2021年10月31日

2021/10/30(土)ベーシッククラス(7) インプロジャパン 峰松佳代

image2


ベーシッククラスも、いよいよ次回11/6(土)は発表会となりました!

発表会前の今回は、代表の池上による代講。
瞬間瞬間、影響受け合い、
シーンやキャラクターがどんどん育っていくさまを感じた回でした。

この日最後は、インプロゲームから離れて、フリーで即興劇!
初めて長いシーンに挑戦でしたが、
これまでのクラスでやってきたことが見事に発揮され、
互いが影響し合い、それがシーンとなっていくこの体験は、
次第にチームとしての強化にも繋がっていきました。


物語の舞台は「海岸」。

どんな物語が誕生したか、ここでその大作をご紹介しましょう。

----------------
ここは、白くきれいな砂浜が広がる海岸。
エメラルドグリーンの海が広がるこの無人島には、たくさんのカニが生息していた。
というもの、砂が柔らかくて、隠れやすい場であることと、
なんといっても、彼らにとって、大好きなエサがあるからだった。


ある日、この現象を調べに、学者と助手たちがやってきた。
足の踏み場もないほどに、カニが砂浜を埋め尽くしていたが、
観察キットを無造作に運ぶ助手は、そのカニに気を遣うこともなく、
調査の為に、カメラを設置し始めた。
その行動は、次々にカニを踏みつけ、傷つけていたことに彼らは気づいていなかった。


一方、カニの住処。

人間達の無神経な行動に、カニ達は心傷めていた。

「村長、多くの仲間達が、得体のしれない者につぶされています!」
「何とかしなくては!」
カニたちは口々に声を上げ始めた。

すると、カニ一族の長は話し始めた。
「あれは、人間という生き物だ。このままでは我々、皆つぶされてしまう。
よし、みんなで手を取り合って人間を追い出そう!
我々にはこの小さなはさみがある。合わせれば大きなはさみになる!」

彼がそう言って皆を鼓舞すると、カニ達は円陣を組んで、その立派なハサミを高々と天に掲げた。

「黒い格好の奴は、弱そうだったから、あいつの足の裏をハサミで切り刻むのはどうだろう?」
そう、あるカニが提案すると、1匹の黒カニが立ち上がった。
「私に行かせてくれ!あいつは、俺の子をつぶした!」
黒カニがそう言うと、仲間たちは、それに賛同し、彼に秘宝のエサを与えた。


そうとは知らず、呑気に設置したカメラを覗いている学者たち。
すると、突然、黒い服を着た助手が足元に違和感を感じた。
「痛い!」と言ったその瞬間、彼はどんどん切り刻まれ、そして砂の中に引きずり込まれていった。

その勢いはすさまじいものだった。
そう、息子を潰され、復讐の鬼とかした黒カニの勢いは止まらなくなっていたのだ。
しかも、秘宝のエサの力が、彼を更に進化させ、知能がつき、人間の言葉を操り、
二足歩行ができるようになってしまった!

それを目の当たりにした学者は、怖がるどころか、興奮し、撮影する手を止めなかった。
「子どもの頃、めちゃくちゃ美味しいカニを食べ、こんなにまで美味しい秘密を探りたくて、研究者になったんだ!
まさか、カニと会話ができる日が来るなんて!」と近づいていくと、黒カニはまるで人間がカニの足をもぐように、
学者の手をもぎ、食べだした!
しかし、それでも学者は、「好きなカニに殺されるなら本望!」と、カニの目の前に自分の身を捧げてしまったのだ。


「アイツ、人間を食べだしたぞ。。」
「カニの枠を超えて、別の生き物になってしまっている‥」

黒カニの常軌を逸した行動は、陰から見ていた他のカニ達をも震え上がらせた。
「このままだと、我々も食べられかねない、大変なことになるぞ」そう不安を募らせた。

その時、一人のカニが思い出した!
「そういえば、秘宝のエサのところに一緒にあった古文書に、対処法が書いてあった気がする!」
そう言って、古文書を開いてみると、そこには、地図があり、
城の奥の誰も入ったことのない祠に閉じ込めるとその威力が鎮まると書いてあった。


凶悪化した黒カニをその祠に連れていくことは簡単ではないとはわかっていたが、これしか手立てがない。。
そう思ったカニたちは、人肉をおとりにうまくおびき寄せ、城まで連れて行った。
そして、祠まで1メートル。。
その時、村長が最後の一切れを祠の中に投げ込み、他のカニ達が同時に祠の入り口を塞いだ。。。

彼らの見事な連係プレイで、無事、この大騒動を収めることができた。


「子を殺された恨みは怖いな・・」
「まさか、人間じゃなく、黒カニが敵になるとはなぁ・・」

こうして、カニ達の島には、また人間のいない平穏な日々が戻った。
しかし、その奥の祠では、黒カニの声が響き渡っていることは誰もまだ気づいていない…

------------------------------
文字に起こすと、ホラー?!スプラッター?!というくらいの世界観ですが、
みんなのコミカルな演技やユーモアある表現のおかげで、
笑い溢れる「コメディ・ホラー」な作品となりました。

何よりも光ったのが、それぞれのイエスアンド!
それが、お互いのキャラクターを創り上げたり、
場面、場面の色を濃くし、物語の世界を深く創造してくれていました。

また、過去の回想シーンも演じたり、カニや人間だけでなく、
4人全員が、一人ひとり、たくさんの登場人物を演じたのも素晴らしく、
そこにチーム力も感じました。

こんなしっかりとした作品ができるなんて、スゴイ!!
次回の発表会が益々楽しみです!

ということで、彼らの発表会は、

11月6日(土)11:30開演。
無観客で行いますので、この様子はyoutubeより生配信いたします!
https://www.youtube.com/channel/UCSi3MKauKuHTyEacwEG3Agw

是非、初のインプロ発表会に挑むメンバー達のパフォーマンスをお楽しみに!



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔