椎地四郎殿御書(如渡得船御書)2012:02号大白蓮華より。先生の講義

「仏の使い」の誉れも高く堂々と語りゆけ

 「われわれこそは、如来につかわされた尊い身分であると確信すべきであります。自分をいやしんではなりませぬ」
 草創学会の機関紙「価値創造」に綴られた御師・戸田先生の御指導であります。
 「『仏の使い』であります。如来につかわされた身分であります。凡夫のすがたこそしておられ、われら学会員の身分こそ、尊極・最高ではありませんか」
 昭和21年(1946)学会再建のため、戦後の荒野に戸田先生がただお一人、立ち上がられたあたりのことでした。長く苦しい、皆が不幸のどん底にあえいでいた時代です。
 そのなかにあって、戸田先生は、学会員の尊い使命を教えてくださったのです。
 学会員の皆さんこそ、まぎれもなく「仏の使い」「如来の使い」である。
 “仏の理想を全民衆に弘めゆく最極・最高の仏法にほかならない”」
 戸田先生の叫びは、会員の心奥に火を灯しました。“わが生命”に目覚めた人間ほど、強いものはありません。一人一人の胸中に、勇気が生まれました。勇気が湧きました。そして希望が芽生えてきました。
 戸田先生の75万世帯の成就といっても、その本質は、一人一人の使命の自覚から始まったのです。目の前の友人と共に、幸福への大道を歩みゆく、「仏の使い」として生きる実践が、尊極の歓喜を生み、地涌の陣列を喜々として拡大していったのです。
 日蓮仏法は、万人に「如来の使い」の自覚と、如来と同じ慈悲行を促し「幸福の人生」「勝利の人生」を拡大してゆく宗教です。
 この尊い「仏の使い」すなわち、「法華経の行者」の使命と大功徳を教えられている御書が、今回学ぶ「椎地四郎殿御書」です。
 私自身「若き日より暗唱するほど胸に刻んできた御書の一つです。「伝統の2月」を迎えるにあたり、今再び、全学会員の同志と共に、仏法を語り抜く誉れの使命を学んでいきたいと思います。
1448
椎地四郎殿御書    弘長元年四月    四十歳御作
01   先日御物語の事について彼の人の方へ相尋ね候いし処・仰せ候いしが如く少しもちがはず候いき、 これにつけ
02 ても・いよいよ・はげまして法華経の功徳を得給うべし、 師曠が耳・離婁が眼のやうに聞見させ給へ、末法には法
03 華経の行者必ず出来すべし、 但し大難来りなば強盛の信心弥弥悦びをなすべし、 火に薪をくわへんにさかんなる
04 事なかるべしや、 大海へ衆流入る・されども大海は河の水を返す事ありや、 法華大海の行者に諸河の水は大難の
05 如く入れども・かへす事とがむる事なし、 諸河の水入る事なくば大海あるべからず、 大難なくば法華経の行者に
06 はあらじ、天台の云く「衆流海に入り薪火を熾んにす」と云云、
――――――
 先日話されていたことについて、彼の人のほうに尋ねたところ、あなたが仰せになられたのと少しの違いもなかった。これにつけてもいよいよ信心に励んで法華経の功徳を得られるがよい。師曠の耳・離婁の眼のように聞いたり見たりされるがよい。末法には法華経の行者が必ず出現する。ただし大難に値えば強盛の信心でいよいよ喜んでいくべきである。火に薪を加えるに火勢が盛んにならないことがあろうか。大海には多くの河水が流れ込む。しかし大海は河水を返すことがあるだろうか。法華経という大海、またその行者に、諸河の水は大難として流れ込むけれども、押し返してとがめたりすることはない。諸河の水が入ることがなければ大海はない。大難がなければ法華経の行者ではない。天台大師が「多くの河水が海に流れ入り、薪は火を熾んにする」というのはこれである。

青年こそ、鋭い眼と確かな耳を持て
 本抄は、日蓮大聖人は門下の椎地四郎に与えられた御書です。椎地四郎あての御書は本抄だけであり、どのような人物であったか詳しくは分かっていません。
 ただ、本抄の末尾に「四条金吾殿に見参候はば能く能く語り給い候へ」と仰せられ、また四条金吾や富木常忍に宛てた御書に椎地四郎の名前を見ることができます。これらのことから椎地四郎は、大聖人の晩年、各地の門下と大聖人のもとを行き来し、門下の様子を大聖人に報告し、また大聖人のお心を門下に伝える役割を担っていたようすがうかがえます。師匠からの信頼も厚く、師弟の歴史に名をとどめていた模範の門下であったのではないでしょうか。
 本抄の冒頭では、椎地四郎が、大聖人に対し何らかの御報告をしたことが記されています。その件について大聖人が、その人に確認をされたところ、四郎の報告と全く同じであったと仰せです。
 報告を受けて、大聖人は、四郎が私心なくありのまま正確に伝えたことを賞讃し、いよいよ信心に励んで「法華経の功徳」を得ていくよう励まされているのです。そして「師曠が耳」「離婁が眼」のように、今後も適確に、正確に物事を見聞していくよう教えられています。
 この仰せから推察するに、四郎に「法華経の功徳」を受けなさいと言われている六根清浄の功徳のことかもしれません。同品では、法華経を人々に弘め教える人には、六根、すなわち清らかで優れた眼や耳をもつて、自身と人々を守り導いていける功徳があると説かれています。信心で磨いた生命に具わる豊かな力で、真実をありのままにとらえ、智慧を発揮し困難を打ち破り、福徳を聞いていく功徳があるのです。
 この「師曠」と「離婁」については、戸田先生もよく話題にされ、青年に教えてくださいました。“時代・社会の変革のため、広布を誤りなく進展させゆくため、青年は何事にも真実を見極める鋭い「眼」、真実の声を聞き分ける確かな「耳」を持て”。私自身、常にこのことを心に刻み、戸田先生のもとで万般にわたる訓練を受け切りました。
大難こそ法華経の行者の証し
 それは末法の悪世において、「法華経の功徳」をうけていくために知るべき最も大切な真実とは何か、続く御文で、大聖人は厳然と仰せになられています。
 「末法には法華経の行者必ず出来すべし」
 ここで「必ず」と仰せです。もし法華経の行者が出現しなければ、仏の金言が虚妄になってしまう。仏の言葉が真実である以上、必ず、末法に民衆を救う法華経の行者が出現しないわけがない。そう読まずして、法華経を読んだことにはなりません。
 そして、何よりも、この法華経の行者の実践を貫き、経文を証明してきたのが、日蓮大聖人にほかなりません。
 そのうえで「但し」以下の御文では、法華経の行者の要件が綴られています。その根本が「大難来りなば強盛の信心弥弥悦びをなすべし」との仰せです。
 いかなる大難にも真正面から立ち向かい、勝利し、悠然と乗り越えていくのが、法華経の信心です。御書には「悦び身に余りたる」(1343-08)「大に悦ばし」(0237-12)「いよいよ悦びをますべし」(0203-07)と「大難」即「歓喜」の仰せが随所に示されています。
 どんな大難があっても、正法弘通に生き抜き、目の前の苦悩を取り除き、幸福の種を心田に植えていく悦びに勝るものはない。この最高にして最強、そして最尊の人生を促す力が、法華経に具わっています。法華経に生きること自体が、最高の幸福なのです。
 本抄では大難に挑む法華経の行者の境涯について、天台大師の『摩訶止観』の文に即して、二つの側面から仰せになられています。
 一つには、法華経の行者の境涯を「火」に、大難を「薪」に譬えられています。火に薪をくべれば、火の勢いはますます盛んになります。それと同様に、難が起れば信心の炎はいやまして燃え上がり、法華経の行者としての自覚と確信も強く盛んになるのです。
 もう一つは、法華経の行者の境涯を「大海」に、大難を「衆流」あるいは「河の水」「諸河の水」に譬えられています。「法華大海の行者」とも仰せです。大海には河の水が流れ込もうが、それを押し返すことはありません。反対に、注ぎ込まれる水を受け入れて、海はさらに豊かになっていくのです。
 「大海へ衆流入る・されども大海は河の水を返す事ありや」
 この御文を拝するたびに、いかなる迫害にも屈することなく、悠々と大難を受け入れ、勝ち越えられた大聖人の広大な御境涯が偲ばれ、深い感動を新たにします。
 ともあれ、難があるからこそ、信心の炎が燃え上がる。大海のごとき広大な境涯を開いていける。そして必ず仏になれる。信心があれば、大難こそ宿命転換の絶好の機会ととらえていけるのです。
 さらには「大難なくば法華経の行者にはあらじ」と仰せです。法華経に説かれたとおりに大難が起るということとは、末法の法華経の行者としての実践が正しかったという何よりの証左となるのです。
牧口先生「真の行者であれ」
 大聖人の御在世当時、世間でも、法華経を信じたる者たちは少なからずいました。しかし彼らは、ただ自らの功徳を求めて講義を聴いたり、写経をしたりするだけにすぎませんでした。それは「困難な時代に、命懸けで迷い悩める人を、一人も残らず断じて救う」という仏の真意とは、かけ離れた法華経観であったのです。
 この当時の法華経を敢然と打ち破られたのが、大聖人の死身弘法の「行者」としての大闘争であられました。
 創価の父・牧口先生が「信者」と「行者」を厳格に立て分けられていたことも有名です。牧口先生は獅子吼されました。
 「魔が起るか起らないかで信者と行者の区別がわかるではないか」
 すなわち、自分だけの利益を願い、三障四魔との戦いのない者は、ただの「信者」にすぎないと喝破されました。広宣流布のために菩薩行に励み、三障四魔と戦っていく人こそ、真の「行者である」教えられたのです。
 この精神の通りに、「行者」としての実践を貫いてきたのが創価三代の師弟であり、誉れの学会員の皆様方にほかなりません。ゆえに学会の前進に、三障四魔や三類の強敵が競い起こることは必然です。そしてまた、学会員の一人一人が、「法華経の行者」であるからこそ、学会は幾多の難を勇敢なる信心で受け止め、厳然と勝ち越えていくことができたのです。