ゴールデンウィーク初日、最初のクラスは中高生クラスでした。

人数がいつもより少なく、じっくり創る濃い時間となったようです。
終わった後には、「今日はテンションに任せず、丁寧に創ったなぁ~」と語る、ベテランプレイヤーのAちゃん。
他のメンバーも、お話がどれも深くて、面白かった~、と振り返っていました。

実は、今日、じっくり濃い作品が出来上がった鍵は、Aちゃんの凄まじいイエスアンド力でした。
他のメンバーが出すどんなアイデアも、必ず膨らませて返してしまう彼女の力には、本当に脱帽。
相手が出したアイデアをヒントに、瞬時に、シチュエーションをイメージすることが当たり前で、
体に染みついているのでしょうね。
つい、「A、本当にインプロうまいね~」と、心の声がこぼれてしまいました(笑)。

彼女のイエスアンドが、歴の浅いメンバー達にもいい気づきと影響を与え、
クラスの経過とともに、皆がどんどんと物語の世界を深める意識が強くなっていきました。

最後は、長めの即興でのシーンづくり。
中高生らしい、素敵なラブストーリーが生まれました。

タイトルは、「橋」。
まずは、どんな橋か、皆でスケッチ(描写)して、そこからお話がスタートしました。

==============================
この橋は、日本と韓国を結ぶ橋。

実は、ここには、日本側と韓国側に恋のキューピット達がいて、
この橋を渡ると恋が叶うと言われていて、今、話題のスポットとなっている。

高いところは水上100メートルほど、低いところは深海までと高低差が激しく、
また、全面ガラス張りでできているので、海のところは、まるで水族館のよう。

連日、ここには、多くの若者達がデートにやってきていた。

日本の女子高生マリは、この橋のうわさを聞いて、彼氏の坂本君を誘ってこの橋にやってきた。
見習いキューピットのミッシェルは、この二人に矢を放つように、大天使様に言われていた。
しかしながら、矢を打つのが苦手なミッシェルは、なかなか打つことができなかった。

最初こそ、ウキウキしていた二人だったが、ミッシェルの行動が影響してか、
マリは、魚が見える珍しい光景に夢中になり、坂本君のことを忘れて、どんどん先を進んでしまい、
一方で、坂本君は、高低差の激しいところにあった巨大スライダーが楽しくなってしまい、
いつしか二人はバラバラに行動してしまう事になってしまった。

時同じくして、場所は韓国。
韓国の女子高生、キムヨンナは、マリ同様、この橋のうわさを聞き、彼氏を誘ったが、
彼は待ち合わせの場所にやってこなかった。
腹を立てたヨンナは、「新しくイケメンと出会ってやる!」と意気込み、一人で橋を渡ることにした。

しばらく進むと、そこには、スライダーを楽しむ日本人の若い男性が・・
「わ、イケメン!話しかけてみようかな」とヨンナは、実は、今流行りの多言語翻訳ガムを食べて、
彼に近づこうとした。

その時だった!
見習い天使のミッシェルが、やっと矢を放った!
しかし!!!!!
当たったのは、2人ではなく、、外の魚達!

「見て!!!魚達が、愛し合っているみたい!!」
その様子に驚いたヨンナは、思わず、そこにいた日本人の男性・坂本君に声を掛けた。
実は、魚が好きで生態などをよく知っていたヨンナは、その魚の様子が面白く、
魚のことをペラペラと話し始めた。
その様子を見た、坂本君は、魚のことを一生懸命話す彼女が愛くるしく思えてきた。

ミッシェルの矢は当たらなかったが、確実にヨンナと坂本君の間には恋が芽生えたのであった。

その様子を見た大天使様達。
ミッシェルがまさか誤ってしまったとは思わず、魚達に矢を当てたのも、計算のうちだと思い、
ミッシェルを褒めたたえ、褒美として強力な恋の矢を彼女に託した。

一方、その頃、坂本君と一緒に橋を渡ろうとしていたマリ。
気がつくと、韓国まで来ていた。
そこまでの道中の景色が素晴らしすぎて、そこに気を取られ、すっかり坂本君の存在を忘れてしまっていた。
「私、誰ときたんだっけ、、ま、いっか!折角、韓国来たんだし。あ、イケメン!」

そこには、マリ好みのイケメンが!
けれども、とても落ち込んでいる様子。
恐る恐る声を掛け、話を聞いてみると、実は彼女と橋を渡る約束をしていたが、
時間を間違えてしまい、その後、彼女と連絡が取れなくなってしまったのだと。
話を聞いてあげるうちに、マリはこの人に少しずつ心惹かれていった。
しかし、あと一歩の勇気が出ず、この気持ちを言葉にすることはできなかった。

その様子を見たミッシェル。
今度こそ!とばかりに、大天使様から託された強力な矢を放った。
すると、今度は、見事に命中!

「好きです!」
その瞬間、マリはその韓国イケメン男子に、告白をした。
もちろん、イケメンくんも、マリの気持ちに応えるだけの恋が芽生えていた。

こうして、今日もこの橋で、二組のカップルが誕生したのでした!

==============================================
躊躇することもなく、恥ずかしがることもなく、
即興で物語を創り、演じる彼ら達。

その根本には、お互いのアイデアを膨らませていくキャッチボールがしっかりしていたからでしょう。

新学期が始まり、進級・進学をしたメンバー達。
何もない舞台に、即興で関わり合うことで、少しずつ物語が生んでいける彼らには、
新しい学校生活でも、コミュニケーションを楽しんで、自分達の物語を創ってもらえたらなと思います。

****************
次回の中高生クラスは、5月7日(日)14:00~16:00 ゴールデンウィーク最終日です!
http://www.improjapan.co.jp/2017/03/21/youth/