このブログを始めて1ヶ月と少しになります。
色んな事を題材にしてきましたが、不動産投資に
於ける、リスクやデメリットの様な内容が、どうしても
多くなっていってしまうのは、何故なのでしょうか?
今日もそのような内容になるかもしれません。

不動産投資においてのメリットをネットや、広告に
掲載している、業者の殆どが同じ事を書いてる事に
気付きます。そう思っている方も多いと思います。
代表的な物を抜粋して少し検証してみたいと思います。

その1、(ある不動産屋から参考)
家賃収益が毎月安定して手に入ります。
毎月の収入がある投資は不動産投資以外での投資では、
他に無いのです。

これは、誰が考えても、その通りです。不動産投資以外の
投資は中長期的に資金を増やしていく物が多いと思います。
ただし、あくまで入居者が決まってから収入が入るのです。
物件を手に入れただけでは、収入は有りません。どうも、
購入するときは舞い上がって、その事を忘れている方が
多いような気がします。購入した瞬間にこれで、私も
不労所得者の仲間入りだ!のような心境になるのでしょう?

続きへ・・・

私の知人が販売してます!




福岡発の凄いマンション

福岡の企業応援!豊かなセカンドライフ
「美奈宜の杜」

その2、(ある不動産屋から参考)
近年都心部では、外国資本や不動産ファンドにより
不動産の価格が上昇してきました。家賃収入が
安定してきた事により、収益還元法と言う不動産が
生み出す賃料収入をベースに不動産の価値を決める
欧米式の手法が浸透してきています。

これについてですが、かなり地域性があると思います。
福岡は、2〜3年前までは、確かにアジアの各国や
オーストラリア系の外資系の会社が積極的に
不動産投資に力を入れていました。その後、追随する
様に、日本の投資会社がファンドを始めましたが、
正直に上手く入っている所は少ないのです。どうしても
投資やファンド系になると、利回り計算も最大限の
計画をしてます。しかも、物件も大型になります。
100世帯を超える物件が殆どです。そんな物件が
2,3年の間にものすごい勢いでブームに乗って、
建設されてしまいました。それが、単身用の物件
ばかりで、どれも満室になりません。飽和状態です。
自分で自分の首を絞めたような形になっています。
これでは、収益還元法も意味を成さない。
したがって、この文言はあてにならないと、思います。

*収益還元法について分からない方はご質問ください。

また、デメリットのお話になってしまいました。
でも、このブログを見ている、方には本当の現状を
知っておいて頂きたいと思います。

まだまだ続きます。今日はこの辺で失礼します。