皆様こんにちは。税理士の稲葉です。


ようやく暑い夏が終わり、心地よい秋がやってきました。まだまだ暑い日があったり、台風が来たりと
心地良いとまではいきませんが、とくかく暑い夏が終わりホッとしている今日この頃です。

さて、私も子供が二人おり、今年は、二人とも受験生です。中学受験と大学受験を控えた受験生なのに二人ともその自覚がないような生活を送っております。親としては「今しかない!」と思うのですが、なかなか親の気持ちが伝わるどころか、親の言うことは聞かないし、かと言って、自主的に勉強している風でもない。

子供も色々あって、スポーツに励む子、読書好きな子、ゲームにはまってる子、テレビっ子、何も言わなくても勉強できる子…まあ、色々ですよね。でも、親の願いはきっと共通していて、ただただ我が子が将来、一人の大人として自立して生きていけるように、そのためにも「今を頑張って生きて欲しい」と念じるのみなのですが…。

でも、結局のところ、親に出来ることといえば、いつまでも我が子を信じ続けることしかないのでしょうね。