ツバメちゃんは相変わらず卵を温めているようです。朝方と夕方、ふと巣を覗くと時々巣が空っぽになっているので、カラスにやられたのかと不安になるのですが、またいつの間にか戻ってきて卵を抱いているようです。昨日から卵を抱くツバメの姿勢が変わりました。なぜ姿勢が変わったのかわからないのですが、顔だけはこれまでと同じように外に向けています。きっと天敵を警戒しているのでしょうね。


ところで、テレビに出たこともある、ニュースにも採り上げられたこともある、とある有名な画家たけさんに、とある絵を画いてもらっていました。今年の一月頃から私の中にイメージがあって、ちょっと思い入れのある詩に合った絵を画いてもらえるか相談していたのです。

たけさんは、ご存じの方も多いかもしれませんが、34歳のときに脳梗塞で倒れ、耳が聞こえない、しゃべれない、右手が動かない、という重い障害が残り、絶望の中で、左手に筆をとり、絵を画き始めた人です。今では個展を開いたり、本を出版したりして有名になられましたが、それまでは本当に大変だったはずです。たけさんご本人は、大変さを受け入れ、すべてのことに感謝して「ありがとう」を発信する表現者となられたので、凡人には大変に思えることでもたけさん自身は、大変だと感じておられないかもしれませんが…。

私だけのオリジナル原画となった今回の絵と詩にまつわるエピソードは別の機会に気分次第で書きたいと思いますが、とりあえず事務所に飾ったお気に入りの絵をここに載せます。

たけさん、本当に素敵な絵をありがとうございます。



100