今回の受講生インタビューは、インプロジャパン・パフォーマンスコースに
通っていて、7月のミニフェスに初出演することになったAさん(男性)です。

普段は公務員としてお仕事をされている彼が、インプロをスタートしたのは
4年前。それから時間が取れるときに、クラスを受講してくれていました。
そして、今回、いよいよ舞台デビューをされます。
インプロ初舞台を目の前にしたAさんに、インプロについて、
聞いてみました。

----------------------------------------------------
Q1.どのような目的でインプロを始めたのですか?
A1.仕事の中で交渉する場面などあったので、初めは、正論・自分の論理だけで
説得するのではなく、 あえて相手の土俵に立ち、自分の意図する方向へ落とし
込む力を身につけたくて始めました。


Q2.インプロをやってきて、ご自身の内面に変化はありましたか?
A2.「コミュニケーション」に対する考え方、意味が変わりました。
それまで、自分は「コミュニケーション」とは、言葉と言葉のキャッチボール、
つまり、記号同士のキャッチボールで、目的を達成するツールのひとつにすぎな
いと考えていました。

でも、インプロをやって「コミュニケーション」とは、心と心の通い合わせ
なんだということを知りました。
今、以前の自分を振り返ると、コミュニケーションが下手だったと思います。
決して仕事上でコミュニケーションに悩んでいたり、スムーズにいかなかったと
ではありません。

ただ、それは表面上であって、本当の人と人とのコミュニケーションではなかっ
たように思います。


最近気づいたことなのですが、それまでは、自分は「ムダ話」が嫌いでした。


今は、雑談が楽しめるようになってきています。
話の内容が大切なのではなく、「話をしている」そのこと自体に意味があると
気づいたからです。

そこには、心と心のキャッチボールを感じます。

そして、インプロで、相手を意識して、相手の反応を見て、伝えていくことで、
「コミュニケーションとは多層的な交流だ」と思うようにもなりました。


Q3.「雑談」を楽しめるようになったということですが、具体的に何か変わった
ことはありますか?
A3.まずは人といることが楽しいと思えるようになりました。


そして、人を通してモノの見方や相手との違いを知り、興味が出てきました。
そのため、視野が広がり、捉え方、価値観等のフレームの広がったと感じます。

なので、人の話を聞くようになりましたね。


仕事をすすめるにあたっても、以前より“ムダ話”をするようになりました。
それは意思の共有が深くなり、動機付けや、新たな発見で逆に効率につながりこ
ともあります。あ!ムダ話ばっかりしているという訳ではありませんよ(笑)


Q4.インプロを続けて4年。途中お休みをしながらも、それでも続けてきた理由
を教えてください。
A4.1つには、インプロは思っていることを伝えるチャンスに溢れていること
で、単純に日常のストレス発散になっています。

また、仲間達と意志を伝え合い、通じ合うことが気持ちよく楽しいからです。


あと、インプロジャパンのシステムも続けやすい理由です。
コースが細分化されていて、短いタームごとに分かれているので、
仕事が忙しく受講できなくても、次戻ってきたときに、自分に合わせたクラスを
選んで、再受講できるオープンさがあるし、オープンであってもカリキュラムが
しっかりしているので、習得できるというところが続けやすいです。
値段的にもリーズナブルだし。


Q5.有難うございます(笑)。
では、インプロの魅力を一言で言うと何でしょう?
A5.そこにいる人達と楽しく、共にいることを感じ、共に皆で創り上げているこ
とが出来ること。
それって稀なことだと思います。


インプロをやって、もう一つ自分が変わったこととして、「実績」だけを気にす
るのではなく、そのプロセスを楽しめるようになりました。
その楽しさが、インプロの魅力です。


Q6.今回ミニフェスに初出演となりますが、出演を決めた理由を教えてください。
A6.役者でもないのに、やってみようと思ったのは、2年ぐらい継続してやって
きて、一度舞台という厳しい状況下でやることで、楽しいにとどまらず、真剣に
インプロや自分に向き合ってみたいと思ったからです。
また、共演者だけでなく、お客さんというコミニケーションに第3の要素を加え
ることによって、インプロの質が変えることができるかなとも。


Q7.最後に、ミニフェス後、どんな自分と出会えそうですか?
A7.
物事を端的に述べることは、ビジネスの中で必須ですよね?
ただ、相手の心に響くという点においては、ムダ話を…いや物語を語る方が優れ
ているのではないかと思い始めました。
やれ戦略だ、実績だという殺伐としたビジネスの中において、あえて物語を語れ
るようになることで楽しく前向きな自分に出会いたいなと思ってます。
もちろんビジネスに限りませんが。


また、今、自分の内面としっかり向き合って、そこから逃げないことを意識して
います。
終わったとき、自分を信じられる自分になっていると思います。

仲間と自分、そしてお客さまを信じて、舞台に立ちたいと思います。