面については、10年前までは鏡面研磨であったものが、この間に各インプラントメーカーが独自に開発した粗造面になり、今後は更なる工夫を凝らした、次世代のインプラント表面の時代に成る気配さえ感じられる。
これからは、オッセオインテグレーションの獲得にとどまらず、インテグレーションの質に注目されるのではなかろうか。術式のみならず、年々のマテリアルの進化を感じるのは著者だけではないであろう。

 これらのことから、今日のインプラント治療の話題といえば、如何に早く埋入するか、そして直ちに加重するかと言った治療を迅速に終了させるための課程に偏りがちな感がある。
しかしインプラント治療で最も大切なことは、インプラント治療の方法ではなく、結果ではないだろうか。それは、どのような過程でインプラント治療を行ったではなく、どのようなの結果が得れたかである。
なぜならインプラント治療とは欠損補綴治療であり、日常臨床で欠損部位のみをインプラントで補えば治療が完結する症例は少なく、残存歯を含めた一口腔単位の治療概念に基づくインプラント治療、言い換えれば一口腔単位の歯科治療を必要とするケースが圧倒的に多いからである。
したがって、インプラント治療は欠損補綴という基本項目を踏襲しなければ、決して良い治療結果を獲得出来ない。

 そこで、先進的なインプラント術式が取りざたされる今日だからこそ基本に返り、インプラント治療におけるトップダウントリートメントを再考察したい。本稿では「歯周環境から考察するインプラント治療」、次稿では「補綴から考察するインプラント治療」、2つの基本項目についてそれぞれ述べることとする。」

と、論文は始まります。

インプラント治療において本当の意味での大切にしなければならないこと.....
それは何かを今考えなければ、インプラント治療が誤って普及してしまいます。
その先にあるものは、世論からの酷評となってしまうではないでしょうか。

インプラントのハード面は進化し、今後さらなる進化を遂げるでしょう。

必要であり最も大切なこと...
それは、

歯科医療としてのインプラントを行う歯科医師のソフトの面ではないのでしょうか....。  

Posted by implant418 at 16:24Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月24日

インプラントセミナー 横浜

横浜032301<横浜032302


昨日、日曜は横浜でインプラントのセミナーを行いました。
神奈川歯科大学同窓会横浜支部からの依頼で、神奈川県歯科医師会館にて講演と実習を行いました。
今回の講演ではインプラント外科を安全に行うために必要な、診査診断を中心に講演。その後、インプラントの画像診断ソフトのSIMPLANTの実習を行いました。

このSIMPLANTと呼ばれるインプラント埋入シミュレーションソフト、本ブログでは幾度となく話題に登場していますが、インプラント埋入には無くてはならない診断器具です。
そこで、今回の実習では、受講の先生方にご自身のパソコン(ウインドウズ、もしくはウインドウズOS搭載マックでも可)を持参していただき、各先生方のパソコンに体験版SIMPLANTをインストールしての実習です。

右上の写真は、お預かりしたパソコンに体験版SIMPLANTをインストールしている様子です。ノートパソコンが整然と並んでパソコンショップの様です。
足下は大丈夫かな?タコ足配線だらけ!!

当院の実際の症例を基に実践的にインプラントの埋入計画の実践と解析、各症例におけるリスクマネージメントの基本的な考え方を中心に解析実習を行いました。

本当はもっともっと伝えたいことがたくさんありましたが、時間の関係上、さわりのさわりでタイムオーバーとなりました。残念........。

先週と同様に、大学の組織から呼ばれることは臨床家として大変名誉のあることと考え精一杯がんばりました!

日曜ばかり連続五週間続いた研修会もやっと一区切りです...(^_^)
一週おいて、再来週はブタ実習です!

今度は東京......やっと帰ってきました(^_^)v

  
Posted by implant418 at 20:36Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月18日

インプラントセミナー 郡山

奥羽大学01奥羽大学02

インプラントセミナーが福島県郡山市ににある奥羽大学歯学部で開催されました。
今回、同大学の教授に講師を任命され一日講師を務めて参りました。今回の講義は、医局の若い先生を対象としたインプラントのベーシックコースで、診断と埋入術式の模型実習を中心としたプログラムで、朝から夕方までみっちりと研修を行いました。

一日という限られた時間の中で、お話出来る内容は限られます。そんなタイトなスケジュールのかな伝えたかったことは、「歯科臨床を行う上での大切なことは何か」です。
インプラント埋入手術のテクニックはもちろんですが、歯科医師になって10年未満の先生方が多数を占めていたこともあって、「歯科医師として大切にしなければならないこと」が講義を通じて感じていただけたらとの思いから講義を進めました。

大きな階段教室でスライドと黒板を使って、出来る限りの講義を行いました。
黒板とチョーク、何年ぶりでしょうか!
普段は講習ですが、今回は講義...
何となくその違いを感じた一日でした。

研修会と授業...  

やっぱり少し違うんですネ

奥羽大学03奥羽大学04


あっと言う間の一日も終わり、校舎の窓からは郡山の町並みと、美しい夕焼けが見えました。

夜は懇親会を開いていただき、若手の先生方と話がはずみ、楽しい一日を過ごす事が出来ました。



来週は....
横浜です! 

だんだん近くなる...(^_^)v
  
Posted by implant418 at 01:49Comments(0)TrackBack(1)

2008年03月09日

インプラントの研修会 大阪

大阪030901大阪030902


大阪でインプラントの研修会の講師を務めただいま帰宅です。

土曜の午後、新型の新幹線N700に乗って大阪に向かいました。近未来的な形の先頭車両には新幹線の面影が無くなっていましたが、各座席には100Vのコンセントが装備され、新幹線の中でもスライド作りをやれと言わんばかりの座席でした。

AirMacをONにすると、なにやらそれらしき電波を拾いましたがパスワード入力を求められインターネットへの接続は出来ませんでしたが、おそらく今後は接続出来るのではないでしょうか?もしくはプリペードカードがあってパスワードを購入すると現在でも接続可能なのでしょうか?詳しくないので解りませんが….?

主催者の方に迎えに来ていただき、そのまま宿泊先のホテルに直行し、部屋に荷物を置くと、一息つく暇もなく明日の講義スケジュールの打ち合わせです。
もっとも、食事をしながらですけど…(^_^)v

食事も終わり、スライドも一通り見ていただくと結構な時間となり、部屋に戻ると、マッサージチェアーがあることに気づきました。
至極のひとときです!!!

大阪030903大阪030904




翌朝早くに会場入り、有名建築家が設計したというビルは全面ガラス張りのすてきな会場でした。写真はうまく撮れていませんが。
研修会は午前中にインプラント手術の基本的な模型デモを行いグループごとに実習を行い、各テーブルを回ってアドバイスを行いました。

午後はトピックス的な内容の講義を中心にディスカッションを行いながら、インプラント治療を歯周、補綴、そして外科とバランス良く治療を行うポイント、そして治療に永続性を持たせるために必須である欠損補綴としての概念をお話しした、一日があっと言う間のインプラントの一日コースでした。

明日は診療…
来週の日曜日は福島です。

  
Posted by implant418 at 23:28Comments(0)TrackBack(0)

2008年03月03日

歯周外科実習

歯周外科実習0302

昨日の日曜は明海大学歯周病学講座教授が講師を務める歯周外科の講習会が開催されました。
ブタの顎を使ったこの講習会、毎回好評で、大勢の歯科医師の受講生で活気に満ちた講習会です。実習コースですので、数名の医局員がインストラクターとして実習の指導を行いますが、私もその一員としてお手伝いとして参加、受講の先生方に歯周外科のコツを先生方にアドバイスをいたしました。

歯周外科の基本を理解することは、インプラント外科にも直結する基本中の基本です。
その術式をブタの顎を用いて術式を学ぶことはビデオを見る事や、模型実習を行うことの何倍もの効果があり、学習曲線も放物線状に上がることでしょう。

ブタを用いた講習会はとても人気ですし、私が講師を務めるインプラントコースでもブタ実習を行いますが、その裏方では、多くのお手伝いの先生の協力で実現する講習会です。準備から運営、後片付け等、講習会を成功させるためには、大勢の人が協力して成り立っています。

四月からはインプラントの4日間コースが始まります。運営をお手伝いいただいている先生方に感謝します。

今週末は、大阪でインプラントの講習会に登壇です...(^_^)v  
Posted by implant418 at 20:19Comments(0)TrackBack(0)