2022年10月21日

2022/10/15(土)ベーシッククラス(8) インプロジャパン 峰松佳代

夏前に始まった「ベーシッククラス」。
コロナ禍の影響で休講が続きましたが、明日、いよいよ発表会となります。

先日は、発表会前の最後のクラス、池上の代講でした。
いつもより更に大きく、喜んで受け取ってみたり、リアクションをすることで、
次の展開がよりクリエイティブで、面白いものになっていきました。

最後は、みんなで即興劇に挑戦!
これまではインプロゲームでしたが、今回、はじめてフリーで即興での劇づくり。
みんな、いろんな役を演じてくれました。

お話はこちら。
====================================

「フリーシーン〜川〜」

ここは、西の方に富士山が見える、魚がたくさんいる川。
水が透き通っており、キレイな水が流れている。
実はこの川、夜になると富士山を家とする妖精が現れ、
輝きを増し、その力によって、魚たちがたくさん集まってくるのである。
この魚を食べると長生きができると言われていた。

今夜も、妖精の家族がこの川に集まり、手を重ねて輝きを放っていた。
すると、ある魚が彼らの下にやってきた。
その魚はとてもすばしっこく、その速さは今まで見たことがなかった。
妖精の兄弟、きょうへいとまさしは、その魚につかまらないよう必死に
逃げたが、妖精の光を浴びた魚はどんどん大きくなり、動きが俊敏になっていった。
そして!!
なんと、ついにその魚がきょうへいを食べてしまったのだ!

魚の胃の中に入ってしまった妖精のきょうへい。
消化されないよう気をつけながら、周りを見渡していると、
「お前も食べられたのか」と、後ろから聞き覚えのある声が‥
振り返ると、そこには、行方不明になっていた長老がいた。
そして、そこには長老だけでなく、他の妖精たちもおり、
中には仲の良かったタクヤもいた。

きょうへいは、なんとかここから無事に出られる方法がないか、
長老に尋ねると、長老はひとつだけ方法があるという。
それは、みんなの力を結集して、中からこそばゆくさせてしゃっくりをさせれば、
出られるかもしれないということだったので、
みんなは全力で妖精ダンスを踊ってみることにした。

一方、外の川では、妖精の弟、まさしと父が魚に見つからないよう隠れながら、
中に入ってしまったきょうへいのことを案じて、魚を見ていた。
「あれ、魚の様子がおかしいぞ!」
父はそういうと、網を構えて、魚に近づいていった、その瞬間!
口から、きょうへいたちが飛び出てきた!

更にパワーアップした妖精が出てきたことで、
彼らの住処が富士山もどんどん輝きを増した。

富士山の輝きが川にエネルギーを与え、それからというもの、
ここに訪れる魚や人々は、みんな、元気に輝くようになったのでした。

==============================

明日は、皆さんにとって初めてのインプロ発表会!
自由に、いろんな役を楽しんでくださいね!!

どんな物語が誕生するか、楽しみです!!

◆ベーシック発表会
10月22日(土)17時〜youtubeにて生配信
https://t.co/FpFjEXxF38

生配信案内板ゲームBA




2022年06月12日

2022/6/6 ベーシッククラス(7)インプロジャパン 峰松佳代

生配信案内板ゲームBA


今期のベーシッククラスもあっという間に次回は発表会!

ほんの2か月前に出会ったばかりなのに、家族のように仲良く、
本当に、毎週毎週、笑いが絶えず、愉快に楽しむ仲間たち。
今回のベーシックは月曜日でしたが、
週のスタートをインプロでたくさん笑って、エネルギーチャージしているメンバーもいるようでした


さて、次回は発表会ということで、先日は池上による代講。
クラスの最後には、初めてゲームではなく、フリースタイルの
インプロー即興劇ーに挑戦です!

それぞれの役が活かされ、ファンタジーアニメのような作品が誕生しました!
ここでご紹介しましょう。

==========================
「川」

ここは、太陽の光があたり、キラキラ光り輝き、鳥たちも戯れる川。
小石が転がる川べりには、桜並木があった。
子ども達やママ友たち、老夫婦や恋人たちなど、多くの人達に親しまれていた。
また、流れが穏やかで水がキレイなので、魚たちもたくさん集まってくるので、
時々、魚釣りを楽しむ人たちもおり、それぞれがこの空間で安らぎの時間を過ごしていた。

「田中さん、こんにちは!今日も魚釣りにいらしていたのですね」
そう声を掛けたのは、鈴木さん。二人とも、ここの川の常連だ。
田中さんが陽だまりの中、釣りをしていると、そこには
泳ぎの競争をしている姉弟も現れ、いつもと変わらぬ平和な時間が流れていた。

するとその時、田中さんの釣り竿が今までにないほどの強い引きを感じた。
必死に引っ張り上げると、驚くほど大きなワカサギが出てきた。
しかも、そのワカサギが喋りだしたのだ!
「皆さん、こんにちは。僕は魚田といいます。30年釣られることなく、ずっとこの川で過ごしていて、この川から、人間の皆さんがとても楽しそうなので、いつもみんなと遊びたいなと思っていました」

それを聞いた子ども達は、
「じゃあ、泳ぎの競争しよう!」と大魚を誘うと、
「では、あの滝をゴールにしましょう。勝った人には僕の宝の河童のお皿を上げます」
と魚田が答え、巨大ワカサギと人間の子ども達の泳ぎの競争が始まったのだが、
泳ぎが上手なお姉ちゃんは、なんと、魚田に勝つことができたのだ!

「わーい!」と、喜んでいたその時!
滝が割れ、そこに「カッパ大王」が現れ、そのお姉ちゃんを連れて行ってしまったのだった!

田中さんと弟は、大パニック!
「何とかして助けてあげなくては!」と思った魚田は、みんなに一つだけ助ける方法があることを告げた。
それは、カッパの皿を乾かすこと。
しかしながら、カッパは閉まってしまった滝の向こうに、お姉ちゃんを連れて行ってしまったのだ。
なんとかして、滝を開かなくてはならない。
呪文があるのだが、魚田はそれを忘れてしまい、カッパにまつわる、、それだけを覚えていた。
皆でいろいろと言ってみる中、「乾け皿!」といったその時、滝が開きだした。

時間はない!
滝が開いた勢いで割れた岩の破片でケガしたところに魚田特製ワセリンを塗ったことで、
なぜか魚のようなひれが出てきて泳げるようになった田中さんと弟。
魚田の秘技「水の中でも息ができる術」を皆にかけ、彼らは一緒にどんどん奥へ奥へと、
カッパ大王の住処へと進んでいった。

なんとか、カッパの住処につき、中をのぞくと、そこには
カッパ世界のキュウリを食べさせられ、自分をカッパと思い込み、
居心地よく過ごす姉の姿があった。そして、その横にはあの憎きカッパ大王。
カッパ大王を引き離せないと姉を助けられない、、そう思った魚田は一つの決心をした。

「ぼくがキュウリに見せかけて、カッパ大王引きつけるので、その間にお姉さんを助けてください。
僕は、今日、あなたたちと一緒に遊んでとても楽しかった。30年の魚生、こんな友情を感じたのは初めてです。
皆さんのために、僕はどうなっても構いません」

と言って、自分をおとりにカッパ大王を引きつけ、近づいてきたところ、脂ののった空気を皿めがけて送った。
皿ひび割れ、見事、カッパ大王は倒れた。

しかしながら、自分の力を使い切った魚田は、既にもうエネルギーは残っておらず、瀕死の状態となってしまった。

「みなさん、最後にどうか一つお願いがあります。僕を美味しく食べてください」
魚田はそういうと、目を閉じた。

田中さんと子ども達は、魚田を大事に河原まで持ち帰り、助けてくれた魚田のことを思いながら、
河原で調理した。
すると、その大魚「魚田」の良い匂いに誘われて、鈴木さんや多くの人たちが集まってきて、
皆で、魚田を美味しく食べた。
「おいしい、この魚!」
「こんな幸せな気分になったのは初めてだ!」
と人々は、魚田を食べながら口々に言った。

30年間、楽しそうな人間たちの笑顔を見て、憧れていた魚田は今、
自分自身によって、人々を幸せな笑顔にしてあげたのだった。

=================

こんな素敵な即興劇をつくるメンバー達の発表会は、
7月13日(月)20時開演
今回も、配信でご覧になれます。
https://www.improjapan.co.jp/class_showcase_movie/

実は、クラスの日がめちゃくちゃ雨の確率が高かったので、
チーム名は「てるてる坊S」!
BA0613


たとえどんな天気であれ、
心は晴天のベーシッククラスメンバー達の発表会を是非観てあげてくださいませ!


2022年01月18日

2022/1/15(土)ベーシッククラス(6) インプロジャパン 峰松佳代

11月末からスタートしたベーシッククラスも6回目を迎え、今月末には発表会!
今回のクラスは、受講者全員がインプロ初めての方達!
それはそれは、毎回、気づきと発見の連続で目をキラキラさせている皆さんからは、休憩中や終わった後も、「インプロ、面白いなぁ〜」という言葉が溢れ、インプロをどんどん好きになってくれているのを肌で感じます。

また、やるたびに一人じゃ到底つくれないストーリーが誕生する中、お互いの違いがより面白いものになっていることに興味を持ってきている皆さん。
なので、回を重ねるごとに、お互いに委ね合い、助け合い、共に創り上げるその協働活動に、チーム力もいてきました。つい2か月前には出会っていなかった方達が、今では一つのチームになって、即興で作品ができちゃうなんて、すごくないですかっ?!
それが叶っている大きな要因の一つが、皆さんの「集中力」かなぁと思います。

前回のクラスは、発表会を2週間前に控え、代表の池上による代講が行われました。
この日は、普段講師側に立っている私も、みんなの中に入って、一緒にインプロ!
最初のウォーミングアップとしてやった「イエスアンドゲーム」で、皆さんのソレを感じました。
その「集中力」とは、自分に集中するのではなく、「今」「目の前に」みんなでつくっているその世界に集中する力です。
他の人のアイデアを聞くたびに、そこから離れて思考で理解しようとするのではなく、そのアイデアを瞬時に信じ、感じていたのです。

雪の玉に手を突っ込んだら、そのままその雪の玉の中に吸い込まれて入ってしまう。。。
なんてアイデア、思考で考えたら出てこないかもしれません。
おかげで、みんなで雪の玉の世界を旅することができました。

自分たちがつくる「今」に集中することで、その世界の想像を共有する・・そのことがチームワークに繋がっているのだなぁと、皆さんと一緒に「イエスアンドゲーム」をやっていて感じました。


代講の日、クラス最後は、ゲームスタイルのインプロではなく、フリーで即興劇に挑戦です!

舞台は「滝」。
そのお話をご紹介しましょう。
===================
ここは、地上100メートルの高さの滝。
この滝は、満月の夜になると、何かが起こるといういわれがあり、実際、その日は、魚たちが高く高く飛び跳ね、あまりにも飛び跳ねた魚は陸に出てしまい、死んでしまうこともあった。
また、この滝にあたると特殊能力がつくと言われており、時折修行をする人が現れていた。

そんなある満月の夜。
この日は30年に一度の特別な日。
この滝を管理する男たちが、そのための滝パーティ準備をしていた。
この日は、いつも以上に月の引力に滝が引っ張られる日なので、夜は修行はできないので、
修行に来た人たちも、パーティに参加する為、滝に集まってきた。

そこに、滝の中から、1年間の修行を終えたメグミが出てきた。
ちょうどその時、空には満月が。。。とその時だった。
滝が勢いよく下から上に流れはじめると、修行を終えたメグミから強い光が発せられ、同時に、滝つぼからは魚たちが高く飛び跳ね始めた。
それを見ていた管理側の部下の男は、その魚を捕まえ、食べはじめた。
すると、、、身体が変化しはじめ、それまでの穏やかな顔つきから一変して、まるで獣のような様相になり、人々を襲い始めた。
実は、この魚、滝つぼに沈む人間の肉を食べて成長し、人外の力を得ていたのだった。

人々は、メグミに助けを乞い、メグミと魚で一変した男の戦いが始まった。
しかし、男の力は予想以上で、メグミが月から超能力を更に引き寄せても、逆に、魚を食べる男にパワーを与える一方であった。
実は、この日の前日。
この男は、管理者である上司に、「メグミの力をもらうため、一芝居打って欲しい」と、魚を食べるよう命じられたが、まさかこんな事態になるとは、本人も知る余地もなかったが、意に反して、どんどん狂暴化していく男。
その時だった!

この村の長老が現れた。
「おい、お前!わしは知っとるぞ!お前が何か悪いことを企んで、こんなことになっているということを!」と言って、管理者の男を指さした。
管理者の男は、
「やっつけてしまえ!」と魚を食べ狂暴化した男に命令を下した。
メグミから全パワーをもらった長老は、男に立ち向かった!
が、しかし、男の力はその上をいっていた。そこにいたすべての人々を倒し、滝つぼに落としていった。そして、戦いを終え、我に返るその時、その男もまた滝に落とされた。
あの男に…
「これでまたこの滝にパワーが宿った。この村を私が収め、観光地としてまた人を集めよう」
満月の光に照らされた滝の前には、そう言いながら、ほくそ笑む男一人が立っていた。

==================================
おっー−−−!!!!
ストーリーが閉じた瞬間、恐怖に寒気がしました。

お互いが、即興で演じる役とその人のセリフで誕生する物語の世界を受け入れ合っていく中で、
幻想的な世界から、鳥肌が立つほどのホラー作品が誕生しました。


インプロも演劇も初めての人が多いこのクラス。
だからこそ、お互いの表現により集中し、楽しめているところもあるのかもしれません。

目の前に誕生する世界を素直に生きているメンバー達の初のインプロ発表会は、
1月29日(土)19:30〜 インプロジャパンyoutubeチャンネルより生配信いたします!

こちらのサイトからご覧になれます。
https://www.improjapan.co.jp/class_showcase_movie/

是非、ご覧くださいね!

2021年12月14日

2021/12/8 インターミディエイトクラス(9) インプロジャパン 峰松佳代

7月に開講した矢先、緊急事態宣言が発令され、長い休講に入った「インターミディエイトクラス」も、
10月に再開し、いよいよ明日12/15(水)、待ちに待った発表会を迎えます!

今期は、「ベーシッククラス」「ベーシックプラスクラス」で開花した力をベースに、
これまでと違う筋肉を使っていきました。
言ってみれば、利き手じゃない手を使うみたいな。
時に、空を掴むときもあったかもしれません。
時に、インプロ筋肉痛(笑)になったこともあったかもしれません。
その分、気づきもたくさん、発見もいっぱい。
仲間との振り返りは、休憩時間にも食い込むほど盛り上がることも当たり前(笑)
とっても濃厚なインタミクラスでした。

そして、発表会前の最後のクラスは、代表池上の代講。
この日、皆さんが今期トレーニングしてきたことがしっかり実となって現れました!

その作品の舞台は、博物館。

薄暗く、針1本でも落としたら響き渡るほど静まり返ったこの博物館は、
実は、木造でできており、何度も焼失していた過去を持っていたのですが、
不思議なことに展示物であった16世紀の鎧やどくろ、
そして入口正面にある大きな地球儀は焼失せず残っているという、不思議な博物館で、
そのうわさを聞きつけた探偵が、その謎を解き明かそうとしたことで物語が動き出していきました。
まさか、すべてはオーナーの宝物への偏愛がそれらの魂を操ることになるとは?!

インプロなので、もちろん誰も先を知らないわけですが、
先読みせず、「今」に集中し、瞬間瞬間に影響され、巻き込まれ、
皆で心を動かしていく中で、まさにそこに物語が生まれていきました。

トレーニングしている間は、気づいていなかったと思いますが、
エンディングを迎えた時、自分たちの力が確実に形になって表れたことを実感してくれたのではないかと思います。
それは、個々の力がチームの中で発揮された瞬間でした。
そして、インプロパフォーマーとして、また一段ステージを昇ったそのみんなの姿は、とても頼もしく見えました。

そんなメンバー達の発表会は、
12月15日(水)20時30分開演 youtubeより生配信。
https://www.improjapan.co.jp/class_showcase_movie/

今回は、2チームに分かれて、チームでインプロゲームに挑みます!

是非、ご視聴ください!

四次元ロゴ

りょうちんずロゴ






impro at 18:55|PermalinkComments(0)clip!IM | 峰松佳代

2021年10月31日

2021/10/30(土)ベーシッククラス(7) インプロジャパン 峰松佳代

image2


ベーシッククラスも、いよいよ次回11/6(土)は発表会となりました!

発表会前の今回は、代表の池上による代講。
瞬間瞬間、影響受け合い、
シーンやキャラクターがどんどん育っていくさまを感じた回でした。

この日最後は、インプロゲームから離れて、フリーで即興劇!
初めて長いシーンに挑戦でしたが、
これまでのクラスでやってきたことが見事に発揮され、
互いが影響し合い、それがシーンとなっていくこの体験は、
次第にチームとしての強化にも繋がっていきました。


物語の舞台は「海岸」。

どんな物語が誕生したか、ここでその大作をご紹介しましょう。

----------------
ここは、白くきれいな砂浜が広がる海岸。
エメラルドグリーンの海が広がるこの無人島には、たくさんのカニが生息していた。
というもの、砂が柔らかくて、隠れやすい場であることと、
なんといっても、彼らにとって、大好きなエサがあるからだった。


ある日、この現象を調べに、学者と助手たちがやってきた。
足の踏み場もないほどに、カニが砂浜を埋め尽くしていたが、
観察キットを無造作に運ぶ助手は、そのカニに気を遣うこともなく、
調査の為に、カメラを設置し始めた。
その行動は、次々にカニを踏みつけ、傷つけていたことに彼らは気づいていなかった。


一方、カニの住処。

人間達の無神経な行動に、カニ達は心傷めていた。

「村長、多くの仲間達が、得体のしれない者につぶされています!」
「何とかしなくては!」
カニたちは口々に声を上げ始めた。

すると、カニ一族の長は話し始めた。
「あれは、人間という生き物だ。このままでは我々、皆つぶされてしまう。
よし、みんなで手を取り合って人間を追い出そう!
我々にはこの小さなはさみがある。合わせれば大きなはさみになる!」

彼がそう言って皆を鼓舞すると、カニ達は円陣を組んで、その立派なハサミを高々と天に掲げた。

「黒い格好の奴は、弱そうだったから、あいつの足の裏をハサミで切り刻むのはどうだろう?」
そう、あるカニが提案すると、1匹の黒カニが立ち上がった。
「私に行かせてくれ!あいつは、俺の子をつぶした!」
黒カニがそう言うと、仲間たちは、それに賛同し、彼に秘宝のエサを与えた。


そうとは知らず、呑気に設置したカメラを覗いている学者たち。
すると、突然、黒い服を着た助手が足元に違和感を感じた。
「痛い!」と言ったその瞬間、彼はどんどん切り刻まれ、そして砂の中に引きずり込まれていった。

その勢いはすさまじいものだった。
そう、息子を潰され、復讐の鬼とかした黒カニの勢いは止まらなくなっていたのだ。
しかも、秘宝のエサの力が、彼を更に進化させ、知能がつき、人間の言葉を操り、
二足歩行ができるようになってしまった!

それを目の当たりにした学者は、怖がるどころか、興奮し、撮影する手を止めなかった。
「子どもの頃、めちゃくちゃ美味しいカニを食べ、こんなにまで美味しい秘密を探りたくて、研究者になったんだ!
まさか、カニと会話ができる日が来るなんて!」と近づいていくと、黒カニはまるで人間がカニの足をもぐように、
学者の手をもぎ、食べだした!
しかし、それでも学者は、「好きなカニに殺されるなら本望!」と、カニの目の前に自分の身を捧げてしまったのだ。


「アイツ、人間を食べだしたぞ。。」
「カニの枠を超えて、別の生き物になってしまっている‥」

黒カニの常軌を逸した行動は、陰から見ていた他のカニ達をも震え上がらせた。
「このままだと、我々も食べられかねない、大変なことになるぞ」そう不安を募らせた。

その時、一人のカニが思い出した!
「そういえば、秘宝のエサのところに一緒にあった古文書に、対処法が書いてあった気がする!」
そう言って、古文書を開いてみると、そこには、地図があり、
城の奥の誰も入ったことのない祠に閉じ込めるとその威力が鎮まると書いてあった。


凶悪化した黒カニをその祠に連れていくことは簡単ではないとはわかっていたが、これしか手立てがない。。
そう思ったカニたちは、人肉をおとりにうまくおびき寄せ、城まで連れて行った。
そして、祠まで1メートル。。
その時、村長が最後の一切れを祠の中に投げ込み、他のカニ達が同時に祠の入り口を塞いだ。。。

彼らの見事な連係プレイで、無事、この大騒動を収めることができた。


「子を殺された恨みは怖いな・・」
「まさか、人間じゃなく、黒カニが敵になるとはなぁ・・」

こうして、カニ達の島には、また人間のいない平穏な日々が戻った。
しかし、その奥の祠では、黒カニの声が響き渡っていることは誰もまだ気づいていない…

------------------------------
文字に起こすと、ホラー?!スプラッター?!というくらいの世界観ですが、
みんなのコミカルな演技やユーモアある表現のおかげで、
笑い溢れる「コメディ・ホラー」な作品となりました。

何よりも光ったのが、それぞれのイエスアンド!
それが、お互いのキャラクターを創り上げたり、
場面、場面の色を濃くし、物語の世界を深く創造してくれていました。

また、過去の回想シーンも演じたり、カニや人間だけでなく、
4人全員が、一人ひとり、たくさんの登場人物を演じたのも素晴らしく、
そこにチーム力も感じました。

こんなしっかりとした作品ができるなんて、スゴイ!!
次回の発表会が益々楽しみです!

ということで、彼らの発表会は、

11月6日(土)11:30開演。
無観客で行いますので、この様子はyoutubeより生配信いたします!
https://www.youtube.com/channel/UCSi3MKauKuHTyEacwEG3Agw

是非、初のインプロ発表会に挑むメンバー達のパフォーマンスをお楽しみに!



2021年10月30日

2021/10/24 日曜SD(9)インプロジャパン池上奈生美

249136981_1101677807242382_6722439876402531370_n


このクラスは、緊急事態宣言の影響を大きく受けてしまったクラスでした。
4月4日に開講し、2回終わったところで2か月休み、
また3回終えたら3か月お休みでした。

「サスペンス」という難しい題材に挑戦していたので、少し心配はありましたが、やってみたらみんな体に染みついたものはしっかり残っていて、
様々な動機、トリックが生まれてきました。

この日は、
「社長の大切なペットの猫の毛が何者かによって刈られていた!」
というサスペンス?です。

猫アレルギーの社員
犬を飼いたい使用人
こっそりトイプードルを買っている広報部長
祖父にかわいがられている猫に嫉妬する孫
などが登場し、
それぞれに猫に対する感情が表現されていて面白かったです。

サスペンス、としても興味深いですが、
それぞれのキャラクターの個性が強烈で、
「この人をもっと見たい!」と自然と前のめりになっていました。

来週の発表会では、どんな事件が生まれるでしょうか?

是非、「日曜サスペンス劇場」をお楽しみください。





発表会は、
10月31日(日)15:30〜16:30の予定です。

こちらのサイトから、是非ご覧ください。
https://www.improjapan.co.jp/class_showcase_movie/

248433467_287031063281633_7399890273895555316_n



インプロに興味がある方はこちらへどうぞ
https://www.improjapan.co.jp/

<スタジオでインプロのクラスを受講したい方はこちら>

◎『冬季1日集中クラス』
https://www.improjapan.co.jp/peformance_tr3/
日時:11月3日(水祝)13:00〜17:00
受講料:4,620円(消費税10%込)


<オンラインでインプロのクラスを受講したい方はこちら>
◎『インプロ・ゲームクラス』
<一般の方向>
日時:11/20(土)14:00-15:20
受講料:1,000円
https://www.improjapan.co.jp/impro_online/#online_game



2021年10月29日

2021/10/23 MP(9)インプロジャパン池上奈生美

248422908_439171547623915_4209643510826856833_n


前期から、チームとしてのクラスとなりました。
その名も「ひょっこりサーカス」
名前からして、ユーモアあふれる奇想天外なチームであることお分かりいただけると思います(^▽^)

「何を伝えるか、何を受け取るかを大切にするメンバー」
「感じていることを全て表現したいメンバー」
のバランスが絶妙で、毎回本人たちがびっくりする世界が生まれていっています。

自由奔放に見えるメンバーたちがですが、最近の課題は「勇気」
「ここまでやっていのかな?」その先に行くことで見える世界を楽しんでほしいと思います。

来週が発表会なのですが、(もう明日です!!m(__)m)
今回は、がっつりロングフォームに挑戦です。

5人のメンバーが別々な2つの世界を作り、
それが影響され、どこかでつながっていくという難しいスタイルです。
でも、難しいこそ大好物なメンバーなので、毎回発見&気づきが止まりません。

この日のタイトルは「仮面」
「嘘をつきながらお見合いした二人がいつしか惹かれあうお話」

「ネットの世界で仮面をかぶりながらお茶会をしていた3人が、
ある日ウィルスにあい、お互いの真実がばれてしまうお話。」
が生まれました。

実は、お見合いを演じていたメンバーはスタジオでの対面参加
オンラインの世界を演じていた3人はZOOM参加という、
まさに、現実の状況を生かした
オンライン、オフラインの恋愛物語が交差しあっていました。

発表会もハイブリット公演です。
5人のチャレンジをお楽しみください。


発表会は、
10月30日(土)18:00〜19:00の予定です。

こちらのサイトから、是非ご覧ください。
https://www.improjapan.co.jp/class_showcase_movie/




インプロに興味がある方はこちらへどうぞ
https://www.improjapan.co.jp/

<スタジオでインプロのクラスを受講したい方はこちら>

◎『冬季1日集中クラス』
https://www.improjapan.co.jp/peformance_tr3/
日時:11月3日(水祝)13:00〜17:00
受講料:4,620円(消費税10%込)


<オンラインでインプロのクラスを受講したい方はこちら>
◎『インプロ・ゲームクラス』
<一般の方向>
日時:11/20(土)14:00-15:20
受講料:1,000円
https://www.improjapan.co.jp/impro_online/#online_game




2021年10月28日

2021/10/22 金曜PS(3)インプロジャパン池上奈生美

248451632_559229895338458_7599165813485766001_n


このクラスは、ちょうど開講直前に緊急事態宣言が始まってしまい、
7月に開校予定が10月8日にようやく再開となりました。
メンバーの中には、インプロジャパンに通って4年以上になりますが、
3か月もインプロしなかったのは初めてです。

それだけに再開したときのパワーはすごかったです。
ちょっとしたウォーミングアップのゲームから汗だくで、
体いっぱい、心いっぱいに楽しんでいることを感じました。

そして、3回目の今日ようやく全員が揃いました。
全員がそろった嬉しさも後押しし、
「これをしたい」という衝動が次々に沸き上がり、
常に、「全員が何かをしている」という状況でした。

休憩後は、その勢いはそのままに、
ストーリーにつなげていきました。

「毎日、地面を抑え、地球を地震から守っている老人のお話。」
「地球の手相が変わっていき滅亡しそうになるが、ある老人の手相が地球にうつり、あらたな星となったお話」
「選挙で1票も入らなかった元大統領のお話」

などが、生まれました、

シーンが始まった瞬間からおもしろい、
ユーモアたっぷりのクラスです。

次回からも楽しみです!






インプロに興味がある方はこちらへどうぞ
https://www.improjapan.co.jp/

<スタジオでインプロのクラスを受講したい方はこちら>

◎『冬季1日集中クラス』
https://www.improjapan.co.jp/peformance_tr3/
日時:11月3日(水祝)13:00〜17:00
受講料:4,620円(消費税10%込)


<オンラインでインプロのクラスを受講したい方はこちら>
◎『インプロ・ゲームクラス』
<一般の方向>
日時:11/20(土)14:00-15:20
受講料:1,000円
https://www.improjapan.co.jp/impro_online/#online_game





2021年10月27日

2021/10/21 SD(9)インプロジャパン池上奈生美

スクリーンショット (473)

どんなに、道がそれていっても、必ず全てに意味のある物語になっている。
どんなに、恐ろしい展開になっても、必ず優しいエンディングにつながっている。

そんなクラスです。

だからこそ、クラスの初めには、
「ダークなことにもチャレンジしたい。」
「ぶっとんだアイデアを投げ込みたい」
と言っていました。

その言葉通り、毎回いろんな世界が飛び交いました。
それでも、最後は心癒される時間になっています(^▽^)


今期は、一人の女性の人生を様々なゲームで表現していきました。

今日は、森 恵伶奈さん(架空)の人生です。

お金持ちの家にそだち、そのせいで必要なものはすべて家に呼び寄せられ、
学校にも行かず、優秀な家庭教師から学んでいました。

おかげで、他人と話すのは苦手、
趣味は天井の木目を見ること。
いつのまにか、木と話せるようになり。
木の専門家として世界に飛び回るようになったのです。

リアリティのある世界の中のファンタジー。
とても面白かったです。

今日は全員別々の場所からのオンラインレッスンだったのですが、
来週の発表会は、全員スタジオ参加です。
この3人が同じ場所に揃ってインプロするのは、
もう1年半ぶりです。

生配信いたしますので、是非ご覧ください!

<発表会>
日時:10月28日(木)20:30〜21:30予定

こちらのサイトで見られます。
https://www.improjapan.co.jp/class_showcase_movie/








インプロに興味がある方はこちらへどうぞ
https://www.improjapan.co.jp/

<スタジオでインプロのクラスを受講したい方はこちら>

◎『冬季1日集中クラス』
https://www.improjapan.co.jp/peformance_tr3/
日時:11月3日(水祝)13:00〜17:00
受講料:4,620円(消費税10%込)


<オンラインでインプロのクラスを受講したい方はこちら>
◎『インプロ・ゲームクラス』
<一般の方向>
日時:11/20(土)14:00-15:20
受講料:1,000円
https://www.improjapan.co.jp/impro_online/#online_game




2021年10月19日

2021/10/19 「IJ Soul Projectクラス(9)」インプロジャパン池上奈生美

スクリーンショット (447)


今月からようやく全クラス再開し、稽古場日記も頑張ろうと思っていたのですが、、、、
もう19日になってしまいました。

そして、火曜日のこのクラスはもう来週発表会です!

このクラスは、45歳以上の大人たちのクラスです。
タイトルに、「ハロウィンのジャックオーランタンを作る」とだしたら、
こんなもの(写真参照)を持ち出し、斬新なジャック―ランタンができました。
スクリーンショット (450)

そもそも、誰もジャックオーランタンが何か、知らなかったのですが、
さすがインプロヴァイザー、
誰一人「ジャックオーランタンってなんですか?」とは聞かず、
シーンを始め、不思議な水筒ができました(^▽^)

最後は「呼吸の村」のお話。
ーーーーーーーーーーーーーーー
とても標高が高く、酸素が薄い場所にあるこの村では、
毎日酸素ボンベが支給されていた。
しかし、いつしか1日1本でも足りなくなり、病院に通う村人たちは日々増えて行っていた。

実は、酸素ボンベの闇商人がひそかに商売のために、
酸素ボンベの量を減らしていたのだった。

しかし、ある日
酸素ボンベの倉庫が爆発した。

闇取引のボスは大やけどで入院し、すべての悪事がばれ、
犯人たちはすべて警察に捕まった。

しかも、酸素ボンベがすべて爆発したおかげで、
村のどこにいても、酸素があふれ、ボンベは必要なくなったのだった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんな、素敵なお話が生まれました。

仲間のどんなオファーも全力でイエスアンドする4人の見た目はおじさん、心は少年の4人の発表会。
是非、お楽しみください!


<発表会>
日時:10月26日(火)20:30〜21:45予定

こちらのサイトで見られます。
是非、ご覧になって、タイトルも投稿してください!
https://www.improjapan.co.jp/class_showcase_movie/






インプロに興味がある方はこちらへどうぞ
https://www.improjapan.co.jp/

<スタジオでインプロのクラスを受講したい方はこちら>

◎『冬季1日集中クラス』
https://www.improjapan.co.jp/peformance_tr3/
日時:11月3日(水祝)13:00〜17:00
受講料:4,620円(消費税10%込)


<オンラインでインプロのクラスを受講したい方はこちら>
◎『インプロ・ゲームクラス』
<一般の方向>
日時:10/23(土)20:00-21:20
受講料:1,000円
https://www.improjapan.co.jp/impro_online/#online_game