531 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/08/14(月) 04:20:16 ID:HHXwKmUY0
友人の話。

友人の地元の山には「横になってはいけない」という谷地があった。
休むくらいなら良いが、一旦寝てしまうと、肉吸いに集られるからだという。
肉吸いとは黒く小さな甲虫の類だと聞く。
寝入った動物に張り付き、その獣脂だけを吸い取っていくらしい。
どういう仕組みなのか、吸われている間はまず目が覚めない。

人がこれにやられると、一晩でごっそりと目方が落ちる。
大の男でも二日続けて集られると、生命に関わるほどだそうだ。
運良く吸い殺される前に山を下りても、体調を崩し長患いになると言われる。
仕事で山に入る里の者は、今でもその谷では腰を下ろさないという。

「・・・ダイエットに使えないかなぁ・・・」
友人はそう良からぬことを呟いていた。
女子は少しくらいふくよかな方がよろしい、と個人的には思うのだけど。

***

532 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/08/14(月) 04:20:52 ID:HHXwKmUY0
幼馴染みの話。

彼の実家の山間には、ヨトウムシと呼ばれる虫がいるのだという。
いや、虫かどうかは誰にもわからないのだが、年寄りたちはそう呼ぶのだと。
これに憑かれると、夜眠れなくなるのだという。
ヨトウムシとは夜盗虫、つまり夜を盗む虫なのだそうだ。

身体は疲れているのに、どうしても眠れない。
症状が重くなると、一月二月は軽く眠れずに悶々と過ごすのだとか。
そのうち幻覚が見えたり、些細なことで感情が爆発し易くなり、甚だしい者は気が触れてしまうこともあったと言われる。

「あんまし夜更かしすっと、ヨトウムシがお前に来んぞ!」
遅くまで起きていると、よくそう言って怒られたもんだよ。
彼は懐かしそうに言った。

***

533 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/08/14(月) 04:22:09 ID:HHXwKmUY0
私の体験した話。

学生時代、地元のキャンプに参加していた時のこと。
そこは藪蚊が多く、キャンパーは皆例外なくあちらこちらを刺されていた。
私も例外ではなかったが、刺された中で一カ所、腫れ方の違う跡がある。
普通に比べて倍以上も腫れ上がり、まるで青痣みたいだ。異常に痒い。
堪らず、年長の知り合いに薬を貰いに行った。

先生という綽名で呼ばれるその人は、私の虫刺されを見てこう言った。
「ははぁ珍しい。嫌われ虫に刺されたね。
 近頃見なかったけど、まだ居たんだな」

何でもこの虫に刺されると、他の虫類から刺され難くなるのだという。
虫に嫌われるから“嫌われ虫”と呼ばれるそうだ。

以来、確かに私は、蚊などの虫にほとんど刺されることがなくなった。
虫除けスプレーを借りなくても、明らかに他人と刺され方が違う。
人が蚊に集られて手足を掻き毟っているというのに、私は全然刺されないか、精々一、二カ所を食われる程度である。

近頃は流石に、刺される頻度が少しずつ増えて(戻って?)きたようだ。
もう一回くらい嫌われ虫に出会しても良いかなぁ、などと考えてしまう今日この頃である。

***

581 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/08/16(水) 01:54:20 ID:KsGIIhNg0
先輩の話。

仲間とキャンプした時のこと。
先輩一人だけが後入りすることになり、皆と合流するため、夜の山道を足早に歩いていた。
ふと気が付くと、足元に薄く不自然な影が落ちている。
頭の真上から火で照らされているかのように、影はひどく揺らめいていた。
見上げると自分の頭上、一寸した高みに、小さな焔が見えた。

「何だ?」と思いはしたものの、どうやら火事ではないようだし、別に害がある訳でもない。
気味が悪いが放っておいて、歩き続けることにした。
火はキャンプ場近くまで、木々の高みの中をずっと着けてきたのだという。

無事に合流し、一息ついたところで「実はこんなことがついそこで云々」と打ち明ける。
そこの地のことに詳しい者が一人居て、その者が言うには
「そりゃ天狗だよ。
 天狗の御明(みあかし)っていう奴です。
 君、お酒か何か持ってなかったかい?」

その日、確かに先輩は、携帯用のスキットルで洋酒を持ち歩いていた。
「これが欲しかったのかいな」
そう考えると、気味の悪さよりも酒飲みの親近感が勝ったらしい。
ちょっと悩んでから紙コップに少し分けて、キャンプ場の外れに放置しておくことにした。
倒れないよう簡単な細工をして。

翌朝、コップは綺麗に空になっていたそうだ。


***

582 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/08/16(水) 01:56:06 ID:KsGIIhNg0
同僚の話。

仲間内で花見をした帰り道、忘れ物に気が付いて引き返した。
翠草の上に落とした携帯電話を無事見つけ、さぁ帰ろうと腰を上げた矢先。
少し離れた空き地で、揺れる灯りが見えた。火がチロチロと燃えている。

誰だっ、火の始末もせずに帰った奴ァ!
酔いが一気に覚め、慌てて消し止めようと走り寄った。
だが、いざ空き地に入ってみると、どこにも火など燃えていない。
少し湿った草々はどこも冷えていて、焚火をした痕跡すら見当たらない。

首を傾げながら花見場所まで戻ってくると、パチパチと爆ぜる音がした。
振り返ると、やはりあの空き地で火が揺れていた。
しかし今度はそれだけでなく、火の周りに何やら動く黒い影も薄ら見えた。
人が大勢で騒ぎ、歌など歌っているような声までが聞こえてくる。

もう一度だけ空き地に足を踏み入れ、どこにも火の気が無いことを確認すると、
彼は出来るだけゆっくりと帰途に着いた。
背後から再び物音が聞こえたが、もう絶対に振り向かなかったという。

***

583 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2006/08/16(水) 01:57:57 ID:KsGIIhNg0
友人の話。

配達の仕事が終り、夜の山中を配送車で走っていた時のことだ。
いつもは真っ暗な斜面に、灯りが揺れているのが見えた。炎か?
そう遠くはない場所みたいだ。藪中を歩いても十分掛かるまい。
消防団員でもある彼は、仕方なく待避所に車を停め、懐中電灯を手にして山に踏み込んだ。

近くまで寄ると、焚火の傍に小さな影がペタンと座り込んでいるのが見えた。
水色で皺だらけのパジャマ。真っ白だが、所々に灰色が混じっている髪の毛。
虚ろで無表情な、萎びたかのようなお爺さん。
「Sさん!?」
そこで膝を抱えていたのは、彼が先程まで訪れていた老人養護施設の入居者の一人だった。
時折会話しているだけの仲だが、見間違えることはない。
しかし、Sさんは車椅子を使わねば動けない筈だった。何でこんな所に?

「どうしたんですかっ」と大声を上げて、肩に手を掛けようとした瞬間。
老人の姿と焚火が、パッと掻き消えた。
いきなり漆黒の闇に包まれて、彼は軽いパニックに陥ったという。
少し経って落ち着いてから辺りを調べてみる。
誰かが居たという形跡も、火が焚かれたような痕跡も、何一つ残ってはいなかった。
慌てて引き返す。車まで辿り着く道中が、ひどく心細かった。

後日、再び施設を訪れた際にSさんと挨拶したのだが、あの夜のことについてはちょっと聞けなかった。
山間にあるといっても、ちゃんとした施設である。
夜中に足の悪い老人が数キロも離れた山中に出て行けるとは、どうしても思えなかったのだ。

彼はそれからしばらくの間、例の斜面に点る炎を何度か目撃した。
もう近寄るような真似はしなかったが。
数ヶ月後、残念ながらSさんは亡くなった。
すると、斜面の火も見られなくなったという。

どうやら最近、またあの斜面に火が点るようになったらしい。
「また誰かが儚くなるのかなぁ」
どことなく寂しそうに、そう彼は呟いた。


***

591 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 15:58:53 ID:TbnEistc0
大学時代友人が体験した話

友人は農学部で生物関連の色々なバイトなんかを受けてたまに俺もつき合わされていた
動物調査や、標本採集はきついだけあって結構実入りがいいのでよく受けていた
言葉だけ聞くと楽そうに思えるのだが
実際は山の中を延々と歩いて規定数の生物をクリアしないといけないのでかなりきつい
そんなバイト中の友人が体験をここ最近のニュースを見て思い出したので書いてみる

その日、友人はコウモリの固体調査を請け負ってバイト仲間と奈良の山中を回っていたらしい
奈良山中は廃村が結構あってそこがコウモリの巣となっている、その分布を調べる仕事だそうだ
いくつか村を回って、赤坂の廃鉱の村を調査していた時
入り口がない変わった家屋があって中を調べてみようという話になったらしい
その家は古い日本家屋で何故か全面塗り壁で覆われていて、窓もなかったそうだ
住民が村を離れる時に、扉を塗りつぶしたのだろうと思ったと友人は話していた
薄い壁を壊して友人達が入ると、驚いたことに、人がいた
8畳くらいの板の間で真ん中に寄り添うような形で子供が6人座っていたそうだ

不思議と恐怖感はなかったらしい
そばによって話しかけていても俯いて黙るばかりで、最初は人形かと思ったという
スーパーで売ってるようなTシャツを着ていて、髪はボブくらい、薄暗い部屋なので性別は分からなかったという
なんどか声をかけていたら、「どこから入ってきたの」という質問に対して部屋の奥を指差した
子供をおいて行くの気が進まなかったが、友人はここを調べることに決めて仲間と奥に向かったそうだ
奥は暗く懐中電灯を使って進むと玄関らしき場所に出た、引き戸を引いてみるが当然塗り固められているので開かない
色々調べてみたら、土間に最近のものらしい複数の大人の足跡を見つけたそうだ
子供達は大人が連れてきて閉じ込めたことになる
友人達はこれは何かまずいのではと思い、あわてて先ほどの部屋に引き返したそうだ
だがそこには誰もいなかった
自分達があけた穴から出たのかと思い、外も探してみたらしいがどこにもいなかったそうだ
バイト仲間がもう一度、中を探してみようと言ったのだが
「あれは生きた人間だったと思うか?」とたずねたら、もう何も言わなくなったそうだ
結局中を調べることはせず、友人達は帰ったそうだ

最近摂理や北なんかのニュースを見ていて、この話を思い出した
やっぱり友人が見たのは生きた人間なんじゃないだろうか


***

617 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 14:24:39 ID:UEU9PcnG0
775 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2006/08/18(金) 13:59:28 ID:kLFm5tHU0
迷い家って本当にあるんだぞ
1㍉グラムも怖い話じゃなくて恐縮なんだが・・・。

俺の親父は山が好きで小さい時良く連れてってもらってた。
その山仲間に、親父のアップグレード版というか
山が好きで好きでたまんないっておっちゃんが居た訳。
ボランティアのレンジャーみたいな事してて、山登って見回りしたり
山登り中迷っちゃった人見つけたら道教えてあげてたりした。
その人があろう事か、霧が酷かったとかで迷っちまった訳。
普段だったら尾根に出るとの事なんだけど、もう暮れかけててそれも危険。
取りあえず、ビバークする場所を探してるうちに、民家にぶつかった。
まだ谷じゃないのに一寸開けた場所で、どでかい昭和初期の旧家みたいだったそうだ。

何百回も上ってる山だからそれが「変」で有る事は気付いたし、アリエネエとも思ったそうだが、季節は既に晩秋。
山の夜は軽装だとマジで寒い。
そんな訳で、軒を借りる為に玄関から声をかけたが誰も出て来ない。
しょうがないので勝手口に回ると、竈(20年近く前とは言っても昭和末期)には熾が燃えてて暖かいご飯もあった。
火が有るって事はだれか居るはずだと声をかけてみたがやっぱり誰も居らず。
失礼して上がって座敷も見てみたがやっぱり家にはだれも居なかったらしい。
その時点でそれがどうやら「迷い家」であるらしい事は気付いたが
理性(常識)が全力で否定する。まあ当然といえば当然。
あっさり納得したらそいつが怖い(笑

その後はなんの問題もなく麓につけたし、一晩迷ったって事で笑い話で終了。
一息ついてから、その夜の事を仲間に話していて、ふと気付くと胸ポケにカラフルな和紙で折られた紙人形が入っていた。
おっちゃんは、「あーなにも貰わなかったから、持たせてくれたんだな~」
「でも役には立つ訳でもねえな」と思ったらしい。
ただまあ、その紙人形自体、(見せて貰ったけど可愛くて良くできてる)、
結構大事にしていて、お守り代わりに紐通して、車のバックミラーに掛けたりしてた。

その人形が関係あるのかどうか知らないが、
そのおっちゃん(つかもうじーちゃん)、何年か前に有った
東名かなんかの大玉突きに巻き込まれたうちの一台だが、
かすり傷一つ負わなかったそうだ。

ま、なんだ、皆も機会があったら遠慮しないで貰って来いって事で。

***

635 :聞いた話 ◆UeDAeOEQ0o :2006/08/19(土) 00:34:05 ID:8b9uzhSr0
森林組合で聞いた話

山で木を育てる過程で、木を間引くことを間伐と言う。
間伐の対象となるのは、発育や形質が悪かったり
あるいは、良い木の邪魔になるようなもので
大抵の場合、山主か山守が決める。
間伐の前に山を巡り、一本一本の形質や枝張りなどを見て
間引く木を見極め、マーキングしていく。

ある山主が自分の山に入り、間引く木にビニール紐を巻き付けた。

翌日、作業員と共にマーキングした木を確認しに現場へ行くと
寄り添うように立っている2本の木が目についた。
ともに発育も形状も良く、伐採するには惜しい木ではあったが
このように接近している場合はどちらかを切らなければならない。
ところが、その2本の木にはどちらにもマーキングがなかった。

さては紐を巻き忘れたのか、と思い近づいてみると
2本のうち太い方の木の根元に、ぶち切れたビニール紐が落ちている。
紐を拾い上げて木に巻き付けてみると、明らかに長さが足りない。

「こいつ、切られるのがイヤだからって一晩で太りやがったんだなぁ」

結局、その木は山主から「デビルマン」と名付けられ
今に至るまで大切にされているそうだ。

***

636 :聞いた話 ◆UeDAeOEQ0o :2006/08/19(土) 00:35:30 ID:8b9uzhSr0
きこりに聞いた話

樹齢百数十年の木を切り倒した時のこと。

チェーンソーの切り口に差し込んだ楔をハンマーで打ち込むにつれ
ミシ…ミシ…という音と共に切り口が開いて
やがて大木はゆっくりと傾いてゆく。
ギギィィィィと太い幹が軋み、ズンッ!と地響きを立てて倒れる寸前
木のてっぺんあたりから黒いモノが飛び出して
斜面を勢いよく転がり落ちていった。
ちょうど人の頭くらいのソレは、作業道の端でバウンドして山土場へ。

山土場で仕事をしていた作業員が恐る恐る近寄ってみると
ダースベイダーのヘルメットが一つ転がっていた。

そんなモノがなぜ、100年以上にわたって数十mの高さに
そびえ立っていた木のてっぺんに引っかかっていたのか?
現場で作業してた皆が首を捻ったそうだ。


元スレ:∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part28∧∧