インプロは、プロのエンターテイナーだけでなく、
幼児~様々な職種の社会人まで、色々な人々によって演じられているエンターテイメントです。
その証拠に、インプロジャパンに通う受講生の多くが、 役者ではなく、会社などにお勤めの方々や子ども達です。

今回の東京インプロフェスティバルでは、 社会で活躍するメンバー達が、業種ごとにチームを組み対抗します。
まさに舞台上の異業種交流!

そんな彼らに、フェスティバルを前にして、「初めてインプロを観たときに感じたこと」を聞いてみました。

★えっ?(保険業)
★「これは面白い~!!」と思ったのと同時に、「即興なら自分も出来るかも」と 思いました。(保険業)
★すげー…。受講してたクラス講師のとんでもない世界に衝撃を受けました。(保 険業)
★初めて観たのは二年前のインプロミニフェスティバルでした。書いた言葉やセリフがいつ使われるかドキドキしたのを覚えています。(販売業)
★本職が役者ではない人達が、こんなに凄く色々な感情を表現出来るのか!!とい う衝撃と、何よりみんなが、楽しそうにしていることに、憧れを抱きました。 (販売業)
★初めて見た瞬間から夢中なりました!お客さんなのに参加してる気分になり今 までにない満足感を知りました!(接客業)
★ルールに縛られず自由に遊び合うプレイヤー達を見て、早く自分もステージ側 に行きたい!そう思いました。(接客業)
★「なんじゃこりゃすげぇええええええええええーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!」(情報通信)
★こんなおもしろい舞台があるんだと思い、すぐにトライアルクラスに申し込んでいました!(情報通信)
★びっくりした!台本なし・打ち合わせなしで演劇が出来るなんて!その内容が 即興と思えないほどしっかりしてるなんて!見事だった!(情報通信)
★あの人(役者さん)達と、お話ししてみたい!(エンジニア)
★ブログラマなのでロジックを頭で考えがちですが、ロジックでは説明つかない 世界があるんだなと実感しました。(プログラマー)
★相手が必要としているタイミングで、相手に伝わる方法で伝える。これって、最高の社員教育じゃん!(経済団体職員)
★面白くて笑い転げたけれど、簡単にできると思った。やってみたら全く出来 ず、だからこそインプロにはまっちゃいました!(団体職員)
★奇跡の瞬間を目撃した!と思いました。神様もインプロがお好きなんですね。 (行政書士)
★台本芝居の一部がインプロだろうと観ていた私は後日、全てがインプロだと知 り衝撃を受けました。相手を見、言葉を聞くだけで世界が展開する。信頼と遊び心溢れる世界に私も行きたい!と思いました。(歯科医師)
★:え?えー?えーー?!何これ、本当に台本無いの?!みんなすごいテンショ ン!すごく興奮する!!(画家)
★最初頭の中が???という感じだったのですが、知らない内に世界に引き込ま れて、見終わった後にずっと心の中に暖かい何かが残り続けました。(画家)


ちなみに、彼らの公演の前には、大人に負けじと今年も小学生達が舞台ではしゃぎまくります。
そこに登場する女の子達にも、聞いてみました。

【キッズ】
*自分の意見が面白いお話になったので、とても楽しかった。
*めちゃくちゃな言葉で伝え合って、レゴと竹馬で遊ぶ人を当てた時、発想がす ごいと思った。
*自由に自分の思った言葉で言えておもしろかった。


彼らにとっての『インプロ』を通して、人の持つ無限の可能性をお楽しみください。

『東京インプロフェスティバル2012』公式サイト:http://www.tokyoimpro.jp