2012年02月27日

AARD発表終了

AARD101AARD102

無事に発表が終了しました。
今回の発表はテーブルクリニック、治療テクニックを実演しながらポイントの説明です。

いくつかの模型と咬合器を並べ、診断の根拠と治療テクニックを解説しました。
事前の案内では、デジタルデバイスの使用は不可
すなわち、実施に喋って解説し、実演してみせる、といった講演スタイルです。

2時間の持ち時間で数回のデモンストレーションと質問に答え(実際には、質問の意味が理解できなかったり、適切に質問に答えれれなかった)数回のセッションをこなしました。

最後に多くの先生方が「 Excellent 」「 Good Job 」と言いながら握手をしてくれたことが最高に嬉しく、とても貴重な経験を積むことが出来ました。

現在、シカゴ時間の午前3時です。あと7時間後には日本に向けて飛行機が出ます。
時間の感覚がめちゃくちゃになってきました...(^_^;)  

Posted by implant418 at 18:07Comments(0)TrackBack(0)

2012年02月26日

AARD初日

AARD001AARD002

シカゴ到着の翌日、AARD (The American Academy of Restorative Dentistry)の初日です。
受付を済ませると、ネームカードには一本のリボンが...

そうです、これが演者の目印です。
これを胸につけて胸を張ってと言いたいところですが、なるべく目立たないようにというのが本音のところ...
なるべ他人と目が合わないように、端っこにと、かなりネガティブな自分がいます。

一日目が無事に終了、立食のパーティーのが終わり、あと12時間後は出番が来ます
  
Posted by implant418 at 14:46Comments(0)TrackBack(0)

2012年02月25日

ミッドウインターミーティングーシカゴ到着

シカゴは雪

約20時間をかけてシカゴのホテルに到着しました。
シカゴは雪です。ホテルの窓からは、雪が真横に降っている様子が見えます。

ミッドウインターミーティングは毎年この時期に開かれる、世界最大級のイベントです。デンタルショーをはじめ、各専門学会が同時開催されます。

AARDでの発表が認められたのが一年前、とうとうシカゴまでたどり着きました
このブログを書いているのは日本時間の深夜です、もうすぐ昼食というのに眠くて眠くて...

発表までの道のりでは多くの方々にお世話になりました
こうして今、シカゴにいます

とても感謝しています...m(_ _)m
  
Posted by implant418 at 05:10Comments(0)TrackBack(0)

2012年02月19日

シカゴ-ミッドウインターミーティング

シカゴ表紙

シカゴに行きます。歯科界の世界最大のデンタルショーのシカゴミッドウインターで開催される、AARD-The American Academy of Restorative Dentistry-で発表するためです。

演題は

「Integrating Esthetics and Function: A Useful Clinical Procedure to Establish Occlusal Plane During Extensive Rehabilitation」

AARDは、アメリカの伝統のある学会で、学会レベルは最高ランク、世界中で選ばれた800人程度の会員で構成される格式高い学会です。日本での会員は数名しかいません。
そんな学会で発表する事が許可されたのが一年前、一年掛けて準備してきたつもりが、あっという間に一週間前となってしまいました。

まだ、会員ではないのですが最初の第一歩からのスタートです。
左上の写真は、講演内容のハンドアウトの表紙です。14ページに要約を記載してあります。
先日300部の印刷も終了、シカゴの宿泊先ホテルに発送済みです。

カレンダーを見ていたら
お腹が痛くなってきました...(>_<)


  
Posted by implant418 at 23:26Comments(0)TrackBack(0)