毎日、暑いですね。京都は特に暑い。連日の38度越えです。

さて、ツバメが巣立ったあと、二度目の巣作りが始まりました。二度目は、駐車場の前方で、さすがに迷惑だったため、仕方なくシャッターを閉めたまま数日ツバメを中に入れないようにしました。すると諦めて近所のガレージに巣作りを始めました。そこで無事に雛が孵り、数日前に巣立っていくのを見届けました。一安心です。

さて、昨日の話ですが、夜、カーテンを閉めに寝室に入ると、何やら蝶か蛾らしきものがひらひらと床へ。

床に落ちた黒く小さな物体に目をやると、黒いちっちゃな5cmほどの塊が。よく見るとネズミみたいな顔してる。

そう、蝙蝠が部屋に紛れ込んでいたのでした。暑くて、間違って入ってきたのかな?

家内がネットで調べてみると、ツバメと同じで蝙蝠が家に入るのも縁起が良いことのよう。

我が家にまた幸福が訪れる?

それならありがたいのですが(笑)。

少しビビリながら団扇を使って部屋の窓から逃がしてやりました。何度か羽を広げて飛び回るので、その度に「オオーツ」と声をあげながら窓から部屋の外へ誘導。

翌朝、ベランダを見ましたが、そこにはもう蝙蝠の姿はありませんでした。ねぐらへ帰って行ったかな?