うつ病は必ず治ります。
うつ病の克服
スポンサード リンク

うつ病の薬、副作用

抗うつ剤SSRIの副作用のついて今回
日経ネットでこのような記事が出ていました。

ではSSRIとはどんな薬なのか?
SSRIの中で一番有名なのがアメリカで認可されたプロザックで世界中で
2000万人以上の患者が服用している。
その一方でビジネスマンが『魔法の薬』などと呼ばれ服用していると言う事も
アメリカでは知られている。
日本ではルボックス、デプロメールなどで発売されている。
成分名はどちらもフルボキサミンである。
抗うつ剤SSRIは抗うつ剤として広く処方されている。
しかし「SSRI」の副作用が十分に説明されていないとして、薬害オンブズパースン会議(東京・新宿)は12日、厚生労働省などに対し、副作用の実態把握を進めるほか、薬の添付文書をわかりやすく改めるよう要請した。
では抗うつ剤SSRIはどのような副作用があるのでしょうか?
SSRI服用で、性機能障害などの副作用のおそれがある。

NIKKEINETより引用

うつ病とは。

うつ病の接し方と言うと腫れ物を触るように‘‘おどおど‘‘しながら
話す。
これは私も始めは同じでしたでも本当は間違いです。

そんな事分っているんだ!!と聞こえそうですね。
うつ病の接し方はまずうつ病を認識する事これから始まります。

まず、どう言った症状がうつ病なのか?
調べてみるのも必要だと思います。

しかし、調べた結果を信じないで下さいね。
多く当てはまるようでしたらまずカウンセリングを受けさせましょう。

そして医師に相談しましょうこれしかないです。
うつ病早期発見で必ず治癒します。
だからあせらずにゆっくりとうつ病と接する。

まずあなたは、うつ病患者と接する時は普通に接してください
そしてあなたももうご存知だと思いますが
‘‘がんばれ‘‘などと言う言葉は本当に掛けないで下さいね。
どうしたら良いのか分らなくなりますから。。

先日、アナウンサーの川田さんが他界しましたね
理由はうつ病による『適応障害』だと書かれていましたが

本当の所はどうでしょうか?
でも、私が感じた事は、うつ病だと言う認識を本人がするのが
恐かったのか?もしくわうつ病だと言う事に気付かなかったのか?

本当に誰にも相談できなかったのか?
必ずそのサインは出ていたと思うのですが?

だと思うのですが。
私の子供の『生きる意味が分らない』どうするか分らない。
等いつも言っていました。

私の友人も病気が苦痛で『うつ病』になり
昨年他界しました。悩んだあげく妻と子供を残して。。。
本当に哀しいです。

本当に『うつ病』は恐い病気です
だから、心からうつ病と接してください。

そして長い目で見てあげて理解してあげて下さい。
私の感じたうつ病の接し方です。

なにか一つでも参考になれば幸いです。


うつ病の薬の調べすぎ

本日、子供のカウンセリングの先生に『うつ病の薬の副作用』について
聞いてみました。

私が、渡された、『うつ病の薬副作用辞典』には読みきれないほどの
副作用がかかれていました。

初めての患者にこれが今からあなたが服用する薬の副作用ですよ
と言って、『うつ病の薬副作用辞典』を渡されたらまず、不安で服用しないでしょうね
と言いましたカウンセリングの先生は。

本当にそうだと思いました、リスパダールについても考えられる副作用とかいて
本当に凄い数がありました。

もし。これを服用したら副作用が出たらなど、精神状態が不安定な患者に
どのように説明しますか?

だから、先生も副作用については殆ど話さないようです
だから、何かおかしいなと感じたら直ぐに連絡を下さいねと言っているんですね。

もし、あなたが『うつ病の薬副作用』のことについて知りたいならまず
先生に聞いてくださいとの事でした。

そして、もう一つカウンセリングの先生が信頼できないときは
先生を変えるべきだということも言っていました。

私もそのように思います。

なぜなら、信頼できない先生は今からも不安のままで付き合うことになるので
ぜひ変えるべきだと思います。

私の子供も、担当が代るんですが今の担当の先生の所に自分で通院するように言っていました。

あなたはどうしますか

うつ病過労自殺2年連続で最悪!!

20代〜30代に広がる『心の病』
うつ病などによる自殺がなんと81人にも及ぶ事が厚生労働省
のまとめでわかった。

このうち、40〜50代が50%、30〜40代が44%だった。
今、問題視されている『うつ病』による労災認定。

30〜40台といえば、会社の中でも一番重要な地位になり
許容範囲以上の仕事が重荷になり、どんどんと『うつ状態』に入り
『うつ病』となるそして、『うつ病』と言う認識が無いまま仕事を抱えきれなくなり

自殺と言うの絶対にあってはならない行動へと進んでしまう。
今後求められるのは、会社内でのサポートシステムではないだろうか?

それと同時に『うつ病』の認識が必要である、また職場復帰した時にも
働きやすい環境が求められる。

私が考えるに、本当に『うつ病』はなくなるのか?
無くなる事は無いだろうと思う。

ますます、厳しくなる社会の中でそこまで企業が面倒を見るのか不安である。
私の、友人も朝、6時から夜9時位まで当たり前のように仕事をしている。

毎月の数字に追われながら。。。

うつ病の予防について
2006年3月、厚生労働省から「労働者の心の健康の保持増進のための指針(以下、指針)」が発表されました。
今、企業では、うつ病の早期発見を目指すしかし、もし企業の中にうつ病患者がいたら
患者は、見つかれば首になるのではないかと言う不安が先にたち、さらにうつ病を悪化させる可能性がある。そこで企業内ではカウンセリングを行ったり、うつ病の可能性が
ある、従業員には早急に対応し、治癒してからの出勤を進める必要がある。

そのためには、うつ病に関しての意識を高め、うつ病が治癒した後でも
働きやすい環境が必要である。

私の意見としてはまだまだうつ病に関しての差別意識があるのではないかと思う。
意志が弱い、根性だとか言う次元がいまだにあるのではないだろうか?

今の厳しい時代だからこそ、カウンセリングが必要だ!!

気持ちが楽になる
キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO
楽天市場