2010年09月28日

UCLAコース

UCLAコース01UCLAコース02

UCLA歯周病科の教授、ヘンリータケイ先生の講演を歯科大学4年生の時に初めて拝聴しました。
それ以来、来日のたび、そしてロサンゼルスで、教えていただき25年が過ぎました。感謝してもしきれれない恩師の一人です。

先日、明海大学でUCLA教授陣を招いての、歯周病とインプラントに関する講演会が開催されました。
そこで、タケイ先生に久しぶりにお会いしました。

先生に、昔、昔に教えられたことに、「勉強をするのを止めた時、その時に歯医者をリタイヤすべきです」と教えられたことがあります。歯科医師として現役である以上、進化する歯科医療を学び続けなければ成らないのだと。
今でも覚えています、実践しています。そして後輩にその教えを伝えています。

治療の結果次第では、直ちに裁判に成る国ですので、診査診断の根拠、治療テクニックの習熟等、医療環境は厳しいのでしょう。そんな教えの中で、常に診査診断の際に、何を見て、どう判断すべきか、その根拠は何かを考えてきました。もちろん徹底して指先のテクニックを磨くことも忘れませんでした。
手術が上手くなるためには、左手も鍛えなければ成らないとわかり、左手でお箸を使い食事をするトレーニングをしたりしたこともありました。手術の初めから終わりまで、シャドーボクシングならぬシャドーオペをして脳内イメージをトレーニングながら、指先を動かしました。

あっという間に時は過ぎました...

10月に横浜で国際歯科大会が開催されます。世界中から著名な歯科臨床家が集まり講演を行います。
私も、日本の歯科臨床家として講演を行います。そしてヘンリータケイ先生も講演のため再度来日します。
先日、私が講演することを報告すると、とっても喜んでくれました...(^_^)v

教え子として、恥じない講演をします。  

Posted by implant418 at 18:53Comments(0)TrackBack(0)

2010年09月06日

医療を提供する立場になる

東京ステーション歯科クリニック受付

東京ステーション歯科クリニックでは、今日からスタッフを募集します。

現在、歯科医師1名、非常勤歯科医師1名、歯科衛生士2名、受付1名の体制で運営しています。
今回の募集は、受付兼歯科助手の職種を募集します。

当医院は1997年東京中央区月島の地に小川歯科医院として始まりました。13年の歳月に、多くの患者さんに恵まれるとともに、ご紹介により、遠方から通院される患者さんが増えた事、より医療設備の充実を考え、広い病院スペースが必要になった事等から、今年の4月に、東京駅八重洲南口すぐの場所に移転、東京ステーション歯科クリニックに名称変更致しました。

当院の診療コンセプトは開院当時から一貫して「高い質の医療の提供」です。
この事に終始する事により、医療提供者として今何をすべきかを考え行動する様にして来ました。
その結果、患者さんから感謝される事、信頼される事の喜びをひしひしと感じ、白衣を着て仕事をする事の素晴らしさを実感する事が出来ました。

今回、新たに当院の仲間を募集するにあたり、白衣を着て医療を提供する事の素晴らしさを感じていて頂ける様な職場を提供したいと考えています。

医療を受ける側と、医療を提供する側では全く環境は異なり、医療現場とは、不条理な事や大変な事も多いのも事実です。
しかし、医療を提供する側でないと経験できない様な素晴らしい事も沢山ある事も事実です。

今まで以上に医療現場で何かをしたい人
これから医療を受ける側から、医療を提供する側になって何かをしたい人
最初は手探りで何をすれば良いか解らなくても、とにかく初めてみませんか
そして、興味が持てる何かを見つけてみませんか

そうすれば、仕事が大変であっても、楽しく仕事をする事ができるはずです。  
Posted by implant418 at 00:34Comments(2)TrackBack(0)