291 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/02/06(土) 03:53:21.57 ID:RW57o5P00.net
もうひとつ。 
ほんのりこわいというか、ほんわかかもしれない。 

わたしには歳がだいぶ離れた妹がいる。 
そして、日本の一番南の島に住んでいる。 
わたしが高校生くらいのとき、おじいちゃんが亡くなった。 
お通夜のときだったかな、親戚の家に集まった。 
いろいろと片付いて、みんなご飯を食べたり世間話をしていた。 

当時2歳くらい、言葉も覚えたての妹。 
お仏壇の前で正座をして、じっと仏壇を見つめていた。 
すると、突然立ち上がって台所へいき、 
「くるざーたーちょうだい!くるざーたーちょうだい!」 
と大きな声で母にねだった。 

「くるざーたー」というのは「黒砂糖」のこと。 
けれどうちはあまり方言を使う家庭でもなく、 
黒砂糖のことをくるざーたーなんて言ったこともない。 
2歳の妹が知っている言葉じゃなかった。 

母が、「なんで?食べたいの?」と尋ねると、 
「おじーがくるざーたー食べたいって!」と。 

親戚もみんな、 
「おじーはくるざーたー好きだったから、妹ちゃんにお願いしたんだね。」といってお仏壇にお供えした。 

現在高校生の妹にその話をしてもさっぱり覚えてないし、 
妹はあれ以来黒砂糖をくるざーたーと言ったことはない。

元スレ:ほんのりと怖い話し