僕の前に道はない。僕の後ろに道は出来る。

税理士の仕事をしていて日々感じること、子育てをしていて日々感じること、人と出会い、人と別れることを通して感じること、社会について、人生について、いろいろ感じることを気まぐれに書いています。


今日は一日仕事で遠出でした。電車で移動中は読書するか寝る(座れたときだけ)ことにしているのですが、昨日持ち運びできる文庫本サイズの本がないことに気付き、急遽、昨夜、妻とワンちゃんの散歩を兼ねて本を買いに行きました。ワンちゃんと妻を外で待たせていたので、本屋でゆっくり本を選ぶ時間もなく、小さくて気軽に読めそうで何となく読む価値がありそうな、ふと目についた本を購入することにしました。それが「チーズはどこへ消えた?」でした。

昔からロングセラーで常に目にしていたにもかかわらず、意外や買って読む気にはならなかった本でしたが、今回は翌日の携行本として衝動買いをしてしまいました。

「1時間で読めて、10年間役に立つ永遠のロングセラー」なんて帯に書いてあるし、確かにパラパラめくってみても文字は詰まっていない。計画通り、読んだり寝たりしながらちょうど往復の電車で読み終えることができました。

めずらしく、読書感想文のようなものを書きたくなったのは、偶然手に取った本が、今の自分に一番必要な本だったと感じたからです。

中身は当たり前のことが書いてあって、ある意味読んでも分かっていることばかりと思える本でもあるし、本のストーリーとは全く逆の展開を物語にすることだって容易だけど、それでは啓発本にならないからこんな物語なんだとも思えるのだけど、それでも、今の自分にとっては読んで価値のあるものだった。

中学、高校、大学、そして就職してからもずっと平凡で退屈な人生よりも挑戦を選択して、今は行政書士、税理士で独立してる。常に不安と恐怖を感じながらも果敢に挑んできたはずなのに、ここ数年は変化よりも安定を心の拠り所にしてきた気がする。それなりに事業も軌道に乗り、スタッフや家族を思うと、現状維持がベストのような気になっていたのだ。

知らぬ間に腐りかけたチーズを必死で抱えていたのかもしれない。

新しいワクワクするような極上のチーズが、それもちょっと手を伸ばせば届くところに転がっているかも知れないのに…、それに気付かずにいたのかもしれない。

「選択肢が複数あって迷ったときは、心がワクワクする方を選ぶべし」こんなことを書いていた人がいた。

答えはみんな同じ。

でも、必要なときに、必要なメッセージが自分に届いたことにちょっと感動した。



3日前、巣立って行ったと思いきや、夜になると、2羽だけ巣の隣にある蛍光灯の笠に羽をやや広げて眠っているツバメの姿がありました。これは親ツバメ?それとも子ツバメのうちの2羽?

でも昨日も今日も巣は空っぽで、夜もツバメは戻ってくることはありませんでした。

二度目の子育ての可能性はありますが、とりあえず糞受け用のダンボールは明日撤去しようと思います。

もう一度来るのか、もう来ないのか、でも、巣だけは撤去せずにそのままにしておきます。

今年は写真も撮らなかった。昨年は初めての巣作りだったから本当によく観察したんですけどね。

ツバメたちよ、元気でね。


昨日とは打って変わって肌寒く感じた一日でしたが、本日夕方、ツバメの子供たちが飛行訓練を開始しました。

飛行訓練を開始したのはまだ二羽だけですが、ガレージの巣から離れて電線に止まったり戻ったりしていました。

親ツバメの間違い?いや、飛び方がぎこちなく、危なっかしかったので子ツバメのはず。

巣立ちの時は近そうです。


こんにちは。GWの間ですが、ツバメちゃんのレポートです。

どうやら数日前からツバメの卵は無事孵化して、もう雛が育ちつつあるようです。

親ツバメが2羽、エサを交互にやっています。

昨年は初めての巣作りを間近に見た私で、逐一ブログにあげていましたが、今回は二度目で巣の様子もあまり気にせずに来ましたが、無事孵化したわけです。

子育ても一緒で、きっと無関心な位の放任が良いのかも。

少子化時代に一人息子、一人娘なんて家庭が増えたから、愛情たっぷりの子育てになりがちですが、昔みたいに子沢山で一人ひとりの子供にかまってられないなんて時代の方が結果的に良い子育てが出来たのかもしれません。

子育ても永遠のテーマです。やり直しは出来ませんから。

この前、シンソウ坂上という番組を偶然見たのですが、そのときのゲストが戸塚ヨットスクールの戸塚校長。相変わらずの過激ぶりでしたが、訴えている主張にはある側面で真実が含まれている気がしました。「父性が弱くなった」とか「褒めて育てるだけの教育は間違い」とか、あと「親では手に負えなくなったからここ(戸塚ヨットスクール)に子供を入れるんだよ。もうどうしようもないから」とか、なるほど、そうだよな!って共感できることも。マスコミが「マスゴミ」って切り捨ててたけど、マスコミが世の中を悪くしている側面も確かにある。一定の方向へ世論を誘導しようとしている傾向も間違いなくあるように感じるしね。

それはさておき、子育てが正しかったかどうかは、すぐには分からない。数十年経ってようやく結果が分かるのかもしれない。いや、親が生きているうちに結果は見えないかもしれない。

でも、ツバメも人も一緒だけど、一人で飛び立てるようになったら子育てはそこでおしまい、その後のことはその子たちの人生だし、その子たちの責任だと思う。20歳超えた大人の不始末に、親が出てきて「申し訳ありません」もおかしな話だと思う。育児放棄とか子に対する虐待とかはなんとか思い留まり、我慢に我慢を重ねてなんとか大人になるまで子育てした親、少なくとも子育てで悩み苦しんだ親はそれで十分だと思うし、立派に子育てを終えたのだと思う。

おはようございます。

税理士の稲葉です。

今年は、ツバメの営巣も二年目になり、昨年のように毎日観察とまではいきませんが、どうやらあっと言う間に昨年の巣を補強し、卵を産んだようです。巣に親ツバメがじっとしていることが増えました。

今年も無事に巣立ってくれることを祈ります。

↑このページのトップヘ