2011年04月17日

インプラント外科コース

インプラント外科コース

インプラント外科の講習会が土曜、日曜と開催され、母校の教授と講師を務めて参りました。このコース実は先月の12、13日の開催予定だったコースです。
そうです、あの地震の翌日の予定でした。

一ヶ月の延期で開催されました。

二日間インプラントの外科についての講義が行われ、豚の顎を用いて実習を行いました。

来月は、インプラント補綴の2日間コースです。


さて、もうすぐ顎咬合学会が開催されます。
今年は...
「審美と咬合を両立するための治療指針
―顔貌と調和した審美性を具現化するためのテクニック―」 と題した発表を行う予定です。

特別注文で製作してもらった治療器具を公開します...(^_^)v
その器具を用いたテクニックを発表します。

ブログでも公開したいと思います
特注品です...!
  

Posted by implant418 at 18:10Comments(0)TrackBack(0)

2011年04月01日

移転後一周年

受付

八重洲に病院を移転開業して、早いもので一年が過ぎました。1年前には考えもしない事態が現在おこっていますが、しっかりと自分に与えられた事をやり遂げていきたいと考えています。

さて、一年がを振り返ると...

自分の理想とする病院作りが着実に進んで来ました。
ハード、とソフトの面で考えるとハード面では現在考えられる歯科医院としての最新設備をほぼ完備することができました。
特にインプラント関係では、PRP、ピエゾ、歯科用CT、画像解析ソフト、手術室の無影灯に設置したハイビジョンカメラによる手術レコーディングシステムと、インプラント手術に関する最新の環境ががそろい業界関係者がしばしば見学に訪れます。

手術見学室、研修室も稼働しはじめそれぞれの映像システムもそろいました。ネットワークの整備も行い、院内どこからもデータにアクセス可能、レントゲンやCTの結果は各診療台で即座に説明することができます。今後は自宅ともネットワークで繋げる計画です。

ソフト面においても、各スタッフ専用のMacを配備し、歯科を勉強する環境を構築して、全員で歯科治療の質のパワーアップを目指しています。
当院の歯科衛生士が一年間連載する衛生士専門誌への執筆も順調で、6月号までの論文の提出が終わっています。
こうして、院内全員でがんばっています。

さて自分はというと、
八重洲に移転してから、他の歯科医師から患者さんを紹介していただく機会がかなり増えました。交通の便からかとも思いますが、歯科界での信用度も上がってきたのかなとも思います。信用を裏切らない用にこれからも精進します。
その事に繋がりますが、今年の秋にサンアントニオで行われる学会での発表の準備、先日、来年の1月にシカゴで行われる学会での発表が決まりました。

臨床の質をを高め、学術との両立を目指し...
自分には何ができるかを考えながら一日一日を過ごしたいと考えています。
くじけそうな時も何回もあるのですが...がんばります...(^_^)v  
Posted by implant418 at 08:20Comments(1)TrackBack(0)