2016年10月

2016年10月31日

aed91c88.jpg

大宮橋

 

今年、中流域で、一番釣れたのが大宮橋か?...

橋直下は、昨年の豪雨による砂の流入のため、
釣りにならず

下流のザラ瀬がすごく釣れ、型も大っきいサイズ、
そのためかいつも混み合う

橋上流で堰工事が始まり、
今後どうなるか、変化に注目したい



街裏堰下も良く釣れたポイント
非常に入りやすく、年配の方に絶対の人気

静かに友釣りを楽しむ場所。。。。
ここも豪雨のため砂が入り、昨年よりも悪くなった



災害がある度に砂が入り、
川の状態が悪くなっていく、
悲しくなります

 


やませみ



2016年10月29日

67a006d3.jpg
富田橋

 

昨年爆釣した、富田橋ですが、
今シーズンは解禁以来、状態が芳しくなく、
一時釣れた時期もあったが、
不調のシーズンだった


渇水と昨年の豪雨で川相がすっかり変わって
底石が落ち着かなく、砂が入ったのが原因?


放流量は多いのですが、
群れアユも原因の一つか?



高校裏は、やはり豪雨のため、
堰下の右岸側の流れがなくなった

この流れは釣り人に人気の流れで、
よく釣れたポイントだった

それでも、群れアユながら、よく釣れたようです

左岸側の群れアユをうまく捕まえて
大釣りした人も多かった。。。


今、堰下で災害工事がはじまり、
来年度も変化があるかもしれません


漁協では常に元の状態に戻すよう指導しています


川は大きい増水があると
元に戻るのに5年くらいかかるようです

 

 

やませみ




2016年10月25日

d4308240.jpg

赤岩上流

 

【下流域】
平成28年度、明和地区(只見町)を振り返る

明和地区は山里橋、中ノ橋、赤岩などの好ポイントがある地区です

平成27年9月 関東・東北豪雨で増水、川相がすっかり変わってしまい、状態は良くなかった

解禁以来、釣果も伸びず、それに超渇水が追い打ちをかけ、鮎は群れて深場に集まり

和泉田橋下の深場に集中、このポイントだけが好調だった

自然の影響だから仕方がないが、毎年大きな変化があると放流河川は困ってしまう

山里橋の瀬が2本に分かれたのが痛い!

来年は大きな災害が無いこと祈るばかり。。。。

 

やませみ




2016年10月18日

a83f8f33.jpg

ホンシメジ

 

伊南川上流域には、豊かなブナ・ナラ等の広葉樹の原生林がたくさん自生しています

この原生林が伊南川の清流の源なのです

豊かな自然が色々な恩恵を私たちに与えてくれます

春は山菜、夏は豊かな水を、秋にはキノコを私たちに与えてくれます

キノコといえば、ご存じのマツタケが有名ですが、食べてはホンシメジが一番美味い.....

ごはん良し、汁また良し、炒めてまた味よし

天然のホンシメジはなかなか手に入らない。。。

川からあがったカッパは今日もシメジ採り、
今日の収穫です

 

やませみ




2016年10月16日

アユ・渓流釣りがオフシーズンとなり、
伊南川は静かに秋の深まりを迎えています


紅葉はまだ高い所だけで、
伊南川沿いはまだまだこれからです


そんな中、このほど、
ウグイ、イワナの稚魚放流がありました

魚族の増植において、大事なことです


私は川から山へと足が向いていますが、
伊南川の流れを見ると寂しくなります


このところ、寒くて、朝の気温3℃が続いています

キノコ汁でも食べながら寒さをしのぐしかないです。。。。。。。。。

皆様、風邪など引きませぬように。。。。。

 

やませみ




南会津西部漁協inagawafish at 22:40│渓流釣り | 放流 |
ギャラリー
  • 台風24号の影響、伊南川支流にも!
  • 川から陸に。。カッパは?
  • 鮎、終了
  • また増水か。。。
  • 曇りのち晴れ
  • 雨のち晴れ。。。。
  • 雨のち晴れ。。。。
  • 寒い!
  • まだまだ釣れるよ、伊南川!