今月の受講生インタビューは、長期にわたり、
パフォーマンスコースをレギュラーでご受講くださっている
溝口健史・麻依夫妻。


このインプロジャパンで、出会ったお二人は、
昨年、結婚したばかり。
そう新婚さんなのです!


新婚さんと言えば…「新婚さんいらっしゃい!」?!(笑)
実は、お二人、今月19日のこちらの番組に、出演するそうです。
(放映日時:11月19日(日)午後0:55スタート)


インプロジャパンでは、
今まで、受講期間中に結婚された方や、受講生同士でカップルになった方達も
見てきましたが、この番組に出演されるご夫婦は初めてです!


テレビで放映された内容は、当日までのお楽しみ・・という事で、
そこでは語っていない「インプロとご夫妻」について、
お話を伺ってみました。
==============================
インプロジャパン(IJ):
「新婚さんいらっしゃい!」の収録に行ってきたそうですね!
どういう経緯で出演されることになったのですか?


健史さん:
僕が「新婚の期間しか出られないから、折角だから応募してみない?」って言ったら、
「いいね、そうしよう!」って言ってくれて・・。


麻依さん:
そして、私が応募用紙をダウンロードしました。


健史さん:
このこと自体もそうですけど、
自分達って、やっぱりいつもインプロ的に日常生活を送っているんですよね。
どちらかが提案したら、
「いいね、そうしよう。そして・・」って、次の行動に繋がっていて、、。


今回、書類審査が通って、夫婦のエピソードをたくさん考える機会があり、
振り返ってみたら、どのエピソードもインプロの考え方「イエスアンド」が
ベースにあって、結局、何を話しても、インプロに繋がってしまうんです(笑)。


麻依さん:
だから、出演が決まるまで何回か面接があったんですけど、
どの時も、夫婦エピソードと合わせて「インプロ」の話をしました。
もう、本番の収録の時も含めて、何度も「インプロ」の説明をして・・
実際に、インプロも少しお見せしたので、
カットされていなければ、流れるかもしれません(笑)


IJ:
夫婦のベースが「イエスアンド」。


健史さん:
はい。お互い、まずは、相手を受け入れて、否定しない。
相手のアイデアに乗っかって、そのアイデアをより大きく膨らませて、より面白い形で実現していく。


麻依さん:
だから、夫婦での会話が多い方かもしれませんね。


IJ:
受け入れ合った会話・・二人は、ケンカするんですか?


麻依さん:
ケンカ・・しないですね~。


IJ:
具体的なエピソード、有ります?


麻依さん:
あるんですけど・・収録で話しちゃってて・・


健史さん:
使われてるかもしれないので。


IJ:
あ、では、それはテレビで観るという事で(笑)。


ご結婚されて1年。
お互い、パートナーがインプロをやっている人で良かったなと思うことってありますか?


健史さん:
二人とも長くインプロをやってきたから、
積み上げて、即興で物語を創っていくという感覚が体に染みついていて、
それを共有できるのが嬉しいですね。


結婚して、夫婦で、家族で、「こんな先を創りたい」というお互いの想いを
受け入れ合って進めていって、それを共有出来た時、同じ方向を見てるなって、
そんな時、インプロやっている奥さんで良かったなぁって思いますね。


これって、一緒に受講してきたクラスが、「ロングフォーム(長編インプロ)」
だったことも影響しているのかもしれないですね。


IJ:
なるほど。
「ロングフォーム」では、
あるスタイルでは、一つの言葉を多面的に捉えて様々な場面を描いて、
ひとつの世界を創り上げたり、また違うスタイルでは、即興で「人」の様々な側面を関わりを通じて描き、
そこに人間ドラマを創ったりしますからね。


そういう意味では、お二人は、数えきれないくらいたくさんの人間ドラマや世界を即興で創ってきていますし、
その感覚はまさしく家族づくりに使えるのでしょうね。


麻依さん:
私も、インプロをやっている相手だから、
同じ方向を見ていることを実感できます。


あと、これは、まさにインプロで染みついているからですけど、
日常的にお互いに「確認」をしています。


IJ:
なんの「確認」ですか?


麻依さん:
お互い同じ方向を見ているかどうかという確認。


例えば、今度引っ越すんですけど、その物件探しの時も、
「今、こういう方向で探しているけど、大丈夫だよね?」
「ここを重要に考えて、探しているよね?」
など、お互い、同じ方向を見ているか、相手の話を聞き、
自分が思っていることも伝え、、その上で、決めました。


一方ばかりが話したり、聞きっぱなしという事はなく、
「聞く」「話す」という時間を自然にバランスよくやっていますね。
だから、後になって、「こう思ってくれてると思ったのに…」ということは全然ないです。


健史さん:
インプロやってきて、自分一人では話は作れないって、
イヤってほど体が覚えているので、無意識にお互いの話を聞き合えて、
同じ方向を見ることを大切にしているかもしれないです。


麻依さん:
あ、あと、お互いインプロやってるから、
どんな時も、退屈しないですよ。
旅行行っても、景色とかで話を創っちゃったり。
急に話をふっても、膨らむし(笑)。


IJ:
会話が絶えない楽しいご家庭ですね。

最後に、これからどんなご家庭を作りたいですか?


麻依さん:
今もすでにそうですが、会話が多く、お互いの考えを確認し、
言いたいことを聞き合える風通しがよい家庭を作りたいです。


健史さん:
すれ違いが起きないよう、聞き、話をする。
お互いを尊重し合って、表裏のない家族を作りたいですね。


麻依さん:
うん、そうですね。
そのためにも、思いついたことを遠慮せずに言える環境を作りたいですね。


IJ:
結婚後、お二人とこんなにゆっくりお話ししたのは、初めてでしたけど、
二人の会話の呼吸がピッタリで驚きました!


これからも、「イエスアンド」で、お二人ならではの家庭を作ってください。

そして、数年後、今お腹にいるお子さんのキッズクラス参加も、
楽しみにしています!!


心温まるお話、有難うございました!