2012年10月26日

出版記念パーティー

上濱先生出版記念

昨日は、お世話になっている先生の出版記念パーティーに出席して参りました。
現在では、学会での集まりでお会いする機会が殆どとなりましたが、20年ほど前、私が駆けだしの歯医者だった頃は、いつも食事に誘ってもらい、とっても美味しいお店に連れて行ってもらったものでした。
美味しいご飯と、先輩からのためになるお話を、いつも楽しみにしていました。

そんな時代から時間はあっという間に20年、先生が臨床の集大成を本にまとめ、めでたく出版の運びとなったのです。
先輩とのつながりを、いつまでも大切にし、人と長くつきあうことが出来ること、とても幸せな事と思っています。
そして、これからは、後輩と長くつきあえるような先輩になろうとも思います。

大切ななことを多くの人に教わりました。
自分の出来る範囲で、慕ってくれる人に教えることが出来たらいいな...  

Posted by implant418 at 19:33Comments(0)TrackBack(0)

2012年10月10日

ガイデットサージェリー

ガイデット講義01ガイデット講義02

連休の最終日は、埼玉に本部のあるスタディーグループに招聘され、ガイデットサージェリーの講義を一日行ってきました。
ガイデットサージェリーは近年急速に進化した分野で、10年前には考えられなかった程に普及してた分野の一つでしょう。

2004年と2010年にクインテッセンスに「光造形モデルとサージガイドを応用した即時荷重用プロッビジョナルレストレーション」、「ナビゲーターシステムを用いたインプラントフラップレス埋入と即時プロビジョナライゼーションの臨床的考察」の2編の論文を発表するなど、積極的に治療に取り入れ良好な結果を出しています。

広義の内容は、単にガイドシステムの使い方説明にならないように、最終補綴を如何に考え、それを具現化するために必要な診断ステップを中心にお話ししました。

便利になった手術支援のシステムですが、簡単に使うのではなく、治療のクオリティーを高めるために使うものだと考えています。
咀嚼筋の走行、頭蓋骨の形態と咬合平面、下顎位、そしてインプラント体とその周囲の骨に、咬合力が如何に伝達されるかをよく考えて埋入ポジションを決定する。
長期予後を考えた時...
力を正しくコントロールすること...
インプラントでも大切なのではないかと考えています。
  
Posted by implant418 at 19:54Comments(1)TrackBack(0)