2013年04月16日

ゴールを見据えたインプラント治療計画

CT書籍表紙

ゴールを見据えたインプラント治療計画のためのCT活用術
ステント製作、画像解析、ガイデッドサージェリー

放射線科医と放射線技師の3人で本を書きました
あと少しで医歯薬出版より出版します
出版社HPはこちらです


インプラント治療に特化したCT撮影のノウハウを、インプラント臨床医、放射線科医、放射線技師のそれぞれの立場から詳しく執筆いたしました。

インプラント治療とCT撮影の関係は、撮影前に治療のゴールが診断されていることが大切であると考え、単にCTを撮影するのでは、適切な診断を行うことは難しいと考えております。
その事を、実際にインプラント治療に携わる臨床の立場から解説いたしました。
おそらく、こういった切り口で解説された書籍は今までには無いのではないかと自負しております。

日常臨床の傍ら、本を執筆することは色々な意味で苦労もあったのですが、ようやく形になってホットしております。
頑張ったかいがありました...(^_^)v


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/implant418/52002403