創価教学研究室 (Tommyのブログ)

創価学会・一壮年部が作成した御書講義・創価教学研鑽のためのブログです。

通常表示は本文及び現代語訳のみです。講義を読まれたい方は各章下の「続きを読む」をクリックしてください。

一部の長文のためトップ表示の出来ない章は、「続きを読む」の項目に移動してあります。

検索は「カテゴリ別アーカイブ」から「御書名」に入ってください。

「御書名」がわからない場合は、「巻カデコリー」の右側に御書ページを示していますので、参考にしてください。



注記
1 第13巻(0691~0895)は本来一冊の本ですが、御書全集のページに従ってカデコリを作成しているため前(0691~0700)後(0848~0853)に分割します。
2 守護国家論講義録は三冊(1巻上・中・下)になっていますがひとつのカデコリにまとめてあります。
3 同様に開目抄上・下二巻をひとつにしてあります。
4 聖愚問答抄も上下の区分はしていません。
5 御義口伝上・下は単独で「品の大事」とたてたものと、2~4品でまとめたものがあります。
6 2~6の注記はカデコリ定数をいっぱいに使った上での立て分けです。
7 以下の御書は資料不足のため、現代語訳のみのもの、全編または一部未編集となっています。
  現代語訳のみ
   四信五品抄(0338~0343)
  全編未編集
   御講聞書(0804~0847)
   本因妙抄(0870~0877)
   産湯相承事(0878~0880)
  一部未編集
   唱法華題目抄(0001~0016)
   百六箇抄(0854~0869)
   

真言七重劣事 第七章日本天台宗・叡山の三塔を示す

09     三塔の事
10
  ┌中  堂─伝教大師の御建立 止観・遮那の二業を置く、 御本尊は薬師如来なり延暦年中の御建立・王城の丑
11
  │              寅に当る、桓武天皇の御尊重、天子本名の道場と云う。
12
  ├止 観 院───────── 天竺には霊鷲山と云い震旦には天台山と云い扶桑には比叡山と云う、 三国伝灯
13
  │ 本院            の仏法此に極まれり。           
14
  ├講  堂─慈覚大師の 建立 鎮護国家の道場と云う、御本尊は大日如来なり、承和年中の建立、 止観院の西
15
  │ 総持院          に真言の三部を置き是を東塔と云うなり、伝教の御弟子第三の座主なり。
16
  │西搭 
17
  ├釈 迦 堂─円澄の   建立 伝教の弟子なり
18
  │ 宝院幢
19
  │横川
20
  └観 音 堂─慈覚の   建立
21
    楞厳院


     三塔の事
  ┌中  堂─伝教大師の御建立 止観・遮那の二業の学生を置く、御本尊は薬師如来である。延暦年中の御建立で王城の東北に位置
  │              する。桓武天皇より御尊重され、天子本名の道場といわれる。
  ├止 観 院───────── インドでは霊鷲山、中国では天台山、にほんでは比叡山という、三国の伝灯の仏法は極まっている
  │ 本院            。           
  ├講  堂─慈覚大師の 建立 鎮護国家の道場といわれる。御本尊は大日如来である。承和年中の建立で、止観院の西にあって真
  │ 総持院          言の三部経を安置する。以上を東塔という。慈覚は伝教の御弟子で延暦寺第三代の座である。
  │西搭            
  ├釈 迦 堂─円澄の   建立 円澄は伝教大師の弟子である。
  │ 宝院幢
  │横川
  └観 音 堂─慈覚の   建立
    楞厳院

続きを読む

真言七重劣事 第八章三宝の立て方の誤りを突く

0133
01
     日本国仏神の座席の事
02
   問う吾が朝には何れの仏を以て一の座と為し何れの法を以て一の座と為し何れの僧を以て一の座と為すや、 答
03
 う観世音菩薩を以て一の座と為し真言の法を以て一の座と為し東寺の僧を以て一の座と為すなり。


     日本国の仏神の座席の順序についての事
   問う。わが国ではどの仏を第一の座とし、どの法を第一の座とし、どの僧を第一の座としているのか。答える。観世音菩薩を第一の座とし、真言の法を第一の座とし、東寺の僧を第一の座としている。

04   問う日本には人王三十代に仏法渡り始めて後は山寺種種なりと雖も 延暦寺を以て天子本命の道場と定め鎮護国
05
 家の道場と定む、 然して日本最初の本尊釈迦を一の座と為す然らずんば延暦寺の薬師を以て一の座と為すか、 又
06
 代代の帝王起請を書いて山の弟子とならんと定め給ふ故に 法華経を以て法の一の座と為し 延暦寺の僧を以て一の
07
 座と為す可し、 何ぞ仏を本尊とせず菩薩を以て諸仏の一の座と為すや、 答う尤も然る可しと雖も慈覚の御時・叡
08
 山は真言になる 東寺は弘法の真言を建立す故に共に真言師なり、 共に真言師なるが故に東寺を本として真言を崇
09
 む真言を崇むる 故に観音を以て本尊とす真言には菩薩をば仏にまされりと談ずるなり、 故に内裏に毎年正月八日
10
 の内道場の法行わる 東寺の一の長者を召して行わる 若し一の長者暇有らざれば二の長者行うべし三までは及ぼす
11
 可からず云云、故に仏には観音・法には真言・僧には東寺法師なり、 比叡山をば鬼門の方とて之を下す譬えば武士
12
 の如しと云うて崇めざるなり故に日本国は亡国とならんとするなり。


 問う。日本には人王三十代の時に仏法が渡って後は、山寺は種々あるけれども、延暦寺を天子本命の道場と定め、鎮護国家の道場と定めている。したがって、日本に」最初に伝えられた本尊である釈迦仏を第一の座とするか。そうでなければ、延暦寺の薬師如来を第一の座とするかであろう。また代々の帝王は起請文を書いて延暦寺の弟子となろうと定められているのであるから、法華経を法の第一の座とし、延暦寺の僧を僧の第一の座とすべきである。どうして、仏を本尊としないで、菩薩を諸仏の一の座とするのか。答える。当然そうあるべきであるけれども、慈覚のときに、比叡山は真言宗となり、東寺は弘法の真言宗を立てている。ゆえにともに真言師なのである。と説くのである。もに真言師であるがゆえに東寺を根本として真言を崇め、真言を崇めるゆえに観音菩薩を本尊とするのである。真言では菩薩は仏よりも勝っていると説くのである。ゆえに内裏で毎年正月八日から内道場の修法は、東寺の一の長者を召して行われるのである。もし第一の長者の暇がないときは、第二の長者が行うことになっており、第三までは及んではならないという。ゆえに仏は観音菩薩、法には真言、僧には東寺の法師としているのである。比叡山を鬼門の方角にあるといって下し、譬えば武士のようなものであるといって崇めない。ゆえに日本国は亡国となろうとしているのである。

13   問う神の次第如何、 答う天照太神を一の座と為し八幡大菩薩を第二の座と為す是より已下の神は三千二百三十
14
 二社なり


 問う。神の序列はどうなっているのか、答える。天照太神を第一の座とし、八幡大菩薩を第二の座とするのである。これ以下の神は三千二百三十二社である。

続きを読む

天台真言勝劣事 第一章真言宗に依る経論を示す

0134
真言天台勝劣事    文永七年    四十九歳御作
01   問う何なる経論に依つて真言宗を立つるや、答う大日経・金剛頂経・蘇悉地経並びに菩提心論此の三経一論に依
02
 つて真言宗を立つるなり、 


 問う。どのような経論によって真言宗を立てるのか。答える。大日経・金剛頂経・蘇悉地経ならびに菩提心論という三つの経と一つの論によって真言宗を立てるのである。

続きを読む

天台真言勝劣事 第二章法華経が大日経に七八重勝るを示す

02              問う大日経と法華経と何れか勝れたるや、 答う法華経は或は七重或いは八重の勝なり
03
 大日経は七八重の劣なり、 


 問う。大日経と法華経とどちらが勝れているのか。答える。法華経はあるいは七重あるいは八重の勝れ。大日経は七重・八重に劣っている。

続きを読む

天台真言勝劣事 第三章諸師の鎮護国家の三部経を挙げる

03              難じて云く驚いて云く古より今に至るまで法華より真言劣ると云う義都て之無し 之に
04
 依つて 弘法大師は十住心を立てて 法華は真言より三重の劣と釈し給へり 覚鑁は法華は真言の履取に及ばずと釈
05
 せり打ち任せては 密教勝れ顕教劣るなりと世挙つて此を許す 七重の劣と云う義は甚珍しき者をや、


 驚いて難詰していう。昔より今に至るまで、法華経よりも真言経が劣るという義は全くない。これによって弘法大師は十住心を立てて法華は真言よりも三重に劣っていると釈され、覚鑁は法華は真言の履物取るにも及ばないと釈している。世間はこれらの釈に任せて、こぞって密教は勝れ顕教は劣っていると認めているのである。真言経が七重に劣っているという義は非常に珍しいのではないか。

 続きを読む

天台真言勝劣事 第四章真言が七重八重劣る理由を示す

05                                                答う真言は
06
 七重の劣と云う事 珍しき義なりと驚かるるは理なり、 所以に法師品に云く 「已に説き今説き当に説かん而も其
07
 の中に於て此の法華経は最も為れ難信難解なり」云云、 又云く「諸経の中に於て最も其の上に在り」云云、 此の
08
 文の心は法華は一切経の中に勝れたり此其一、次に無量義経に云く「次に方等十二部経摩訶般若華厳海空を説く」云
09
 云、又云く「真実甚深甚深甚深なり」云云、 此の文の心は無量義経は諸経の中に勝れて 甚深の中にも猶甚深なり
10
 然れども法華の序分にして機もいまだなましき故に正説の法華には劣るなり此其二、 次に涅槃経の九に云く「是の
11
 経の世に出ずるは彼の果実の利益する所多く 一切を安楽ならしむるが如く能く衆生をして仏性を見せしむ、 法華
12
 の中の八千の声聞記ベツを得授するが如く大果実を成じ秋収冬蔵して 更に所作無きが如し」云云、 籤の一に云く
13
 「一家の義意謂く二部同味なれども然も涅槃尚劣る」云云、 此の文の心は涅槃経も醍醐味・法華経も醍醐味同じ醍
14
 醐味なれども涅槃経は尚劣るなり 法華経は勝れたりと云へり、 涅槃経は既に法華の序分の無量義経よりも劣り醍
15
 醐味なるが故に華厳経には勝たり此其三、 次に華厳経は最初頓説なるが故に般若には勝れ涅槃経の醍醐味には劣れ
0135
01
 り此其四、 次に蘇悉地経に云く「猶成ぜざらん者は或は復大般若経を転読すること七遍」云云、此の文の心は大般
02
 若経は華厳経には劣り蘇悉地経には勝ると見えたり此其五、 次に蘇悉地経に云く「三部の中に於て此の経を王と為
03
 す」云云、 此の文の心は蘇悉地経は大般若経には劣り大日経金剛頂経には勝ると見えたり此其六、此の義を以て大
04
 日経は法華経より七重の劣とは申すなり法華の本門に望むれば八重の劣とも申すなり。


 答える。真言経が七重に劣っているということは珍しい義であると驚かれるのはもっともである。それゆえ、法華経理法師品第十に「すでに説いた経、今説いている経、まさに説こうとしている経があるが、その中でこの法華経は最も難信難解である」とあるのである。また安楽行品第十四に、「諸経の中で最上に位置している」とある。この文の意は、法華経が一切の経に対して勝れているということである。(これが第一の理由である)
 次に無量義経には「次に方等十二部経・摩訶般若・華厳海空を説く」とあり、また「真実に甚深であり甚深甚深である」とある。この文の意は無量義経は諸経に対して勝れていて甚深のなかでも特に甚深であるけれども法華経の序分で衆生の機根もいまだ熟していないがゆえに正宗分の説法である法華経には劣るということである。(これが第二の理由である)

 次に涅槃経の巻九に「この経が世、果実が多くの利益をもたらして一切の人々を安楽にさせるように、衆生の仏性を見いださせるためである。法華経の中の八千人の声聞が記別を得て大果実を成じるようなことは、秋に収め冬に蔵してしまって、もはやなすべきことがないようなものである」とあり、法華玄義釈籤の巻一に「天台一家の意義をもって考えると、法華経と涅槃経の二部は同味であるけれども、なお涅槃経は劣っている」とある。この文の意は、涅槃経も醍醐味で法華経も醍醐味であって々醍醐味であるけれども涅槃経はなお劣り、法華経は勝れているということである。涅槃経は既に法華経の序分の無量義経よりも劣り、醍醐味であるがゆえに華厳経よりも勝れているのである。(これが第三の理由である)
 次に華厳経は最初に直ちに仏の悟りが説かれたものであるがゆえに般若経よりも勝れ、涅槃経の醍醐味よりも劣るのである。(これが第四の理由である)
 次に蘇悉地経に「それでもなお成就しない者は…あるいはまた大般若経を七遍、読みなさい」とある。この文の意は大般若経は華厳経には劣り、蘇悉地経には勝るということを述べているのである」(これが第五の理由である)
 次に蘇悉地経に「三部の中で、この経を王とする」とある。この文の意は蘇悉地経は大般若経には劣り、大日経と金剛頂経よりも勝るということを述べているのである。(これが第六の理由である)
 以上の義から大日経は法華経よりも七重の劣っているというのである。法華経の本門に比べれば八重に劣っているといえるのである。

続きを読む

天台真言勝劣事 第五章弘法と覚鑁の謬見を破折する

05   次に弘法大師の十住心を立てて法華は三重劣ると云う事は 安然の教時義と云う文に十住心の立様を破して云く
06
 五つの失有り謂く 一には大日経の義釈に違する失・二には金剛頂経に違する失・三には守護経に違する失・四には
07
 菩提心論に違する失・五には衆師に違する失なり、 此の五つの失を陳ずる事無くしてつまり給へり、 然る間法華
08
 は真言より三重の劣と釈し給へるが大なる僻事なり 謗法に成りぬと覚ゆ、 次に覚鑁の法華は真言の履取に及ばず
09
 と舎利講の式に書かれたるは舌に任せたる言なり 証拠無き故に専ら謗法なる可し、 次に世を挙げて密教勝れ顕教
10
 劣ると此を許すと云う事 是れ偏に弘法を信じて法を信ぜざるなり、 所以に弘法をば安然和尚五失有りと云うて用
11
 いざる時は 世間の人は何様に密教勝ると思ふ可き 抑密教勝れ顕教劣るとは何れの経に説きたるや 是又証拠無き
12
 事を世を挙げて申すなり、
 


 次に弘法大師が十住心を立てて法華経は真言経よりも三重に劣っているといっていることについていえば、安然の教時義という書には、十住心の立の立て方を破折るして「これに五つの誤りがある。一には大日経の義釈に相違する誤り、二には金剛頂経に相違する誤り、三には守護経に相違する誤り、四には菩提心論に相違する誤り、五には多くの師に相違する誤りである」と述べている。この五つの誤りについて、弘法の門下は弁明することができずに答えに詰まってしまったのである。
 それなのに、法華経は真言経よりも三重に劣っていると釈することは大きな間違いであり謗法になると思われる。
 次に覚鑁が法華経は真言経の履物取りにも及ばないと舎利講の式に書いているのは、舌に任せた勝手な言い分であり、証拠がないのであるから、ひとえに謗法となるであろう。
 次に世を挙げて、密教が勝れ顕教が劣っていると認めているということについていえば、これはひとえに弘法を信じて法を信じているわけではないのである。
 ゆえに安然和尚が五つの誤りがあるといって、弘法を用いないときは、世間の人はどのように密教が勝れていると思えるであろうか。
 そもそも、密教が勝れ顕教が劣るということは、どの経に説かれているのか。これまた証拠のないことを世を挙げていっているのである。

 続きを読む

天台真言勝劣事 第六章仏身の対比により真言勝ると難ず

12              猶難じて云く大日経等は 是中央大日法身無始無終の如来法界宮或は色究竟天他化自在
13
 天にして菩薩の為に真言を説き給へり 法華は釈迦応身霊山にして二乗の為に説き給へり 或は釈迦は大日の化身な
14
 りとも云へり、 成道の時は大日の印可を蒙て唵字の観を教えられ 後夜に仏になるなり 大日如来だにもましまさ
15
 ずば争か釈迦仏も仏に成り給うべき 此等の道理を以て案ずるに法華より真言勝れたる事は 云うに及ばざるなり、


 なお難詰していう。大日経等は中央に位置する大日という法身で無始無終の如来が法界宮あるいは色究竟天や他化自在天において菩薩のために真言を説かれたのである。法華経は釈迦という応身の如来が霊鷲山において二乗のために説かれたのである。あるいは釈迦は大日の化身であるともいわれる。釈迦の成道のときは大日の印可を受けて唵字の観を教えられ寅の時に仏になったのである。大日如来がおられなければ、どうして釈迦仏も仏に成られることができたであろう。これらの道理から考えてみると法華経より真言経が勝れていることはいうまでもないことである。

続きを読む

天台真言勝劣事 第七章大日は釈尊の異名なる事を明かす

16 答て云く依法不依人の故に いかやうにも経説のやうに依る可きなり、 大日経は釈迦の大日となつて説き給へる経
17
 なり 故に金光明と最勝王経との第一には中央釈迦牟尼と云へり 又金剛頂経の第一にも中央釈迦牟尼仏と云へり大
18
 日と釈迦とは一つ中央の仏なるが故に大日経をば釈迦の説とも云うべし 大日の説とも云うべし、 又毘盧遮那と云
0136
01
 うは天竺の語大日と云うは 此の土の語なり 釈迦牟尼を毘盧遮那と名づくと云う時は 大日は釈迦の異名なり加之
02
 旧訳の経に盧舎那と云うをば 新訳の経には毘盧遮那と云う 然る間・新訳の経の毘盧遮那法身と云うは旧訳の経の
03
 盧舎那他受用身なり、 故に大日法身と云うは法華経の自受用報身にも及ばず 況や法華経の法身如来にはまして及
04
 ぶ可からず法華経の自受用身と法身とは 真言には分絶えて知らざるなり 法報不分二三莫弁と天台宗にもきらはる
05
 るなり、 随つて華厳経の新訳には或は釈迦と称づけ 或は毘盧遮那と称くと説けり 故に大日は只是釈迦の異名な
06
 りなにしに別の仏とは意得可きや、
 


 答えていう。涅槃経に「法に依って人に依らざれ」とあるのであるから、どのような場合にも経説のとおりによるべきである。大日経は釈迦が大日となって説いた経である。ゆえに金光明経と最勝王経の巻一には中央が釈迦牟尼と説いており、また金剛頂経の巻一にも中央が釈迦牟尼仏と説いている。大日と釈迦は同じ中央の仏であるがゆえに、大日経を釈迦が説いたものともいうことができるのである。
 また毘盧遮那というのはインドの言葉で、大日と云うのは日本の言葉である。釈迦牟尼を毘盧遮那と名づけるときは、大日は釈迦の異名である。それだけでなく、旧訳の経で盧舎那といっているのを新訳の経では毘盧遮那と言っている。それえゆえに新訳の経で毘盧遮那法身というのは旧訳の経の盧舎那他受用身のことである。
 ゆえに大日法身というのは法華経の自受用報身にも及ばない。ましてや法華経の法身如来には及ぶはずがない。法華経の自受用身と法身は、真言経には立場が隔絶しており、知ることのできないところである。法華文句記に「法報を分かたず、二・三弁うること莫し」と述べられているように天台宗からも排斥されているのである。
 したがって、華厳経の新訳には、あるいは釈迦と名づけ、あるいは毘盧遮那と名づけると説いたのである。ゆえに大日はただ釈迦の異名である。どうして別の仏と心意得ることができようか。

続きを読む

天台真言勝劣事 第八章大日の法身説法・無始無終説を破る

06                  次に法身の説法と云う事何れの経の説ぞや弘法大師の二教論には楞伽経に依つ
07
 て法身の説法を立て給へり、 其の楞伽経と云うは釈迦の説にして 未顕真実の権教なり法華経の自受用身に及ばざ
08
 れば法身の説法とはいへどもいみじくもなし 此の上に法は定んで説かず 報は二義に通ずるの二身の有るをば一向
09
 知らざるなり、 故に大日法身の説法と云うは定んで法華の他受用身に当るなり、 次に大日無始無終と云う事既に
10
 「我昔道場に坐して四魔を降伏す」とも宣べ又「四魔を降伏し六趣を解脱し一切智智の明を満足す」等云云、此等の
11
 文は大日は始て四魔を降伏して 始て仏に成るとこそ見えたれ全く無始の仏とは見えず、 又仏に成りて何程を経る
12
 と説かざる事は権経の故なり 実経にこそ五百塵点等をも説きたれ、


 次に法身の説法ということは、どの経に説かれているのか。弘法大師の二教論では楞伽経によって法身の説法ということが立てられているが、その楞伽経というのは釈迦の説法であって未顕真実の権教である。それでは法華経の自受用身にも及ばないので法身の説法といっても、ありがたくもない。そのうえ法身は決して説かず、報身は説くと説かないとの二義に通ずる他受用身と自受用身の二身があるのを全くしらないのである。ゆえに大日法身の説法というのは、まさしく法華経の他受用身に当たるのである。
 次に大日が無始無終であるということについていえば、大日経には「私は昔、道場に坐して四魔を降伏した」とも述べ、また「四魔を降伏し、六趣を解脱し、一切智智という明慧を満足する」等とある。これらの文は大日は始めて四魔を降伏して始めて仏に成ったと説かれているのであり、全く無始の仏とは説かれていない。また仏に成ってどのくらい経っているかを説かないことは、権経だからである。実経にこそ五百塵点劫等と説かれたのである。 

続きを読む

天台真言勝劣事 第九章説処、対告衆への邪難を破す

12                                 次に法界宮とは色究竟天か又何れの処ぞや色
13
 究竟天 或は他化自在天は法華宗には別教の仏の説処と云うていみじからぬ事に申すなり 又菩薩の為に説くとも高
14
 名もなし 例せば華厳経は一向菩薩の為なれども尚法華の方便とこそ云はるれ、 只仏出世の本意は仏に成り難き二
15
 乗の仏に成るを一大事とし給へり されば大論には二乗の仏に成るを密教と云ひ 二乗作仏を説かざるを顕教と云へ
16
 り、 此の趣ならば真言の三部経は二乗作仏の旨無きが故に 還つて顕教と云ひ法華は二乗作仏を旨とする故に密教
17
 と云う可きなり、 随つて諸仏秘密の蔵と説けば子細なし 世間の人密教勝ると云うはいかやうに意得たるや 但し
18
 「若し顕教に於て修行する者は 久く三大無数劫を経」等と云えるは既に三大無数劫と云う故に 是三蔵四阿含経を
0137
01
 指して顕教と云いて権大乗までは云わず況や法華実大乗までは都て云わざるなり。


 次に法界宮とは色究竟天にあるのか、またいずれの所にあるのか。色究竟天あるいは他化自在天は、法華宗では別教の仏が説法した場所といって、大したことはないとしている。
 また菩薩のために説くといっても功名でもない。例えば華厳経はひとえに菩薩のために説かれたものであるけれども、それでも法華経の方便といわれるのである。仏が世に出現する本意は、仏に成りがたい二乗が仏になるのを一大事とされている。それゆえ、大智度論には二乗が仏に成る軽報を密教といい、二乗の成仏を説かないのを顕教というとしている。この教旨からすれば真言の三部経は二乗、の成仏を説いていないからかえって顕教といい、法華経は二乗の成仏を説くがゆえに密教というべきである。したがって、法華経には諸仏の秘密の蔵と説いているのである。世間の人はどのように心得て、密教が勝れているといっているのであろうか。
 ただし、金剛頂瑜伽金剛薩埵五秘密修行念誦儀軌に「もし顕教を修行する者は永く三大無数劫を経る」等といっているのをみてみると、既に三大無数劫といっているのであるから、これは三蔵経や四阿含経をさして顕教といっているのであって、権大乗教までをいうのではない。まして法華経の実大乗教までは全くいわないのである。

 続きを読む

天台真言勝劣事 第十章大日を釈尊の師とする説を破る

02   次に釈迦は大日の化身唵字を教えられてこそ仏には成りたれと云う事此は偏に六波羅蜜経の説なり、 彼の経一
03
 部十巻は是れ釈迦の説なり 大日の説には非ず是れ未顕真実の権教なり 随つて成道の相も三蔵教の教主の相なり六
04
 年苦行の後の儀式なるをや、 彼の経説の五味を天台は盗み取つて 己が宗に立つると云う無実を云い付けらるるは
05
 弘法大師の大なる僻事なり、 所以に天台は涅槃経に依つて立て給へり 全く六波羅蜜経には依らず況んや天台死去
06
 の後百九十年あつて貞元四年に渡る経なり 何として天台は見給うべき不実の過弘法大師にあり、 凡そ彼の経説は
07
 皆未顕真実なり 之を以て法華経を下さん事甚だ荒量なり、 


 次に釈迦は大日の化身であるとか、大日に唵字を教えられたからこそ仏に成ったのであるということは、ひとえに六波羅蜜経の説である。その六波羅蜜経一部十巻は釈迦が説いたものであり、大日の説いたものではない。これは未顕真実の権教である。したがって、成道の姿も三蔵教の教主の姿であり六年の苦行の後の儀式である。
 六波羅蜜経で説くところの五味を天台大師は盗み取って自宗の教えと立てたのである、という無実の言いがかりをつけたのは弘法大師の大なる心得違いである。なぜなら、天台大師は涅槃経によって立てたのであり、全く六波羅蜜経にはよっていないからである。ましてや六波羅蜜経は天台大師死去の後、百九十年経った貞元四年に渡ってきた経である。どうして天台大師が見ることができようか。事実に反したあやまちは弘法大師にあるのである。

 総じて六波羅蜜経の説くところはみな未顕真実である。これをもって法華経を下すことは、はなはだいいかげんな考えである。

 続きを読む

天台真言勝劣事 第11章事相を根拠に真言が勝ると難ず

07                             猶難じて云く如何に云うとも印真言・三摩耶尊形を説
08
 く事は大日経程法華経には之無く 事理倶密の談は真言ひとりすぐれたり、 其の上真言の三部経は釈迦一代五時の
09
 摂属に非ずされば弘法大師の宝鑰には釈摩訶衍論を証拠として 法華は無明の辺域・戯論の法と釈し給へり・爰を以
10
 て法華劣り真言勝ると申すなり、 


 なおも難詰していう。何といおうとも、印・真言と三摩耶尊形を説くことにおいては、大日経ほど法華経にはこれを説いていない。そして事も理もともに秘密である点では真言の経だけが勝れているのである。
 そのうえ真言の三部経は釈迦一代五時に属するものではない。それゆえ、弘法大師の秘蔵宝鑰には釈摩訶衍論を証拠として「法華経は無明の領域にある仏の教えであり、戯れの論を説いた法である」と釈しているのである。これらのことから、法華経は劣り真言経は勝れているというのである。

続きを読む

天台真言勝劣事 第12章印・尊形等の事相につき答う

10                 答う凡そ印相尊形は是れ権経の説にして実教の談に非ず 設い之を説くとも権実
11
 大小の差別浅深有るべし、 所以に阿含経等にも印相有るが故に必ず法華に印相尊形を説くことを得ずして 之を説
12
 かざるに非ず説くまじければ 是を説かぬにこそ有れ法華は只三世十方の仏の本意を説いて 其形がとあるかうある
13
 とは云う可からず、 例せば世界建立の相を説かねばとて法華は倶舎より劣るとは云う可からざるが如し、


 答える。そもそも印相や尊形は権教の説くところであって実教の述べるところではない。たとえこれを説いていたとしても、権教・実教・大乗・小乗の差別の浅深があるべきである。ゆえに阿含経等にも印相が説かれているのであるから、必ずしも法華経に印相や尊形を説かれているのであるから、必ずしも法華経に印相や尊行を説くことができなくて説かなかったのではなく、説く必要がないので説かなかったのである。法華経はただ三世十方の仏の本意を説いているのであり、その形がどうであるかこうであるかはいっていないのである。
 例えば、世界建立の様相を説かないからといって、法華経は倶舎論よりも劣るなどということができないようなものである。

続きを読む

天台真言勝劣事 第13章事理倶密の邪説を破折する

13                                                 次に事理
14
 倶密の事・法華は理秘密・真言は事理倶密なれば勝るとは何れの経に説けるや 抑法華の理秘密とは何様の事ぞや、
15
 法華の理とは迹門・開権顕実の理か 其の理は真言には分絶えて知らざる理なり、 法華の事とは又久遠実成の事な
16
 り此の事又真言になし真言に云う所の事理は未開会の権教の事理なり 何ぞ法華に勝る可きや、 


 次に事と理もともに秘密であるということについていえば、法華経は理が秘密であり、真言経は事も理理もともに秘密であるので勝れているというのは、どの経に説いてあるのか。そもそも法華経の理が秘密であるというのは、とは何様どのようなことをいうのか。法華経の理とはの法華経の迹門で説く開権顕実の理のことか。もし、そうであるならば、その理は真言経には領分を超えていて知ることのない理である。法華経の事とはまた、久遠実成の事である。この事もまた真言経には説かれていない。真言経で説くところの理とは未開会の権教の事と理である。どうして法華経に勝ることができようか。 

続きを読む

天台真言勝劣事 第14章真言が五時に属さずの説を破る

16                                             次に一代五時の摂
17
 属に非ずと云う事 是れ往古より諍なり唐決には四教有るが故に 方等部に摂すと云へり、 教時義には一切智智・
18
 一味の開会を説くが故に法華の摂と云へり、 二義の中に方等の摂と云うは吉き義なり、 所以に一切智智・一味の
0138
01
 文を以て法華の摂と云う事甚だいはれなし 彼は法開会の文にして全く人開会なし争か法華の摂と云わるべき、 法
02
 開会の文は方等般若にも盛んに談ずれども 法華に等き事なし彼の大日経の始終を見るに 四教の旨具にあり尤も方
03
 等の摂と云う可し、 所以に開権顕実の旨有らざれば法華と云うまじ 一向小乗三蔵の義無ければ阿含の部とも云う
04
 可からず、 般若畢竟空を説かねば般若部とも云う可からず、 大小四教の旨を説くが故に方等部と云わずんば何れ
05
 の部とか云わん、 又一代五時を離れて外に仏法有りと云う可からず 若し有らば二仏並出の失あらん、 又其の法
06
 を釈迦統領の国土にきたして弘む可からず、


 次に真言経は、一代五時に属さないということについていえば、これは昔から論争のあるところである。唐決では「蔵・通・別・円の四教が説かれているがゆえに方等部に入る」といい、教時義では「一切智智・一味の開会を説くがゆえに法華部に入る」といっている。この二義の中では、方等部に入るというのが理にかなった義である。ゆえに一切智智は一味であるとあるという開会の文をもって法華部に入るというのは全く正当な理由がない。それは法開会の文であって、全く人開会は説いていない。どうしてな法華部に入るということができよう。法開会の文は方等部や般若部にも盛んに述べられているけれども、法華部と等しいということはない。大日経を始めから終わりまで見てみると、四教の趣旨がすべて具わっている。まさに方等部に入るというべきである。ゆえに開権顕実の趣旨がないので、法華経ということはできず、般若畢竟空を説いていないので般若部ということもできない。大乗・小乗四教の趣旨を説くのであるから、方等部と云わなければ、どの部といえよう。
 また、一代五時以外の時を説かれた仏法であるというべきではい。もし、有りとするならば二仏が同時に出現するという過ちとなろう。また、その法を釈迦が統治する国土に持ってきて弘きたして弘めるべきではない。 

続きを読む

天台真言勝劣事 第15章秘蔵宝鑰の謬見を破折して結ぶ

06                      次に弘法大師釈摩訶衍論を証拠と為て 法華を無明の辺域戯論の法と
07
 云う事是れ以ての外の事なり、 釈摩訶衍論は竜樹菩薩の造なり、 是は釈迦如来の御弟子なり争か弟子の論を以て
08
 師の一代第一と仰せられし 法華経を押下して戯論の法等と云う可きや、 而も論に其の明文無く随つて彼の論の法
09
 門は別教の法門なり権経の法門なり 是円教に及ばず又実教に非ず何にしてか法華を下す可き、 其の上彼の論に幾
10
 の経をか引くらんされども 法華経を引く事は都て之無し権論の故なり、 地体弘法大師の華厳より法華を下された
11
 るは遥に仏意にはくひ違いたる心地なり、用ゆべからず用ゆべからず。
12
                                           日   


 次に弘法大師が釈摩訶衍論を証拠として「法華経を無明の辺域の仏の教えであり、戯れの論を説いた法である」といっているのは、もっての外である。
 釈摩訶衍論は竜樹菩薩の造であり、この人は釈迦如来の御弟子である。どうして弟子の論をもって、師が一代の教えの中で第一と仰せられた法華経を押下して「戯むれの論を説いた法である」等ということができようか。

 しかも釈摩訶衍論にはその明確な文はない。この論で説く法門は別教の法門であり、権経の法門である。これは円教に及ばず、また実教ではない。どうして法華経を下すことができようか。そのうえ、この論に幾つかの経を引用しているけれども、まったく法華経を引用していない。権教を説いた教えだからである。
もともと弘法大師が華厳経よりも法華経を下したのは、仏意とは遥かに食い違った考えであり、用いるべきではない。用いるべきではない。
                                           日   

続きを読む

真言諸宗違目 第一章門下に流罪赦免の運動を禁ずる

0139
真言諸宗違目    文永九年五月    五十一歳御作   与富木常忍 
01     土木殿等の人人御中                          日 
02
    空に読み覚えよ老人等は具に聞き奉れ早早に御免を蒙らざる事は之を歎く可からず 定めて天之を抑うるか、
03
    藤河入道を以て之を知れ去年流罪有らば今年横死に値う可からざるか 彼を以て之を惟うに愚者は用いざる事
04
    なり、日蓮が御免を蒙らんと欲するの事を色に出す弟子は不孝の者なり、敢て後生を扶く可からず、 各各此
05
    の旨を知れ。


 富木常忍殿ならびに門下、信徒の人々へ。
 この書を暗記して自分のものにしなさい。老人たちは、富木殿から詳しく聞きなさい。
 日蓮が佐渡流罪を早く赦免されないっからといって、嘆いてはならない。これはきっと、諸天善神が赦免されないように抑えておられるのであえおう。藤河入道ことをとおしてこのことを理解しなさい。もし藤河入道が昨年流罪されていたら、今年災難にあって死ぬことなどなかったであろう。藤河入道のことをもって日蓮のことを考えてみても、愚かな者は受け入れようとしない。
 日蓮を赦免してほしいとの思いを表情や行動に出すような弟子は、不孝の者である。そのような弟子を未来世を救うことはできない。
 おのおのは、以上に述べてきたことの趣旨を理解しなさい。

続きを読む

真言諸宗違目 第二章真言等の諸宗の誤りを略して挙げる

06   真言宗は天竺より之無し開元の始に善無畏三蔵・金剛智三蔵・不空三蔵等・天台大師己証の一念三千の法門を盗
07
 んで大日経に入れて之を立て真言宗と号す、 華厳宗は則天皇后の御宇に之を始む、 澄観等天台の十乗の観法を盗
08
 んで華厳経に入れて之を立て華厳宗と号す、 法相三論は言うに足らず、 禅宗は梁の世に達磨大師楞伽経等を以て
09
 す大乗の空の一分なり、 其の学者等大慢を成して教外別伝等と称し一切経を蔑如す天魔の所為なり、 浄土宗は善
10
 導等・観経等を見て一分の慈悲を起し摂地二論の人師に向つて一向専修の義を立て畢んぬ、日本の法然之をアヤマり
11
 天台真言等を以て雑行に入れ 末代不相応の思いを為して国中を誑惑して長夜に迷わしむ、 之を明めし導師は但日
12
 蓮一人なるのみ。


 真言宗はインドに、もともと存在しなかったので、唐の開元年間の初めころに、善無畏三蔵・金剛智三蔵・不空三蔵らが天台大師の悟った一念三千の法門を盗んで大日経に取り入れて宗派を立て、真言宗と称したのである。
 華厳宗は唐の則天皇后の時代に始まったものである。第四祖の澄観らが天台大師の十乗観法を盗んで華厳経に取り入れて宗派を立て、華厳宗と称したのである。
 法相宗や三論宗は言及する必要すらない宗派である。
 禅宗は梁の時代に達磨大師が楞伽経をもって始めたとされているもので、その教理は大乗教で説く「空」の法理の一部分にすぎない。その禅宗を学ぶ者らが大きな慢心を起こして教外別伝などと称して一切経を軽蔑しているのは天魔の行いである。
 浄土宗は善導らが観無量寿経などを見てごくわずかの慈悲を起こして、摂論宗と地論宗の人師に向かってひたすら念仏のみを修行すべきであるとの教義を立てたのである。日本の法然は、この善導らの教義を誤って解釈し、天台宗・真言宗を雑行に入れ、それらは末法の時に適っていないという誤った考えを起こして日本国中の人々をたぶらかし、惑わせ、更に死後にまで、六道の生死輪廻の迷いに陥れている。
 このような諸宗の邪義を明らかにした導師は、ただ日蓮一人だけなのである。

 続きを読む

真言諸宗違目 第三章涅槃経の文を挙げ謗法呵責の正しきを証す

13   涅槃経に云く「若し善比丘法を壊る者を見て置いて 呵嘖し駈遣し挙処せずんば当に知るべし是の人は仏法の中
14
 の怨なり」等云云、 潅頂章安大師云く「仏法を壊乱するは 仏法の中の怨なり慈無くして詐り親しむは 即ち是れ
15
 彼が怨なり彼が為に悪を除くは即ち是れ彼が親なり」等云云、 法然が捨閉閣抛・禅家等が教外別伝・若し仏意に叶
0140
01
 わずんば 日蓮は日本国の人の為には賢父なり聖親なり導師なり、 之を言わざれば一切衆生の為に「無慈詐親即是
02
 彼怨」の重禍脱れ難し、 日蓮既に日本国の王臣等の為には「為彼除悪即是彼親」に当れり 此の国既に三逆罪を犯
03
 す天豈之を罰せざらんや、 涅槃経に云く「爾の時に世尊・地の少しの土を取つて之を抓の上に置いて迦葉に告げて
04
 言わく是の土多きや十方世界の地土多きや、 迦葉菩薩仏に白して言さく 世尊抓の上の土は十方所有の土の比なら
05
 ざるなり○四重禁を犯し 五逆罪を作つて○一闡提と作つて 諸の善根を断じ 是の経を信ぜざるものは十方界所有
06
 の地土の如し○五逆罪を作らず○一闡提と作らず 善根を断ぜず 是くの如き等の涅槃経典を信ずるは 抓の上の土
07
 の如し」等云云、経文の如くんば当世日本国は十方の地土の如く日蓮は抓の上の土の如し。


 涅槃居には「もし善い僧がいて、仏法を破壊する者を見ていながら、それを放置し、そのあやまりをしかり責めず、その所を追い払わず、その罪過をはっきりと挙げないで糾明しなければ、まさにこの人は仏法の中のかたきである」等と説かれている。灌頂章安大師は、涅槃経疏にこれを解釈して「仏法を壊り乱すことは仏法の中のかたきとなる行為である。それを糾す慈悲心もなくて、詐り親しむのは、すなわちその者にとってかたきとなる行為である。…仏法を壊り乱す者のためにその悪を除くことはその者のためになる慈愛の行為である」等と述べている。
 浄土三部経以外の一切経を、捨てよ、閉じよ、閣け、抛て、との法然の教義や、仏の悟りは経典や教理以外に別に伝えられた「教外別伝」などという禅宗等の教義がもし仏の本意にかなっていないのであれば、浄土宗や禅宗等の諸宗の邪義と戦っている日蓮は、衆生のためには賢明な父であり、尊い親であり、導師である。
 もし、浄土宗や禅宗等の諸宗が仏の本意に反する邪義である、ということを言わなければ、日蓮は、すべての衆生のためには「彼が為に悪を除くは即ち是れ彼が親なり」との文に当たっているのである。
 ところが、この国は既に、その大聖人を迫害し、殺そうとしたのであるから殺父・殺母・殺阿羅漢という三逆罪を犯している。諸天善神がこれを罰しないことがあろうか、いや、必ず罰するであろう。
 涅槃経には「その時に釈尊が、地面の少しの土を取ってこれを爪の上に置いて、迦葉菩薩に告げて言われた。『この土のほうが多いであろうか、それとも宇宙全体の地の土のほうが多いであろうか』と。迦葉菩薩が仏に申し上げて言った。『釈尊、爪の上の土は、全宇宙にある土と比較することすらできないほどの少ないものです』と」「釈尊は『四重禁を犯し、五逆罪を作って…一闡堤となってもろもろの善根を断じ、この涅槃経を信じない者は全宇宙にある土のように多い』と言い」「『五逆罪を作らず、…一闡堤とならず、善根を断ぜず、このような涅槃経を信ずる者は爪の上の土のように少ない』と言われた」等と説かれている。
 経文のとおりであるならば、今の世の日本国の人々は全宇宙の地の土のよいなものであり、それに対して、日蓮は爪の上の土のようなものである。

続きを読む

真言諸宗違目 第四章経文引き御自身が仏記に当たるを明かす

08   法華経に云く「諸の無智の人有つて悪口罵詈」等云云、法滅尽経に云く「吾・般泥オンの後五逆濁世に魔道興盛
09
 なり魔沙門と作つて 吾が道を壊乱す○悪人転た多くして海中の沙の如し 劫尽きんとする時・日月転た短く善者甚
10
 だ少くして若しは一若しは二人」等云云、 又云く「衆魔の比丘・命終の後精神当に無択地獄に堕つべし」等云云、
11
 今道隆が一党・良観が一党・聖一が一党・日本国の一切の四衆等は是の経文に当るなり、法華経に云く「仮使い劫焼
12
 に乾れたる草を担い負いて中に入つて焼けざらんも 亦未だ難しとせず我が滅度の後に 若し此の経を持つて一人の
13
 為にも説かん是れ則ち為れ難し」等云云、 日蓮は此の経文に当れり、 「諸の無智の人有つて悪口罵詈等し及び刀
14
 杖を加うる者あらん」等云云、 仏陀記して云く後の五百歳に法華経の行者有つて 諸の無智の者の為に必ず悪口罵
15
 詈・刀杖瓦礫・流罪死罪せられん等云云、日蓮無くば釈迦・多宝・十方の諸仏の未来記は当に大妄語なるべきなり。


 法華経勧持品第十三には「仏法に対して理解のない多くの人々がいて、法華経の行者に対して悪口を言ったりののしる」等と説かれている。法滅尽経には「釈尊が入滅の後、五逆罪の者が充満する濁悪の世に魔道が盛んにおこり、魔が僧の姿となって出現して、仏の説いた道法を破壊しみだすであろう。…また、悪人の数はますます多くなって海中の砂のごとくになるであろう。その世が尽きようとする時には太陽と月の輝く時間がますます短くなり、しかも善人ははなはだ少なく、わずか一人か二人にすぎないであろう」等と説かれている。また法滅尽経には「多くの魔の出家者は、生命が尽きた後、その変転しながら三世に続く主体は間違いなく無間地獄に堕ちるであろう」等とも説かれている。いま、道隆の一味、良観の一味、聖一の一味、さらに日本国のすべての四部衆たち、すなわち出家在家にわたる男女は、この経文にあたるのである。
 一方、法華経見宝塔品第十一には「たとえ壊劫に起こる大火災の時に、かれた草を背負ってその中に入って焼けないでいることも、まだ難しいことではない。釈尊の入滅の後にあって、この法華経を持って一人のためにも説くことこそすなわち困難なことである」等と説かれている。日蓮はこの経文に当たっているのである。
 法華経勧持品第十三に「仏法に対して理解のない多くの人々がいて、法華経の行者に対して悪口を言ったりののしるであろう。更に刀や杖で迫害する者が出現するであろう」等とあるが、これについては、更に、釈尊は法華経に次のように説いている。釈尊滅後の第五の五百年、すなわち末法の初めに、法華経の行者は仏法に対して理解のない多くの人々によって悪口を言われ罵られたり、瓦や石ころを投げられ、更に、流罪や死罪に処せられたりするであろう、等と。もしも日蓮がいなければ釈迦・多宝・十方の諸仏の未来記はまさに大嘘となってしまうところであった。


    続きを読む

真言諸宗違目 第五章教の勝劣により人を判ずべきを明かす

16   疑つて云く汝当世の諸人に勝るることは一分爾る可し真言・華厳・三論・法相等の元祖に勝るとは豈に慢過慢の
17
 者に非ずや過人法とは是なり 汝必ず無間大城に堕つ可し、 故に首楞厳経に説いて云く 「譬えば窮人妄りに帝王
18
 と号して自ら誅滅を取るが如し況んや 復法王如何ぞ妄りに竊まん因地直からざれば果紆曲を招かん」等云云、涅槃
0141
01
 経に云く 「云何なる比丘か過人法に堕する○未だ四沙門果を得ず 云何んぞ当に諸の世間の人をして 我は已に得
02
 たりと謂わしむべき」等云云、 答えて云く法華経に云く 「又大梵天王の一切衆生の父の如く」又云く「此の経は
03
 ○諸経の中の王なり最も為れ第一なり 能く是の経典を受持すること有らん者は 亦復是くの如し一切衆生の中に於
04
 て亦為れ第一なり」等云云、 伝教大師の秀句に云く「天台法華宗の諸宗に勝れたるは 所宗の経に拠るが故なり自
05
 讃毀他ならず 庶くは有智の君子経を尋ねて宗を定めよ」等云云、 星の中に勝れたる月・星月の中に勝れたるは日
06
 輪なり、 小国の大臣は大国の無官より下る傍例なり、 外道の五通を得るより仏弟子の小乗の三賢の者の未だ一通
07
 を得ざるは天地猶勝る、 法華経の外の諸経の大菩薩は法華の名字即の凡夫より下れり 何ぞ汝始めて之を驚かんや
08
 教に依つて人の勝劣を定む先ず経の勝劣を知らずんば何ぞ人の高下を論ぜんや。


 疑っていう。日蓮殿が今の世の多数のさまざまな僧より勝れていることは、わずかについてはそのとおりであろう。しかし、あなたが、真言宗・華厳宗・三論宗・法相宗などの宗祖より勝れているというのは、他の人のほうが勝っているのに自分のほうが勝っていると思う慢過慢の者ではないだろうか。いまだ上人法を体得していないのに上人法を得たように振る舞う過人法とは、このことをいうのである。したがって、あなたは必ず無間地獄に堕ちるであろう。ゆえに首楞厳経に次のように説いている。「譬えば、貧しい者がむやみに帝王と称して、自ら討ち滅ぼされてしまうようなものである。ましてや法王の位を、どうしてこっそりとぬすんでよいだろうか。修行の位が正しくなければ、仏果である悟りの境地も、うねり曲がるであろう」等と。また、涅槃経には「どのような出家の男子が過人法に堕すであろうか。…いまだ四沙門果を得ていないのに、どのようにして、世俗の人々に対して、私は四沙門果を得ていると思わせられるだろうかと考え、いろいろと画策する者が過人法に堕すのである」等ととかれている。
 答えていう。法華経薬王菩薩本事品第二十三には「また、大梵天王がすべての衆生の父であるのと同じように、法華経も一切の聖賢や菩薩の心を起こす者の父である、と説かれ、また、同品に「この経は…諸経の中の王である。…最もこの経が第一である。よくこの経を受持する者も、また、すべての衆生の中において第一である」と説かれている。伝教大師は法華秀句に「天台法華宗が他のさまざまな宗派より勝れているのは、依りどころとする法華経が勝れているからである。決して自らを讃め他を謗っているのではない。ねがわくは、仏法に通達し解了している人格者であるならば、所依の経を明らかにしたうえでその宗を定めなさい」などと説かれている。
 星々の中で勝れているのは月である。星々や月の中で最も勝れているのは太陽である。同じように、諸経の中で最高の教えは法華経である。小さな国の政務を執行する高官は、大きな国の官職のない臣下より劣る。このことは、間接的な例証である。したがって、外道であって五種の神通力を得た者よりも、内道の仏弟子であって小乗の三賢の位でいまだ五種の神通力のうちの一つも得ていない者のほうが、天が地に勝れている以上に、勝っているのである。法華経以外の諸経を行ずる大菩薩は、法華経を行ずる名字即の凡夫より劣っている。
 どうしてあなたはこのことを聞いて、初めて聞いたかのように驚くのであろうか。教によっていずれの人が勝れ、いずれの人が劣っているかが定まるのである。まず、経の勝劣を知らなければどうして人の高下を論ずることができようか。

続きを読む

真言諸宗違目 第六章法華経の行者を諸天が守護するを明かす

09   問うて云く汝法華経の行者為らば何ぞ天汝を守護せざるや、 答えて云く法華経に云く「悪鬼其の身に入る」等
10
 云云、 首楞厳経に云く「修羅王有り世界を執持して 能く梵王及び天の帝釈四天と権を諍う 此の阿修羅は変化に
11
 因つて有り天趣の所摂なり」等云云。

 問うていう。あなたが法華経の行者ならばどうして諸天善神があなたを守護しないのか。答えていう。法華経勧持品第十三に「悪鬼が衆生の身に入り、法華経を守護する者をののしり、はずかしめる、等と説かれている。首楞厳経に「阿修羅王があって世界を支配しようとして、よく大梵天王や天界に住する帝釈天や四大天王と権力を争う。この阿修羅王は変現によっては、天界に含まれることもある」等と説かれている。

12   能く大梵天王.帝釈・四天と戦う大阿修羅王有りて禅宗・念仏宗.律宗等の棟梁の心中に付け入つて次第に国主国
13
 中に遷り入つて賢人を失う、 是くの如き大悪は梵釈も猶防ぎ難きか 何に況んや日本守護の小神をや但地涌千界の
14
 大菩薩・釈迦・多宝・諸仏の御加護に非ざれば叶い難きか、日月は四天の明鏡なり、諸天定めて日蓮を知りたまうか
15
 日月は十方世界の明鏡なり諸仏も定めて日蓮を知りたまうか、 一分も之を疑う可からず、 但し先業未だ尽きざる
16
 なり日蓮流罪に当れば教主釈尊衣を以て之を覆いたまわんか、 去年九月十二日の夜中には虎口を脱れたるか 「必
17
 ず心の固きに仮りて神の守り即ち強し」 等とは是なり、 汝等努努疑うこと勿れ決定して疑い有る可からざる者な
18
 り、恐恐謹言。
0142
01
       五月五日                          日    
02
   此の書を以て諸人に触れ示して恨を残すこと勿れ。
03
     土木殿

 よく大梵天王や帝釈天や四大天王と戦う大阿修羅王があって、禅宗・念仏宗・律宗等の宗派の中心的な人の心中につけ入り、次第に一国の権力者に、そして更に国中の人々の心の中にうつり入って賢人を亡きものにしようとする。
 このような大悪は、大梵天王や帝釈天もなお防ぐことはむずかしい。ましてや、日本を守護する小神が、防げるであろうか。ただ、地涌の大菩薩は釈迦仏・多宝如来、ならびに諸仏のご加護によるのでなければ、防ぐことができないであろう。
 太陽と月は、全世界を映す明鏡である。ゆえに、諸天善神はきっと日蓮のことを知っていらっしゃることであろう。また、太陽と月は全宇宙を映す明鏡である。ゆえに、諸仏もきっと日蓮のことを知っていらっしゃることであろう。諸天善神が日蓮を守護されることは疑いないのであるが、日蓮の先業がいまだ尽きていないのである。それゆえに難にあうのである。しかし、日蓮が流罪されれば、教主釈尊は衣をもってこれを覆ってくださっているであろう。去年の912日の夜中に虎口をのがれたのはこのためであろう。妙楽大師の止観輔行伝弘決に「かならず心が堅固であるならば、諸天善神の守護は強い」等とあるのはこのことである。あなたたちは、決して決して諸天の加護を疑ってはならない。決して疑ってはならない。恐恐謹言
       五月五日                          日    
 この手紙を門下以外の諸人に触れ示して、恨みを残すようなことがあってはならない。
     土木殿

続きを読む

真言見聞 第一章真言亡国・堕獄の因なるを明かす

真言見聞     文永九年七月    五十一歳御作    与三位房日行
01   問う真言亡国とは証文何なる経論に出ずるや、 答う法華誹謗・正法向背の故なり、問う亡国の証文之無くば云
02
 何に信ず可きや、 答う謗法の段は勿論なるか若し謗法ならば亡国堕獄疑い無し、


 問う。真言亡国とはその証文はどの経論に出ているのか。答える。真言宗は法華経を誹謗し、正法に背くゆえである。
 問う。亡国という証文がなければ。どうして信ずることができようか。答える。真言宗が謗法であることは認めるのか。もし謗法であるならば、亡国・堕地獄は疑いがない。

続きを読む

真言見聞 第二章謗法が堕獄の業因なるを明かす

02                                       凡そ謗法とは謗仏・謗僧なり三
03
 宝一体なる故なり 是れ涅槃経の文なり、 爰を以て法華経には「則ち一切世間の仏種を断ず」と説く是を即ち一闡
04
 提と名づく涅槃経の一と十と十一とを委細に見る可きなり、 罪に軽重有れば獄に浅深を構えたり、 殺生・偸盗等
05
 乃至一大三千世界の衆生を殺害すれども 等活黒繩等の上七大地獄の因として無間に堕つることは都て無し、 阿鼻
06
 の業因は経論の掟は五逆・七逆・因果撥無・正法誹謗の者なり、 但し五逆の中に一逆を犯す者は無間に堕つと雖も
07
 一中劫を経て罪を尽して浮ぶ、 一戒をも犯さず道心堅固にして後世を願うと雖も 法華に背きぬれば無間に堕ちて
08
 展転無数劫と見えたり、 然れば則ち謗法は無量の五逆に過ぎたり、 是を以て国家を祈らんに天下将に泰平なるべ
09
 しや、 


 およそ謗法とは謗仏・謗僧である。仏・法・僧の三宝は一体であるゆえである。これは涅槃経の文である。このことを法華経には「すなわち一切世間の仏種を断ずる」と説かれ、この者を一闡堤と名づける。涅槃経の巻一と巻十一を詳細に見るべきである。
 罪に軽重があるので地獄にも浅深を設けている。殺生・偸盗など、そして三千大千世界の衆生を殺害したとしても、等活地獄・黒縄地獄などの上方の七大地獄の因となるが、無間地獄に堕ちることは全くない。阿鼻地獄の業因は経論の定めによると五逆罪・七逆罪・因果否定・正法誹謗のものである。ただし五逆罪のなかの一逆を犯す者は、一中劫を経過して罪は消滅し浮かび上がる。一戒をも犯さず仏道を求める心を固くして後世を願ったとしても、法華経に背いてしまうと無間地獄に堕ちてこの地獄を展転することが無数劫であると経文に説かれている。だから謗法は無量の五逆罪に過ぎている。これをもって国家を祈って、天下が泰平になることがあるだろうか。


 

続きを読む

真言見聞 第三章真言亡国の現証を明かす

09     諸法は現量に如かず 承久の兵乱の時・関東には其の用意もなし国主として調伏を企て四十一人の貴僧に仰
10
 せて十五壇の秘法を行はる、 其の中に守護経の法を紫宸殿にして 御室始めて行わる七日に満ぜし日・京方負け畢
11
 んぬ亡国の現証に非ずや、是は僅に今生の小事なり権教・邪法に依つて悪道に堕ちん事浅
かるべし。


 あらゆる事象は直接に知覚できる事実で量ることが最も確実である。承久の兵乱の時、関東には祈禱の用意もなかった。それに対し朝廷側は国主として調伏を企て、四十一人の貴い僧に命じて真言の十五壇の秘法を行った。そのなかに守護経の法を紫宸殿において、御室の道助法親王が初めて行った。祈禱が満了する七日目に、朝廷方がまけてしまった。これは亡国の現証ではないか。このことはわずかに今生の小事であるが、権教・邪法によって悪道に堕ちることはあさましい限りである。

続きを読む

真言見聞 第四章真言を権教・邪法とする文証

0143
01   問う権教邪宗の証文は如何既に真言教の大日覚王の秘法は即身成仏の奥蔵なり、 故に上下一同に是の法に帰し
02
 天下悉く大法を仰ぐ海内を静め天下を治むる事偏に真言の力なり、 権教・邪法と云う事如何、答う権教と云う事・
03
 四教含蔵・帯方便の説なる経文顕然なり、 然れば四味の諸教に同じて久遠を隠し 二乗を隔つ況んや尽形寿の戒等
04
 を述ぶれば小乗権教なる事疑無し、 爰を以て遣唐の疑問に禅林寺の広修・国清寺の維ケンの決判分明に方等部の摂
05
 と云うなり、


 問う。権教・邪宗ということの証文はどうか。既に真言教の大日如来の秘法は即身成仏の奥深い教えである。
 ゆえに身分の上下を問わず一同にこの真言の法に帰依し、天下の人々はことごとく、この大法を仰いでいる。
 日本国内を平静にして天下を治めることは、全く真言の力である。その真言教を権教・邪法ということはどうか。
 答える。権教というのは真言経典が蔵・通・別・円の四教を含有し方便を帯びた説であるとする経文が明らからである。だから四味の諸教と同じく、久遠実成を隠し二乗を成仏できないものとして排斥している。
 まして肉体と寿命が尽きると戒の功徳もなくなる小乗の戒などを説いているのであるから小乗・権経であることは疑いない。
 このために延暦寺第二代座主・円澄が唐に使いを送って答えを求めた質疑に対して、禅林寺の公修や国清寺の維蠲の決答は明らかで、真言教は方等部に入ると言っている。

続きを読む

真言見聞 第五章大日経指帰の偽作を指摘す

05       疑つて云く経文の権教は且く之を置く唐決の事は天台の先徳・円珍大師之を破す、大日経の指帰に「法
06
 華すら尚及ばず況や自余の教をや」云云、 既に祖師の所判なり誰か之に背く可きや、 決に云く「道理前の如し」
07
 依法不依人の意なり但し此の釈を智証の釈と云う事不審なり、 其の故は授決集の下に云く「若し法華・華厳・涅槃
08
 等の経に望めば是れ摂引門」と云へり、 広修・維ケンを破する時は法華尚及ばずと書き授決集には是れ摂引門と云
09
 つて二義相違せり指帰が円珍の作ならば授決集は智証の釈に非ず、 授決集が実ならば指帰は智証の釈に非じ、 今
10
 此の事を案ずるに授決集が智証の釈と云う事 天下の人皆之を知る上、 公家の日記にも之を載せたり指帰は人多く
11
 之を知らず公家の日記にも之無し、 此を以つて彼を思うに後の人作つて智証の釈と号するが 能く能く尋ぬ可き事
12
 なり、授決集は正しき智証の自筆なり、


 疑っていう。経文の権教ということについてはしばらく置いて、唐決のことは天台宗の先徳である智証大師がこれを破している。すなわち大日経指帰に「大日経はには法華経にすらなお及ばない。ましてそれ以外の諸経においてはなおさらである」とある。既に祖師である智証大師の判別である。だれがこの判別に背くことができようか。
 唐決に「道理は前に述べたとおりである」とある。これは「法に依って人に依らざれ」との意である。ただしこの大日経指帰の釈を智証の釈というのは疑わしい。そのゆえは智証の受決集の巻下に「もし法華・華厳・涅槃などの経に対すると、大日経は摂入に誘引する方便の教えである。といっているからである。唐決の公修や維蠲を打ち破る時は、大日経指帰に「法華経ですらなお及ばない」と書き、受決集には「大日経は摂入し誘引する教えである」といって、二つの義は相違している。大日経指帰が智証の作であるならば受決集は智証の釈ではない。受決集が真実であるならば、大日経指帰は智証の釈でないことになろう。今、このことを考えるに、受決集は智証の釈であることは天下の人がすべて知っているうえ、公家の日記にもこれを記載している。大日経指帰は多くの人々が知らず、公家の日記にも記載していない。このことから大日経指帰について考えると、この釈は後世の人が作って智証の釈と称したものであろうか。よくよく探って明らかにすべきである。一方、受決集は正しく智証の自筆である。

続きを読む

真言見聞 第六章門下の肝心は謗法呵責にあるを示す

12                    密家に四句の五蔵を設けて十住心を立て 論を引き伝を三国に寄せ家家の
13
 日記と号し我が宗を厳るとも 皆是れ妄語胸臆の浮言にして荘厳己義の法門なり、 所詮法華経は大日経より三重の
14
 劣・戯論の法にして 釈尊は無明纒縛の仏と云う事慥なる如来の金言経文を尋ぬ可し、 証文無くんば何と云うとも
15
 法華誹謗の罪過を免れず 此の事当家の肝心なり返す返す忘失する事勿れ、 何れの宗にも正法誹謗の失之有り対論
16
 の時は但此の一段に在り仏法は自他宗異ると雖も 翫ぶ本意は道俗・貴賎・共に離苦得楽・現当二世の為なり、 謗
17
 法に成り伏して悪道に堕つ可くば 文殊の智慧・富楼那の弁説一分も無益なり無間に堕つる程の 邪法の行人にて国
18
 家を祈祷せんに将た善事を成す可きや、 顕密対判の釈は且らく之を置く 華厳に法華劣ると云う事能く能く思惟す
0144
01
 可きなり、


 密教の宗家では四句と五蔵判を設け、また十住心を立て、論を引き、インド・中国・日本の三国に伝来した教えであるとし、家々の日記にあるといって、自分の宗を飾るけれども、すべてこれは偽りの言葉であり胸中に勝手に抱いた根拠のない言い分であり、自分の説を飾り立てた法門である。つまるところ法華経は大日経より三重に劣り、たわむれに論じた法であって、釈尊は無明に纏われ縛られた仏といっているが、それを裏付ける確かな如来の金言である経文はあるかと追及すべきである。証拠の経文がなければ、何といおうとも法華経を誹謗する罪過を免れない。このことはわが宗の肝心である。くれぐれも忘れるようなことはあってはならない。
 いずれの宗にも正法誹謗の罪がある。対論の時はただこの一段を責めるべきである。仏法は自宗・他宗と異なっているけれども、仏法を学び修行する本意は僧と在家、また貴い人と賤しい人を問わず、現在と未来にわたって苦を離れ楽を得るためである。謗法を犯して悪道に堕ちるならば、文殊の智慧や富楼那の弁説も全く無益である。無間地獄に堕ちるほどの邪法の行者が国家を祈禱しても、どうして善事をなすことがあろうか。
 顕教・密教の勝劣の判別の釈はしばらく差し控えるが、華厳経に法華経が劣るということは、よくよく考えるべきである。

続きを読む

真言見聞 第七章国の功罪、一分国王に帰すを示す

01      華厳経の十二に云く四十華厳なり「又彼の所修の一切功徳六分の一常に王に属す○是くの如く修及び造を
02
 障る不善所有の罪業六分の一還つて王に属す」文、六波羅蜜経の六に云く 「若し王の境内に殺を犯す者有れば其の
03
 王便ち第六分の罪を獲ん偸盗・邪行・及び妄語も亦復是くの如し何を以ての故に 若しは法も非法も王為れ根本なれ
04
 ば罪に於いても福に於いても 第六の一分は皆王に属するなり」云云、最勝王経に云く 「悪人を愛敬し善人を治罰
05
 するに由るが故に 他方の怨賊来り国人喪乱に遭わん」云云、 大集経に云く 「若し復諸の刹利国王・諸の非法を
06
 作し世尊の声聞の弟子を悩乱し若しは以て毀罵し 刀杖もて打斫し 及び衣鉢種種の資具を奪い若しは他の給施に留
07
 難を作す者有らば、我等彼をして自然に卒に他方の怨敵を起さしめ 及び自の国土にも亦兵起・疫病・饑饉・非時風
08
 雨・闘諍言訟せしめ又其の王久しからずして復当に己が国を亡失すべからしむ」云云、 大三界義に云く 「爾の時
09
 に諸人共に聚りて衆の内に 一の有徳の人を立て名けて田主と為して 各所収の物六分の一を以て以て 田主に貢輸
10
 す一人を以て主と為し政法を以て之を治む、 茲に因つて以後・刹利種を立て大衆欽仰して恩率土に流る復・大三末
11
 多王と名ずく」已上倶舎に依り之を出すなり。


 華厳経の巻十二に「また出家・在家の修行による一切の功徳の六分の一は常に王に属する。このように修行および造作や妨げる不善のもつ罪業の六分の一はかえって王に属する」とある。六波羅蜜経の巻六に「もし王の領土内に殺生を犯す者がいれば、その王は六分の一の罪を受ける。偸盗・邪婬および妄語もまたこれと同じである。どうしてかというと、法も非法も王が根本であるから罪においても福においても六分の一はすべて王に属するのである」とある。最勝王経に「悪人を愛敬し善人を治罰することが原因で、他国の怨賊が侵略し、国民が戦乱に遭い滅んでしまう」等とある。
 大集経に「もしまたもろもろの刹利である国王がもろもろの非法をなし世尊の声聞の弟子を苦しめ、もしくは毀り罵り、刀や杖をもって打ったり、切ったり、および衣服や食器、種々の器具を奪い、もしくは供給布施する他の人に迫害をなす者がいれば、我らは彼に対して自然にたちまちに他国の怨敵を起こさせ、および自らの国土にもまた合戦・疫病・飢饉・時ならぬ暴雨・戦いと論争をさせ、またその王に、遠くないうちに国を失わせるであろう」とある。大三界義に「その時に人々が共に集まって、その人々の中に一人の有徳の人を立て、田主と名づけて、おのおのが収穫物の六分の一を田主に貢ぎ物として差し出した。その一人を田主とし政の法によって人々を治めた。このことによって以後、王族を立て大衆は敬い仰いで、その国王の恩が領土に及んだ。またこの最初の王を大三末多王と名づけた。とある。

続きを読む

真言見聞 第八章真言が隠密なるを示し破す

12   顕密の事、無量義経十功徳品に云く第四功徳の下「深く諸仏秘密の法に入り演説す可き所違無く失無し」と、抑
13
 大日の三部を密説と云ひ法華経を顕教と云う事金言の所出を知らず、 所詮真言を密と云うは是の密は隠密の密なる
14
 か微密の密なるか、 物を秘するに二種有り一には金銀等を蔵に篭むるは微密なり、 二には疵・片輪等を隠すは隠
15
 密なり、然れば則ち真言を密と云うは隠密なり 其の故は始成と説く 故に長寿を隠し二乗を隔つる故に記小無し、
16
 此の二は教法の心髄・文義の綱骨なり、 微密の密は法華なり、然れば則ち文に云く四の巻法師品に云く「薬王此の
17
 経は是れ諸仏秘要の蔵なり」云云、 五の巻安楽行品に云く「文殊師利・此の法華経は 諸仏如来秘密の蔵なり諸経
18
 の中に於て最も其の上に在り」云云、 寿量品に云く「如来秘密神通之力」云云、 如来神力品に云く「如来一切秘
0145
01
 要之蔵」云云、


 顕教と密教のこと。無量義経十功徳品第三に「この菩薩は深く諸仏の密教の法に入って、演説するところに間違いなく欠けるところがない」とある。
 そもそも大日の三部経を密説といい、法華経を顕教ということは、根拠となる仏の金言を知らない。結局のところ、真言を密ということは、この密は隠密の密をさすのか。あるいは微密の密をさすのか。物を秘する場合に二種類がある。一つには金銀等を蔵に収めることは微密の意である。二つには疵や不具などを隠すことは隠密の意である。だから真言の密というのは隠密の意である。そのゆえは、始成正覚と説くゆえに久遠実成を隠し、二乗を嫌うゆえに二乗作仏の授記がない。この久遠実成と二乗作仏の二つは仏の教法の心髄であり、文義の綱骨である。微密の密は法華経である。だから法華経第四巻法師品第十に「薬王、この経は諸仏の秘要の蔵である」とある。第五巻の安楽行品第十四に「文殊師利、この法華経は、諸仏如来の秘密の蔵である。諸教の中において最もその上に在る」とある。如来寿量品第十六に「如来の秘密神通の力」とある。如来神力品第二十一に「如来の一切の秘要の蔵」とある。

続きを読む

真言見聞 第九章重ねて法華経の秘密なるを示す

01        しかのみならず真言の高祖・竜樹菩薩・法華経を秘密と名づく二乗作仏有るが故にと釈せり、 次に
02
 二乗作仏無きを秘密とせずば真言は即ち秘密の法に非ず、 所以は何ん大日経に云く 「仏・不思議真言相道の法を
03
 説いて一切の声聞・縁覚を共にせず 亦世尊普く一切衆生の為にするに非ず」云云、 二乗を隔つる事前四味の諸教
04
 に同じ、随つて唐決には方等部の摂と判ず経文には四教含蔵と見えたり、大論第百巻に云く第九十品を釈す「問うて
05
 曰く更に 何れの法か甚深にして般若に勝れたる者有つて般若を以て阿難に嘱累し 而も余の経をば菩薩に嘱累する
06
 や、 答えて曰く般若波羅蜜は秘密の法に非ず而も 法華等の諸経に阿羅漢の受決作仏を説いて大菩薩能く受用す譬
07
 えば大薬師の能く毒を以て薬と為すが如し」等云云、 玄義の六に云く「譬えば良医の能く毒を変じて薬と為すが如
08
 く二乗の根敗反た復すること能わず 之を名づけて毒と為す今経に記を得るは即ち是れ毒を変じて薬と為す、 故に
09
 論に云く 余経は秘密に非ずとは法華を秘密と為せばなり、 復本地の所説有り諸経に無き所後に在つて当に広く明
10
 すべし」云云、 籤の六に云く「第四に引証の中・論に云く等と言うは大論の文証なり 秘密と言うは八経の中の秘
11
 密には非ず 但是れ前に未だ説かざる所を秘と為し開し已れば外無きを密と為す」文、 文句の八に云く「方等般若
12
 に実相の蔵を説くと雖も 亦未だ五乗の作仏を説かず 亦未だ発迹顕本せず頓漸の諸経は皆未だ融会せず故に名づけ
13
 て秘と為す」文、 記の八に云く「大論に云く法華は是れ秘密・諸の菩薩に付すと、 今の下の文の如きは下方を召
14
 すに 尚本眷属を待つ験けし余は未だ堪えざることを」云云、 秀句の下に竜女の成仏を釈して「身口密なり」と云
15
 えり云云、 此等の経論釈は分明に法華経を諸仏は最第一と説き秘密教と定め給へるを 経論に文証も無き妄語を吐
16
 き法華を顕教と名づけて之を下し之を謗ず豈大謗法に非ずや。


 それだけでなく真言宗の高祖・竜樹菩薩は「法華経を秘密と名づけず。それは二乗作仏が説かれるゆえである」と釈している。
 次に二乗作仏がないことを秘密としないとするならば、真言は秘密の法ではないことになる。その理由は何かというと、大日経に「仏は菩薩に対して不思議な真言の相と道を説いて、一切の証文と縁覚と座を共にしない。また世尊はあまねく一切衆生のためにこの経を説法するのではない」とあるからである。このように二乗を嫌うことは前四味の爾前の諸経と同じであり、したがって唐決には大日経は方等部に属すると判定しているのである。大日経の経文は蔵・通・別・円の四教を含むということが明らかである。
 大智度論巻百に「問うていう。これ以外に甚深にして般若経よりも勝れているどのような法があって、般若経を阿難に付嘱し、しかもそのほかの経をば菩薩に付嘱するのか。答えていう。般若波羅蜜は秘密の法ではない。しかも法華経等の諸経に阿羅漢の未来成仏の記別を説いており、大菩薩がよく受持する。例えば大薬師がよく毒をもって薬とするようなものである」等とある。法華玄義の巻六に「譬えが良医がよく毒を変じて薬とするようなものである。二乗は五根を敗壊しており復元することができない。これを名づけて毒という。法華経で二乗が記別を得るのは毒を変じて薬とするようなものである。ゆえに大智度論に、そのほかの諸経は秘密ではないとするのは法華経のみを秘密とするからであると説いている。また法華経には久遠本地の所説があるが、諸経にはない。このことについては後に詳しく説明しよう」とある。法華玄義釈籤巻六に「第四に法華経が妙で諸経が麤であるとの文証の引用の中で、『論に云く』等というのは大智度論の文証である。秘密というのは化儀の四教と化法の四教の八教の中の秘密教ではない。ただこれは法華経以前に末だ説かなかったところを秘といい、これを聞き終わった後はそれ以外にないのを密という」とある。法華文句巻八に「方等経・般若経に実相の教えを説くといえども、まだ末だ五乗の作仏を説かず。また末だ発迹顕本していない。頓教・漸教の諸経は皆末だ融通会入していない。ゆえに名づけて密という」とある。
 法華文句記巻八に「大智度論には、法華経は秘密であり、もろもろの菩薩に付嘱すると言っている。今の下の文は、下方の菩薩を示すのは本眷属の弟子を待つということでもある。そのほかの迹化の菩薩は末だ法華経を弘通することに耐えられないことが明らかである」とある。法華秀句の巻下に竜女の成仏を釈して「身口密である」とのべている。これらの経論釈は明らかに諸仏は法華経を最第一と説き秘密教とさだめられたのに、真言宗では経論に文証もない妄語を吐き法華経を顕教と名づけて、これを見くだし謗っているのである。これはまさに大謗法ではないか。

続きを読む

真言見聞 第十章印・真言の有無が訳者に依るを明かす

17    抑も唐朝の善無畏金剛智等法華経と大日経の両経に理同事勝の釈を作るは梵華両国共に勝劣か、法華経も天竺
18
 には十六里の宝蔵に有れば無量の事有れども流沙・葱嶺等の険難・五万八千里・十万里の路次容易ならざる間・枝葉
0146
01
 をば之を略せり、 此等は併ながら訳者の意楽に随つて広を好み略を悪む人も有り略を好み広を悪む人も有り、 然
02
 れば則ち 玄弉は広を好んで四十巻の般若経を六百巻と成し、 羅什三蔵は略を好んで千巻の大論を 百巻に縮めた
03
 り、 印契・真言の勝るると云う事是を以て弁え難し、 羅什所訳の法華経には是を宗とせず不空三蔵の法華の儀軌
04
 には印・真言之有り、 仁王経も羅什の所訳には印・真言之無し不空所訳の経には之を副えたり知んぬ是れ訳者の意
05
 楽なりと、 其の上法華経には「為説実相印」と説いて合掌の印之有り、 譬喩品には「我が此の法印・世間を利益
06
 せんと欲するが為の故に説く」云云、 此等の文如何只広略の異あるか、又舌相の言語・皆是れ真言なり、 法華経
07
 には「治生の産業は皆実相と相違背せず」と宣べ、 亦「是れ前仏経中に説く所なり」 と説く此等は如何、 真言
08
 こそ有名無実の真言・未顕真実の権教なれば成仏得道跡形も無く始成を談じて久遠無ければ性徳本有の仏性も無し、
09
 三乗が仏の出世を感ずるに 三人に二人を捨て三十人に二十人を除く、 「皆令入仏道」の仏の本願満足す可からず
10
 十界互具は思いもよらず・まして非情の上の色心の因果争か説く可きや。


 そもそも唐朝の善無畏や金剛智らが法華経と大日経の両経について「理は同じであるが事において勝れている」との解釈を作ったのはインド・中国の両国に共通する勝劣なのか。法華経もインドには十六里の法蔵にあったので、無量の事相が説かれていたのであるけれども、西域の砂漠やパミール高原などの険しい難所があり、そのうえ五万八千里・十万里の遠い道のりが容易でないので枝葉は略したのである。これらは訳者の好みによるもので、広を好み略を嫌う人もあり、略を好み広を嫌う人もある。したがって、玄奘は広を好んで四十巻の般若経を六百巻に訳し、羅什三蔵は略を好んで千巻の大智度論を百巻に縮めたのである。印相や真言が説かれているかどうかで二教の勝劣は決められない。鳩摩羅什が翻訳した法華経には印相や真言を根本にしていない。不空三蔵の法華儀軌に印真言が訳出されている。仁王経も鳩摩羅什の翻訳には印相や真言がない。不空が翻訳した経には印相や真言を副えている。これらは訳者の好みによることが分かるのである。そのうえ法華経方便品第二には「無量の衆に尊まれて、為に実相の印を説く」と説いて、合掌の印がある。法華経譬喩品第三には「我がこの法印は世間を利益しようとするために説く」とある。これらの文はどうか。ただ広と略の差異だけであろう。また舌相を具えた仏の言語はすべて真実である。法華経法師第十九には「生活・産業はすべて実相とお互いに違背しない」と述べ、また同品に「これは先仏の経の中に説く所である」と説いている。これらはどうか。
 真言宗で説く真言こそ名のみ有って実のない真言であり、末だ真実を顕さない権教であるから、成仏得道の跡形もなく、始成正覚を談じて久遠実成を説かないので、衆生の本性の徳としてもともとから有る仏性も明さかにされない。であるから声聞・縁覚・菩薩の三乗が仏がこの世に出現することを感ずるのに三人に二人を捨てて、三十人に二十人を除いている。法華経方便品第二の「皆、仏道に入らしむ」との仏の本願が満足することができない。真言宗では十界互具は思いもよらない。まして非情の上の色心の因果をどうして説くことができようか。

 続きを読む

真言見聞 第11章理同事勝、劣謂勝見の外道と破る

11   然らば陳隋二代の天台大師が法華経の文を解りて印契の上に立て給へる十界互具・百界千如・一念三千を善無畏
12
 は盗み取つて我が宗の骨目とせり、 彼の三蔵は唐の第七玄宗皇帝の開元四年に 来る如来入滅より一千六百六十四
13
 年か、 開皇十七年より百二十余年なり 何ぞ百二十余年已前に天台の立て給へる一念三千の法門を盗み取つて我が
14
 物とするや、而るに己が依経たる大日経には衆生の中に機を簡ひ 前四味の諸経に同じて二乗を簡へり、 まして草
15
 木成仏は思いもよらず されば理を云う時は盗人なり、 又印契・真言何れの経にか之を簡える若し爾れば大日経に
16
 之を説くとも規模ならず、 一代に簡われ諸経に捨てられたる二乗作仏は法華に限れり、 二乗は無量無辺劫の間・
17
 千二百余尊の印契真言を行ずとも 法華経に値わずんば成仏す可からず、 印は手の用・真言は口の用なり其の主が
18
 成仏せざれば口と手と別に成仏す可きや、 一代に超過し三説に秀でたる二乗の事をば 物とせず事に依る時は印真
0147
01
 言を尊む者・劣謂勝見の外道なり。


 だから陳と随の二代に活躍した天台大師が法華経の文を会得して、印相の上に立てられた十界互具・百界千如・一念三千の法門を善無畏は盗み取って我が宗の骨目としたのである。善無畏三蔵は唐の第七代・玄宗皇帝の開元四年に、インドから中国にやって来た。釈迦如来が入滅から千六百六十四年であり、隋の開皇十七年に伝教大師が亡くなってから百二十余年である。どうして百二十余年以前に天台大師の立てられた一念三千の法門を盗み取って我が物とするのか。
 ところが善無畏の依経である大日経には衆生において機根を選別して、前四味の諸経と同様に二乗は成仏しないと嫌っている。まして草木成仏は思いもよらない。したがって、一念三千の理をいう時は盗人である。また印相や真言などの経が嫌っていようか。だからもし大日経に印相や真言を説くとっても独自のものとするには足りない。一代の諸経に捨てられた二乗の成仏は法華経に限られている。二乗は無量無辺劫の間、大日経の千二百余尊の印相や真言を修行しても、法華経にあわなければ成仏することはできない。印相は手の働き、真言は口の働きである。その手と口の本体が成仏しなければ口と手とが別に成仏することができようか。一代の経教に超過し已今当の三説に勝っている二乗の成仏の事相を無視して、事相による時は印相や真言を尊む者は、劣っているものを勝れていると謂う我見の外道である。

 続きを読む

真言見聞 第12章法華最第一の文証を挙げる

02   無量義経説法品に云く「四十余年・未顕真実」文、 一の巻に云く「世尊は法久くして後要ず当に真実を説きた
03
 もうべし」文、 又云く「一大事の因縁の故に世に出現したもう」文、 四の巻に云く「薬王今汝に告ぐ我が所説の
04
 諸経あり 而も此の経の中に於て法華最も第一なり」文、 又云く「已に説き今説き当に説かん」文、宝塔品に云く
05
 「我仏道を為つて無量の土に於て始より今に至るまで広く諸経を説く而も其の中に於て此の経第一なり」文、 安楽
06
 行品に云く「此の法華経は 是れ諸の如来第一の説なり諸経の中に於て最も為甚深なり」文、 又云く「此の法華経
07
 は諸仏如来秘密の蔵なり 諸経の中に於て最も其の上に在り」文、 薬王品に云く「此の法華経も亦復是くの如し諸
08
 経の中に於て 最も為其の上なり」文、 又云く「此の経も亦復是くの如し諸経の中に於て最も為其の尊なり」文、
09
 又云く「此の経も亦復是の如し諸経の中の王なり」文、 又云く「此の経も亦復是の如し一切の如来の所説 若しは
10
 菩薩の所説若しは声聞の所説諸の経法の中に 最為第一なり」等云云、 玄の十に云く「又・已今当の説に最も為れ
11
 難信難解・前経は是れ已説なり」文、 秀句の下に云く「謹んで案ずるに 法華経法師品の偈に云く薬王今汝に告ぐ
12
 我が所説の諸経あり 而も此の経の中に於て法華最も第一なり」文、 又云く「当に知るべし已説は四時の経なり」
13
 文、文句の八に云く「今法華は法を論ずれば」云云、 記の八に云く「鋒に当る」云云、 秀句の下に云く「明かに
14
 知んぬ他宗所依の経は是れ王中の王ならず」云云、釈迦.多宝・十方の諸仏・天台・妙楽.伝教等は法華経は真実・華
15
 厳経は方便なり、 「未だ真実を顕さず正直に方便を捨てて余経の一偈をも受けざれ」 「若し人信ぜずして乃至其
16
 の人命終して阿鼻獄に入らん」と云云。


 無量義経説法品第二に「四十余年には末だ真実を顕さず」とある。法華経巻一方便品第二に「世尊は法便の法を久しく説いた後、必ずまさに真実を説かれるであろう」とある。また同品に「一大事の因縁のゆえに、仏はこの世に出現された」とある。巻四法師品第十に「薬王よ、今汝に告げる、我が所説の諸経がある。しかも、この諸教の中において法華経が最も第一である」とある。また同品に「已に説き、今説き、当に説く、それら一切のなかにおいて法華経が最も第一である」とある。見宝塔品第十一に「私は仏道をもって無量の国土において初めから今日に至るまで広く諸経を説いてきた。しかもその中においてこの法華経がだいいちである」とある。安楽行品第十四に「この法華経は諸の如来の第一の説である。諸教の中において最もその上にある」とある。薬王菩薩本事品第二十三に「この法華経もまたまた十宝山の衆生の中に、須弥山が第一であるように、諸教の中において最もその上である」とある。また同品に「この法華経もまたまた諸の小王の中に、転輪聖王が最も第一であるように、諸教の中において最もその尊である」とある。また「この法華経もまたまた帝釈が、三十三天の中において王であるように、諸教の中の王である」とある。また同品に「この法華経もまたまた一切の凡人の中に…阿羅漢・辟支仏が第一であるように、一切の如来の所説、もしは菩薩の所説、もしは声聞の所説、諸の教法の中に最第一である」等とある。
 法華玄義巻に十に「また法華経は、已今当の三説に最も難信難解である。爾前経は已説である」とある。法華秀句巻下に「謹んで案ずるに、法華経法師品の偈に『薬王よ、今汝に告げる、我が所説の諸経がある。しかも、この諸教の中において法華経が最も第一である』」とある。また「まさに知りなさい。已説とは法華経以前の華厳・阿含・方等・般若の四時の経である」とある。法華文句巻八に「今、法華経を論ずると、実相の一法一理に帰す」とある。法華文句記巻八に「法華経は爾前の方便権教を破る鉾に当たる」とある。法華秀句巻下に「明らかに他宗の依りどころとする経は王中の王でないことを知った」とある。釈迦仏・多宝如来・十方の諸仏や天台大師・妙楽大師・伝教大師らは法華経は真実であり、華厳経は方便であるとし、「末だ真実を顕さない」「正直に方便を捨てて」「余教の一偈をも受けてはいけない」「もし人が信ぜずして…その人が命終して阿鼻獄に入るだろう」と説いている。

続きを読む

真言見聞 第13章弘法の法華第三の邪義を破す

17   弘法大師は「法華は戯論・華厳は真実なり」と云云、 何れを用う可きや、宝鑰に云く「此くの如き乗乗は自乗
18
 に名を得れども後に望めば戯論と作る」文、 又云く「謗人謗法は定めて阿鼻獄に堕せん」文、記の五に云く「故に
0148
01
 実相の外は皆戯論と名づく」文、 梵網経の疏に云く「第十に謗三宝戒亦は謗菩薩戒と云い 或は邪見と云う謗は是
02
 れ乖背の名なりスベて是れ解・理に称わず言は実に当らずして異解して説く者を皆名づけて謗と為すなり」文、 玄
03
 の三に云く 「文証無き者は悉く是れ邪偽・彼の外道に同じ」文、 弘の十に云く「今の人他の所引の経論を信じて
04
 謂いて憑み有りと為して 宗の源を尋ねず謬誤何ぞ甚しき」文、 守護章上の中に云く「若し所説の経論明文有らば
05
 権実・大小・偏円・半満を簡択す可し」文、玄の三に云く「広く経論を引いて己義を荘厳す」文。


 以上の釈尊・天台大師・妙楽・伝教の説に対し、弘法大師は「法華経は戯れの論であり、華厳経は真実である」と述べている。いずれの説を用いるべきか。秘蔵法鑰に「このような乗々は、自らの乗において当分では仏乗の真理であるとの名を得ているが、後に比べると戯れの論となる」とある。また「謗人・謗法は必ず阿鼻地獄に堕ちる」とある。
 法華文句記巻五に「ゆえに諸法実相の法門以外はすべて戯れの論と名づける」とある。梵網経疏に「第十に謗三宝戒または謗菩薩戒といい、あるいは邪見という。謗は乖背の名である。すべてこれは智解が理に合致しておらず、その言葉が真実に当たっておらず、異なった解釈をして説く者をみな名づけて謗というのである」とある。止観輔行伝弘決巻十に「今の人は他人が引用する経論を信じて頼りにできると思って、宗旨の本源を究めない、この誤りは甚だしい」とある。守護国界章巻上中に「もし所説の経論の明文があるならば権教か実教か、大乗教か小乗教か、偏教か円教か、半字教か満字教かを選別すべきである」とある。法華玄義巻三に「広く経論を引用し自分の教義を飾り立てても、権教はやはり権教であり実教にはならない」とある。

06   抑弘法の法華経は真言より三重の劣・戯論の法にして 尚華厳にも劣ると云う事 大日経六巻に供養法の巻を加
07
 えて七巻三十一品・或は三十六品には何れの品何れの巻に見えたるや、 しかのみならず蘇悉地経三十四品・金剛頂
08
 経三巻三品 或は一巻に全く見えざる所なり、 又大日経並びに三部の秘経には何れの巻・何れの品にか十界互具之
09
 有りや都て無きなり、 法華経には事理共に有るなり、 所謂久遠実成は事なり二乗作仏は理なり、善無畏等の理同
10
 事勝は臆説なり信用す可からざる者なり。


 そもそも弘法は、法華経は真言より三重の劣で戯れの教法であり、華厳経よりも劣るといっているが、大日経六巻には供養法の巻を加えて七巻三十一品、あるいは三十六品のなかで、どの品、どの巻に見えているのか。それだけでなく蘇悉地経三十四品、金剛頂経三巻三品あるいは一巻にも全く見えないところである。また大日経ならびに三部の秘経のなかで、どの巻、どの品に十界互具の法門が説かれているのか。これらのどこにも説かれていない。法華経には事・理ともに説かれている。いわゆる久遠実成は亊であり、二乗作仏は理である。善無畏らの法華経と大日経は理は同じであるが事においては大日経は勝れている」とは憶測の説である。信用できない説である。

続きを読む

真言見聞 第14章真言の邪義を五点に絞り疑難す

11   凡そ真言の誤り多き中
12
   一、十住心に第八法華・第九華厳・第十真言云云何れの経論に出でたるや。
13
   一、善無畏の四句と弘法の十住心と眼前違目なり何ぞ師弟敵対するや。
14
   一、五蔵を立つる時・六波羅蜜経の陀羅尼蔵を何ぞ必ず我が家の真言と云うや。
15
   一、震旦の人師争つて醍醐を盗むと云う年紀何ぞ相違するや、其の故は開皇十七年より唐の徳宗の貞元四年戊辰
16
 の歳に至るまで百九十二年なり 何ぞ天台入滅百九十二年の後に渡れる 六波羅蜜経の醍醐を盗み給う可きや 顕然
17
 の違目なり、若し爾れば謗人謗法定堕阿鼻獄というは自責なるや。
18
   一、弘法の心経の秘鍵の五分に何ぞ法華を摂するや能く能く尋ぬ可き事なり。


 およそ真言宗には多くの誤りがあるが、そのなかに、
 一、弘法の十住心の教判には第八は法華経、第九は華厳経、第十は真言経といっているが、どの経論に出ているのか。
 一、善無畏が立てた大日経義釈にある四句教判と弘法の十住心教判は明白に異なっている。どうして師と弟子が敵対するのか。
 一、五蔵教判を立てる時、六波羅蜜経の陀羅尼蔵をどうして必ず我が家の真言というのか。
 一、弘法は顕密二経論で「震旦の人師が争って醍醐を盗む」といっているが年記が相違するのではないか。そのゆえは天台大師入滅の開皇十七年から六波羅蜜経が中国に初めて渡った唐の徳宗の貞元四年丙辰の年に至るまで百九十二年である。天台大師は自分の入滅百九十二年後に渡ってくる六波羅蜜経の醍醐をどうして盗むことができるのか。この年代の違いははっきりしている。もしそうであれば、弘法が秘蔵法鑰に「謗人・謗法は必ず阿鼻地獄に堕ちる」というのは自己を責める言葉であろうか。
 一、弘法は般若心経秘鍵を著し、般若心経の五部のなかに法華経を収めているが、どうして法華経を入れているのか、よくよく究めるべきである。

 続きを読む

真言見聞 第15章大日如来の存在につき難ずる

0149
01
   真言七重難。
02
   一、真言は法華経より外に大日如来の所説なり云云、 若し爾れば大日の出世成道・説法利生は釈尊より前か後
03
 か如何、 対機説法の仏は八相作仏す父母は誰れぞ名字は如何に娑婆世界の仏と云はば世に二仏無く国に二主無きは
04
 聖教の通判なり、 涅槃経の三十五の巻を見る可きなり、 若し他土の仏なりと云はば 何ぞ我が主師親の釈尊を蔑
05
 にして他方・疎縁の仏を崇むるや 不忠なり不孝なり逆路伽耶陀なり、 若し一体と云はば何ぞ別仏と云うや若し別
06
 仏ならば何ぞ我が重恩の仏を捨つるや、 唐尭は老い衰へたる母を敬ひ虞舜は頑なる父を崇む是一、


 真言に対する七重の難詰。
 一、真言経は法華経より外に大日如来の説いたものである。もしそうであるなら大日如来が世に出て成道し説法し衆生を利益したのは釈尊より前か後か。衆生の機根に対して説法する仏は八相作仏する。大日如来の父母はだれで、名は何というのか、娑婆世界の仏というならば、一世界に二仏はなく、一国に二主はないのは一代聖教に通じる判釈である。これについては涅槃経巻三十五を見るべきである。もし他土の仏であるというならば、どうして我が主師親の釈尊をないがしろにして、縁の疎い他方に仏を崇めるのか。不忠である不孝である。師敵対である。もし釈尊と大日如来が一体であるというならば、どうして別仏というのか。別仏ならば、どうして我が重い恩のある釈迦仏を捨てるのか。唐尭は老いたるを敬い、虞舜は頑な父を崇めた。これが第一である。

続きを読む

真言見聞 第16章真言が五仏の説に背くを難ず

06                                              六波羅蜜経に云
07
 く「所謂過去無量ゴウ伽沙の諸仏世尊の所説の正法・ 我今亦当に是の如き説を作すべし所謂八万四千の諸の妙法蘊
08
 なり○而も阿難陀等の諸大弟子をして 一たび耳に聞いて皆悉く憶持せしむ」云云、 此の中の陀羅尼蔵を弘法我が
09
 真言と云える若し爾れば此の陀羅尼蔵は釈迦の説に非ざるか 此の説に違す是二、凡そ法華経は無量千万億の已説・
10
 今説・当説に最も第一なり、諸仏の所説・菩薩の所説・声聞の所説に此の経第一なり諸仏の中に大日漏る可きや、法
11
 華経は正直無上道の説・大日等の諸仏長舌を梵天に付けて真実と示し給う是三、 威儀形色経に「身相黄金色にして
12
 常に満月輪に遊び定慧智拳の印法華経を証誠す」と、 又五仏章の仏も法華経第一と見えたり是四、「要を以て之を
13
 云わば如来の一切所有の法乃至 皆此の経に於て宣示顕説す」云云、 此等の経文は釈迦所説の諸経の中に第一なる
14
 のみに非ず 三世の諸仏の所説の中に第一なり 此の外・一仏二仏の所説の経の中に法華経に勝れたる経有りと云は
15
 ば用ゆ可からず法華経は三世不壊の経なる故なり是五、


 六波羅蜜経に「いわゆる過去のガンジス河の砂の数ほど無数の諸仏世尊の説かれた正法について、我も今またこれと同じ説をなすのである。いわゆる八万四千のもろもろの妙法の集まりである。…しかも阿難陀とうもろもろの大弟子に、ひとたび耳に聞かせ皆ことごとく記憶させている」とある。このなかの陀羅尼蔵を弘法は我が真言といっている。もしそうであるなら、この陀羅尼蔵は釈尊の説ではないのか。これが第二である。
 およそ法華経は無量千万億の已説・今説・当説の三説のなかで最も第一である。諸仏の所説や菩薩の所説・声聞ののなかで、この法華経が第一である。諸仏の中に大日如来が漏れることがあろうか。法華経は正直で無上道の説であり、大日如来らの諸仏は長舌を梵天に付けて真実と示されたのである。これが第三である。
 威儀形色経に「大日如来の姿は金色で常に満月のようであり、定慧智拳の印を結んで、法華経を証明する」とあり、また法華経方便品第二五仏章の段で総諸仏・過去仏・現在仏・未来仏・釈迦仏の五仏も法華経を第一と説いている。これが第四である。
 法華経如来神力品第二十一に「要をもって之をいうと、如来の一切の所有の法、…皆この法華経において宣べ示し顕し説いた」とある。これらの経文は、法華経は釈尊の説いた諸経のなかで第一であるだけでなく、過去・現在・未来の三世の諸仏の所説のなかで第一である。このほか一仏・二仏が説いた経のなかで法華経よりも勝れている経があるというならば、法華経は三世にわたって壊れない経であるからである。これが第五である。

続きを読む

真言見聞 第17文証無き邪義を説く真言を難ず

15                          又大日経等の諸経の中に法華経に勝るる経文之無し是六、釈
16
 尊御入滅より已後天竺の論師二十四人の付法蔵・其の外大権の垂迹・震旦の人師・南三北七の十師・三論法相の先師
17
 の中に天台宗より外に十界互具・百界千如・一念三千と談ずる人之無し、 若し一念三千を立てざれば性悪の義之無
18
 し性悪の義無くば仏菩薩の普現色身・真言両界の漫荼羅・五百七百の諸尊は本無今有の外道の法に同ぜんか、 若し
0150
01
 十界互具・百界千如を立てば本経何れの経にか十界皆成の旨之を説けるや、 天台円宗見聞の後・邪智荘厳の為に盗
02
 み取れる法門なり、才芸を誦し浮言を吐くには依る可からず正しき経文・金言を尋ぬ可きなり是七。


 また大日経などの諸教のなかに法華経よりも勝れているきょうもんはない。これが第六である。
 釈尊の御入滅より以後、インドにおいて仏法を付嘱され伝え弘めた二十四人の論師、そのほか仏・菩薩が権に迹を垂れて現れた導師、また中国の人師、中国南部の三師・北部の七師の十師、三論宗・法相宗の先師のなかで、天台宗よりほかに十界互具・百界千如・一念三千を談じた人はいない。もし一念三千を立てなければ、仏・菩薩に本来の性分として悪を具える義はない。この生悪の義がなければ仏・菩薩が衆生を救うために普く色心を現すること、真言の金剛界・胎蔵界における両界の漫荼羅における五百・七百の諸尊は、本なくして今だけあるという外道の法と同じになるであろう。真言宗で十界互具・百界千如を立てるのは、依処とする真言の本経三部のどの経に十界がすべて成仏する旨を説いているのか。真言宗の一念三千は天台円宗の見聞の後、邪智によって自宗を飾るために盗み取った法門である。才知と技芸を唱え、無責任な言葉を吐くのには依処してはならない。正しい経文と金言を求めるべきである。これが第七である。


 

続きを読む

真言見聞 第18章文証を引き一世界一仏なるを明かす

03   涅槃経の三十五に云く「我処処の経の中に於て説いて言く 一人出世すれば多人利益す一国土の中に二の転輪王
04
 あり 一世界の中に二仏出世すといわば 是の処有ること無し」文、 大論の九に云く「十方恒河沙の三千大千世界
05
 を名づけて一仏世界と為す是の中に更に余仏無し 実には一りの釈迦牟尼仏なり」文、 記の一に云く「世には二仏
06
 無く国には二主無し一仏の境界には二の尊号無し」文、 持地論に云く「世に二仏無く国に二主無く 一仏の境界に
07
 二の尊号無し」文。
08
       七月 日                           日   


 涅槃経巻三十五に「我は所々の経のなかにおいて説いていう。一人の仏が世に出れば多くの人々が利益する。一国土のなかに二人の転輪聖王が出たり一世界のなかに二仏が世に出るという道理は決してありえない」とある。大智度論巻九に「十方の恒河の砂の数ほどの三千大千世界を一仏世界と名づける。この中に更に余仏はいない。実には唯一の釈迦牟尼仏でる」とある。法華文句記巻一に「一世界に二仏がなく国には二主がいない。一仏の教化する境界には二人の尊号はない」とある。持地論に「一世界に二仏がなく国に二主がなく一仏の教化する境界に二人の尊号はない」とある。
       七月 日                           日   

続きを読む

蓮盛抄 はじめに

 本抄の講義に入る前に、まず、本抄全体の背景と大意、構成などについて簡単にふれておきたい。
 本抄は建長7年(1255)、日蓮大聖人、聖寿34歳の御時の御述作とせれている。建長7年(1255)といえば、大聖人の立教開宗から2年後のことである。その立教開宗において、大聖人は法華経こそ釈尊一代聖教の心髄であり、根幹であることを明らかにされるとともに、法華経の真髄である南無妙法蓮華経こそ末法の人々の機根にかなった大白法であることを宣言されたのである。その立宗と同時に、法華経以外の経典を依りどころとしている既成の宗派を破られたのであるが、なかでも当時の日本において隆昌を誇っていた代表的なのが念仏宗・禅宗・真言宗・律宗の四宗であった。立宗のこの時から、これら四宗すべてに破折を加えられたどうかは定かではないが、少なくとも、初期の段階から、破折されていたことは明らかで、それが後に、念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊という「四箇の格言」となって結実する。
 さて、本性は一貫して禅宗を破折された書である。禅宗が根本の依りどころとしている経典をはじめ、その教義の一つ一つについて、具体的に詳細に破られている。当時、禅宗は武士階級に広まり、鎌倉幕府の要人たちも、盛んに禅寺を建立し、高僧たちを招いていた。
 本抄の構成は16の問答が成り立っており、そこから別名を禅宗問答抄ともいわれる。なお、表題の蓮盛抄の蓮盛という人物に宛てられた書であるところから名付けられたものとされているが、この人物については明らかなことは分かっていない。また、本抄の御真筆は存在しない。

蓮盛抄 第一章禅宗の根本の教えを破る

01   禅宗云く涅槃の時.世尊座に登り拈華して衆に示す迦葉・破顔微笑せり、仏の言く吾に正法眼蔵.涅槃の妙心・実
02
 相無相・微妙の法門有り文字を立てず教外に別伝し摩訶迦葉に付属するのみと、 問うて云く何なる経文ぞや、 禅
03
 宗答えて云く 大梵天王問仏決疑経の文なり、 問うて云く件の経何れの三蔵の訳ぞや貞元・開元の録の中に曾つて
04
 此の経無し如何、 禅宗答えて云く此の経は秘経なり故に文計り天竺より之を渡す云云、 問うて云く何れの聖人何
05
 れの人師の代に渡りしぞや 跡形無きなり此の文は上古の録に載せず中頃より之を載す 此の事禅宗の根源なり尤も
06
 古録に載すべし知んぬ偽文なり、 


 禅宗ではいう。世尊が涅槃の時、法座に登り、華を拈って弟子たちに示した。迦葉だけが顔をほころばせ微笑した。仏は「私には正法眼蔵・涅槃の妙心・実相無相・微妙の法門がある。文字を立てず教外に別伝して摩訶迦葉に付属するのみ」とわれた。
 問うて言う。これはどの経文にでているのか。禅宗が答えていう。大。梵天王問仏決疑経の文である。
 問うて言う。その経は何という三蔵の釈なのか。貞元釈教録や開元釈教録の中に全くこの経は載っていない。禅宗が答えていう。この経は秘経である。ゆえにただ経文だけをインドから中国に渡したのである。
 問うて言う。いずれの聖人、いずれの人師の世に渡ったのか。その跡形もないのである。この経文は上古の目録に載せておらず、中古から載せられている。この経文は禅宗の根源であるから、最も古い目録に載っていなければならない。それがないことから、大梵天王問仏決疑経は疑経であることが分かる。

続きを読む

蓮盛抄 第二章迦葉への付嘱の真意を明かす

06                 禅宗云く涅槃経の二に云く「我今所有の無上の正法悉く以て摩訶迦葉に付属す」
07
 云云此の文如何、 答えて云く 無上の言は大乗に似たりと雖も是れ小乗を指すなり外道の邪法に対すれば小乗をも

0151
01 正法といはん、 例せば大法東漸と云えるを妙楽大師解釈の中に「通じて仏教を指す」と云いて 大小権実をふさね
02
 て大法と云うなり云云、 外道に対すれば小乗も大乗と云われ 下﨟なれども分には殿と云はれ上﨟と云はるるがご
03
 とし、 涅槃経の三に云く「若し法宝を以て阿難及び諸の比丘に付属せば久住を得じ何を以ての故に 一切の声聞及
04
 び大迦葉は悉く当に無常なるべし 彼の老人の他の寄物を受くるが如し、 是の故に応に無上の仏法を以て諸の菩薩
05
 に付属すべし 諸の菩薩は善能問答するを以て 是くの如きの法宝則ち久住することを得・無量千世増益熾盛にして
06
 衆生を利安せん 彼の壮なる人の他の寄物を受くるが如し 是の義を以ての故に諸大菩薩乃ち能く問うのみ」云云、
07
 大小の付属其れ別なること分明なり、 同経の十に云く「汝等文殊当に四衆の為に 広く大法を説くべし今此の経法
08
 を以て汝に付属す 乃至迦葉阿難等も来らば復当に是くの如き正法を付属すべし」云云 故に知んぬ文殊迦葉に大法
09
 を付属すべしと云云、 仏より付属する処の法は小乗なり 悟性論に云く「人心をさとる事あれば菩提の道を得る故
10
 に仏と名づく」菩提に五あり何れの菩提ぞや 得道又種種なり何れの道ぞや 余経に明す所は大菩提にあらず又無上
11
 道にあらず経に云く「四十余年未顕真実」云云。


 禅宗がいう。涅槃経巻二に「私が今、有するところの無上の正法を悉く摩訶迦葉に付嘱する」とある。この文はどうか。答えていう。無上という、言葉は大乗に似ているが、これは小乗をさすのである。外道の邪法に対すれば小乗をも正法というわけである。例えば、大法東漸というのを妙楽大師の解釈のなかに「大法とは通じて仏教を指す」といって、大乗・小乗・権教・実教をまとめて大法というのである。外道に対すれば小乗も大乗といわれ、身分の低い者でも対比によっては殿といわれ、身分の高い方といわれるようなものである。涅槃経巻三に「もし法宝を阿難および多くの比丘に付嘱するならば、法が久しく住することはできない。どうしてかあというと一切の声聞および大迦葉はすべて無常であるからである。かの老人が他の贈り物を受けるようなものである。このゆえに無上の仏法をもろもろの菩薩に付嘱するであろう。もろもろの菩薩はよく問い答えるので、このような法宝は久しく住することができ、無量の千世まで利益を増すことが盛んであり、衆生を利益し安穏にするだろう。かの壮なる人が他の贈り物を受けるようなものである。このような理由から諸大菩薩にはよく問うことができるのである」とある。大乗・小乗の付嘱はそれぞれ別であることが明白である。
 同じく涅槃経巻十に「汝等よ、文殊菩薩は四衆のために広く大法を説くであろう。今、この教法を文殊菩薩に付嘱する。…迦葉・阿難らも来るならば、またこのような正法を付嘱すべきである」とある。ゆえに文殊菩薩や迦葉それぞれに大法を付嘱されたことが分かる。しかしこの時、迦葉に仏から付嘱された法は小乗である。悟性論に「人が心を悟ることがあれば菩提の道を得る。ゆえに仏と名づく」とある。だが菩提にも五種がある。どの菩提なのか。得道もまた種々ある。どの得道なのか。法華経以外の諸経に明かすところは大菩提ではない。また無上道ではない。無量義経には「四十余年には末だ真実を顕さず」とあるとおりである。

続きを読む

蓮盛抄 第三章法華の菩提の無上なるを明かす

12   問うて云く法華は貴賎男女何れの菩提の道を得べきや、答えて云く「乃至一偈に於ても皆成仏疑い無し」云云、
13
 又云く「正直に方便を捨て但無上道を説く」云云、 是に知んぬ 無上菩提なり「須臾も之を聞いて即ち阿耨菩提を
14
 究竟することを得るなり」此の菩提を得ん事須臾も此の法門を聞く功徳なり、 問うて云く 須臾とは三十須臾を一
15
 日一夜と云う「須臾聞之」の須臾は之を指すか如何、 答う件の如し 天台止観の二に云く「須臾も廃すること無か
16
 れ」云云、弘決に云く「暫くも廃することを許さざる故に須臾と云う」故に須臾は刹那なり。


 問うて言う。法華経においては貴い者・賤しい者、男性・女性はどの菩提の道を得られるのか。答えていう。法華経法師品に「仏の所説の法の一偈でも聞けば皆成仏することは疑いない」と。また方便品に「正直に方便を捨てて、ただ無上道を説く」とある。これで法華経の菩提は無上菩提であることが明らかである。また「須臾でも法華経を聞いて直ちに阿耨菩提を究めることができる」とある。この菩提を得ることは須臾もこの法門を聞く功徳である。
 問うて言う。須臾とは須臾三十を一日一夜という。「須臾も之を聞いて」とある須臾はこれをさすのかどうか。答える。そのとおりである。天台の摩訶止観巻二に「須臾も廃してはいけない」とある。止観輔行伝弘決巻に「しばらくも廃することを許さないゆえに須臾という」とある。ゆえに須臾とは刹那のことである。

続きを読む

蓮盛抄 第四章「本分の田地」を破し法華の福田を賛す

17   問うて云く本分の田地にもとづくを禅の規模とす、 答う本分の田地とは何者ぞや又何れの経に出でたるぞや法
18
 華経こそ 人天の福田なればむねと人天を教化し給ふ故に 仏を天人師と号す此の経を信ずる者は己身の仏を見るの

0152
01 のみならず過・現・未の三世の仏を見る事・浄頗梨に向ふに色像を見るが如し、経に云く「又浄明鏡に悉く諸の色像
02
 を見るが如し」云云


 問うて言う。禅宗では本分の田地に基づくことを禅の手本とする。答える。本文の田地とはどんなものか。またどの経に出ているのか。法華経こそ人天の福田である。法華経によって主に人天を教化されたのであり、ゆえに仏を天人師と称する。この法華経を信ずる者は自分自身の内の仏を見るだけでなく、過去・現在・未来の三世の仏を見ることは浄頗梨の鏡に向かうと、はっきりと姿を見るようなものである。法華経法師功徳品に「また浄明鏡に、ことごとくもろもろの姿を見るようなものである」とある。

続きを読む

蓮盛抄 第五章是心即仏・即身是仏の義を破す

03   禅宗云く是心即仏・即身是仏と、 答えて云く経に云く「心は是れ第一の怨なり此の怨最も悪と為す此の怨能く
04
 人を縛り送つて閻羅の処に到る 汝独り地獄に焼かれて 悪業の為に養う所の妻子兄弟等・親属も救うこと能わじ」
05
 云云、 涅槃経に云く「願つて心の師と作つて心を師とせざれ」云云、 愚癡無懺の心を以て即心即仏と立つ豈未得
06
 謂得・未証謂証の人に非ずや。


 禅宗がいう。是心とは即ち仏であり、是身は是れ仏と。答えていう。正法念処経に「心は是れ第一の怨である。この怨は最も悪となす。この怨はよく人を縛って、閻魔王の所に送るに至る。汝一人が地獄の炎に焼かれて、悪業のために、養っている妻子や兄弟など親族をも救うことはできない」とある。涅槃経に「願って心の師となって心を師としてはいけない」とある。
 愚かで恥を知らない心をもって即心は即ち仏とたてるのは、末だ得ざるを得たりと謂い、末だ証せざるを証せりと謂う人ではないか。

07   問う法華宗の意如何、答う経文に「具三十二相・乃是真実、滅」云云、或は「速成就仏身」云云、禅宗は理性の仏
08
 を尊んで己れ仏に均しと思ひ 増上慢に堕つ定めて是れ阿鼻の罪人なり、 故に法華経に云く 「増上慢の比丘は将に
09
 大坑に墜ちんとす」


 問う。法華経の意はどうか。答える。法華経化城喩品に「三十二相を具す、乃ち是れ真実の滅である」とある。あるいは寿量品に「速やかに仏身を成就する」とある。しかし禅宗は理としての仏性を尊んで自己が仏に等しいと思い、増上慢に堕ちる。必ずこれは阿鼻地獄に堕ちる罪人である。ゆえに法華経方便品に「増上慢の僧はまさに大きい坑に堕ちようとする」とある。

続きを読む

蓮盛抄 第六章毘廬の頂上を踏むとの義を破す

09          禅宗云く毘盧の頂上をフむと、 云く毘盧とは何者ぞや 若し周遍法界の法身ならば山川・大地
10
 も皆是れ毘盧の身土なり是れ理性の毘盧なり、 此の身土に於ては狗・野干の類も之をフむ禅宗の規模に非ず・若し
11
 実に仏の頂をフまんか梵天も其の頂を見ずと云えり 薄地争でか之をフむ可きや、 夫れ仏は一切衆生に於いて主師
12
 親の徳有り 若し恩徳広き慈父をフまんは不孝逆罪の大愚人・悪人なり、 孔子の典籍尚以て此の輩を捨つ況んや如
13
 来の正法をや豈此の邪類・邪法を讃めて 無量の重罪を獲んや云云、 在世の迦葉は頭頂礼敬と云う滅後の闇禅は頂
14
 上をフむと云う恐る可し。


 禅宗では毘盧遮那仏の頭の頂を踏むという。ではその毘盧遮那仏とは何者なのか。もし法界に周く遍する法身ならば、山川や大地もすべて毘盧遮那仏の身体である。それは理としての仏性の毘盧遮那仏である。この理としての身体においては犬や狐の類も踏む。禅宗の手本になるものではない。もし実際に仏の頭の頂を踏むというのであれば、梵天もその頭を見ることができないといっているのに、薄地の凡夫がどうしてその頂を踏むことができようか。仏は一切衆生において主・師・親の三徳がある。恩徳の広い慈父を踏むなどというのは不幸で逆罪の大愚人・悪人である。中国の孔子の書物においてもなおこの輩を捨てる。まして如来の正法においてはなおさらである。このような邪な者や邪な法を誉めて無量の重罪を得てよいものであろうか。釈尊在世の迦葉は頭の頂を礼し敬うといっている。滅後の愚かな禅宗の者は頭を踏むという。恐るべきことである。

続きを読む

蓮盛抄 第七章教外別伝不立文字の教義を破す

15   禅宗云く教外別伝不立文字、 答えて云く凡そ世に流布の教に三種を立つ、一には儒教此れに二十七種あり、二
16
 には道教此れに二十五家あり、 三には十二分教・天台宗には四教・八教を立つるなり此等を教外と立つるか、医師
17
 の法には 本道の外を外経師と云う人間の言には姓のつづかざるをば外戚と云う 仏教には経論にはなれたるをば外
18
 道と云う、 涅槃経に云く「若し仏の所説に順わざる者有らば当に知るべし是の人は是れ魔の眷属なり」云云、弘決

0153
01 九に云く「法華已前は猶是れ外道の弟子なり」云云、


 禅宗がいう。教の外に伝えて文字を立てずと。答えていう。およそ世の中に流布している経に三種を立てる。一つには儒教、これに二十七種ある。二つには道教、これに二十五家がある。三つには十二分教、天台宗では四教・八教を立てるのである。禅宗はこれらを教の外と立てるのか。医師のきまりでは医学本道の外を外経師という。人間の言葉では姓が同じに続いていないのを外戚という。仏教では経論に離れたのを外道という。涅槃経に「もし仏の所説に順わない者がいれば、まさに知りなさい。この人は魔の眷属である」とある。止観輔行伝弘決巻九に「法華経以前はなお外道の弟子である」とある。


 

続きを読む

蓮盛抄 第八章重ねて禅宗の天魔・外道なるを明かす

01                          禅宗云く仏祖不伝云云、 答えて云く然らば何ぞ西天の二十
02
 八祖東土の六祖を立つるや、 付属摩訶迦葉の立義已に破るるか自語相違は如何、禅宗云く向上の一路は先聖不伝云
03
 云、答う爾らば今の禅宗も向上に於ては解了すべからず若し解らずんば禅に非ざるか凡そ向上を歌つて以てキョウ慢
04
 に住し未だ妄心を治せずして見性に奢り機と法と相乖くこと 此の責尤も親し旁がた化儀を妨ぐ 其の失転多し謂く
05
 教外と号し剰さえ教外を学び文筆を嗜みながら文字を立てず 言と心と相応せず 豈天魔の部類・外道の弟子に非ず
06
 や、


 禅宗が仏爼は伝えずという。答えていう。それではどうしてインドの二十八祖・中国の六祖を立てるのか。大梵天王問仏決疑経に摩訶迦葉に付嘱したという立義が既に破れているではないか。自らの言葉のうちで相違しているが、どうか。
 禅宗がいう。向上の一路である悟りは先代の聖人も伝えずということである。答える、そうであるならば今の禅宗も向上のおいては悟ることができないわけである。もし悟らなければ禅ではないだろう。およそ向上の一路を歌って慢心に住し、末だ妄心を治せないのに、わが心性を見れば仏であると奢り、衆生の機根と仏の法と乖離することに対し、その責めは最も大きく、いずれにしても仏の真実の化導を妨げる。その過失はますます多い。すなわち教外といいながら、そのうえ教外を学び、文筆を好んで親しみながら文字を立てないという。言葉と心と相応しない。まさに天魔の眷属であり外道の弟子ではないか。

続きを読む
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

Tommy

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード