2012年01月16日

還暦のお祝い

100_4546100_4550

お世話になった先生の還暦のお祝いに出席して参りました。
今から20年以上前、大学6年生の時、就職先の相談に乗って頂いた先生です。
あっという間に歳月は流れ、今の自分があるのもあの時の先生のご指導があったからと感謝しています。

今思えば、その当時の先生の年齢は、今の自分の年齢よりも若かったことになります。今の自分はその当時の先生よりも、まだまだの様に思えてきます。
当時、診療室にお邪魔した時に先生に感じたオーラを、今も覚えています。

長い月日を超え今でもおつきあい頂い下さることを、大変嬉しく思います。

臨床家としての将来を左右する要素に、大学を卒業してから最初の3年の環境は大きいと思います。
その時期に、自分の向かうべき方向性を明確にイメージ出来るか否かで迎える30才が変わると事でしょう。
次に自分が描いたイメージを持って30才からの10年をいかにに過ごすかで、臨床家としての方向性は修正不可能なほどに決定してしまうことでしょう。
こうして、この10年をベースにそれぞれの方向性をもってそれぞれの40才を迎えます。後は自分の目指す道をひたすらに頑張るだけでしょう。
50才を目前に、振り返って思います。

まだまだ教わる事ばかりです
多くの師に恵まれたことに感謝します
そして教わった事を、後進に伝えたいとも考えています

今年の顎咬合学会の演題を決めました。広範囲インプラントの治療指針ですが、
副題を「顎咬合学会で教わった事、顎咬合学会で伝えたいこと」としました。
  

Posted by implant418 at 00:14Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月03日

一陽来復

東京ステーション歯科クリニック

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年の挨拶ですが、今年は「一陽来復」としました。

この熟語は、新聞からの受け売りですが、意味を調べてみると
「冬が去り春が来ること。新年が来ること。」や
「悪いことが続いたあと、ようやく物事がよい方に向かうこと。」の意味があります。

まさに今年、一陽来復を願う年となりましょう。
今の日本、いろいろな意味で今年の念頭の挨拶としてふさわしく感じています。


お正月にブログで一年を振り返り、その年を考えてブログに書きため随分と過ぎました。
今年のテーマはどうしましょう。

先ほど、読み返してみました。その時その時のことがよみがえってきます、走馬燈の様に
もう随分と時間が過ぎているのに、その実感がまるでありません。
あっという間の出来事のように...

2006年「進化する臨床」
2007年「夢の現実に向けて」
2008年「信じる道を走る」
2009年「大切にするもの」
2010年「新たなる出発」
2010年「強く思い描くこと」

その時々に、何があって何を考え、自分を取り巻く周囲の環境は...
色々な事があって、色々と感じて、自分なりに過ごしていたんだな ...って...

2011年を振り返ってみました。
昨年ほど、学術活動で多くの方にバックアップして頂いた年はありませんでした。
EOアナライザーの開発をはじめ、それに関する発表、論文と多くの方々に助けて頂きました。
何よりも恩師と一緒に学術活動し、多くの事を学べたことが、とても嬉しい一年でした。
今振り返ると、転機の年と言えるでしょう。

このことからも今年のテーマですが...
「感謝の気持ち」としたいと思います...(^_^)v  
Posted by implant418 at 23:29Comments(0)TrackBack(0)