職務経歴書・スキルシートの書き方

職務経歴書・スキルシートの書き方 2

長い文章は嫌われます。


職務経歴書の中では、できる限り簡潔に書く事が大事です。

文章を短くできれば出来るほど良いのです。 

・経歴概要
・自己アピール
・各プロジェクトの詳細/ 各企業での業務詳細

などにおいて、文章が、何行も続くのはNGです。



選考のハードルが低い会社であれば、ダラダラと長い文章でも、問題になることは少ないのですが、
大手、人気、コンサル企業であれば、基本的に、人事担当者が、書類を見た瞬間にNGとなります。

以下 良い例と悪い例です。



■各会社での業務詳細【悪い例】
===========================================================

会社名:株式会社ABCD
ポジション: PM、
アーキテクト、デベロッパー

期間:2006/06 – 2007/07
 

1) Webアプリケーション

Java, PHP, Javascript, Linux(CentOS), MySQL

- システム全体の設計を実装(PHPJava)口コミ、Twitter、ブログ、FaceBook、RSSなど

- Seasar2の設計思想を元にした、サーバサイド設計と実装

- サーバ管理。HTTP(apache)、メール(qmail)SFTP(openssl)、OS(CentOS)

- MySQLデータベースのデータ設計とトランザクション設計

 

Webアプリケーション、口コミマーケティングをベースととしたマーケティングツールの開発を行いました。開発者は2人。私はサービス企画、PM、アーキテクト、デベロッパという全てを任され、要件定義、アーキテクチャ分析設計、実装、テスト、運用の全ての工程を担当しました。
また、CentOS、apacheのインストール、パラメーター設定から、冗長化(HotStandby)設計、監視(Cacti)設計も担当しました。
DBMySQL、言語はPHPJavaにて実装しました。
 

1)BtoBとはいえ、24時間365日停止できない機能を提供を目指し、2人で1年間という期間でサービスのローンチまで持って行く事に成功しました。機能としては、口コミを誘発するマーケティング機能ということで、アフィリエイトのASPをベースとしたトラッキング機能を用いて、Facebook、ブログ、Twitterなどと連携しつつ、SEO対策もできる多機能な仕様となっています。

2)共通部分の再利用、機能追加・改修をニーズに合わせて対応できるようにする為に、フレームワークを作成しております。各機能ごとにコンポーネント化することで、各機能が影響範囲を独自で持ち疎結合、新機能の追加の容易性を実現しました。

3)サーバ管理も全て行いました。apache、sendmailなどの設定管理をCentOS(Linux)上で行いました。また、冗長化設定や、サーバーを複数台持ち、24時間365日停止できないサービスだった為に、監視ツールを導入し、アラートは私の携帯に飛ばすという形の運用方法を取っておりました。

 ===========================================================


<< この書き方の悪い点 >>
・とにかく長く読む気がなくなる
・同じ事を繰り返し書いている
・段落番号の振り方が意味不明
・プロジェクト概要、担当業務、システム環境、チーム体制などが、まとまっていない








■各会社での業務詳細【良い例】
===========================================================

会社名:株式会社ABCD
期間:2006/06 – 2007/07 


■プロジェクト概要
概要:口コミマーケティングをベースととしたマーケティングツールの開発
機能:Facebook・ブログ・Twitterなどと連携、 SEO機能
運用:24時間365日
顧客:ECサイト運営事業者30社程度


■システム環境
言語: Java, PHP, Javascript,
OS:Linux(CentOS),
DB:MySQL
その他: Seasar2、apache、qmail、openssl、Cacti

■担当
ポジション: PM、アーキテクト、デベロッパー
体制:2名 
開発:プロジェクト管理、企画、要件定義、設計、開発、運用
DB:設計、構築、運用
サーバ:OS・ミドルウェアのインストール、設計、構築、運用

===========================================================
 

<< この書き方の良い点 >>
・箇条書きで読みやすい
・プロジェクト概要、システム環境、担当とまとめている
・必要以上に横文字が多い



■まとめ
経歴書・スキルシートの書く際には、「読み手(=人事担当者)」を意識 することが大切です。
読み手に取っては、「何ができるの?」という部分しか、興味がないので、自分はこんなに凄いプロジェクトをこんなに頑張ったということを書きたい気持ちではなく、「実績・スキル」を書くようにしましょう。

どうしても、自分の思いを書きたい場合は、自己アピール部分に、1〜3行程度書くだけにしましょう。

エンジニアの職務経歴書

どんなに素晴らしいスキルを持っていても、どんなに経験が豊富でも、それを上手く伝えられなければあなた評価は低いままです。

エンジニアの職務経歴書を書く上での注意点 6か条

■読みやすいか
最低限、下記の項目は必要です。
・エクセル形式は嫌われるので、必ずWord形式に
・だらだらと長い文章は書かないこと
・業務内容は、プロジェクトシートにまとめること
・誤字・脱字はNG

■職務経歴要約はまとまっているか
職務経歴書のトップでは、職務経歴要約(概要)を3~5行で書きます。出だしで、だらだらと長い文章が書かれている場合は、即NGに。
自身の経験が応募企業へマッチしていることをアピールしましょう。

■スキルの箇条書きは上部に書く
職務経歴要約の下には、必ず、スキルの要約(箇条書き)を書くようにしましょう。
これにより、人事担当者は、人目であなたが、スキル面でマッチしているかどうかが判断できます。

■転職理由と一貫性
履歴書・職務経歴書には必ず、転職理由を書くようにしましょう。一貫性がないと思われると、どんなにスキル・経験がマッチしていても書類でNGとなってしまいます。

■自己PRはマッチしているか
マッチしているとは、「あなた=企業が欲しい人材」です。この点を勘違いしてしまうと、「求めているスキルが違う」、「求めている人物像と異なる」、「オーバースペック」、「目指している方向が異なる」などでNGとなってしまいます。

■プロジェクトの担当業務は明確か
プロジェクトシート内の担当業務に、例えば「運用」とだけ書いてあっても、運用の設計をしたのか、運用手順書を作ったのかが見えません。しっかりと、、担当業務の詳細まで書くようにしましょう。


<より詳細の情報は>
務経歴書サポート」をご覧下さい。

職務経歴書・スキルシートの書き方 1

経歴書(又は、スキルシート)を提出する際、「スキルが見えにくい」と言われてしまうことがあります。

一番悪い例のは、
プロジェクト、担当内容・工程などを箇条書きにしてしまう経歴書です。


企業担当者が、エンジニアの経歴書を見る場合は、
ほとんどが、「プロジェクトシート」のような形で、経歴書を見ています。

よって、箇条書き形式の経歴書は、間違いなくNGとなります。

最低でも、プロジェクト期間、メンバー数、自身の役割、システム環境、担当工程は入れるようにしましょう。 また、業務の詳細内容として、RFPの作成、設計書の作成、テストケース作成などの細かい部分まで書くようにすることが大切です。 


例えば、単に、「サーバーの運用」をやりました。
と書かれていても、企業担当者は、どこまでの範囲をやったのかが見えません。

運用と言っても、「24時間、365日の運用監視」なのか。
その場合は、何人のチームメンバー中で、どのような立ち回りだったのか。 障害発生頻度は、どのくらいだったのか。

障害発生後は、どのように障害を切り分け、復旧をしてきたのか。

障害対応後は、運用方法をを変えたのか、
変えたのであれば、その後の障害発生率は下がったのか、
など。


最低でも、これくらいは、職務経歴書に書くようにしましょう。


プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ

トップに戻る