2011年05月29日

咬合器_改

Nero_Hoby01Nero_Hoby02

先日報告しましたEOアナライザー用の咬合器が完成しました。
黒と赤の色使いで、臨床のモチベーションアップ!

世界に一つのカスタム咬合器です。

現在、患者さんの診断用ワクシングの為、10年ほど一緒に仕事をしている歯科技工士の元で活躍中です。

自分専用咬合器に改造してもらうことが出来るなんて、なかなか作ってもらえる物ではなく、届いたときは、感動、感動です。
一生懸命やってきた自分へのご褒美みたいです。

公開は、6月の顎咬合学会で...

これからも頑張ります...(^_^)v
  

Posted by implant418 at 22:25Comments(0)TrackBack(0)

2011年05月23日

インプラント補綴コース

DHAインプラント0521

先月のインプラント外科コースに続き、土曜、日曜の2日間はインプラント補綴コースがありました。インプラント補綴のノウハウを2日間みっちりとお話して参りました。

今回は、いつもコースを手伝って下さる歯科医師と、歯科技工士の2名のインストラクターに各種デモや、実習の応援をしていただき、盛り上がりの2日間でした。

土曜の講義が終わった後は、受講生の皆さんと近くの居酒屋で盛り上がりました、一部の受講生はその後もう一軒行ったみたいですが、誰一人日曜にアクビ一つしませんでした。
質問攻めで、それどころじゃないような講義にしましたし...(^_^)v

単にインプラントの補綴パーツ使い方説明に終わらないよう、補綴治療のノウハウから、全顎的なアプローチの考え方に至るまで、充実した講義が行えたと思います...?

講習会は、講師だけでは成立しません、運営をしてくださるスタッフの方々の見えない努力で成立しています。
いつもいつも、ありがとうございます  
Posted by implant418 at 20:10Comments(0)TrackBack(0)

2011年05月15日

EOアナライザー完成

咬合平面板

ついに完成しました。名付けて「EOアナライザー」Esthetic Occlusal Analyzer の略です。
数年前から、プロトタイプの作成を行い、臨床応用を行い学会発表を行ってきました。昨年の顎咬合学会で発表の後、本格的に開発を引き受けて頂ける企業とのお話も進み、最終プロトタイプモデルが完成しました。

これを持って来年2月にシカゴで開催されるミッドウインターの国際舞台で発表する予定です。
審美的な要素と機能的な要素の両立を考えた、診断と補綴物の製作を行うための、クリニックサイドとラボサイドを結ぶ道具です。

国内向けの論文も執筆済み、最初のお披露目は6月の顎咬合学会です。
詳しい性能はブログを通しても公開したいと思います。

ますは、完成したことの、第一報です...(^_^)v  
Posted by implant418 at 14:46Comments(0)TrackBack(0)