2010年06月28日

インプラントベーシック豚顎コース

インプラント豚顎コース062701インプラント豚顎コース062702

インプラントベーシックセミナーが開催され講師を務めて参りました。
今回のコースは、豚顎を用いたインプラント埋入実習をメインに、初めてインプラントを埋入するには、どんな症例選択を行うべきかを講義しました。

安全に、確実にインプラント治療を行うためには、どんなポイントに着目しリスクを回避するかをお話ししました。

大学の研修運営の企画案としては、インプラントベーシックコースのステップアップコースとして、インプラント手術の見学コースを企画中です。
アドバンスコースとしてのインプラント手術見学コースですが、実現に向かって協議中です...

インプラントコース運営における、数々の問題をクリアーしなければなりません。
新しい診療室での大学コースの実現に向けて努力します。

来月には別の主催でのインプラント手術見学コースが開催されます。
クローズの研修ですので、受講生の一般受付はありません、意欲のある先生申し訳ございません。
手術見学の後、当医院の研修室でエンドレスのディスカッションを予定しています。タイムスケジュールに終了時間は記入されていません。  

Posted by implant418 at 22:24Comments(0)TrackBack(0)

2010年06月20日

インプラントアドバンスコース

GCパーフェクトコース01GCパーフェクトコース02

インプラントのアドバンスコースが開催されました。

毎年開催されるこのコースは、3名の大学関係者と2名の開業医から構成される講師陣が担当する、7日間のインプラントのアドバンスコースです。

7間コースの5回目と6回目を担当し、講師を務めました。
5回目はインプラントのアドバンス補綴、6回目はインプラントの軟組織のマネージメントの豚顎実習です。
それぞれ、インプラント治療のより良い結果を獲得するためのノウハウを、受講の先生方にお話して参りました。

診療室の移転でしばらく休んでいた学術活動が、本格的に再開した感があります。講演準備に大忙しです。
先日、歯科学術雑誌からの執筆依頼もあり、また、先日の顎咬合学会の講演内容も論文にまとめて投稿する予定目もあり、10月の国際歯科大会の準備も合わせて当分休み無しの覚悟です。とは言っても、今までも八重洲に移転してから診療室に行かなかった日はホンの数日です。

質の高い歯科医療とは何かを考え、それを具現化するにはどうすれば良いか...
これからも、このテーマを追い続けます...(^_^)v  
Posted by implant418 at 22:52Comments(0)TrackBack(0)

2010年06月15日

日本顎咬合学会

顎咬合学会01顎咬合学会02

日本顎咬合学会が、土曜、日曜と全国から歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士が参加し、盛大に開催されました。

日曜には、1時間の講演を行いました。
最近は、インプラントについての講演がほとんどですが、今回は咬合についての講演を行って参りました。
インプラントの臨床は咬合の知識や技術無しに成立する事は無く、咬合をいかにに良好に回復させる事が出来るかは、十分な知識と技術を要する事となります。

広範囲に及ぶ治療を成功させるために必要な、診査診断のノウハウと実際の治療テクニックを臨床症例を呈示し解説しました。
咬合という少し地味なテーマでしたが、300人定員の会場が満席。なんと立ち見まで出る盛況ぶりで、しゃべりにテンションが上がりました。

今回の内容をより充実した2日間の実習付きコースを企画、来月から行います。

一週休んで再来週は、インプラント2日間コースの2回目です。
2回目は、インプラント埋入の豚顎実習です、仲間の先生たちと、気合いで準備しています。  
Posted by implant418 at 00:21Comments(0)TrackBack(0)