899 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/10/09(月) 20:32:20 ID:nHoH8oVY0

知り合いの話。

裏山で草刈りをしていると、背後から「おーい」と呼びかけられた。
振り向いたが誰も居ない。そんなことが何度もくり返された。
初めは気味悪がっていた彼も腹を立て、ついには
「一体何だ?俺はここに居るぞ!」と大声で怒鳴り返した。

次の瞬間。

目の前に大きな黒い物体が、ズン!と地響きを立てて落ちてきた。
驚いて腰を抜かしかけたが、何とか踏み止まる。
それは古びた黒いボストンバッグだった。
裏山から誰かが、彼目掛けて投げ落としてきたらしい。
慌てて緑成す斜面に目をやったが、誰の姿も確認できなかった。

恐る恐るバッグを確認すると、中はまだ土がこびり付いている筍で一杯だ。
どの筍も瑞々しく、実に美味しそうに見える。
一寸の間悩み、結局全部貰って帰ることにした。

「みんな持って帰っちゃうぞ~。良いんだな~?」
一応裏山に向かって、正体不明の誰かに確認してみた。
返事らしきものは一切返ってこない。
贈り主の気が変わらぬ内に、さっさとそこを後にした。

新鮮な筍は、実に美味かったそうだ。
家族がすべての筍を食い尽くすのに、一週間ほどかかったという。

900 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/10/09(月) 20:33:09 ID:nHoH8oVY0
それから数日後、異変が生じた。
母屋の和室に敷かれた畳が、持ち上がり始めたのだ。
何事かと畳をはぐって見ると、そこには何本もの筍が伸び上がっていた。

「どこから伸びてきたんだ? この近くには竹薮なんかないぞ!?」

訝しがりながらも片っ端から切り倒す。
しかし数日もするとまた新しい筍が、畳を突き上げ始めた。
やがて筍は和室の床下以外からも生え始め、とうとう駆除が追いつかないほどの速さで繁殖しだした。

抵抗を続けていた彼もついに匙を投げ、家を筍に明け渡したのだという。
家を出る時は、悔しくてならなかったそうだ。

現在、母屋があった場所には竹薮が繁っており、彼は少し離れた場所に新しい住居を拵えている。

「あのバッグは罠だったんだな。誰が仕掛けたのかはわからんが・・・」
そう言う彼の腕には、切り出されたばかりの青竹が抱えられていた。
復讐とばかりに、今でも何本も竹を切り倒しているらしい。
残念ながら、竹薮は勢いを弱める様子など見えないそうだ。


∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part29∧∧