"インプロシンキング"スタジオ報告

インプロジャパンのインプロ・ワークショップ のスタジオ報告です。

【インプロとは】「インプロヴィゼーション(即興)」の略語。「その瞬間のできごとに即興で対応しながら作り上げられていくエンタテイメント」です。詳しくはインプロガイドブック (http://impro.jp) をご覧ください。

【インプロジャパンのコミュニュケーションコース】職場や学校等、日常生活の中でインプロ・シンキングを行うことにより、コミュニ ケーションスキルの向上や発想力の強化を目指すクラスです。(人間関係力の強化に最適)人前で演じることよりもインプロゲー ムを楽しみながら様々な能力を伸ばすことを目的としています。
詳細:インプロジャパン http://www.improjapan.co.jp

インプロ1日体験クラス

コミュニケーションコース・クラス報告~峰松佳代

「相手の意見に乗っかりすぎると、自分の意見がない、何も考えていない人に思われる気がして、
そう思われるのが嫌で、つい批判的な姿勢を取るというのが当たり前になっていたかもしれません」


以前、『コミュニケーションコース1日集中クラス』に参加された方が、
初めて体験した「イエスアンド」というワークの後に、話してくださった言葉です。

このワークは、相手の提案をまず行動し、そこから自分のアイデアを加えていくというもの。
この日は、二人ペアで「オリジナルの庭」をつくってもらいました。
もちろん、何もない空間に互いの提案を瞬時にイメージして、つくっていくのです。

この方にもう少しお話を聞いてみると、「相手の提案」を、まずは批判的、批評的に見てしまう自分がいたとのこと。
そうなると、素直に相手の言葉が聞こえてこず、自分はどんな提案をしたらいいだろう?
と、思考までストップしてしまい、アイデアを出すのが大変だったそうです。
そんな自分を振り返り、さっきの言葉へと繋がったのでした。
そして、「自分をよく見せようとして否定してしまうところがあるので、意識をイエスアンドに変えてみます」
と話してくれました。


この日は朝~夕方までの1日かけてのワークショップ。
その後、ワークを重ねるごとに、徐々に関わりに変化が現れてきました。
終盤に、再度、「イエスアンド」のワークを行いましたが、
「途中で相手から思いもよらぬ提案があったのですが、そのおかげで話がすごく膨らみました」
終わった後、そう話す様子は前半の時とは違い、「相手の提案」を体で楽しんでいることが明らかでした。
何より、彼自身が主体的に関わり、行動に移している様子が見られるようになっていたのです。
この日の最後には、2人ペアになって、ある架空の製品のプレゼンを即興でしてもらいました。
その場で生まれる相手のアイデアを瞬時に活かし、次に繋げていくさまは、
「批判的な姿勢」は全く見られず、むしろそのアイデアの掛け算を面白がり、
その結果、自分達が想像していなかったオリジナルの製品が誕生しました。
見ていた他の受講者達も、目の前の二人の掛け合いによって生み出されていく様子を楽しんでいました。


「肯定的なリアクションがあると、お互い安心して気を遣わずに、楽しくコミュニケーションが取れますね。
そう言えば、息子達とはこうやって遊んでいます。仕事上のコミュニケーションでも、意識していきます」
終了後、クラスが始まる前とは全く違う表情で、こう語ってくれました。


自分の癖に気づき、意識を変えてみる。


小さなことのようですが、大きな改革です。
少しの変化が大きな変化に繋がります。


インプロのワークショップでは、そんな場面とたくさん遭遇します。
そのたび、そこに、人々の持つ「“今”を知り、“未来”を創る」可能性を感じます。

今年も、皆さんにとってのその場所を、インプロを通じて提供していきたいと思っています。

-------------------------------------
次回の「コミュニケーション1日集中クラス」:3月23日(日)14:00~20:30

「アイコンタクト」9月インプロシンキング・コミュニュケーションコースより

ij20090929






秋の風が心地よく、青空がとても高く感じるようになりました。
スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋、インプロの秋!

9月は東京と大阪でインプロシンキング一日集中クラスが、開催されました。
今まで以上にインプロがいろいろな地域で広まり注目されていることを感じています。

今回も先月に引き続き”アイコンタクト”の大切さを実感できたゲームの中からひとつご紹介しましょう。


インプロシンキングワークショップの参加者は、ゲームが進むにつれてアイコンタクトをしっかりとするようになります。
そして、ゲームの中で相手が今何をしようとしているのか、次に何をしたいのか読み取るために、より相手に集中していきます。

”ミラーゲーム”を行ったときのことです。
(※ミラーゲーム/A、Bさん二人向かい合います。言葉は使いません。
鏡に向かっているようにAがリーダーとなりゆっくり動きます、BはAと同じ動作を行います。合図でA、B、リーダーをチェンジします。)

タイトルは「朝の洗面台」です。------------
ゲームの合図があっても、動きがバラバラのペアがありました。
こちらから見るとAさんは、自分の動きに夢中になりどんどん動作を進めています。
Bさんは、照れ屋なのでしょう楽しそうにしていますが下の方ばかり向いています。
ばらばらの動きに気付いたAさんは少しBさんを気にするようになりました。
Bさんも顔をあげAさんを見ました。
お互いにアイコンタクトを意識するようになりました。
すると、動きが大きくなりリーダーとなっている方はより相手に伝えようと集中します。
動きを受ける方もゆっくりと呼吸を合わせ集中していきます。
ここで、リーダーチェンジの合図が入っても動きは止まることなく今までの動作を引き継ぎます。
BさんはAさんのエネルギーを受けていつのまにか大きな動作を引き継いでいます。ABさんは、動きの中で冷たい水で顔を洗い終えた後、コンタクトを入れ新聞を読み始めました。
そしておいしそうにコーヒーを飲み始めました。
感情まで共有しているようでした。
ゲーム終了の笛がなると、どのチームも笑顔と歓声で一斉に振り返りがはじまりました。
----------------

AさんBさん、そして参加者のみなさん全員がアイコンタクトの大切さをより強く感じた時間でした。

私たちの日常の中でもアイコンタクトをしっかりとし相手に集中することで、よりコミュニュケーションがスムースになり役立つことでしょう、そしてコミュニュケーションがもっともっと楽しくなってくることでしょう。

受講生の振り返りの言葉より----------
・コミュニュケーションの基本、相手に伝える(発信)、受け入れる(受信)ことを
ひとつひとつやっていくなかで、アイコンタクトの大切さを改めて感じた。

・言葉を使わずにコミュニュケーションすることは難しいけれど、
伝わったとき、相手とわかりあったとき、テンションが上がり嬉しい。

 ---------------

次回インプロシンキングワークショップ一日集中クラス


詳細:http://www.improjapan.co.jp/company/class_c1.html


 インプロジャパン 岡崎チカ

08/12/07インプロシンキング一日集中クラス(コミュニュケーションコース)

ij20081201









2008年最後のコミュニュケーション一日集中講座でした。
 
年末のお忙しい中、インプロシンキングを楽しみに集まって下さった参加者の皆様、お疲れさまでした。
本当に楽しく有意義な時間でしたね。
 
インプロシンキングのクラスでは毎回新しい出会いがあり、一人一人それぞれが多くの気づきを持ち、言葉にして皆でシェアしていきます。
そこからまた新たな気づきにつながり明日へのステップとなっていきます。
 
インプロシンキングのクラスではゲームを通じて二つのリーダーについて体感していきます。(L=リーダーシップ、R=リーダの合図や働きかけをフォローしていく)
日常の中で我々はついLのリーダー(リーダーシップをとる立場)に目を向けがちですが、このインプロシンキングのクラスではしっかりと読みとってサポートしていく立場の重要性に気づくことが多いのです。(R)
-
-------------受講生の振り返りの言葉から--------------------
本当のリーダーはRの中にいると思う。
相手をよく見ることはコミュニケーションにとても重要。
起きてしまったことは「過去」、どうやっていい方向に持っていくか。
善悪をジャッジするのではなく、それをチャンスに変えていくのが大切だと思う。
一人では思いつかない、大勢がいるからこその想像のふくらみがすごいと思った。
----------------------------------------------------
 
継続は力なり!
またお会いいたしましょう。

インプロジャパン 講師:岡崎チカ

08/10/13インプロシンキングトレーニング(相手の目的を知る・意向を読み取る)クラス

本日は“相手の意向を読み取る、目的を知る”トレーニングクラスでした。
昨日から引き続き受講されている方、久々に受講される方と最初は緊張があったのか、表情も硬かったのですが、クラスが始まりイエスアンドゲーム、そしてエクステンドの会話が始まるとお互いに相手の話を引き出し、楽しくエネルギッシュな様子となりました。
クラスの後半では、マイムで職業を当てるゲームがありました、
それはそれはユニークな、パテシエ、パイロット、アイドル、保育士、ジムのトレーナー・・・が現れました。
--------受講生の振り返りの言葉を少しご紹介します。
・自分が何者で何をやっているか送る方も、相手が何者か受け取る方も必至だった、そんな中で普段の自分では考えられないような表現ができた、殻をやぶれた。
・相手が何をしているのか、分からないなりに理解しようとすることが必要だと思った。
・見ててハラハラした。難しいけど面白かった、またやりたい。
 
3時間のクラスがあっという間に終わってしまいましたね、まだまだやりたりない感じでした。
それぞれの参加者が自分の課題を見つけ向き合い、
トレーニングの必要性を見つけて取り組んでいます。
それも、楽しみながら・・・
みなさんの振り返りの言葉に私自身もトレーニングを欠かしちゃいけないぞと気持ちを新たにしています。
ぜひまたトーレニングクラスでお会いしましょう。
追伸
インプロのショーもぜひお見逃しなく!!!
ボストンからゲストもやってきます、それにともないワークショップも開催されます。
インプロジャパン 岡崎チカ

08/10/12インプロシンキング一日集中クラス

ij20091014












10/12
秋の穏やかな天気の中、ご近所では賑やかな祭りのハッピ姿が見受けられました。
本日の、インプロシンキングワークショップもお祭りの賑やかさに負けないくらいの笑顔と楽しい声がありました。
一日集中クラスでは、クラスの始め頃と中盤、そして最後とおなじゲームを行うことがあります。
それは、プログラムが進んでいくごとに、イエスアンドであったり、チャンスであったりエクステンドであったり学んだことが如実に反映されてくるので、自分たちの成長を実感することができるのです。
今日のクラスも成長がはっきりと感じられたクラスでした。
最後に行った、“ワンワード最初と最後“をご紹介しましょう。
(最初の文章と、最後の文章が決まってます。その間の部分を参加者が一文節ずつつないでお話を作ります)
<昔々、音楽の嫌いな王様がおりました。----------
王様はとても音に敏感でオンチなところがあったので、音楽がいつの頃からか嫌いになったのです。
王様は国中の楽器を集めて誰にも渡さないようにしました。
人々は楽器がなくなって、さびしくて王様に楽器を返してくれと言いました。
人々の代表と王様の話し合いが行われました。
代表のピーターは王様にどうしても楽器を返してほしいと頼みました。
王様は「それならお前が逆立ちしながら音楽を奏でてみろ」と言いました。
「では、私がラッパを吹いて逆立ちしながら演奏できたなら楽器を全部返して下さい」とお願いしました。
王様は「もし私がそれを気に入らなければ、この話は金輪際受けないが、それでもいいか」
逆にピーターはこのことを心の中で喜びました実は、逆立ちが得意だったからです。
そこでピーターは逆立ちをしながらラッパを高らかに吹いて王様を驚かせ関心させました。
その結果、王さまは預かっていた楽器を返しました。--------------
その日からピーターは、街中のヒーローになりました。

インプロジャパン 岡崎チカ














記事検索
◆ ij スタジオカレンダー
ijスタジオカレンダーは
  • こちら
    インプロジャパンスタジオでは、ほぼ毎日ワークショップが開催されています。
    【インプロとは】
    「インプロヴィゼーション(即興)」の略語。「その瞬間のできごとに即興で対応しながら作り上げられていくエンタテイメント」です。詳しくはインプロガイドブック (http://impro.jp) をご覧ください。

    ・当サイトで使用しております画像は参加者の許諾を得ております。閲覧以外の目的には使用しないようお願い申し上げます。



  • プロフィール

    improthinking

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ