久しぶりにブログを更新します。

お盆休みは、敢えて税務調査の立会いに当てて、その後の8月19日と20日に京都からは若干遠い四国の道後温泉に家族で行ってきました。近場は、どこも行ったことのある場所ばかりになり、行ったことのない場所となるとどうしても遠方になってしまいます。GWには、これも若干遠いですが、合掌造りの白川郷へ行き、今回は道後温泉です。道後温泉には、これまた行ったことのないルートを選択し、尾道今治を結ぶしまなみ海道をぐるりと回りました。道中では大三島、大島に立ち寄り、瀬戸内海を見渡しました。私の趣味としては道中にある平山郁夫美術館にも立ち寄りたかったのですが、まあ、時間もありませんし、今回は見送ることになりました。

さて、大島の亀老山展望公園で絶景を眺め、売店ではおいしい塩サンプルを舐め、その塩を使って作ったらしい塩ソフトクリームを食べた後、今治から道後温泉を目指しました。実はそのまま道後温泉に直行する予定だったのですが、妻が今治のタオルに興味を持っており、どこかタオルを販売している場所はないかと聞いてきたので、急遽、タオル美術館に立ち寄ることにしました。もう夕方4時前後だったでしょうか。

タオル美術館に到着して驚いたのは、結構立派な5階建ての建物で美術館と呼ぶに相応しい外観だったことと、盆明にも関わらず駐車場もほぼ満車に近いほどの人気スポットだったことです。私は、正直もっとこじんまりした田舎の美術館を想像していました。

美術館に入ると、これはもう想定内ですが、タオル製品の山、その工程が見学できるようになっています。私たちは、あまり時間もなかったので、とりあえず示された見学ルートにしたがい、5階までエスカレーターであがりました。

5階にあがり、数メール進むと、見慣れた絵画が展示されているではありませんか!!

そう我らがたけさんの絵画です。今年は15周年ということで特設コーナーになっているのか常設コーナーなのかは分かりませんでしたが(そのうちたけさん本人に確認してみます)、たけさんの個展と遜色ないほどの規模で絵画が10点ほど飾られていました。たけさんの出身地は四国ですが、徳島だったよな…なんて思いながら、四国つながりで今治のタオル美術館に進出?なんて想像しておりました。実は、以前からタオル美術館に作品を置いてもらっているという話は聞いていたのですが、実際にこの目で見ると何かしら嬉しいもので、感慨深い思いでぼんやりとたけさんの作品を眺めて歩きました。

私の事務所にはたけさんの世界に一つだけのオリジナル作品が飾ってあるんですけどね(笑)。ちょっと誇らしげな気分で、今治タオル美術館を後にしました。