2019年03月02日

2019/1/21 ベーシッククラス(3)インプロジャパン 下田明正

今年初めにスタートした「ベーシック月曜クラス」も次回は最終回。
つまり、初のインプロ発表会!

丁寧に積み上げてきたメンバー達のインプロを
是非、多くの皆様に観ていただきたいです!

発表会は、2019年3月4日(月)20時30分開演 @インプロジャパンスタジオ 観覧無料です。

その前に、皆で創った作品をご紹介しましょう。

==============================
「食いしん坊猫ニャン太の冒険」

魚に飽きた食いしん坊猫の野良猫ニャン太は、まだ食べたことのない美味しいものが食べたい!と思っていた。
「あぁ…もうメザシには飽きたので、Kフライドチキンが食べたいニャー」

ニャン太は空腹の中、家の外へぶらりと出かけた。
すると、都合よく家の近くにKフライドチキンのお店があったので、裏口からそっと入っていった。
店内に入って周りを見てみるが辺りは人間の足ばかり。
「チキンはどこだ!?」と立ち止まったニャン太は、目の前にフライドポテトを見つけた。
スタッフの人が落としてしまったそのポテトは、魚とはまるで違うとても香ばしい匂いを放ちながら黄金色に輝いていた。

「もう我慢できないッ!」
ニャン太が鼻を近づけると、自分と同じような鼻の感触がした。
顔をあげ、見てみると、そこには高そうな首輪をした真っ白な可愛いメス猫が立っていた。
ニャン太はしばし見とれてしまった。
そうしているうち、店の店員に気づかれて捕まえようとするその手が近づいてきた。
「この猫と一緒に逃げなければ…」
ニャン太はこの猫に会ったのは運命のいたずらに違いない!と思い名前を聞いてみると、
ニャ〜子だと教えてくれた。

ニャ〜子とふたり食べ物を探す冒険に出ることにしたニャン太は、
さっきの店には怖い店員がいるので、また別の店を探すことにした。
ニャ〜子は高い首輪をしていることからも分かる通り金持ちの家の猫なので、
「私の飼い主の女の子が行っているKチキンの店を教えるわ!」と言ってくれ、
「ありがとう」と言って早速向かった。

ところが、ニャ〜子の高そうな首輪には発信機が付けられていた。
ニャ〜子の飼い主というのが、実はニャン太がさっき最初に入った店の店長で
それを使い追いかけてきたのだった。
ニャン太は人間の行けない高い所へと屋根の上を飛んで逃げた。
逃げた先には青いゴミ箱のポリバケツがあり、ゴミ箱の中を見てみると食べ残しの魚があった。
空腹のあまり思わず食べそうになったが、本当に食べたいのはコレじゃない。
「チキンにポテトを食べるんだ!」

決意も新たに2匹は、隣のファストフードLに忍び込んだ。
まっすぐキッチンに向かい、シェフの目を盗みチキンバーガーを狙って一気に噛み付いた。
台の上に乗っているチキンバーガーに噛み付いたので、
音もなく奪い取ることができ2匹は時間を忘れて夢中で食べた。
後ろから足音が近づいて来るのにも気付かず食べていると、
ニャン太はヒョイと抱き抱えられ、見上げると追ってきたニャ〜子の飼い主の店長だった。
ニャ〜子は一緒に来た娘に抱えられていた。
飼い主は2匹が食べてしまったチキンバーガーの事を申し訳なさそうにそこの店員に謝っていた。

翌週…
お店の前にはニャン太とニャ〜子が座ってニャンニャンニャンニャンニャー(いらっしゃいませ〜)と言って、
お客の呼び込みをしていた。
そんな2匹に娘さんが嬉しそうにチキンバーガー2つ持って外に出てきた。
ニャン太とニャ〜子は、娘さんがチキンバーガーをもらって美味しく頂いた。
娘さんにもすっかりなついたニャン太は美味しい物と新しい家族に囲まれて幸せに暮らすのだった。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔