怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

ネット上の不思議な話、怖い体験、そんな話をまとめています。


78 :本当にあった怖い名無し:2007/08/27(月) 09:47:08 ID:+14uLJ/j0
オカルト板新参だけど、ちょっと話を聞いてくれ。
この前ちょっと婆ちゃんの田舎に帰ったんで、そんときの話をする。

俺の婆ちゃんちは九州のとある田舎にあるんだが、子供の頃は夏休みとかによくそこに泊まって、山ん中で遊んでた。
先月にその婆ちゃんが脳梗塞で死んだ。
白髪ながらも艶のあった綺麗な髪をしてた婆ちゃんがほとんど坊主みたいになって棺おけ入ってるのを見て思わず泣いた。
俺は両親が共働きで、婆ちゃんが育ての親みたいなもんだったから、すごく悲しかった。
んで、今年の夏を利用して、婆ちゃんが住んでた家(今は空き家)に俺は行くことにした。
婆ちゃんの遺品でも見つかればいいな、ぐらいに思ってた。

婆ちゃんちが建ってる山の入り口っぽいところまで来たんだが、そんときに変なババアが、おそらくババアの家であろうボロ屋(山の入り口の脇に建ってた)から飛び出してきて、「なんばしよる!!」みたいなことを叫んで正直びびった。
そのままダッシュですり抜けようと思ったが、「頭がおかしい可哀想な婆ちゃんかも分からん」と思い直して、山の上に自分の亡き婆ちゃんの家があることを言った。
そこに思い出の品があるかも、と。
そしたら婆ちゃんが俺の目をじっと見たあと、(片目が潰れた感じでキモくて見詰め合うのがキツかった)家の中に引っ込んだかと思うと、しばらくして出てきた。
片手に裁縫バサミ。(あのデカい奴。錆びてて年季モノでゴツかった)

流石にびびりまくった俺は逃げようかと思ったんだが、
そしたら婆ちゃんが「頭出し(出せ?)。髪ん毛切る」とか言い出して(余談だが俺はロンゲメッシュが自慢)丁重にお断り申し上げて、チキンな俺は一目散に逃げた。

続きを読む
(ここで続きを読む)


957 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 14:42:40 ID:diX11Gfa0

この間、本当にあった話。 実話だからオチとかないけど。。。

友人と酒飲みに行ったのよ。くだらない話をしながら飲んで。

気づいたらみんなフラフラなのねw

で、そのまま外でてさ。次どうするか~とかいいながら歩いてたの。

そのころたしか夜の11時くらい。

そしたらいきなり、友人のAがすっころんだのよ。

これだよ酔っ払いは~とかいいながら引き起こそうとしたんだけど

なにを意地張ってるんだかなかなか起き上がろうとしない。

続きを読む
(ここで続きを読む)


845 :1/2:2007/08/25(土) 02:58:47 ID:Zv/8f9wK0
5年ほど前、学校や会社の備品(蛍光灯とかね)を配達するバイトをしてた。
1日10件ほどを車でのんびり回る楽なバイトだった。
ある日、いつものように小学校に配達に行ったら、用務員のおじさんが
「この備品は体育館の倉庫にいれておきたい」って言うから、二人で荷物抱えて体育館に行った。

その日は夏休み中だったので学校に児童は居なかった。
体育館もシーンと静まりかえっていた。
倉庫は舞台の上手(かみて)から下手(しもて)に抜ける地下通路にあった。
10年ぶりぐらいに小学校の体育館の舞台に上がり
『なつかしいな~。舞台こんなに低くかったっけ?』などとキョロキョロしていた。
そのとき視線を感じてふと天井を眺めた。
すると舞台の天井に架かっている橋(お芝居のとき紙の雪とか降らす所)から、低学年ぐらいの水色の服を着た女の子がこちらを見下ろしていた。
『なんであんなところに女の子がいるんだ?』と、不思議に思いながら見ていると、
用務員のおじさんが

「あ~見ない見ない。あんまり見ていると君についてきちゃうよ」

と、言って地下通路の倉庫の方に歩いていった。
・・・俺についてくる!?
なんか背筋に寒気がはしり、俺は急いでおじさんの後を追った。
続きを読む
(ここで続きを読む)


681 :1/3:2007/08/24(金) 00:17:06 ID:i+pDIZ0u0
十数年前の話なので、色々足したり引いたりしながら書きます。

小学5年生の頃の話。
ウチのクラスは健康の為に、早朝マラソンを義務付けられていた。
1時間目が始まる前に、学校の外周を走らなければならない。
俺と友人は走るのが嫌で、他のクラスメイトより30分早く学校に行き、走ったフリをし、サッカーとかして遊んでいた。

その日はいつもより早く学校に着いたので、サボり仲間の友人はまだ来ていなかった。
7時00分。友人が来るまであと15分、他の生徒が来るまであと45分ぐらい。
1人でサッカーしてもつまらないので、教室で友人を待つことにした。

学級文庫の『まんが日本の歴史』を読みながら待っていると、人のクスクス笑う声がしたので顔を上げた。が、誰もいない。
「アレ?」と思っていると、教室の入り口の隅にある掃除用具入れが少し開いていて、そこから誰かがコチラを覗きながら笑っている。
暗くて顔は確認できなかったが、そんなことするのは馬鹿な友人に決まっている。
俺は、「あ~ ○○遅いな~~」と、わざとらしく独り言をいいながら、
席を立ち上がった。と、同時に、机の上に飛び乗り、トン!トン!トン!と、義経よろしく八艘飛びで机を渡り、掃除用具入れに体当たりして扉を閉めた。
体で扉を閉めながら、手でガンガン掃除用具入れを叩き、アハアハ笑いながら、「ギブ?ギブ?」と中にいる友人に聞いていた(馬鹿だ)。
すると、教室のドアが開き、友人が入ってきた・・・?
「なにしてるん?」と、友人は冷めた声で言った。

続きを読む
(ここで続きを読む)

※やや長文

610 :蝉:2007/08/23(木) 20:25:06 ID:ZwTcleGu0
キャンプでの体験です。長文になりますのでニガテな方はスルーしてください。

私が高校2年生の時に学校でふれあい合宿という名前の
キャンプ合宿が在った。
2泊3日で阿蘇のキャンプ場でカレーなどを作り夜には学校側で用意したイベントとして1日目は肝試し、2日目にはキャンプファイアーと言う日程。
ただ、2日目の昼には阿蘇山に登るという過酷なものもあった。

1日目にまず到着してから気付いたのが周りに木が多い為蝉の鳴き声がうるさい。
私の住んでいる場所もそこまで都会と言うわけでもなく近くに山もあった為蝉の鳴き声には耐性があったはずなのに、それでも五月蝿い。
しかも、蚊が多い時期だった為か降りて30分も経たない内に体中が痒い。
「もう、最悪だー」とか言いつつも虫除けスプレーをかけてそれぞれのテントへ。
続きを読む
(ここで続きを読む)


539 :1/6 ◆zGZvSd/ejg :2007/08/23(木) 13:56:50 ID:YIRWFY/pO
私は零感だから都内や近場の心霊スポットが好きで冷やかしに行って遊んでました。
毎回一緒に行く友達も零感だから心霊スポットで周りがビビる様な事を平気でしたりしていました…。
私達が心霊スポットに行く事を止めるきっかけになった事件を書きます。
神奈川某所にある心霊スポットのトンネルに、男1人・女2人で行った時の話しです。
(女友達をB男友達をCとします。)

車で山道を進むとゲートがあり不法投棄を注意する無機質なアナウンスが流れ、真っ暗な山中で街中の心霊スポットにはない空気にBと最初は喜んでました。
有名なスポットだからかすでに車が一台止まっていたし、普段から心霊スポットに遊びに行く三人に恐怖心はありません。
暗い山中だと聞いていたためいつもより大きなライトを持ちトンネルに向かいました。
トンネルにつくと前のグループの明かりやふざけて騒ぐ声で怖いなんて思いませんでした。
トンネルを抜けるとBが先にキャンプ場跡があると言い、このまま帰ってもつまらないと思い行く事にしました。

続きを読む
(ここで続きを読む)

このページのトップヘ

アクセスランキング