怖い話まとめ「やだなぁ~…怖いなぁ~…」

ネット上の不思議な話、怖い体験、そんな話をまとめています。

得体の知れないもの系の話


94 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/07/12(日) 05:47:06.00 ID:ysdzEfzCO.net
死んだ祖父さんが法事で酔っ払った時に聞いた話

祖父さんは若い頃鹿児島で漁師をしていた。
ベテラン漁師の船に乗せて貰って働いていて毎日のように漁に出ていた。
その辺りの海は無人島が点在していて、中に昔々海賊が財宝を隠したという伝説が残る島があったらしい。
今では考えにくいが半世紀前くらいはそういうのを真に受ける人が結構いて、雑誌がが採り上げるやブームになり一時は宝探しの連中でその島が賑わったもしたんだとか。

それも数年経つと沈静化し殆どの人は去っていった。
ところが一人だけ帰らずに島に住み着いてしまった男がいた。
その人はゲンさんと言って歳は50くらい。
小柄だががっしりした身体つきで、強面で一見とっつきにくそうだが地元の漁師たちとは割合仲良くしていた。
祖父さんの雇い主だったコウジさんとも付き合いがあり、船で島の側を通る時には浜辺にゲンさんが建てた粗末な小屋に向かって手を振ったりしていた。
異変が起きたのはゲンさんが住み着いてから二年目の春先だった。
漁を終えて船が島の側を通りかかった時は夕闇が迫っていた。最初に気付いたのはコウジさんだった。小屋に明かりが灯っていない。
まだ寝るには早く、このくらいの時間なら明かりが見えるはずだった。
早寝しただけかも知れないのだが、何やら胸騒ぎがしたコウジさんは島に寄ると言い出した。

続きを読む
(ここで続きを読む)


237 :本当にあった怖い名無し:2014/10/24(金) 23:44:06.36 ID:8pd4PlnDy[1/3]

2ちゃんねるに書き込むのは初めてなのですが、書いてもいいですか?

まぁ、既にテキストにしちゃったから書く気満々なのですが…

ちなみに何故かPCからは書き込めなかったので、
テキストにしたものをスマホでコピペして書き込みます。

どこかおかしかったり、
怖くないかもしれませんがご容赦を。
個人的にはすごく怖かったんです。

では…
続きを読む
(ここで続きを読む)


787 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/09/25(木) 19:22:57.28 ID:KFdodOLy0.net[1/4]

昨日、というか今朝の話。
取り敢えずの逃げ場を確保してちょっと余裕が出来たから書く。


今住んでるマンションが定期改修中で、壁を全部塗り替えるとかで足場が組まれたうえに窓を全部ビニールで養生され、全く外が見えない状態。
半透明ビニールでの養生だからある程度の光は入ってくるけど、すぐそこの足場を工事の人がうろうろするからカーテンも閉めないと落ち着かないし、本当に暗いし鬱陶しい。

せめて夜はカーテンだけでも開けてるんだ。
もちろん真っ暗で何も見えないけど。

そんな状態で、昨日の晩のこと。
夜更かししてしまって朝の4時過ぎ位かな、そろそろ寝ようと思って部屋の灯りを消したんだ。
そしたら、窓の方がぼんやり明るい。
外は真っ暗だし、夜には工事の人も当然いないし、灯りなんてあるわけないんだけど。

一度外した眼鏡をかけなおして、よく見ようと窓を振り向いたら、

べったり人型の何かが貼りついてた。
続きを読む
(ここで続きを読む)


326 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 18:57:08 ID:WhRrdK+D0
俺はおっさんリーマン。
ご多分にもれず中間管理職的な立場で、上からドヤされ下から突上げられを朝早くから夜遅くまで繰り返す毎日だ。
その日も終わりが近い頃、いつも通りヘロヘロになった身体を引きずって単身アパートまで帰る途中での事だ。
アパートは駅から歩いて15分位の道のりで、帰り道の途中に結構な登り坂があって、突当りを右に曲がるんだが、その突当りになんという事もない古ぼけた5階建ての雑居ビルがあった。

いつもなら帰り道で坂を登っていても、気にもしなかった建物だが、その日はなんだか俺の注意を惹いた。
違和感てやつ?
何でもいい、坂を登りきるまで意識を反らすものなら足の疲れも忘れていられると、俺はその建物を注視しながら坂を登っていった。
なんだ。
何のことはない、建物入口の蛍光灯が切れかけているのか、1分位ごとに点滅を繰り返している。
意識しないでその建物を見る瞬間、瞬間に建物のガラス戸が明るく見えたり真っ暗に見えたりしていただけだった。

坂を登りきり、建物から10m位の距離に近づくまで、見るともなしにその点滅を目あてに重い足を進めていた。
ん?
新たな違和感を感じて思わず足を止めてしまった。何か変だ?
でも何が変なんだ?
明滅を繰り返すガラス戸を注視しながら、更に建物の入口に近づいて行った。
ガラス戸の向こう、蛍光灯が点いた時には、奥の薄暗い階段や入口脇の郵便受が並んでいるのが分かる。
また、フッと真っ暗になりそれらがかき消すように見えなくなる。
続きを読む
(ここで続きを読む)


95 :知り合いの大工の話1/3:2007/06/27(水) 13:34:11 ID:ZJFJVzGw0
彼は、爺様の代から続いた三代目の大工である。
そんな彼の父親である二代目師匠は先日、職場で亡くなられた。
肉親という感覚以上に、師匠として父親を非常に尊敬していた彼は暇を見つけては初代と二代目が眠る墓によく墓参していたという。
その日は、上棟の翌日で「現場で滞りなく工事が進みました」との報告を兼ねての墓参だった。

よく晴れた昼時。
念入りに掃除をし、お供え物を並べ、手を合わせていると不意に生臭い空気が流れてきた。
師匠への報告の途中だったので、気にしないようにして手を合わせていると
「ヒャハハハハハハ!」と甲高い女のような赤児のような笑い声が背後から響いた。
墓参を邪魔する不逞の輩に怒りを感じた彼は、カッと目を見開いて思わず振り向いた。

続きを読む
(ここで続きを読む)


860 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/07/13(日) 14:12:50.33 ID:SSu7t6Qj0.net[1/3]
中学校のとき、学年で成績一番でスポーツ万能で何しても一番になるような努力家の奴がいた。
小学校から一緒で小学校の頃はそんなにというか全然目立たないいつもニコニコしてる優しい男の子って印象で、
でもそいつを認識しだした5年生(目立たないから5年で席が隣になってようやく気づいたというか仲良くなった)のときには勉強はすでにきちんとできてた。
よく覚えてないけどテストの答えとか写してた。

中学校になると勉強できるやつが目立つし、突然イメチェンなのか何でも率先してやるようになったから張り切りすぎって感じで目立ってた。
でも実際何でもうまくこなしてたし、男は大体恥ずかしがりな中学生の時期に先生も感心するほど社交性とリーダーシップがあって、
俺ら一般ピーポーもあいつ変わったな、って話してて認めてた。
俺は中学校から勉強頑張り始めててそいつの勉強方法が気になってた。
ちなみに顔はイケメンではないけど、その有能さとコミュ力から中2で学年で一番かわいい子を彼女にして長く付き合ってた。

で、中1のときだけどそいつの家が学校から近いけど行くまでにかなり急な坂を上らないといけない山のふもとみたいな高い場所にあったんだが、そいつの家に遊びに行ったことがあった。
そんなに深い仲ってわけでもなかったけど、そいつには好かれてた。
今から話すのはたしか2回目に行ったときのこと。
ちなみに全部で2回で、そのときが最後だったと思う。
もう1回いったかもだけど覚えてない。
お金持ちって言うよりは由緒正しい家なんだな~ってのがわかる感じの少し古い立派な家だった。
和風で庭とか多分なかったけど(あったとしても小さいと思う)、家自体はけっこう広かった。

続きを読む
(ここで続きを読む)

このページのトップヘ

アクセスランキング