日厳尼御前御返事    弘安三年十一月    五十九歳御作
01   弘安三年十一月八日、 尼日厳の立て申す立願の願書並びに御布施の銭一貫文又たふかたびら一つ法華経の御宝
02
 前並びに日月天に申し上げ候い畢んぬ、 其の上は私に計り申すに及ばず候 叶ひ叶はぬは御信心により候べし全く
03
 日蓮がとがにあらず、 水すめば月うつる風ふけば木ゆるぐごとく・ みなの御心は水のごとし信のよはきはにごる
04
 がごとし、信心の・いさぎよきはすめるがごとし、 木は道理のごとし・風のゆるがすは経文をよむがごとしと・を
05
 ぼしめせ、恐恐。
06
       十一月二十九日                   日 蓮 花 押
07
     日厳尼御前御返事

弘安三年十一月八日、尼日厳が立てられた立願の願書、ならびに御供養の銭一貫文、また太布で仕立てられた単衣ひとつ、法華経の御宝前にお供えし、日月天にもその旨を、申し上げておきました。
 その上は自分勝手に御本尊の功徳を推し量ってはなりません。あなたの願いが叶うか叶わないかは、御信心によるのです。
 全く日蓮が失ではありません。例えば、水が澄めば月はきれいに映り、風が吹けば木の枝が揺れるように、人の心は水のようなものであり、信人が弱いのは、水が濁っているようなものです。信心がスッキリしているのは水が澄んでいるようなものです。木は仏法の道理のようなものであり、風がその木を揺り動かすのは、ちょうど修行して経文を読むようなものであると、心得ていきなさい。恐恐。
       十一月二十九日                   日 蓮 花 押
     日厳尼御前御返事

 本抄は、弘安3年(12801029日、日蓮大聖人が59歳の時、身延で著されたお手紙で、日厳尼から「立願」の願文と御布施および帷子を送って来たのに対して与えられた御返事である。
 日厳女については、日亨上人は弟子檀那列伝に「
日厳尼等も不明ながら此人の所縁であろう」(21高橋六郎入道05)と推測されている。また岩本実相寺日源の母であるともいわれているが詳らかではない。
叶ひ叶はぬは御信心により候べし全く日蓮がとがにあらず
 願いが叶う、叶わないは信心の厚薄によるのであり、大聖人の失ではないとの仰せである。
 日厳尼の「立願」については、その内容は不明であるが、大聖人のもとへ願書としてしたためて送ってきたのであるから、よほどの心配ごとか悩みがあったのであろう。それに対して、大聖人は、法華経信仰の基本姿勢を明確に教えられている。願いが叶うか叶わないかは、全てその人の信力によるとの仰せは、凡夫である我々が、ともすると陥りがちな他力本願的な考え方を根本的に打ち破られている。「立願」の内容がわからないので、ここでは断定的なことはいえないが、大聖人のこの厳たる信心指導を拝すると、日厳尼の胸中には御本仏である日蓮大聖人に直接自分の願いを訴えれば、必ず願いを叶えてもらえるのではないかという甘えがあったのではなかろうか。もし、そうだとすれば、この指導は、日厳尼の信心の甘えを根本から正された指摘であり、自主性のある確固とした信心に立つべきでることを教えられた、まさに厳父の愛の指導と拝せよう。
 我々凡夫の常として、割合い都合よく事が運んでいるときには、御本尊への感謝を忘れてしまうのである。逆に、何か不都合なこと、悩みが出てくると御本尊に願い、結果が、なかなか顕われないと、これだけ祈っているのに、と思ってしまう。こういう信心の姿勢もやはり、本当の正しいあり方とはいえない。水の流れるように、信心が何よりも大切である。普段は、御本尊を忘れ何かのときに思い出して拝むというような甘えた信心は、法華経の信心とはいえないのである。
 願いが叶わないのは、御本尊に力がないからではなく、信力・行力が弱いからである。仏力・法力は無限である。所詮、甘えた信心だからであり、真剣な祈りを欠き、心の底から信じて祈っていかないからである。その心の不信が、そのまま現実の姿のうえに、現われているに過ぎないことを知るべきであろう。
 南無妙法蓮華経と唱える我が一念は、全宇宙に遍満していく。御本尊に強い一念をとどめて題目を唱えるとき、生命に力強く躍動する仏界が湧現し、願いが叶っていくのである。
水すめば月うつる風ふけば木ゆるぐごとく・みなの御心は水のごとし信のよはきはにごるがごとし、信心の・いさぎよきはすめるがごとし木は道理のごとし・風のゆるがすは経文をよむがごとし
 「信心の・いさぎよきはすめるがごとし」「風のゆるがすは経文をよむがごとし」といわれているように、祈りを叶えさせる信心には、純真な信ずる心と、強い実践が必要である。
 水が澄めば月が映るとおおせられている“月”とは、師子王のごとき智慧と力である。妙法の功力を疑わない、澄んだ信心があってこそ、この偉大な仏界の生命が私たち凡夫の身にあらわれるのである。
 しかしながら、ただ純真に信じているということだけでは十分ではない。こうして己心に顕現した仏性の智慧と力をもって、現実の問題解決に取り組まなければ、結果をあらわすことはできないのである。
 さらに「経文をよむ」と表現されている仏法の実践は“木=道理”をゆるがす“風”に相当する。道理をゆるがすとは、直面している事態を少しでも有利なように変革することといえよう。真剣な仏法の実践を行なうことによって、客観情勢そのものも変えることができるのである。
 「経文をよむ」代表として示されている実践とは、勤行・唱題であり、化他の折伏弘教の展開であることは諸御抄に照らしていうまでもないところであろう。