僕の前に道はない。僕の後ろに道は出来る。

税理士の仕事をしていて日々感じること、子育てをしていて日々感じること、人と出会い、人と別れることを通して感じること、社会について、人生について、いろいろ感じることを気まぐれに書いています。

税理士の稲葉です。久しぶりにブログを更新します。

一年で一番多忙な毎日ですが、何故かブログに書き留めておきたくなりました。

決して多くもなく、少なくもない顧問先様ですが、この確定申告期には多くの方の一年間の成績である所得金額をいやでも目にします。というより、所得金額を計算して税金を算出します。

税理士に依頼される顧問先様ですから、みなさん高額所得者ばかりです。それは当然、顧問先様の頑張りの結果でもあります。

で、今、こうして無性に書きたくなったのは、15年以上も前にゼロから起業されて当時は一週間で睡眠時間が7時間かも、なんて冗談を言われていた方のことです。

その方は起業当時は文字通り死ぬほど働いておられました。ある程度軌道に乗ってきてからでも、奥様からは二度とこの仕事のお手伝いはしたくないと言われたとか。

詳しくは書けませんが、その方の確定申告書を作成していて、「ああ、ようやくここまで来られたのだなぁ」としみじみ思い、感慨にふけりながらブログ画面を開いたわけです。

奥様と合わせて年収1500万円。これならやってきた甲斐がありますよね。

少しは楽になれたでしょうね。これからは少しずつご自分の時間を確保してご家族でゆっくりしていただきたいものです。

税理士って楽しい仕事ですね。顧問先様の人生そのものが見えますし、本当に共に歩めますからね。

また仕事に戻ります。


昨日、とある研修会に参加しました。テレビでもよく見かける歴史学者の磯田道史先生が講師でした。

歴史から見る経営についてという題目で講演されましたが、興味のある話がてんこ盛りで、1時間半があっと言う間でした。

60年周期で時代が動く話だとか、世界の中での日本の立ち位置をデータで読み解くとか、切り口が面白い。日本史の先生が読み解くからこそ日本人としては学ぶことが多かったように思う。そんな中で「あ、これ、これ!」と思った一コマを書き留めておきます。

鍋島直茂という佐賀鍋島藩の礎を築いた人物の記した言葉を紹介されました。人の分別には上中下があるんだよと分かりやすく説明しているようで、以下のとおり。

上中下の分別の人、上は人のよき所作の分別を見取って、わが分別になすなり。中は人より異見をされて、わが分別になす。下は人よりよき事を言ひ聞かせられて笑ふなり。

勉強でも仕事でも、いや人生すべてにおいて通じる名言ですよね。言われなくても出来る人、言われたら出来る人、言われても出来ない人。

いつまでも謙虚に、そして素直でありたいと思いますね。


今夏の日本は異例づくしでしたね。台風、酷暑、水害と災害が続き、やっと気持ちの良い秋空が広がって来ました。

急に涼しくなって、先週は少し体調を崩しましたが、もう完全復活です。繁忙期に入る前の季節の変わり目に何故か一度は風邪を引いてしまいます。どこかで油断しているのでしょうか。それとも、少し体を休めるように自分自身の身体が不調をきたすのでしょうか。気を引き締めて繁忙期に突入したいと思います。とは言え、まだ年末までには時間があります。今のうちに資産税案件を進めておきたいと思っているところです。

ところで、私にとって嬉しい話を一つ。仲の良い後輩税理士がこの夏、結婚を決めました。真面目で仕事も一生懸命やる男だし、早く良い嫁さん見つけろよ!って常々思っていたので、本当に嬉しい限りです。彼なら仕事も家庭もうまく両立させて幸せな家庭を築けることでしょう。お幸せに。



毎日、暑いですね。京都は特に暑い。連日の38度越えです。

さて、ツバメが巣立ったあと、二度目の巣作りが始まりました。二度目は、駐車場の前方で、さすがに迷惑だったため、仕方なくシャッターを閉めたまま数日ツバメを中に入れないようにしました。すると諦めて近所のガレージに巣作りを始めました。そこで無事に雛が孵り、数日前に巣立っていくのを見届けました。一安心です。

さて、昨日の話ですが、夜、カーテンを閉めに寝室に入ると、何やら蝶か蛾らしきものがひらひらと床へ。

床に落ちた黒く小さな物体に目をやると、黒いちっちゃな5cmほどの塊が。よく見るとネズミみたいな顔してる。

そう、蝙蝠が部屋に紛れ込んでいたのでした。暑くて、間違って入ってきたのかな?

家内がネットで調べてみると、ツバメと同じで蝙蝠が家に入るのも縁起が良いことのよう。

我が家にまた幸福が訪れる?

それならありがたいのですが(笑)。

少しビビリながら団扇を使って部屋の窓から逃がしてやりました。何度か羽を広げて飛び回るので、その度に「オオーツ」と声をあげながら窓から部屋の外へ誘導。

翌朝、ベランダを見ましたが、そこにはもう蝙蝠の姿はありませんでした。ねぐらへ帰って行ったかな?



今日は一日仕事で遠出でした。電車で移動中は読書するか寝る(座れたときだけ)ことにしているのですが、昨日持ち運びできる文庫本サイズの本がないことに気付き、急遽、昨夜、妻とワンちゃんの散歩を兼ねて本を買いに行きました。ワンちゃんと妻を外で待たせていたので、本屋でゆっくり本を選ぶ時間もなく、小さくて気軽に読めそうで何となく読む価値がありそうな、ふと目についた本を購入することにしました。それが「チーズはどこへ消えた?」でした。

昔からロングセラーで常に目にしていたにもかかわらず、意外や買って読む気にはならなかった本でしたが、今回は翌日の携行本として衝動買いをしてしまいました。

「1時間で読めて、10年間役に立つ永遠のロングセラー」なんて帯に書いてあるし、確かにパラパラめくってみても文字は詰まっていない。計画通り、読んだり寝たりしながらちょうど往復の電車で読み終えることができました。

めずらしく、読書感想文のようなものを書きたくなったのは、偶然手に取った本が、今の自分に一番必要な本だったと感じたからです。

中身は当たり前のことが書いてあって、ある意味読んでも分かっていることばかりと思える本でもあるし、本のストーリーとは全く逆の展開を物語にすることだって容易だけど、それでは啓発本にならないからこんな物語なんだとも思えるのだけど、それでも、今の自分にとっては読んで価値のあるものだった。

中学、高校、大学、そして就職してからもずっと平凡で退屈な人生よりも挑戦を選択して、今は行政書士、税理士で独立してる。常に不安と恐怖を感じながらも果敢に挑んできたはずなのに、ここ数年は変化よりも安定を心の拠り所にしてきた気がする。それなりに事業も軌道に乗り、スタッフや家族を思うと、現状維持がベストのような気になっていたのだ。

知らぬ間に腐りかけたチーズを必死で抱えていたのかもしれない。

新しいワクワクするような極上のチーズが、それもちょっと手を伸ばせば届くところに転がっているかも知れないのに…、それに気付かずにいたのかもしれない。

「選択肢が複数あって迷ったときは、心がワクワクする方を選ぶべし」こんなことを書いていた人がいた。

答えはみんな同じ。

でも、必要なときに、必要なメッセージが自分に届いたことにちょっと感動した。


↑このページのトップヘ