2013年12月

2013年12月28日

2013(平成25)年 伊南川は、
3月横浜のフイシングフェスティバル出展に始まり、
4月1日渓流釣り解禁、7月16日鮎釣り解禁と続き、
18号台風で釣りシーズン終了。

渓流はまずまずの釣果で終了しましたが、
渓流ファンが非常に多い黒谷川が
3年前の豪雨災害からまだまだ回復せず、
未だ入川すらできません。

黒谷川の回復には十年くらいかかるかもしれませんが、
源流域には魚が残っており、
復旧工事が終了すれば、元の姿に戻るとおもいます。

尺ヤマメの本流釣りは初心者でも楽しめると好評です。

鮎については、解禁当初から
雨、雨 増水、増水にたたられたシーズンでした。
釣果は釣れた人釣れなかった人さまざまですが、
南郷地区は釣れたようです。

来シーズンは種苗を慎重に選択し、湖産あゆを上手に使い、
誰もが友釣りを楽しめる川になるよう努力したいと思います。

今シーズンも伊南川をごひいきいただきありがとうございました。
皆様 良い年をお迎えください。

やませみ


南会津西部漁協inagawafish at 12:49│おしらせ | 伊南川 |

2013年12月18日

131218田吾作前

伊南川橋『小塩橋』


初心者シニアの釣り人の人気ポイント
通称田「吾作前」

川相は瀬トロ瀬と続き
入川し易い場所として
上流域でフアンが非常に多いです

3年前の豪雨で川相が大きく変化したが
今シーズン多くのフアンが訪れました

2013年度は状態は良くなかったものの
終盤には大きいサイズの鮎が釣れ
入釣者も多かったです


2013年度は全国の鮎河川で増水にごり
消化不良でシーズンを終わった
鮎釣りフアンが多いのではないだろうか?

2014年度は
暑い太陽の下で
鮎釣りを楽しみたいものです。


やませみ


南会津西部漁協inagawafish at 20:34 |

2013年12月09日

131209新伊南川橋

新伊南川橋

上流域の人気ポイント
新伊南川橋です

2013年度は全く状態が悪く
原因は砂が流入した為に
群れあゆ状態が最後まで解消できず
シーズンが終わりました

上流域で災害復旧工事が継き
川底が安定しないため
絶えず砂が流れ
鮎達にストレスがたまり
結果、病気の発生というパターンです

それでも終期には25センチ前後の大きい鮎がつれましたが
魚が薄く数はつれなかった

次年度は種苗あゆをダム湖系に変えて
集中しての放流を考えています

乞う ご期待!


やませみ


南会津西部漁協inagawafish at 10:51 |

2013年12月01日

131201山里橋

山里橋

ダイワマスターズが過去3年間開催された会場
山里橋です

大きい鮎が解禁当初から釣れるポイントとして
多くの山里橋フアンの絶大なる支持をうけています

川相も
下流の瀬は大きい石小さい石のバランスが非常に良く
シーズン終了時まで良く釣れ
友釣りマンの人気の場所です

上流は災害工事の影響ですっかり変わってしまい
がっかりです

川は人間の手が入ると元に戻るまで10年もかかるでしょう
困ったものです
また元の山里橋にはやくもどって欲しいものです


やませみ


南会津西部漁協inagawafish at 10:35 |
ギャラリー
  • 雪、雪、雪。。。。!
  • 新年を迎えて。。。。。
  • 冬が来た!
  • 雪がふりました。。。。
  • 冬囲い。。。
  • 熊さんに。。。。。
  • お天気、最高の日曜日。。。。。
  • 伊南川、釣れ出す!
  • 伊南川、釣れ出す!